2019年02月12日

PC用 アクティブスピーカー フォステクス PM0.3H

【購入者からの情報】 ○数字は人数
☆音質 (満足I、とてもいいH、いいG、気に入ったB、十分B、価格相応A、可もなく不可もなく@、クリアD、バランスがいいD、解像感があるD、高音の伸びがいいA、高音が綺麗A ) ☆低音 (しっかり出るD、そこそこ@、やや寂しい@、もう少しパンチが欲しい@、重低音は出ない@、物足りないがセッティングやイコライザーで気にならない程度になるC ) ☆派手な音ではなく素直で温かみと切れのある疲れない音@、JBL FLIP3より聴きやすくていい@、PCの前に座って聞く限りは満足@、小音量では全然ダメだが音量を上げるといい@、高音の分解も中途半端、低音も迫力不足@、低音も高音も出ない@ ☆コンパクト・設置しやすいG ☆ハイレゾ対応E ☆デザインいいがいいD ☆左chの音量が小さいA (付属ケーブルが原因ではない)、音量つまみを最大にしないと左右のバランスが取れない@ ☆付属ケーブルの接触不良B ☆片chが鳴らないA ☆音量 (ある@、近所迷惑になるぐらい出る@、大音量にしても割れずに良く響く@ ) ☆電源・音量スイッチが背面なのでやや使いづらいA

●アンプ内蔵2ウェイバスレフ型 ●出力15W+15W ●再生周波数110Hz〜40kHz ●S/N比90dB以上 ●クロスオーバー周波数2.65kHz ●ハイレゾ対応 ●入力端子 /RCAピン×1 /ステレオミニ×1 /RCAピン優先で同時入力は不可 ●操作スイッチは右ch背面の電源兼音量調節つまみのみ ●木製エンクロージャー ●電源ACアダプター ●消費電力約12W ●ユニット (75mmグラスファイバーウーハー×2ch /19mmシルクドームツィーター×2ch) ●付属品 (スピーカーケーブル (1.5m) /ステレオミニ-RCAケーブル (1.5m) /ACアダプター) ●サイズW100×H185×D130mm ●重さ1.5kg (アクティブ側) /1.44kg (パッシブ側)
FOSTEX PM0.3H (W) アクティブ・スピーカー
発売日:2017年 8月 3日 価格:11,600円位 (2017/8/3)、10,000円位 (2019/2/12現在)


- 特長 -
高音質アクティブ・スピーカーの定番 PM0.3 がグレードアップしてハイレゾに対応
 TV での映画鑑賞や PC オーディオ等のリスニング用スピーカーとして、又、DTM や DJ プレイのモニター用スピーカーとして、更にはスマホや携帯プレーヤーと接続し手軽に高音質を楽しめるパーソナル用途のハイレゾ対応スピーカー
■ クラスを超えた高音質を再生するウーハー/ツィーターの 2 ウェイ構成
■ 情報量の多いハイレゾ音源を余す所なく再現する 7.5cm 口径のグラスファイバー振動板ウーハーと 1.9cm 口径の
  シルクドームツィーター
■ 迫力あるサウンドを生み出すアップロールラバーエッジをウーハーに採用
■ 自然な響きを生み出す木製エンクロージャー。リアバスレフ方式により、コンパクトなボディで重低音を実現
■ アクティブスピーカー側に高効率の 15W+15W デジタルアンプを内蔵
■ 入力やボリューム等を集約する事で操作性を向上
■ 入力端子は様々な機器との接続に対応する RCA ピンとステレオミニを装備
■ アクティブ・サブウーハー PM-SUBminin2 をプラスすれば、迫力ある効果音やライブの臨場感を一層楽しめる

- 仕様 -
■カラー: ブラック、ホワイト
■エンクロージャー方式: 2ウェイ・バスレフ方式
■内蔵ユニット: 7.5cmコーンスピーカーウーハー / 1.9cmソフトドームツィーター
■再生周波数帯域: 110Hz〜40kHz ■クロスオーバー周波数: 2.65kHz ■S/N 比: 90dB 以上
■歪率 (THD): 0.1% 未満 (1W 出力、4 Ω負荷、20Hz〜40kHz)
■出力: 15W+15W (RMS)
■入力 INPUT A: RCAピンジャック、360mV (入力感度)、INPUT B: ステレオミニジャック、650mV (入力感度)
 ※入力信号はRCAピンジャックが優先。RCAピンとステレオミニジャックの同時入力は不可
■電源 (DC IN): 15V、3.2A ■消費電力: 約12w
■外形寸法: W100×H185×D130mm ■質量: 1.5kg (アクティブスピーカー側)、1.44kg (パッシブスピーカー側)
■保証期間: 1年
■付属品: ACアダプター、スピーカーケーブル (1.5m)、ステレオミニ-RCA×2ケーブル (1.5m)

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 12:46| アクティブスピーカー | 更新情報をチェックする