2020年08月22日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 イヤホン Anker Soundcore Liberty Neo 第2世代

【仕様】
●2019年4月発売の Soundcore Liberty Neo をアップグレードした第2世代モデル ●新グラフェンドライバー搭載、正確でクリアなサウンドを実現 ●連続再生時間が3.5時間から5時間にアップ ●防水規格が IPX5 から IPX7 へアップ、ランニング中の突然の⾬等、天候やシーンを選ばず⾳楽を楽しめる ●BassUpテクノロジーで低域を約43%増幅 ●アンテナ改善等により安定した接続を実現 ●GripFitテクノロジーによる抜群のフィット感、歩⾏や激しい運動でも安⼼ ●イヤホンは約5gの軽量設計、長時間装着しても疲れない ●高級感ある仕上げの充電ケース ●ミニマムなサイズ&デザインのイヤホン 
●連続音楽再生最大5時間/最長20時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) ●防水仕様 (IPX7) ●ハンズフリー ●右側 (親機) だけで単独使用可能 ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング、ケースに収納すれば自動電源OFF ●ボタン操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/受話・拒否/音声アシスタント起動等)/イヤホン側での音量調整は出来ない ●充電約1.5時間 ●充電ケース (充電ポートmicroUSB/開閉する事でケースのバッテリー残量をLEDで確認出来る) ●使用可能温度−20〜60℃ ●充電可能温度0〜45℃ ●6mm径グラフェンドライバー ●重さ (イヤホン約5g×2/充電ケースを含めた合計約51g) ●付属品 (充電ケース/イヤーチップ (XS/S/M/L)/イヤーウィング (XS/S/M/L)/microUSBケーブル/取説) ●カラー (ブラック/ブルー/レッド/ホワイト) ●18か月+6か月保証 (会員登録後)
【第2世代】 Anker Soundcore Liberty Neo ブラック
発売日:2019年 8月23日 価格:4,999円 (2020/8/22現在)

【機能・用語説明】
強化された低音
 Soundcore 独⾃の BassUpテクノロジーにより、聞いている⾳楽の低周波⾳域を即座に分析し、低⾳域を約 43% 増幅する。20Hz〜20kHz の広い周波数帯域で優れた⾳楽体験を得られる。
抜群のフィット感
 Soundcore 独⾃の GripFitテクノロジーにより、イヤホンを⽿に挿⼊し少しひねるだけでしっかり固定される為、歩⾏や激しい運動の際にも安⼼。
スタイリッシュなデザイン
 ダイヤモンド粒⼦を散りばめた様なメタリックコーティングを施した、⾼級感ある⾒た⽬が魅⼒の充電ケース。イヤホン部分は装着時のスマートさを追求し、ミニマムなサイズ&デザインに仕上げた。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 いいS以上、とてもいいE、ランには充分@、普通B、いまいちA、悪いB、低音 (いい・効いているI、強過ぎるB、弱い・弱過ぎるB、曇っている・いまいちC)、ノイズが無い・気にならないB
遮音性 いいE 
動画の遅延 気にならないB、気になる@、YouTubeは少しある@
接続安定性
 安定しているB、途切れないA、あまり途切れないE、通勤の混雑時@・人混み@・新宿駅や満員電車@、都内の駅@・どこでも@、途切れない、木造2階に本体で1階でも接続は切れない@、再生機器から10m離れても再生出来た@、壁等の障害物があると5m程度@、接続が勝手に切れてケースに戻しても改善しない事がある@、MP3プレーヤーと接続、大きな駅では途切れまくる@、10分に1回は途切れる@
ペアリング
 速いB、ケースから出すとすぐ接続してくれるC、ケースから出しても接続されない時があるA、1つの機器としか接続出来ない為、切替時は解除が必要@、スポーツジムのエアロマシンにも問題なく接続出来る@、目的のデバイスではないPC等のBluetoothがONになっていると上手く接続出来ない@
装着感
 フィット感がいいD、フィットするB、いいA、走っても落ちないA・ズレない@、頭を振っても外れないA、落ちない@、イヤーチップ部分が長いので軽く耳を引っ張りながら装着すれば安定する、いつもはLサイズだがこれはMサイズで充分@、耳にフィットする度合いが難しい@、フィットするまで違和感を感じ痛かった@、フィットしないD、耳に合わないA、イヤホンを耳の周りの窪みにアタッチメントで引っ掛ける方式だが、それが合わない@、イヤーピースがXSでも大きい@、外れやすい@、汗をかくと落ちやすいA、最初フィット感があるが段々落ちてくる@、長時間は耳が痛いA、暫くすると耳が痛くなるA、1時間で外耳が痛くなる@
バッテリーの持ち
 いいE、公称通り6時間持つA、通勤には充分@、通勤だけなら2週間は持つ@
操作性 物理ボタンで非常に快適@、物理ボタンで誤操作がなくていい@
充電ケース
 コンパクトE、LEDの点滅の個数でケースのバッテリー残量が把握出来るA、ケースを開けるとケースのバッテリー残量が分かるA
通話
 車の多い通りや風のある日に外で通話するとノイズで何を言っているのか分からない、室内用としては充分@、聞き返されたりしないので必要十分だと分かる@、マイク性能は遠隔会議に参加した人に聞いたら普通に良く聞こえるとの事@、右耳1つで電話は音量が弱くて外での会話は厳しい@、聞こえ難いと良く言われる@、ミュート機能がない@
その他の不満な所
 イヤホン側で音量調整が出来ないF、左単独では使えないC、デバイスと接続中はLEDが点滅するのが気になるA、ケースから取り出した時にイヤホンが必ず最大音量になる@、Xperiaは接続する度に最大音量で接続される@、PC・ウォークマン・タブレット・スマホ2台で試したが1台のスマホを除き毎回接続時に最大音量で始まる@
不具合
 片側の音が出なくなったE、音が出ないA、片側の音が出ないA、ペアリング出来なくなった@、左がペアリング出来なくなった@、左がペアリング出来ない@、毎回ペアリングを解除しないと繋がらない@、片側の充電が出来なくなったB、充電出来なくなった@、充電中に勝手にスマホと接続される@、ケースの充電ランプが点いたり点かなかったりする@
利用シーン
 通勤F、ランニングD、ウォーキングB、スポーツジム@、出先@、PC作業しながら通話@、風呂@、シャワー@、不明S以上

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 11:29| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする