2019年12月29日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 イヤホン AVIOT TE-D01d mk2

☆新製品
●連続再生最大11時間 /連続通話最大5.5時間 /最長120時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●Bluetooth5.0 /コーデック (AAC /aptX /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) /マルチペアリング (最大3台) ●防水仕様 (IPX5) ●感度90±3dB ●インピーダンス16Ω±15% ●TE-D01d をアップグレードしたハイスペックモデル  ●Japan Tuned (同クラスの有線イヤホンさえ凌駕する程の高音質) ●最長120時間の長時間再生 ●外音取り込み (アンビエントマイク) ●TWS Plus対応 ●Qi ワイヤレス充電対応充電ケース ●接続安定性が更に向上 ●長時間でも快適&ランニング等でも外れ難いエルゴノミクスデザイン ●3種類のイヤーチップ ●左右のイヤホンを繋ぐストラップ ●ハンズフリー (cVc8.0ノイズキャンセリング) ●スマホアプリAVIOT Sound XXX (タッチセンサーのカスタマイズ /10バンドイコライザー /ファームウェアアップデート等) /2020年1月配信予定 ●タッチ操作 ●イヤホン (充電約2時間 /15分の充電で約2時間再生可能 /バッテリー容量60mAh×2) ●充電ケース (イヤホンを10回フル充電可能 /バッテリー容量1950mAh /Qi ワイヤレス充電&USB TypeC充電対応 /モバイルバッテリー機能) ●6mm径ダイナミック型ドライバー ●重さ? ●付属品 (USB TypeCケーブル /収納ポーチ /ストラップ /標準イヤーチップ (S/M/L) /SpinFit CP355 (SS/S/M) /ウレタンフォーム (S/M) /イヤーウイング2色 /取説) ●カラー (ブラック /ネイビー/ダークルージュ)
AVIOT TE-D01d mk2 ブラック
発売日:2019年12月28日 価格:11,600円位 (2019/12/29現在)

- 特長 -
TE-D01d を全面的にアップグレードしたハイスペックモデル
 完全ワイヤレスイヤホンとして空前のベストセラーとなった TE-D01d。AVIOTに寄せられた意見・要望を最大限取り入れながら、価格に転嫁せず、徹底的にブラッシュアップ。Qi 規格のワイヤレス充電、大容量バッテリーによる更なる長時間再生、アンビエントマイク (外音取り込み) 機能等を搭載。スピーカー振動板には、AVIOTが厳選した、内部損失が多く固有の癖が少ない超薄型 PUフィルムに、歪みや“刺さり”感がなくハイスピードな中高域を実現する為、高純度チタニウム振動板を組み合わせた。磁気回路には磁束密度の高いネオジウム磁石を採用、高性能振動板を正確且つパワフルにドライブする。そして何より、持つ喜びを感じる様に全体の質感を向上させた。
日本人の聴覚特性を知り抜いた音 Japan Tuned
 日本語は、「あいうえお」のたった5つの母音で発音され、周波数帯域が狭く、且つ音の強弱が少ない極めて珍しい言語。 日本語を母国語とする人々の聴覚特性を知り抜いた、オーディオエキスパートチームが、第一線で活躍する日本のサウンドエンジニアやアーティストの意見を伺いながら、延べ 3,000時間以上を掛け、徹底したサウンドチューニングを実施。完全ワイヤレスながら、クラシックから海外 EDM まで、同クラスの有線イヤホンさえ凌駕する程の高音質を実現。
世界旅行にも連れて行ける最大120時間の長時間再生
 AVIOT の省電力設計ノウハウと、最新 SoC の採用で、イヤホン単体で最大11時間、充電ケースとの併用で最大120時間の長時間再生を実現。※ アンビエントマイク、タッチセンサーの使用や、電波状況、音量によって、再生時間が短くなる場合がある。高音質な aptX では2,3割程再生時間が短くなる。
チャージングケースもワイヤレス
 付属充電ケースには大容量バッテリーを搭載。イヤホンを10回充電出来るだけなく、モバイルバッテリーとしてスマホ等へ簡易充電も可能。更に、市販 Qi 規格対応充電器でワイヤレス充電が可能。USB-TypeC にも対応して利便性を高めた。又、15分の充電で約2時間の再生が可能な急速充電にも対応。
音切れの少なさで好評を得た先代モデルの内蔵アンテナを更に改良、接続安定性が一段と向上
 又、Qualcomm社の TWS Plus に対応。最新の対応スマホと組み合わせれば、左右のイヤホンが独立して接続される為、その安定性が強化される。電車内や駅構内等、厳しい環境でも、音切れを最小限に抑えるアイデアや機能を沢山詰め込んだ。
ポロリ、をもっと少なくする新形状
 エルゴノミクスなデザインを追求、耳に触れる部分の全ての形状を一から見直し、長時間でも快適に、スポーツシーンでも外れ難い構造に。 (付属イヤーウイングとの併用をお勧め)。音質にも大きな影響を与えるイヤーチップは、3種類が同梱。最もフィットするイヤーチップを探せる。
 ・薄型フランジの標準タイプ (S, M, L)
 ・ノイズアイソレーション効果の高い発泡フォームタイプ (S, M)
 ・Spinfit 社と共同開発した高音質タイプ、CP-355 (SS, S, M)
AVIOT の中核モデルに相応しい質感
 イヤホンには、淡い輝きを放つマイカ材等を封じ込めた深みのある塗装を施し、充電ケースにはしっとりとした肌触りの特殊コーティングを施した。
高音質コーデック AAC と aptX に対応
 aptX 対応端末との組合せで、より情報量が多く、ワイドレンジな音を楽しめる。音の遅延も、SBC の約1/3 と少なめ。又、音声信号の処理スピードを高め、SBC や AAC 時での低遅延化も実現。YouTube 等の動画もストレスなく楽しめる。
要望の多かったアンビエントマイク (外音取り込み) 機能搭載
 内蔵マイクでイヤホンを装着したまま、周囲の音を取り込める。左右イヤホンの専用ボタンを押すと、音楽を一時停止するか (右ボタン)、音楽を再生したまま音量を自動的に一定量下げて (左ボタン)、例えば急に話し掛けられた友人や店員と、イヤホンを外す事なく会話が可能。
急な雨やスポーツの汗に負けない、IPX5 防水設計
 急な雨に降られてもイヤホンを外す必要はない。※ イヤホン本体のみ。
紛失防止用ストラップ
 イヤホンの片側が落下して紛失しない様、両方のイヤホンを繋ぐストラップが付属。ランニング等のスポーツ時でも、落下の心配をせず安心して使える。
15分の充電で約2時間の再生が可能な急速充電機能
イヤホンの操作ボタンは、操作時に耳へ圧力を与え難いタッチセンサータイプ
 音楽の再生、停止、スキップ、音量調整等の基本操作が可能。
専用スマホアプリ AVIOT Sound XXX
 タッチセンサーの機能のカスタマイズや、より細かい音質調整可能な10バンドイコライザー、ファームウェアアップデート等の機能を搭載。※ 2020年1月にGoogle Playストアと App Storeより配信予定 (無料)。

楽天市場で探す


ラベル:外音取り込み
posted by たか坊 at 11:20| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする