2019年05月08日

心拍計内蔵 GPS搭載 ランニングウォッチ ガーミン ForeAthlete 235J

スマート機能搭載 GPS ランニングウォッチ
●最大稼働時間11時間 (GPS+心拍計) /9時間 (GPS+GLONAS+心拍計) /9日 (時計+ライフログ+通知機能+心拍計) /4週間 (時計+ライフログ+通知機能) /8週間 (時計+ライフログ) /9週間 (時計モード) ●搭載センサー (GPS /加速度計 /光学式心拍計) ●GPS /GLONASS /みちびき /衛星捕捉約30秒〜1分 ●対応アクティビティ (ラン /バイク /屋内ラン /屋内バイク /その他) ●心拍計測 (24時間自動計測 /リアルタイム表示 /心拍ゾーン /VO2Max /安静時心拍数) ●リカバリーアドバイザー ●予想タイム ●自動ラップ ●自動ポーズ ●自動スクロール ●ワークアウト ●トレーニングカレンダー ●インターバルトレーニング ●フィニッシュタイム ●トラックバック ●自己ベスト ●LiveTrack ●アラート (設定した数値や範囲から外れた際にビープ音とメッセージで通知 /設定可能項目 (ペース /タイム /距離 /カロリー /心拍 /ラン・ウォーク /カスタム) ●オーディオアラート ●ライフログ機能 (歩数 /距離 /消費カロリー /目標達成率 /心拍数 /睡眠等) ●睡眠モニター (睡眠時間 /深い眠り/浅い眠り) ●Moveアラート ●自動歩数目標設定 ●通知機能 (電話 /メール /テキスト他) /内容も確認出来る ●ミュージックコントロール ●天気情報 ●カレンダー ●スマホ探索 ●時計表示 (曜日・日付 /電池残量 /MOVEバー) ●Connect IQ ●心拍転送モード ●直径31mmカラーディスプレイ (215×180ピクセル) ●ウォッチフェイスのダウンロードや表示項目のカスタマイズが可能 ●バックライト (ナイトモード /時計を見る動作で自動点灯) ●5ボタン操作 ●デバイスロック機能 ●パワーセーブモード ●5気圧防水 ●動作温度-20〜60℃ ●Bluetooth Smart ●自動同期 ●Garmin Connect/Garmin Connect Mobile ●スマホでもPCでもアップロードと確認が可能 ●約200時間分のトレーニングデータを内蔵メモリーに保存可能 ●ANT+センサー対応 (心拍計 /スピードセンサー /ケイデンスセンサー /フットポッド /tempe /VIRB) ●USB充電 (クリップタイプの専用ケーブル使用) ●サイズ直径45×厚さ11.7mm /重さ42g ●付属品 (チャージングクリップ /リバースカラーベルト) ●カラー (ブラックレッド /ブラックオレンジ /ブラックグリーン)
Garmin ForeAthlete 235J ブラックレッド
発売日:2016年 4月21日 価格:34,400円位 (2016/9/6)、26,400円位 (2019/5/8現在)



- 特長 -
ワンランクアップした光学式心拍計で計測可能になった新たな機能
 心拍計の性能が向上により、前モデルでは計測出来なかった新たなトレーニング機能が利用可能。
最大酸素摂取量 (VO2Max)
 人が体内 (体重1kg当たり) に取り込む事が可能な酸素の1分間当たりの最大量を計測する (単位はml/kg/分)。運動は酸素を取り込んでエネルギーを生成する為、最大酸素摂取量は運動能力 (全身持久力) の指標と言える。
予想タイム
 VO2max を計測する事、5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定する機能。走力レベルの把握やトレーニング負荷コントロールに役立てる事が出来る。
リカバリーアドバイザー
 履歴データや走行時の心拍数、ペースの変動から、トレーニング終了時に「回復に必要な時間」をアドバイスしてくれる。次回走行時にはスタートして暫くすると、回復の度合いを示してくれるので、そのトレーニングでの負荷の掛け方の参考指標になる。
心拍ゾーン
 最大心拍と安静時心拍を設定する事で、現在のトレーニングがどのレベルのものか、目標にするトレーニングはどのくらいの心拍数で行えばいいか等、運動強度の目安を心拍ゾーンから確認出来る。心拍ゾーンは自身の状態やトレーニング効果をカラーゲージで表示。
デバイスに心拍データを転送
 235J で計測している心拍データを ANT+ 対応のデバイスに転送 (表示) する事が出来る。235J を心拍ベルトの代わりにする事が出来る
24時間心拍計測
 235J を手首に装着している間、心拍データを記録し続ける。現在の心拍数、安静時心拍数、過去7日間の安静時心拍数平均値や日別の値のグラフを表示。
ライフログ
 1日の歩数や距離、消費カロリー等、毎日の基本的な動きを計測。1日の目標歩数のゴールは達成率が一目で分かるバーで表示され、常にモチベーションを維持出来る。ムーブバーは一定時間動きがない事を知らせ、適度な運動を促す。
バックライト制御
 キー操作やアラート発生時に自動点灯させる事が可能。さらに自動点灯を夜のみに限定する事が出来るナイトモードがある。又、時計を見る動作で自動点灯させる事も可能。点灯時間の設定も可能 (8秒 /15秒 /30秒 /1分 /常時オン)。
ConnectIQ
 時計のウォッチフェイス、アプリ、ウィジェット、データフィールドのカスタマイズが出来る。ConnectIQ はそのアプリをダウンロード出来る Garmin が運営するサイト。
 ・ウィジェット: 時計モード時に切替えて表示出来るソフトが追加出来る
 ・アプリ: 新たなアクティビティが追加出来る
 ・ウォッチフェイス: 時計モード時に表示するデザインを変更出来る
 ・データフィールド: アクティビティ中に表示するデータ項目のデザインが変更出来る
Garmin Connect
 時計で記録したデータは無料オンラインサイト Garmin Connect に保存され、データの解析とデータの詳細を確認する事が出来る。又、ゴールの設定や、睡眠時間・睡眠中の動きの確認、ゴール達成状況や合計ステップに応じてバッジを獲得、友人等でステップ数を競えるスコアボード等、モチベーション維持をサポートする様々な機能が利用可能。
GarminConnect Mobile
 フィットネスアクティビティデータをモバイルで確認出来るモバイルアプリ。スマホアプリ GarminConnect Mobile をダウンロードし、時計と Bluetooth 接続すると、データの公開、解析、保存、ワークアウト作成等が利用出来る。
LiveTrack
 スマホをBluetooth 接続して、現在の自分の位置をリアルタイムにウェブ上で公開出来る機能。友人やチームで、自分が今どこを走っているのかを共有する事が出来る。
データページ
 トレーニング中に取得する距離やペース等の様々なデータをユーザーが選択した項目で表示出来る。1ページに最大4項目の表示が可能で、最大2ページまで表示が出来る。アクティビティ毎に設定出来る。
自動ラップ
 設定した距離、又は地点に到達する毎に自動でラップを取得する機能。
 ・距離: 0.25〜99.95kmで設定可能
 ・地点: ラップキーを押した地点を通過する度にラップ取得、又は、スタート地点とラップキーを押した地点を通過する度に
       ラップ取得
自動ポーズ
 時計が走行をストップしたと判断した時や、設定したスピード以下になった時、タイマーを一時的にストップする機能。走行を再開すると同時に計測を再開する。信号待ち等での停止時を含めないタイムの計測が出来る。
自動スクロール
 時計を操作せずにトレーニングページを自動的に切り替える機能。切り替える速さは選択出来る (遅い/標準/速い) 。
自己ベスト
 230J に用意されている自己ベスト項目に該当する記録がトレーニングに含まれている場合、その記録を保存する機能。上位2件の記録が保存される。自己ベストを更新した際はトレーニング終了時にメッセージが表示される。
アラート音
 ポップアップメッセージ表示の際に鳴る音でON/OFFが可能。音のパターンや音量の変更は不可。
バイブレーション
 衛星捕捉完了時やポップアップメッセージ表示時に振動で知らせてくれる、ON/OFF可能。バイブの長さやパターンの変更は不可。
パワーセーブ
 一定時間操作を行わないと自動的にパワーセーブモードになる。パワーセーブモードになると衛星捕捉は停止する。
オーディオアラート
 イヤホンを付けてトレーニングを行った際、ペアリングしたスマホからラップ取得時や設定した時間毎にペースや心拍数を音声で知らせてくれる。

- 購入者からの情報 - ○数字は人数
☆心拍数を確認しながら走れるD ☆走行中でも心拍ゾーンゲージが見やすく参考になる@ ☆指定した心拍数を超えると教えてくれる@ ☆心拍数を確認しながら走れるのでオーバーペースを抑制出来る@ ☆1q毎のラップタイムを振動で教えてくれるH ☆ペースを確認しながら走れる@ ☆1km毎にラップを振動と音で教えてくれる@ ☆ラップ毎のアラート音は小さくて聞こえないが振動で分かるので問題はない@ ☆ゴールまでの残り距離が分かるので精神的に楽になりスピードを出す事が出来る@ ☆ケイデンス (1分当たりの歩数) を確認出来るのでペースの維持に有効@ ☆マラソンの練習で気分を変えてルートを変えてもGPS機能があるので走行距離やピッチが表示されて励みになる@ ☆リカバリーアドバイザーを初めて10kmランに使った時のリカバリー時間は36時間で40時間しっかり休み再度10kmランをすると22時間に減っていた、オーバーワークによる故障を防げるので有り難い@ ☆ラン中に時計を見る動作をすると自動でバックライトが点灯する@ ☆フルマラソンで使用、電池はスタート時の95%が4時間半後のゴール時は58%、ウルトラでも使えるかも知れない@ ☆最初だけiPhoneとペアリングすれば以降はアプリを起動すると勝手に同期する@

☆GPS精度 (高いD、正確C、概ね正確A、1q当たり10m程の誤差@、400mトラックは1km当たり20〜30mの誤差だが道路は1kmで1m程@、FA225@・SF-850@・iPhone@よりいい、スマホが苦手な場所は苦手@、10000m走って11100m@、本番では距離がズレた@、高低差は誤差が大き過ぎる@、設定を「GPS → GPS+GLONASS」にデータ記録を「スマート → 毎秒」に変えたら精度が高くなった@ ) ☆GPS捕捉 (速いL、2〜3秒A、10〜20秒@、1分以内@、FA610J@・SF710@・SF850@より速い、遅い@、スマホよりかなり遅い@ ) ☆心拍計精度 (正確A、良さそうA、問題ない@、225よりいい@、SF850と違いロストが無い@、疑問A、当てにならないA、平常時は1割程低い@、安静時は低く運動時は高い@、異常値が良く出る@、寒い日(気温5℃) は正確に作動しない@ ) ☆視認性 (走りながらでも見やすいC、見やすいA、大きくて見やすいA、4項目表示でも十分見やすい@、日中は見やすい@、画面はやや暗めだが問題は無い@、画面がやや暗く朝晩はやや辛い@、文字が小さく見づらいA ) ☆ウォッチフェイスはダウンローすれば替えられるE ☆1画面に4項目まで表示出来るE ☆着け心地 (軽いR、薄いB、いいB、気にならないB、違和感がないA、装着感がないA、普通に締めれば毎日でも気にならない@、バンドが柔らかく着け心地はとてもいいA、バンドの肌触りがいい@、心拍センサー部分がかぶれる@、常時着用だとかぶれる@、1日中装着したら指が痺れた@、きつ過ぎると痣が出来て痒くなる@、1日中は痛いので運動時だけきつめに締めている@ ) ☆バッテリーの持ち (いいK、1週間以上@、1週間@、GPS不使用で1週間@、時計だけなら1週間以上@、1日数km走る程度なら週単位で持つ@、13時間程の縦走も軽くカバー出来る@、ウルトラマラソンには持たないA、SF710より短い@、充電が速いA ) ☆操作性 (使いやすいF、簡単B、ボタンが押しやすい@、理解すれば初心者でも使いやすい@、すぐ慣れる@、分かり難いA、使いこなせない@ ボタンが敏感過ぎる@ )

☆GarminConnectで走行データの記録・管理・確認が出来るI ☆走ったコースを地図で確認出来るB ☆NIKE+アプリB・StravaA・Runtastic@・TATTA@と連携出来る ☆ランニングには機能十分F ☆予想タイムは参考程度にしかならない・かけ離れ過ぎているE ☆室内ランはトレッドミル計時と比べ距離やペースの誤差が大きいが心拍数は合っている@ ☆ページ移動時にややラグがある@、Polar M430より画面切替がワンテンポ遅い@、610jのタッチ操作の方が画面スクロールがしやすい@ ☆オートポーズの反応が悪い5〜10秒掛かる@ ☆取説が分かりづらいB ☆ストップウォッチ機能が無いA ☆タイマーは無いのでインストールする必要がある@ ☆電源が入らない・動かないB、フリーズやハングアップする事があるB、Bluetooth接続が不安定B ☆通知機能が便利H (電話/メール/LINE/Facebook/スケジュール)、メールやLINEは本文も一部読めるB、スマホがマナーモードでも気付かない事がなくなった@

☆利用シーン&機能 (ランニングS以上、マラソンM、ジョギングD、トレラン@、トレーニングB、トラック練習@、散歩@、ジムA、屋内ランA、トレッドミル@、自転車B、普段使いN、1日中装着D、活動量計B、ラン中のリアル心拍数S以上、心拍ゾーンB、平常時心拍数D、VO2MaxE、予想タイムE、リカバリータイムA、リカバリーアドバイザーA、通知H、睡眠E、歩数D、消費カロリー@、インターバルトレーニング@、トレーニングメニュー作成@、LiveTrack@ ) ☆モチベーションになるO、ランに欠かせないF、楽しいE、走る距離が伸びた@、タイムが上がった@、ダイエットに役立つ@

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 15:32| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする