2020年07月16日

心拍計内蔵 フィットネスウォッチ  ポラール Unite

☆新製品

【仕様】
●睡眠の質を高め、トレーニングを効率化し、ライフバランスの取れた毎日をサポート、手首での高精度心拍計測と睡眠計測機能を備えたフィットネスウォッチ
●主な特長・機能
@ 軽量 (32g) でスタイリッシュ、24時間毎日使う事を考慮した使いやすいデザイン、1日中快適に着用で出来、豊富な種類のリストバンドから自分に合った物を選べる、文字盤のカラーテーマをカスタマイズする事も可能 A トレーニングモードで最大50時間使用可能 (スマホのGPSと連係+心拍計測時) B 3色10LED 搭載 Precision Prime 光学式心拍センサー C Nightly Recharge、夜にどれだけストレスやトレーニングによる疲労から回復出来たかを確認出来る、このデータを活用して日中の活動をより効率的にプランニング出来る D Sleep Plus Stages、睡眠ステージ (レム、浅い睡眠、深い睡眠) を計測し、睡眠の質を細かく分析、睡眠状況を見える化する事で、より良い眠りを得る為のヒントを得る事が出来る E FitSpark トレーニングガイド、前夜の回復度合いやその日の体調に応じたトレーニングプランを幾つか提案、その中から自分に合ったトレーニングが選べる F Serene 呼吸エクササイズ、身体をリラックスさせストレスを和らげてくれる G スマホに接続すれば GPS機能を使う事も可能 H Polar Clubクラスの実行中に、Polar Clubシステムに心拍数を反映させる事も可能
●稼働時間最大50時間 (トレーニングモード、スマホのGPSと連係+心拍計測時)/最長4日 (腕時計モード、継続的な心拍計測時) ●GPSはスマホを利用 ●Precision Prime心拍計 (接触型センサーは非搭載) ●3D加速度計 ●環境光センサー ●30m防水 (水泳にも適応) ●心拍計測 (24時間計測/夜間のみ計測/手動計測/リアルタイム表示/心拍ゾーン/VO2Max/最高・最低心拍数/安静時心拍数等) ●Sleep Plus Stages (睡眠状態の把握・分析 [睡眠時間/就寝・起床時間/レム睡眠/浅い睡眠/深い睡眠/睡眠サイクルの回数] ) ●活動量計測 (歩数/距離/消費カロリー/アクティブ時間/アクティビティ強度/心拍数/睡眠等) ●対応スポーツ (ランニング・室内スポーツ・グループフィットネス・ヨガ・筋トレ、サイクリング、水泳等、100種類以上、時計には最大20種類のスポーツプロファイルを保存可能) ●Nightly Recharge ●FitSparkトレーニングガイド ●Serene呼吸エクササイズ ●ランニングプログラム ●カーディオ負荷 ●トレーニング効果 ●アクティビティ効果 ●ラップ (自動) ●オートスタート/ストップ ●スマートカロリー ●フィットネステスト ●Polar Club を使ったトレーニング ●低活動アラート (55分座り続けるとアラーム) ●通知機能 (電話着信・メッセージ・Eメール・カレンダー・アプリからの通知を振動で教えてくれ時計上で確認出来る) ●タイマー (ストップウォッチ /カウントダウン) ●スヌーズ機能付きアラーム ●時計表示 (アナログorデジタル表示/日付・曜日) ●環境光センサー搭載カラータッチディスプレイ (IPS TFT/解像度240×204) ●文字盤のテーマカラーを複数のオプションから選択可能 ●カラータッチディスプレイ (タップ&スワイプ)+1ボタン操作 ●腕時計を見る動作でバックライトON ●Polar Flow アプリ (対応スマホ:iOS12以降、Bluetooth4搭載のAndroid6以降) ●Polar Flow ウェブサービス ●Bluetooth LE ●互換性のあるアプリ (Strava/TrainingPeaks/Apple Health Kit/Google Fit/MyFitnessPal/MapMyFitness 他) ●互換性のあるセンサー (Polar H10 心拍センサー/Polar H9 心拍センサー) ●USB充電 (専用USB充電アダプタ使用) ●バッテリー容量174mAh ●動作温度−10〜50℃ ●素材 (グラスファイバー強化ポリマー製ケース/ステンレススチール製ボタン/旭硝子レンズ/シリコン製リストバンド) ●リストバンド交換可能 (20mm幅のスプリングバー付きリストバンドに対応) ●本体サイズ直径43.4×厚さ10.4mm ●リストバンドサイズS〜L手首周り130〜210mm (SとMLの2サイズ同梱) ●重さ32g (リストバンド含む) ●付属品 (リストバンド×2 [S/ML]/USB充電アダプタ/ユーザーマニュアル) ●カラー (ブラック/ホワイト/ブルー/ピンク) ●2年保証 (シリコン又はプラスチック製リストバンは1年)
POLAR UNITE フィットネスウォッチ ブラック
発売日:2020年 7月16日 価格:19,800円位 (2020/7/16現在)

機能説明
継続的な心拍数計測
 1日を通した心拍数の変化についての包括的な見解が得られる。継続的に心拍計測する事で、消費カロリーやアクティビティデータを正確に把握する事が出来る。1日の最低・最高心拍数も分かる。
Sleep Plus Stages
 睡眠時の体の動きに加え心拍数も計測、詳細な睡眠データを計測。睡眠時間、就寝・起床時間に加え、レム睡眠や浅い睡眠、深い睡眠の時間、睡眠サイクルの回数等が分かる。これらの睡眠データを分析し、睡眠スコアとして数値化。睡眠スコアの項目をユーザーの通常レベルと比較する事により、毎日の活動が睡眠にどの様な影響を与え、調整する必要があるかも知れない事を認識する事が出来る。
Nightly Recharge
 夜間に回復状態を測定するシステム。日中に受けた負荷から、どれだけ回復出来たかを確認出来る。Nightly Rechargeステータスは、睡眠の質はどうだったか (睡眠ステータス)、睡眠 (自律神経ステータス) の最初の何時間かの間に自律神経ステータスがどの程度沈静化したか、の2つの要素をベースにしている。両要素は、昨夜の睡眠を過去28日間の通常レベルと比較する事により算出。Nightly Rechargeステータスは、腕時計の画面上、又は Polar Flowアプリから確認出来る。測定データをベースにして、動きの内容や、睡眠に関するアドバイス、特に調子の良くない日等には、Polar Flowアプリで、エネルギーレベルの上げ方等を提案。Nightly Rechargeにより、総括的な健康状態の向上と、トレーニング目標達成に近付く為に、日々どの様な生活を送る事が適当かを把握する事が可能になる。
FitSparkトレーニングガイド
 腕時計で容易に利用出来る、オンデマンドトレーニングのテンプレートをデイリーベースで提供。前の晩の Nightly Rechargeステータスを基準にした、トレーニング履歴、回復状況、フィットネスレベルに見合ったトレーニングプランを、毎日2〜4種類を用意。合計19種類のトレーニングが利用可能。FitSparkトレーニングには、エクササイズの実施方法に関する手順、エクササイズを安全に適切な手法を使って行える様にする、リアルタイムのステップバイステップのガイダンスが含まれる。
Serene 呼吸エクササイズ
 ガイダンスを伴う深呼吸エクササイズ。心身をリラックスさせストレスへの対処に役立つ。腕時計の画面の表示を見ながら息を深く吸って、深く吐くを繰り返す。ゆっくりと安定したリズムで呼吸する様にガイダンスしてくれる。毎分当たりの呼吸数は6回、これがストレスを解消する最適な呼吸のリズム。ゆっくりと呼吸すると、心拍もそのリズムに段々と同調し始める。そして心拍間隔時間もより大きく変化し始める。睡眠前に行う事で睡眠の質を高める効果も期待出来る。
ランニングプログラム
 ユーザーのフィットネスレベルに基づき、オーバートレーニングを避け、適切にトレーニング出来る様に設計され、個人情報、トレーニング情報、準備時間を考慮しつつ、イベントに向けてカスタマイズ出来る。プログラムは、5k、10k、ハーフマラソン、マラソンイベントで利用可能。プログラムには3つのフェーズ (基礎づくり/ビルドアップ/テーパリング) があり、パフォーマンスを段階的に向上させ、レースに向けて準備出来る様に設計されている。ランニングトレーニングセッションは、5つの種類 (イージージョグ/ミディアムラン/ロングラン/テンポラン/インターバル) に分けられ、全てのセッションには、ウォームアップ・トレーニング・クールダウンのフェーズが含まれる。さらに、筋力トレーニング・体幹トレーニング・モビリティトレーニングが選択出来、向上をサポート。各トレーニング週は、2〜5のランニングセッションで構成、1週当たりの合計ランニングセッションは、フィットネスレベルに応じて1〜7時間になる。プログラムの最小期間は9週間、最大期間は20か月。
カーディオ負荷
 カーディオ負荷は、トレーニング負荷を定量化する為に一般に認められ、科学的に実績のある方法であるトレーニングインパルス計算に基づいている。カーディオ負荷は、トレーニングセッションが心血管系にどの程度の負担を掛けるかを示す。1回のトレーニングセッションで検出された負荷データは、腕時計、Polar Flowアプリ、Flowウェブサービス上の、トレーニングセッション概要に表示される。カーディオ負荷が高い程、身体への負担は多くなる。
トレーニング効果
 トレーニング毎に効果に関するフィードバックを提供、効果をより実感するのに役立つ。フィードバックは Flowアプリ及び Flowウェブサービスでも確認可能。フィードバックを得るには、心拍ゾーンで合計10分以上のトレーニングをする必要がある。フィードバックは、心拍ゾーンに基づき、各心拍ゾーンに於けるトレーニング時間と消費カロリーから判断される。
スマートカロリー
 市販製品の中でも最も正確なカロリーカウンターの1つ、個人データ (体重・身長・年齢・性別/最大心拍数 [HRmax] /トレーニング又はアクティビティの強度/最大酸素摂取量 [VO2max] ) に基づいて正確な消費カロリーを計算。カロリー計算は、加速度と心拍数データの組み合わせに基づく。トレーニング中に累積エネルギー消費量 (キロカロリー)、トレーニング後にトレーニングセッションの消費カロリーを表示。1日の合計消費カロリーを記録する事も出来る。
フィットネステスト
 手首での心拍計測によるフィットネステストは、安静時の有酸素運動能力を短時間で測定する、容易で安全な方法。結果である Polar OwnIndexは、一般的に使用されている最大酸素摂取量 (VO2max) に相当。長期的なトレーニング状況、心拍数、安静時の心拍変動、性別、年齢、身長、体重の全てが OwnIndexに影響する。
24時間/365日アクティビティトラッキング
 腕の動きを内蔵3D加速度センサーで計測し、アクティビティを記録。運動の頻度、強度、動きの規則性を身体情報と合わせて分析し、トレーニングに加え日常生活に於いても、どれくらいアクティブに過ごしたかを知らせてくれる。より正確なアクティビティ記録の結果が得られる様、利き腕でない腕に腕時計を装着する事。
アクティビティ効果
 アクティブに過ごしていた事による健康への効果と座り続けていた事による健康への好ましくない影響についてフィードバックを提供。フィードバックは、国際的なガイドライン、又、身体的活動と座り続けている事による健康への影響に対する研究に基づく。Flowアプリ及び Flowウェブサービスでは、毎日、週毎、月毎にアクティビティ効果を確認出来る。又、Flowウェブサービスで健康への効果についての詳細を確認する事も可能。
Polar Club を使ったトレーニング
 ジムでグループ心拍数測定システム Polar Club を導入している場合、腕時計を使ってスクリーンに心拍数を表示出来る。
Polar Flowアプリ/Polar Flowウェブサービス
 トレーニング・アクティビティ・睡眠データ、トレーニング計画や進捗レポート等のデータをクラウド管理。いつでも必要な時にアプリやウェブで確認出来る。



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 05:38| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする