2020年08月18日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 イヤホン TaoTronics SoundLiberty 92

☆新製品

【仕様】
●TaoTronics 初のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン ●インナーイヤー型 (開放型)で耳穴に浅く被せるタイプ、カナル型の様な閉塞感がなく、装着感が軽快で耳への負担も軽減されるので1日中使っても耳が痛くなり難い ●大口径13mmドライバーで豊かな高域・クリアな中域・迫力のある低域がぶつかり合う事なく自然に耳へ届く、耳触りの良いクリアなサウンドが楽しめる ●左右同時伝送 MCSync技術で遅延や音飛びを軽減して安定性が向上 ●音楽を聴きながら周囲の音も聞こえやすい、通勤・通学は勿論、ランニング等のスポーツ時にも使える、遮音性が低いので、自分の声が聞き取りやすくカナル型よりも通話がしやすい ●人間工学に基づいたインナーイヤー型デザイン採用、長時間着けても重さを感じさせず快適で安定した装着感 ●イヤホンに触れるだけで操作が出来るタッチセンサー ●ケース併用で最長30時間再生 ●USB TypeCによる急速充電で僅か80分程でフル充電が可能 ●高い防水性能 IPX7 対応、急な雨やトレーニングでの汗等の水分からイヤホンを守る ●瞬間ペアリング、1度ペアリングしている機器とはケースを開けた時点ですぐに接続 ●片耳/両耳モードの切替は片方のイヤホンを出したり仕舞ったりするだけで可能
●連続音声再生最大約5時間 (音量80%)/最長約30時間 (付属充電ケース使用+音量80%) ●インナーイヤー型 (開放型) ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/接続距離10m ●防水仕様 (IPX7) ●チップ Airoha社 AB1536U ●MCSync 左右同時伝送方式 ●コンパクトな充電ケース ●ハンズフリー (マイク周波数帯域100〜10kHz) ●片側だけで使用可能 ●イヤホンは充電ケースを開けただけで自動電源ON&自動ペアリング ●タッチ操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●イヤホンのバッテリー容量40mAh×2 ●充電ケース (イヤホンを約5回フル充電可能/充電80分 [充電ポートUSB TypeC]/バッテリー容量420mAh/スマホに充電する事も可能) ●13mm径ダイナミック型ドライバー ●サイズ (イヤホン43×16.2×18.5mm/充電ケース47.4×54.4×23.8mm) ●重さ (イヤホン4.7g×2/充電ケース33.6g) ●付属品 (充電ケース/USB TypeC充電ケーブル/取説) ●カラー ブラック ●12か月+18か月(製品登録後) 保証
TaoTronics インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン SoundLiberty 92
発売日:2020年 7月31日 価格:4,999円 (2020/8/18現在)

【機能・用語説明】
インナーイヤー開放型完全ワイヤレスイヤホン
 インナーイヤー型イヤホンは耳穴に浅く被せるタイプなので、カナル型イヤホンより装着した時の閉塞感がなく、周囲の音が聞こえやすく、着脱も簡単。装着感が軽快で耳への負担も軽減されるので、1日中使っても耳が痛くなり難い。
大口径13mmドライバー
 オープン型でカスタムチューニングされた大口径13mm高効率ダイナミックドライバーを採用。豊かな高域・クリアな中域・迫力のある低域がぶつかり合う事なく自然に耳へ届き、音場の広がりを感じさせる。ライブの臨場感や空間の大きさ、音の重さ等、生で聞いている様な感覚を味わう事が出来る。曲のジャンルに関わらず、各音域がバランス良く出力され、耳触りの良いクリアなサウンドが楽しめる。
新開発 Airoha社 MCSync技術
 遅延や音飛びを軽減して安定性を向上させた。左右どちらかを親機とする事なく、それぞれのイヤホンがデバイスから直接同時に受信する為、データ伝送の安定化を実現。
音楽を聴きながら周囲の音も聞こえやすい
 カナル型よりルーズフィットの為、外から声が入りやすく、両耳にイヤホンをしていても周りの声が聞こえる利点がある。外音が聞こえるので事故や犯罪等を予防する事も出来る。通勤・通学は勿論、ランニング等のスポーツ時にも使える。遮音性が低いので、自分の声が聞き取りやすく、カナル型よりも通話もしやすい。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
インナーイヤー型 (オープン型、開放型) である
 インナーイヤー型としては上出来@、インナーイヤー型に慣れている人にはオススメ出来る@、AirPodsモドキの中ではレベルは高い方@、カナルの圧迫感@・窮屈感@・煩わしさ@がない、耳の負担が少ないA、屋外作業で2時間着けっ放しでも蒸れたり着け外しもせず使い続ける事が出来た@、軽い装着感がいいB、装着が楽@、頭を振っても外れない@、ちゃんと耳に引っ掛かる@、下手なカナルより装着感が良く首を振っても外れない@、Apple製品が耳に合えばこれも合うだろう@、外れはしないがフィット感はあまり良くない@、外れやすい@、耳に合わないし音質も良くない@、周囲の音を聞きたい時に着けるイヤホンとしてはとてもいい@、周囲の音を注意しながら音楽を楽しむには最適@、音量を下げれば外音も適度に入って来る@、カナルだと分からなさそうな普通のトーンで話し掛けられても結構分かる@、周囲の音はしっかり聞こえる@、外の音が聞こえるのがいいB、爆音にしなければ音漏れは気にならない程度@、音量が小さめ@
音質
 申し分ない@、中々いい@、価格の割にいい@、問題ないA、低音も豊か@、やや低音が強め、音楽を聴き込むには物足りないかも知れないが動画のながら観には十分@、低音やや強めで聴き疲れしないチューニング@、柔らかい印象でながら聴きには充分@、悪くない、やや低音が強いが嫌な感じではない、開封直後で籠った感じが少しある@、低音はやや物足りないが高音と低音のバランスがいい@、可もなく不可もなく@、カナルと比べても仕方ない@
 落ちる事はないがフィット感が弱く音質に影響が出るので定期的に位置調整するのが面倒@、カナルより外れやすい、耳の中グッと押し込めば、TaoTronics71と同質の音質を提供してくれるが@、耳に合わない、手で押さえればかなりいい低音を出すが、離すと低音が無くなり中域のやや籠った感が出る、インナーイヤー型はイヤーピースで調整出来ないが、合えばバランスが取れたいいイヤホンだと思う@、最良の音で聴くにはシビアな耳の位置が求められるのだと思うが、開放型にそれを求める時点で製品としては破綻@
接続性
 安定しているA、都会ではないが途切れる事はない@、たまに音切れ等が起こるB、右が度々切れる@、接続距離が6m以内とやや短い@、約5m離れるとブツブツ切れる@、接続距離が所有する他機種に比べ短い@、ペアリングが簡単C・速いF、1度ペアリングすれば取り出すだけで自動でペアリングしてくれるC、時々ケースから出しても電源が入らない時がある@
バッテリーの持ち
 5時間以上使えた@、5時間は持つのでまあ充分@、AirPodsより長持ち@
操作性
 片耳だけで使用出来るA、左右どちらでも単独で使用出来る@、本体で音量調整出来る@
ケース 
 コンパクトB、携帯性がいいA、手のひらA・ポケット@に収まる、ケースのバッテリー残量が分からないA
イヤホン
 防水能力が高いA、装着したままシャワーを浴びたら音が籠る様になった、乾燥させたら音は元に戻った、故障等はない@
通話
 未だ数回だが取り敢えず良い様だ@、LINE通話は相手にも声が届いていたので及第点@、相手に声が小さいと言われる@、電話は音質悪くダメだった@、WinPCでLINEやGoogle Meet等は音が聞こえなかったりマイク感度が悪くなる等、満足に使えない、スマホではその様な事はない@、相性が悪くSurfaceでのLINE通話は、相手の声もこちらの声も聞こえない、iPhoneはストレスなく使える@
その他
 動画は遅延が気になる@


posted by たか坊 at 13:44| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする