2017年03月27日

心拍計内蔵 GPS搭載 マルチスポーツウォッチ GARMIN fenix 5s

☆デザインがいい、ビジネスにも使える 
●マルチスポーツ対応(ラン,バイク,スイム,ゴルフ他) ●稼働時間12時間(GPSモード)、28時間(ウルトラトラックモード) ●搭載センサー(GPS、光学式心拍計、気圧高度計、電子コンパス、寒暖計) ●トレーニング機能(VO2Max,リカバリーアドバイザー,予想タイム他多数) ●ライフログ機能 ●通知機能(電話/SMS/メール等) ●バイブレーションアラート ●ミュージックコントロール ●スマホ探索 ●時計機能 ●Connect IQ ●Garmin Connect/Garmin Connect Mobile ●バックライト付カラーディスプレイ ●100m防水 ●みちびき/GLONASS ●ANT+ ●Bluetooth LE ●QuickFitバンド ●サイズ42×42×14.5mm ●重さ67g(バンド含む)
GARMIN fenix 5s
発売日:2017年 3月31日 価格:63,600円位

- 特長 -
さらに軽くさらに多彩な機能を搭載
• 運動やアドベンチャー向けアクティビティプロフィールをすべてプリロード
• ワークアウトの効果や進歩を表示するパフォーマンスウィジェットで主要データをすぐに入手
• スマート通知、Garmin Connectオンラインフィットネスコミュニティへの自動アップロード、Connect IQストアの無料ウォッチフェイスやアプリを使ったカスタマイズ等の接続機能
• GPS/GLONASS衛星受信やジャイロスコープと気圧高度計付きの3軸コンパスなどのアウトドアセンサー

 fēnix 5Sは、より少ない装置でこれまで以上の性能を求めるプロのアスリートや冒険家に最適です。高級感あふれるこのマルチスポーツウォッチは、軽量かつ洗練されたコンパクトなデザインを持ちながら、最大限のパフォーマンスを提供。手首で測るElevate 光学式心拍計、内蔵のアクティビティプロフィール、ナビゲーション機能、ワークアウト効果を測定するパフォーマンス項目など、高度な機能で昨日までの自分を越えることができます。さらに、オフィスでも奥地でも、どこでも快適に装着できるスマートなスポーツウォッチなので、アクティブなライフスタイルのペースを維持することができます。

目を奪うデザイン、優れたパフォーマンス
 アスリートや冒険家は多種多様です。そのためfēnix 5はすべての人の手首とすべてのワークアウトにフィットするよう、サイズに応じて変化する複数のモデルをご用意しました。各バージョンで、ステンレス仕上げ、QuickFitウォッチバンドとの組み合わせ、プレミアム機能をご提供し、外見、性能、軽やかな快適性などデザインと運動用機能の両方の関心を満たします。

デュアルナビゲーションネットワーク
 fēnix 5シリーズは全製品に高度なGPS/GLONASS衛星受信機能を搭載。GPSのみの場合と比べ厳しい環境でもより多くの追跡が可能です。すべての動作モード(設定に応じてモデルにより異なる)で十分なバッテリー寿命をご利用いただけます。さらにどこへでも確実に持ち歩けるよう、fēnix 5シリーズはすべて100m防水機能付きです。

見やすい半透過型カラーディスプレー
 LEDバックライト付きの、明るい高解像度のフルカラーGarmin Chroma Displayは、どんな環境でも優れた可読性を発揮。光の反射と透過を同時に行う半透過技術により、強烈な日光の下でもウォッチフェイスをはっきりと読むことができます。

Elevate 光学式心拍計
 Elevate 光学式心拍計を使って手首で心拍数を計測するので、胸部に取り付ける心拍計ストラップを装着する必要はありません。ステップ数のカウントやスリープモニタリングに加えて、心拍数を使ってカロリーの消費情報を表示したりフィットネス活動の強度を測定します

取り付けが簡単なQuickFitバンド
 高品質レザー、メタル、シリコンなどから選べるQuickFitのバンドは、どんなスポーツやアクティビティのスタイルにも溶け込んでマッチします。交換には特別な道具は必要ありません。簡単に取り外せてすぐに着用できます。

高度なパフォーマンス測定
 fēnix 5Sウォッチにはすべて高度なトレーニング機能が搭載され、フォームやパフォーマンスの監視に役立ちます。トレーニングステータスやトレーニング効果の読み出しが強化され、ワークアウトの有酸素・無酸素運動の効果が確認でき、運動の成果や仲間との比較を確かめることが可能です。VO2 max推量計は、ラン速度、1分あたりの脈拍、心拍数の変動といったデータを高速処理し、1分あたりの最大酸素摂取量を測定します。そのほかのフィットネス項目には、リカバリータイマーとリカバリーチェックを備えたリカバリーアドバイザー、VO2 maxの最新数値に基づき理想のゴール時間を測定する予想タイムなどがあります。

アドバンスドランニングダイナミクス
 ランニングデータの自己記録を更新しましょう。Garminのトレーニング機能は、広範な生理学的データや高度なランニングダイナミクスを活用し、フォームや全体的パフォーマンスの向上を促します。機能には以下が含まれます。
パフォーマンスコンディション: 6〜20分ランニングした後、リアルタイムで平均フィットネスレベルと比較
乳酸閾値: ペースと心拍数を分析することで、筋肉が急速に疲労し始める地点を推定
ピッチ: 1歩あたりの歩幅
ストライド幅: 現在のペースから算出される1歩あたりの歩幅

さらにオプションのHRM-Runなど互換性のある心拍計と組み合せることで、追加項目3にアクセスすることができます。
上下動と上下動比: ランニング中の胴体の非効率な移動距離(上下の動き)と比率を測定
接地時間とGCT(接地バランス): ランニング中に足が地面に接地している時間と左右のバランスを測定
ストレススコア: 3分間静止している間に心拍数の変動を測定して推定ストレスレベルを測定。スコアは1〜100で表示されスコアが低いほどストレスレベルが低いことを表す

スイム、スキー、パドルスポーツ、ゴルフなど
 fenix 5ウォッチは、ランニング機能のほか、スイムトレーニング、ゴルフ、パドルスポーツ(スタンドアップボードやボートなど)向けの特別機能も搭載しています。スイマー向け機能では、距離、ペース、ストローク数等の追跡が可能。スキー/スノーボードモードでは速度、距離、標高差、自動滑走計測(リフト搭乗中の自動停止機能付き)を表示。パドルスポーツ向け機能では、ストローク計測、ストローク率に加えストローク毎の距離も測れます。ゴルフモードでは、Garmin Connectからダウンロードしたコースのフロント、ミドル、バックまでの距離を測定したり、ステータス追跡(フェアウェイヒットなど)、グリーンビュー、自動ショット検出、自動距離測定といった拡張機能もあります。

大自然を自分で歩む
 fēnix 5シリーズの各モデルには包括的なナビゲーションとトラッキングのシステムが搭載され、ABCセンサー機能(高度計、気圧計、コンパス)が追加されたGPSを使って、踏み慣らされた道もそうでない道もガイドします。内蔵の高度計は、上昇と下降を正確に測定するための標高データを提供します。気圧計は、短期間の気圧の変化を表示するので気象変化の予測に使用できます。さらに、内蔵のジャイロスコープは、ウルトラトラックモードのときに位置情報の正確な把握(およびバッテリー寿命の節約)に、寒暖計は気象変化の監視にそれぞれ役立ちます。

さまざまな方法で常時接続
 fēnix 5シリーズモデルはすべて、互換性のあるデバイスとのペアリングしたスマート通知機能に対応しています。従って、トレイルやゴルフコース、あるいはオフィスで席を外しているときでも、手元のウォッチでEメールやテキスト、アラートを受信できます。その他のコネクテッド機能には、Garmin Connectオンラインフィットネスコミュニティへの自動アップロード、ライブトラック、無料のGarmin ConnectやGarmin Connect Mobileアプリケーションを介したソーシャルメディアへの共有などがあります。

アプリやウォッチフェイスのカスタマイズ
 Connect IQ storeの無料ダウンロードを使ってお使いの fēnix 5Sをカスタマイズできます。ウォッチフェイスを交換したり、データフィールドを追加したり、アプリやひと目で情報がわかるウィジェットを手に入れたりできます。 Garminは、お使いのfēnixマルチスポーツウォッチにさらなる価値を追加するため、トップクラスの企業や開発者と継続的に協力しています。Uber、Strava、AccuWeatherやその他多くの企業が、fēnix 5Sをこれまで以上に多様な方法でユーザーのライフスタイルにマッチさせるため、さまざまなアプリや拡張機能を提供しています。

自分だけの個性をプラス
 Connect IQ から無料のGarmin Face Itウォッチフェイスアプリをダウンロードして、自分のスマートフォンに保存した写真でfēnix 5をカスタマイズすることも可能です。アプリをダウンロードしたら、ライブラリから写真を選択して、ウォッチフェイスに設定するだけ。Garminならウォッチにあなただけの個性をプラスすることができます

※光学式心拍計の精度につきまして
 光学式心拍計はお客様の心拍数を1日24時間、週7日間モニターするように設計されておりますが、心拍数が測定されるタイミングは活動状況に依存します。アクティビティ計測中や心拍転送モードで動作している際は連続的な心拍計測を行うため、ほぼリアルタイムで心拍数をご確認頂けます。ガーミンの手首装着型光学式心拍計は最新技術を使用していますが、心拍数の測定値はしばしば特定の状況下で不正確になる場合や、デバイス固有の技術制限があります。こうした状況は、ユーザーの物理的特性やデバイスとのフィット感、活動の種類、強度などの組み合わせで発生する事がございます。

- 仕様 -
■モデルの種類: Gray(ブラックバンド)、White(ホワイトバンド)
■実寸法: 42.0 x 42.0 x 14.5 mm  ■重量: 67.0 g(バンド含む)
■ディスプレイサイズ(幅×高さ): 1.1インチ(27.94 mm)  ■解像度(幅×高さ): 218 x 218 ピクセル  ■カラー表示
■バッテリータイプ: 充電式リチウムイオン電池
■稼働時間 スマートウォッチモード: 9日間、GPSモード: 12時間、ウルトラトラックモード:28時間
■防水性能: 100m
■GPS対応  ■GLONASS/みちびき  ■高感度受信  ■気圧高度計  ■電子コンパス
■通知機能(互換性のあるスマートフォンとペアリングされたときにメール、テキストなどの通知を表示)
■バイブレーションアラート  ■ミュージックコントロール  ■スマホ探索  ■VIRBコントロール
■ウォッチ機能: 時刻(12/24h)、カレンダー(曜日/日付)、毎日のアラーム、ストップウォッチ、タイマー、日の出/日没アラート
■標準付属品: チャージングケーブル、クイックスタートマニュアル

地図およびメモリ
■内蔵メモリ: 64 MB、空き領域37 MB
■カスタムPOI: 主要ポイントを追加可能  ■ウェイポイント: 約1,000
■ルート: 30  ■軌跡ログ: 200時間分のアクティビティデータ

ランニング機能
■バーチャルペーサー: 現在のペースを目標と比較 
■加速度計: フットポッド不要で屋内ワークアウトの距離を計算 
■VO2 Max  ■リカバリーアドバイザー  ■レース予想タイム  ■ランニングダイナミクス  ■自己ベスト

サイクリング機能
■Vector  ■複数のバイクプロファイル  ■スピード/ケイデンスセンサー

パフォーマンス機能
■光学式心拍計
■バーチャルパートナー: デジタルなパートナーと対戦してトレーニング
■Virtual Racer: 他のアクティビティと競争
■コース: 過去のアクティビティと競争
■自動ポーズ: 速度に基づいたタイマーの一時停止と再開
■自動ラップ: 新しいラップの自動開始
■自動スクロール: ワークアウト中にデータページ間を自動で切り替え
■マルチスポーツ
■自動マルチスポーツ: ボタンを1回押すだけでスポーツモードを切り替え
■高度なワークアウト: カスタマイズされた目標指向のワークアウトの作成
■ペースアラート: プリセットされたペースから離れるとアラートでお知らせ
■時間/距離アラート: 目標に達するとアラームをトリガー
■インターバルトレーニング: 運動と休憩インターバルの設定
■心拍に基づく消費カロリー  ■消費カロリーを計算
■トレーニング効果: 有酸素運動でのアクティビティの効果を評価
■ディスプレイカスタマイズ
■パワー計: 互換性のあるサードパーティ製ANT+対応のパワー計データを表示

スイム機能
■プールスイム指標: 時間、距離、ペース、ストロークカウント/レート、カロリー
■オープンウォータースイム指標: 距離、ペース、ストロークカウント/レート、カロリー
■泳法の識別: 自由形など  ■スイムワークアウト

ゴルフ機能
■ショット距離を測定: コースの任意の場所からのショットのヤード数を正確に計算
■F/M/Bまでのヤード数: グリーン前、中、後までの距離
■レイアップ/ドッグレッグまでのヤード数  ■デジタルスコアカード

屋外機能
■狩猟と釣り  ■太陽と月  ■面積計算

ライフログ機能
■ステップカウンター
■自動目標設定: アクティビティレベルを学習して、歩数目標を毎日設定
■ムーブバー: 一定期間動かないとデバイスに表示。リセットするには、数分歩く
■スリープモニタリング: 合計睡眠時間、レム睡眠、ノンレム睡眠を監視

Garmin Connect
■Garmin Connect: データを分析、分類、および共有できるオンラインコミュニティ
■自動同期: データをコンピューターへ自動的に転送

その他
■Connect IQアプリサポート: ウォッチフェイス、データフィールド、ウィジェット、アプリ
■EXOアンテナ: GPS/GLONASS  ■ANT+  ■Bluetooth LE  ■フットポッド
■トレーニング効果: フィットネスに対する活動の影響を測定  
■トレーニング負荷  ■トレーニングステータス  ■乳酸閾値測定  
■ウルトラトラックモード  ■スキー機能  ■SUP/ローイング
■天気アラート  ■温度センサー ■トラックバック  ■生理学的測定


楽天市場で探す




その他のアイテム 
  スピーカー       >>> Bluetooth対応スピーカー
  ヘッドホン        >>> Bluetooth(ワイヤレス) イヤホン/ヘッドホン
  ヘッドセット       >>> Bluetooth(ワイヤレス) ヘッドセット
  活動量計        >>> 活動量計(ウェアラブル端末)
  スポーツウォッチ   >>> GPS搭載 スポーツウォッチ

posted by たか坊 at 17:12| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

GPS搭載 スポーツウォッチ Mykronoz ZeSport

☆取説が不親切 ☆日本語がおかしい ☆活動量計として使うにはバッテリーが持たない 
●対応アクティビティ(ラン/バイク/ウォーキング/ハイキング/トレイルランニング他) ●稼働時間最大7時間(GPSモード) ●搭載センサー(GPS/3軸加速度計/光学式心拍計/高度計/気圧計/温度計/UVセンサー) ●ライフログ機能(歩数/距離/消費カロリー/睡眠等) ●心拍計測 ●通知機能(電話/SMS/メール等) ●通話機能(連続通話2時間) ●Siri/Google Now対応 ●音楽コントロール ●カメラリモコン ●INACTIVITY ALERT ●時計表示(盤面変更可能) ●カラータッチディスプレイ ●防水仕様(IP66) ●Bluetooth3.0+4.0BLE ●材質(ゴリラガラスディスプレイ/ステンレススチールバックル/アルミニウムケース) ●サイズ54.6×45.9×14.5mm/重さ70g 
Mykronoz ZeSport Multisport GPS Smartwatch
発売日:2017年 2月24日 価格:23,500円位

- 特長 -
高度計や気圧計G P S を搭載したハイスペックモデル】  
 ZeSportは、パフォーマンスをリアルタイムに管理できるGPSスポーツウォッチです。3軸加速度センサー、心拍測定機能、高度計、バイロメーター、そして、UVセンサーの様なアートテクノロジーの基盤を装備しており、正確にタイムを記録することが出来ます。また、GPS機能により、距離やペース、ルートなどのデータを記録することも可能です。

マルチスポーツ機能
 マルチスポーツ機能をONにすることで、ランニング、バイク、ウォーキング、ハイキング、トレイルランニングなどのモードを選ぶことも出来ます。(山登り時に役立つ高度計・気圧計を搭載) 強固な耐性を誇るゴリラガラスディスプレイ、ステンレススチールのバックル、そしてアルミニウムのケースを使用し、スポーツ活動時のみならず、日常シーンにも馴染むデザイン性を誇っています。

機能
●時計 ●電話機能(受信/拒否) ●SMS、メール、カレンダーイベントの通知機能(※LINE非対応) ●心拍測定 ●距離、ペース、カロリーのトラッキング ●ゴール設定 ●GPS機能 ●スポーツモード ●UVセンサー ●高度計 ●気圧計 ●温度計 ●INACTIVITY ALERT(運動通知) ●リマインダー ●盤面変更 ●音楽コントロール ●カメラリモコン ●端末検索 ●紛失防止機能 ●自動ファームウエアアップデート

- 仕様 -
■カラーバリエーション: ブラック、オレンジ、ホワイト
■ワイヤレス同期: Bluetooth 4.0対応BLE+3.0
■寸法: 54.6 × 45.9 × 14.5mm  ■端末本体重量: 70g
■バッテリータイプ: リチウムイオン350mAh
■通話時間: 2時間
■スタンバイ時間: 3日間 / GPSモードで7時間
■充電時間: 1.5〜2時間
■記憶容量: 5日間
■ディスプレイ: TFTカラータッチスクリーン (1.3 インチ/240×240ピクセル)
■センサー: 3軸加速度計、光学式心拍計センサー、UVセンサー 、高度計、気圧計、温度計
■防水性能: IP66
■動作温度: -10℃〜+60℃
■国際保証: 1年


楽天市場で探す




その他のアイテム 
  スピーカー       >>> Bluetooth対応スピーカー
  ヘッドホン        >>> Bluetooth(ワイヤレス) イヤホン/ヘッドホン
  ヘッドセット       >>> Bluetooth(ワイヤレス) ヘッドセット
  活動量計        >>> 活動量計(ウェアラブル端末)
  スポーツウォッチ   >>> GPS搭載 スポーツウォッチ

posted by たか坊 at 08:59| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

GPS搭載 トレッキング/ランニングウォッチ エプソン Wristable GPS for Trek MZ-500MS/L/Y

☆GPSの精度がいい ☆画面が見づらい ☆見た目が写真の様に良くない
●稼働時間46時間(高精度モード,GPS毎秒計測)/110時間(長時間モード,GPS間欠計測) ●搭載センサー(GPS/加速度計/気圧計/地磁気計/温度計) ●計測モード(トレッキング/ランニングの2種類) ●トレッキング機能 ●ランニング機能 ●ナビゲーション機能 ●バイブ機能 ●モノクロディスプレイ ●みちびき(GPS) ●10気圧防水 ●NeoRun/Epson Run Connect for Trek ●スマホでもPCでもアップロードと確認が可能 ●Bluetooth Smart ●ガラス素材(サファイアガラスMZ-500MS/ミネラルガラスMZ-500L,MZ-500Y) ●サイズ直径47×厚さ17.6mm ●重さ約72g(MZ-500MS)/約67g(MZ-500L/MZ-500Y) ●心拍計測(心拍ベルト)はオプション
EPSON Wristable GPS for Trek MZ-500MS
発売日:2016年 9月23日 価格:61,000円位(MZ-500MS)、47,100円位(MZ-500L、MZ-500Y)


- 特長 -
GPSトレッキングギア「WristableGPS for Trek」シリーズに新デザイン3モデル登場 
- サファイアガラス搭載『MZ-500MS』およびスポーティーなデザインの『MZ-500L』、『MZ-500Y』 -

 2015年8月に発売した「WristableGPS for Trek MZ-500シリーズ」の新デザインとして、3モデルが新たなラインアップとして登場します。新商品のデザインは、シンプルかつシックな従来デザインとは大きく印象が異なる3モデルとなっており、ファッショナブルなアウトドアウェアとのコーディネートを楽しまれるお客さまや、普段づかいなど、より幅広いお客さまに向けたラインアップとなっています。また『MZ-500MS』は、WristableGPSシリーズで初めてサファイアガラスを搭載したモデルであり、高級感と共に「時計」としての価値をお客さまにご提供いたします。

GPSトレッキングギアとは
 一般的なABC時計とは、高度計(Altimeter)気圧計(Barometer)コンパス(Compass)が搭載された腕時計です。このABC時計にGPS機能が追加されたのがWristableGPS for Trek MZ-500です。GPS機能とは、上空にあるGPS衛星からの信号をGPS受信機で受け取り、現在の位置を知るシステム。MZ-500はGPSセンサー、地磁気センサー、加速度センサー、温度センサー、気圧センサーの5つのセンサーが融合。

GPSセンサーと4つのセンサーを融合して計測することにより「わかること」「できること」
【1】登山中に現在地情報がわかる
 登山に欠かせない情報を簡単に確認することができます。今いる場所をきちんと把握することで、状況を確認しながら登山計画の軌跡修正に役立てることができます。
【2】高精度な標高計測ができる
 GPS機能+気圧計+温度計の連携により、標高を計測。標高計測は、GPS機能および気圧と気温の変化を用いますが、正しい気温を取得するために、現在地情報と本体に内蔵された日時、緯度、高度の気温予測統計データを元に、腕に装着していても体温の影響を受けずに気温を推定し、精度の高い気圧と標高を計測することができます。
【3】自分の登った軌跡をログとして記録し、残すことができる
 山行記録は軌跡として記録することができます。登山後は、本体よりPCまたはスマホアプリにデータを転送すれば、軌跡を地図や登山にかかった時間や距離等の詳細情報含め振り返ることができます。またSNSと連携してデータを共有することもできます。
【4】登山ルートを本体に登録すれば、登山時にナビゲーションしてくれる
 トレッキング計画を作成し本体に登録、もしくは本体に登録されている日本百名山ルートにより、登山時に平面と標高画面でナビゲーションしてくれます。目的地までの時間、距離だけでなく、「あとどのぐらい登るのか」(高度)を手元で知ることができます。また、登ったルートを使用して下山できるトラックバック機能も搭載しているので、安全に登山を楽しむことができます。

GPS毎秒測位で、約46時間の長時間稼働
 独自開発のGPSチップの低消費電力化により、GPS機能稼動時、高精度モード(GPS毎秒測位)で最大約46時間、長時間モード(GPS間欠測位)で約110時間の計測が可能。GPS計測オフ時には、約30日間時計表示が可能なので、普段づかいにも便利です。記録を中断すれば充電も可能、長距離の登山やトレイルランでも安心してご使用いただけます。

■軽量65g(注1)で快適に使用
 高機能でありながら65gという軽量化を実現。GPS機能が搭載していても、一般的なアウトドアウォッチと同程度の重さで、長時間の登山、ランニング時でも重さを気にせず、快適にご利用いただけます。
(注1)MZ-500B/Sの重量。MZ-500MSの重量は約72g、MZ-500L/Yは約67gとなります。

急な天候の変化にも安心の防水性、堅牢性
 天候の変化が激しい山間部での登山・トレイルラン、雨天時のランニングにも安心して使える10気圧防水機能。また、本体には優れた強度・剛性をもったレニー材を採用し、風防ガラスには防曇処理を施しているので、急激な気温の変化やアウターシェルで湿度がこもりがちな環境でもガラスが曇らずにご利用いただけます。

安心の日本メーカー製
 自社開発の高精度センサーをキーデバイスとして搭載し、一貫して国内で製造していますので、購入後のサポートも安心です。また、時計内のメニュー表記や取扱説明書も日本語表記で、わかりやすく、直感的に操作できます。

登山中に現在地の情報を確認する
 標高、気圧、気温、方位、緯度経度、日の出/日の入時刻を表示。登山中の現在位置の情報が、簡単なボタン操作ですぐに確認ができます。
標高計測
 現在地の標高計測を表示します。気圧センサー、GPS機能、温度計の各データを、独自のアルゴリズムで複合的に使用しているので、高い精度で現在地の標高が計測できます
気圧と気温
 現在地の海面気圧を表示します。WristableGPSを腕から外せば、正確な気温を表示できます。就寝時などに気温を確認できます。
(注)気温を正しく表示するためには、本体を周囲の気温になじませる必要があります。本体を腕から外し、30分程度放置してください。
方位計測
 内蔵のコンパスで、方位を確認できます。
緯度経度(現在の位置)
 GPS機能で現在の位置を緯度経度で表示します。
(注)MGRSもサポート
日の出/日の入時刻
 現在位置の日の出と日の入時刻を表示します。

記録中のデータを確認(アクティビティ)
 ログ機能で記録中の計測値をリアルタイムで確認することができます。アクティビティの画面は6画面の切り替えが可能です。1つの画面の表示項目は1行表示/2行表示/3行表示に切り替え可能、表示する項目は変更することができます。

登山後にアプリに転送し軌跡を振り返る
 WristableGPS利用者向けサービス「NeoRun」や、スマートフォンアプリ「Epson Run Connect for Trek」を利用して、計測・記録した登山データを管理できます。登録したデータは、仲間とも共有できます。
SNSとの連携もスムーズ
 WristableGPS利用者向けサービス「NeoRun」や、スマートフォンアプリ「Epson Run Connect for Trek」 の登山データを、TwitterやFacebookに投稿できます。

トレッキング計画を作成する
 事前にトレッキング計画を作成して機器へ書き込みし、そのルートをナビゲーションする機能もあります。
トレッキング計画の作成方法
【1】機器に内蔵されている計画を活用する場合
 おすすめコース(百名山ルート) 
 本製品には昭文社「山あるきデータ」の「日本百名山おすすめ登山コース」が内蔵されています。
【2】登山者向けコミュニティサイトで作成した計画を活用する場合
 「ヤマレコ」で計画作成・取り込み 
 ヤマレコで作成した計画をPCもしくはスマートフォンアプリ経由で本体に取り込むことが可能です。
【3】自分で計画を作成する場合
 計画ルート 
 Webアプリケーション「NeoRun」でトレッキング計画が作成できます。また、作成した計画を機器に書き込めます。
 GPXファイルをダウンロード 
 登山者向けコミュニティサイトで公開されている(GPXファイル)をダウンロード。Webアプリ「NeoRun」を使用して本体に登録することができます。
【4】過去に登った登山ルートを活用する場合
 履歴ルート 
 本製品のログ機能で記録したルートをもとにナビゲートします。
【5】トレッキング計画を共有する
 山行メンバーにトレッキング計画を共有 
 作成したトレッキング計画はメール、QRコード、SNSで共有できます。メンバーは自身の「MZ-500」シリーズに取り込むことができ、急な計画変更の際も、その場で最新の計画をメンバーや家族と共有することができます。

トレッキング計画に基づいたナビゲーション
 トレッキング計画を機器に取り込み、ナビを開始すれば、目的地までナビゲート。途中「あとどのくらい歩くのか」だけでなく「あとどのくらい登るのか」、目的地までの距離、標高を高い精度で確認することができます。
標高グラフナビゲーション
 登山ルートのスタートからゴールまでの標高の変化を表示します。現在地と次のポイントの標高を確認できます。
平面ルートナビゲーション
 登山ルートのスタートからゴールまでのルートを平面図で表示。今いる場所を表示します。画面は拡大・縮小することができます。
マーキング
 現在地の位置情報を取得します。取得した位置情報はナビゲーションに使用できます。登山データの記録中は、前回マーキングしたポイントからの距離や時間、地点間のペースなども記録できます。
ウェイポイント設定
 マーキング機能で取得した位置情報はウェイポイントとして本体に保存できます。現在地から、設定したウェイポイントまでの方角、直線距離を表示します。
目標標高設定
 あらかじめ設定した標高と、現在地の標高を表示します。目指す標高まで、「あとどのくらい登るのか」確認できます。
万が一の時のトラックバック機能
 ルート上の現在地から出発地点に戻るためのナビゲーションをする機能です。同じ道順で下山したい時や、天候の変化による途中下山時に便利です。

登山後はアプリで振り返りと共有
 登山後は、Webアプリ「NeoRun」や、スマートフォンアプリ「Epson Run Connect for Trek」にデータを転送することで、ペース、スピードや標高、心拍数、軌跡などを表示。トレッキング、ランニングをさまざまな角度から分析できます。計測・記録した登山データは、FacebookやTwitterに投稿して仲間と共有できます。

堅牢性と美しさを両立させるサファイアガラス採用
 MZ-500MSは風防にサファイアガラスを採用。サファイアガラスは、ダイヤモンドの次に硬いとされ、傷などがつきにくい素材です。長期間美しく見やすい盤面を保ちます。

時計メーカーのこだわりを凝縮、普段使いにも特別感を
 時計メーカーをDNAに持つエプソンのこだわりを、細部にまで注ぎ込みました。飾り縁には、サファイアを彷彿とさせるブルーを施し、控えめながら個性を際立てるカラーリングになっています。ベゼル部分の金属には、面にはヘアライン、エッジにはミラー仕上げと2種類の加工を施し、素材感と立体感を演出しました。さらに精巧な金属ネジ止めで堅牢さを高め、高級感をアップしました。

装着感にこだわりぬいた、アコーディオンデザインバンド
 あらゆる動きを吸収する切れ込み構造で、装着感が向上し、激しい動きにもしなやかにフィットします。5mmピッチで調整が可能なので、快適なつけ心地でご使用いただけます。

大型ボタンでアウトドアの【Tough】を表現
 ベゼルはヘアライン仕上げによってタフでシャープな印象を際立だせており、その飾り縁にはトレンドカラーのオレンジを施し、アクセントを効かせたデザインに仕上げています。

効果的なミラー仕上げ・カラーで【Individuality】を表現
 アクティブな印象のオーガニックイエローのベルトと、高級感あふれるミラー仕上げによるベゼルの組合せが絶妙なバランスで、より個性を際立たせるデザインとなっています。

普段のランニングにも活用できる 2種類の計測機能を搭載
 MZ-500シリーズは、ランニング機能とトレッキング機能の2種類の計測機能を搭載、使用用途により変更が可能です。
トレッキング機能
 ・標高/気圧/気温/方位/現在位置/日の出/日の入時刻の表示
 ・ログ機能: トレッキング/走行データを計測して記録
 ・アクティビティ機能: ログ機能で計測中の計測値を表示
 ・ナビゲーション機能: 本体に登録されているルートをもとにナビゲーション
ランニング機能
 ・走行データの計測
 ・オートラップ/オートポーズ

ランニング時も高低差を測り、正確な3D距離計測が可能
ランニングでも、センサー・フュージョン・テクノロジーによって、登山時と同様に2Dだけでなく、3Dでの計測が可能。3DではGPSセンサーと気圧センサーで標高と距離を計測。起伏のあるルートなどの実距離が表示可能。ランニングのスピードでも、高精度で測定が可能です。トレイルランなどのアップダウンの大きなルートでの走りに力を発揮します。

HRモニターと接続して心拍数を計測
 オプションのHRモニターをBluetooth で接続して、心拍数を計測できます。現在の心拍数、計測開始からの平均心拍数、ラップごとの平均心拍数を計測可能です。

ランニング時にも距離、走行ペースなどを計測
 登山だけではなく、ランニングの計測にも使用できます。トレッキングモードから、ランニングモードへ切り替えることで、ランニング中の距離・ペース・ラップなどの計測と、走行データの確認ができます。

- 仕様 -
■型番: MZ-500MS(マウンテンサファイア)、MZ-500L(リンクオレンジ)、MZ-500Y(オーガニックイエロー)
■サイズ: 直径47mm × 厚さ17.6mm  ■重量: 約72g(MZ-500MS)、約67g(MZ-500L、MZ-500Y)
■ガラス素材: サファイアガラス(MZ-500MS)、ミネラルガラス(MZ-500L、MZ-500Y)
■バンド素材・形状: ウレタン(アコーディオンデザイン)(MZ-500MS)、ウレタン(MZ-500L、MZ-500Y)
■防水機能: 10気圧(100m)防水
■搭載センサー: GPSセンサー、加速度センサー、気圧センサー、地磁気センサー、温度センサー
■動作時間:
 約46時間(高精度モード、GPS毎秒測位)、約110時間(長時間モード、GPS間欠測位)、
 時計表示時(オートスリープオンの時)約30日間
■動作温度: -20℃ 〜 +60℃
■データ転送: PC(USB2.0)/スマートフォン(BluetoothR Smart)
■報知機能: 音、振動
■種目: トレッキング/ランニング
■ナビゲーション・機能:
 ルートナビゲーション(平面ルート・標高グラフ)、ウェイポイント、トラックバック、目標標高
■ルート: 計画ルート・ヤマレコ連携、履歴ルート、百名山ルート
■電源:
 電池:リチウムイオンポリマー電池、充電時間:2.5〜3.5時間、充電時電源:DC5V±5%、500mA以上のUSBポート
■ログ機能(データの保存):
 最大100時間(高精度モード、ランニングモード)、最大150時間(長時間モード)、
 トレックイベント:3000件(1ログあたり30件)、ランニングラップ:10000件(1スプリットあたり100件)
■登録可能ルート数: 50(カスタムルート数)  ■登録可能ポイント数(ウェイポイント): 100
■仕様グリッド: WGS84 Hddd.ddddd°、WGS84 Hddd°mm.mmm'、WGS84 Hddd°mm'ss.s'、MGRS
■方位計測: 0°〜359° 1°単位、32方向  ■高度計測: -500m〜15000m / -1500ft〜49212ft
■気圧計測 
 海面気圧:850hPa〜1100hPa / 25.10inHG〜32.48inHG、
 現在地気圧:300hPa〜1100hPa / 8.85inHG〜32.48inHG
■温度計測: -20℃ 〜 60℃  ■心拍計測: ◯(オプション対応)  
■距離計測: 2D/3D距離選択可能  ■ピッチ / ストライド計測: ◯  
■インドア: ◯(ランニングモード時のみ)  ■その他: アラーム、タイマー、ストップウオッチ
■同梱品: WristableGPS本体、充電用クレードル、クイックスタートガイド、保証書

システム条件
■NeoRun WEBアプリ
 Microsoft Internet Explorer 10以上、Firefox、Google Chrome最新版、Safariの最新版
■Run Connect
 ・スマートフォン: iOS 8以降、Android 4.4以降
 ・PC: Windows Vista SP2以降、Mac OS X(10.8、10.9、10.10、10.11)


楽天市場で探す




その他のアイテム 
  スピーカー       >>> Bluetooth対応スピーカー
  ヘッドホン        >>> Bluetooth(ワイヤレス) イヤホン/ヘッドホン
  ヘッドセット       >>> Bluetooth(ワイヤレス) ヘッドセット
  活動量計        >>> 活動量計(ウェアラブル端末)
  スポーツウォッチ   >>> GPS搭載 スポーツウォッチ


posted by たか坊 at 15:32| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

GPS搭載 マルチスポーツウォッチ Suunto Spartan Sport

☆新製品
●マルチスポーツ対応(80種類のスポーツに対応) ●稼働時間(10時間[GPS1秒毎,フルパワーモード,GPS精度Best]/16時間[GPS1秒毎,パワーセーブモード,GPS精度Good]) ●ナビゲーション ●着信通知 ●ライフログ機能(歩数/消費カロリー等) ●ウォッチフェイスのカスタマイズ ●バイブレーション ●バックライト ●カラータッチスクリーン ●みちびき/GLONASS ●スマホと連携 ●100m防水 ●Bluetooth Smart ●サイズ50x50x13.8mm ●重さ70g 
Suunto Spartan Sport
発売日:2016年 9月28日 価格:77,800円位、84,300円位(HR心拍ベルトセット)



- 特長 -
マルチスポーツアスリートのためのGPSウォッチ
 Suunto Spartan Sportは、トレーニングモードでのバッテリー寿命が最大16時間、カラータッチスクリーンおよび100 m防水機能を搭載した高性能・多機能なマルチスポーツ対応GPSウォッチです。80種類以上のスポーツモードと各スポーツに特化したメトリクスがプリインストールされているSpartan Sportは、あなたにとって最高のトレーニングパートナーです。自己ベストをもとにトレーニングの進捗状況を追跡し、コミュニティベースのトレーニング分析を行って適切にトレーニングすることができます。Suunto Movescountのヒートマップを活用して新しいルートを見つけたら、ウォッチ本体に搭載されているルートナビゲーションガイドに従ってください。Spartan Sportウォッチはフィンランドでひとつひとつ丁寧に手作りされており、厳しいレース中にも抜群の機能を発揮する強靭なボディと無駄のないスマートなデザインが特徴です。

- 主な機能 -
レースでも抜群の機能を発揮
■ 手首にぴったりとフィットし、トレーニングやレース中はもちろん、日常的な使用にも適した丈夫で無駄のないデザイン
■ 100m(10気圧)防水
■ バッテリー寿命はGPS補正レート1秒、GPS精度を「Best」に設定したフルパワーモードでの使用で10時間(トレーニングおよびレース経過時間)
■ バッテリー寿命はGPS補正レート1秒、GPS精度を「Good」に設定した節電モードでの使用で16時間(トレーニングおよびレース経過時間)
■ 3つの操作ボタンと、屋外での使用にも適したカラータッチスクリーン
■ ウェイポイント保存機能およびリアルタイムでのブレッドクラム追跡機能付きGPS/GLONASSトラッキングおよびルートナビゲーション
■ ワークアウト中に上昇高度と下降高度を計測するGPS高度計
■ 傾斜補正機能を搭載したデジタルコンパス

スポーツ機能
■ 心拍計測に基づいたカロリーおよびピークトレーニング効果
■ 正確なペース配分に役立つSuunto FusedSpeed
■ 80種類以上のスポーツをサポート(レースおよびインターバルモードで使用可能)
■ トライアスロンおよびマルチスポーツモード(その場でスポーツを変更可能)
■ ランニング: リアルタイムのペースおよび心拍数をラップテーブルに表示
■ Stryd社製ランニングパワーメーターに対応(日本語非対応)
■ サイクリング: リアルタイムのパワーおよび速度をラップテーブルに表示
■ Suunto Bike SensorおよびBLEパワーメーターに対応
■ プールまたはオープンウォータースイミング: 自動インターバルおよび心拍数(オプション)
■ 月間合計を含むトレーニング負荷と、個々のMoveのサマリーを表示可能なログブック*
■ 毎月のレース日、トレーニング日、回復日、運動日および休息日に分類して追跡できる休息と回復*
■ 回復時間とトレーニングの傾向に基づき回復状況を追跡
■ 距離、サイクリングパワーおよび高度に基づいたスポーツ別自己ベスト
■ コーチから時計本体にトレーニングプログラムおよびトレーニングプランを転送するためのプランニングツール**

コミュニティ活用型
■ 自己ベストやトレーニングデータをピアグループと比較* & **
■ ピアツーピアコーチング* &**
■ ヒートマップを活用して新しいルートを発見あるいは自分だけのルートを計画*したら、ウォッチ本体に転送してナビゲート

毎日の使用および接続性
■ カスタマイズ可能なウォッチフェイス
■ カロリーと歩数を記録して毎日24時間のアクティビティレベルを追跡
■ スマートフォン経由でトレーニングログを転送およびプッシュ通知を受信
■ 言語:英語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、スペイン語、フィンランド語、フランス語、イタリア語、日本語、韓国語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スウェーデン語、中国語
■ Suunto SpartanはBluetooth Smart対応(ANT+非対応)

豊かな活動を再現、そして共有
■ Moveを記録中に、現在の速度や距離などの各種データを示した写真を撮影***
■ 3Dマップ、主要なデータや画像と一緒に記録したMoveのSuunto Movieを作成***
■ SNSで体験をすぐに共有*
■ Suunto Movescountのアクティビティフィードを通じて、仲間たちの最新のアクティビティをフォロー*

* Suunto Movescountウェブサイトを使用
** 2016年9月より利用可能
*** iOSおよびAndroid用のSuunto Movescount App(Android版は今年9月末までにリリース予定)を使用

- 主な仕様 -
■カラーバリエーション: ホワイト、ブラック、ブルー、サクラ
■サイズ: 50 x 50 x 13.8 mm  ■重量: 70 g
■素材 ベゼル:ステンレススティール、レンズ:ミネラルクリスタル、ケース:ポリアミド、ストラップ:シリコン
■タイムモードでのバッテリー寿命: 10日間
■耐水設計: 100 m (ISO6425準拠)
■バッテリーインジケータ: パーセント/アイコン  ■バッテリータイプ: 充電式リチウムイオンバッテリー
■アラームクロック: 1 デイリーアラーム ※Spartanにまもなく登場
■デュアルタイム:○  ■GPSタイムキーピング:○  ■夏時間の自動調整:○  ■ストップウオッチタイマー:○
■振動による警告:○  ■バックライト: LED  ■調整式バックライト: 明るさ/モード
■ボタンロック:○  ■表示タイプ: マトリクス  ■表示解像度: 320 x 300
■メートル法とヤードポンド法:○  ■ウォッチ文字盤:○  ■タッチディスプレイ:○  ■カラーディスプレイ:○
■タッチスクリーンロック:○ ※Spartanにまもなく登場
■動作温度: -20℃〜+60℃  ■保管温度: -30℃〜+60℃
■衛星システム: GPS、GLONASS  ■コンパス: デジタルコンパス  ■高度計: GPS高度
■接続性(デバイス間): Bluetooth Smart
■電話着信情報を時計画面に表示: Suunto Movescount Appで利用可能
■オンラインスポーツコミュニティに対応: Strava、TrainingPeaks、MapMyFitness、その他(Suunto Movescount.comで利用可能)
■バッテリー寿命(GPSのアクティブ時):
 10時間(GPS補正レート1秒、フルパワーモード、GPS精度:Best)、
 16時間(GPS補正レート1秒、パワーセーブモード、GPS精度:Good)、
 40時間(GPS補正レート60秒、パワーセーブモード、GPS精度:OK)
■GPSレコーディングレート: Best(1秒毎)、Good(5秒毎)、 OK(60秒毎)
■同梱物: Suunto Spartan Sport、Suunto Smart Sensorおよび心拍ベルト(Mサイズ)、USBケーブル、クイックガイド、保証書

- 購入者の感想( ・・・ ) -




楽天市場で探す






◇コンパクトスピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  アクティブ / パッシブ スピーカー
◇ポータブルスピーカー ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetoothポータブルスピーカー
◇ヘッドホン(Bluetooth) ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetoothイヤホン / ヘッドホン
◇ヘッドホン   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  有線イヤホン / ヘッドホン
◇ヘッドセット  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth ヘッドセット
◇ミニコンポ   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  CDレシーバー & ネットワークCDレシーバー他
◇アンプ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  プリメインアンプ & ネットワークレシーバー & ヘッドホンアンプ
◇BDレコーダ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ブルーレイレコーダー
◇サイクルコンピュータ&トレーナー ・ ・ サイクルコンピュータ & トレーナー他
◇GPS搭載スポーツウォッチ ・ ・ ・ ・  2016 GPS搭載 スポーツウォッチ
◇活動量計  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 活動量計 &心拍計 & ウェアラブル端末

posted by たか坊 at 08:23| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

脈拍計内蔵 GPS搭載ランニングウォッチ ガーミン ForeAthlete 235J

☆心拍数を気軽に計測出来る ☆GPSの捕捉が速い、距離が正確 ☆軽い、薄い ☆機能満載 ☆画面が大きく見やすい、ランニング中も見やすい ☆VO2Maxが分かる(体力レベルの把握,走力の目安が出来る) ☆フェイスをDLして好みに出来る ☆装着感がいい(きつく締めなくて良い,気にならない,負担を感じない,ベルトが柔らかい) ☆心拍数がほぼ正確 ☆通知がほぼリアルで振動で知らせてくれる ☆使いやすい ☆ランニングのモチベーションが上がる ☆活動量計・睡眠計としても使える ☆バッテリーの持ちがいい ☆表示内容を好みにカスタマイズ出来る ☆同期・連携が速い ☆サイコンに心拍数を転送出来る ☆保護フィルムを貼った方が安心 ☆ランでは心拍数が当てにならない ☆バックライトが暗い
●11時間稼動(トレーニングモード+GPS)/約9日間(時計モード+ライフログ+通知機能+心拍計) ●脈拍計測 ●ライフログ機能(歩数/距離/消費カロリー/心拍数/ゴール/達成率/日付/睡眠/ムーブバーなど) ●V02max,リカバリーアドバイザー,予想タイム計測 ●通知機能 ●ConnectIQ(ウォッチフェイスのカスタマイズ等) ●ミュージックコントロール ●オーディオアラート ●ANT+デバイスと連携 ●Live Track ●バイブレーション ●バックライト ●Gセンサー ●みちびき/GLONASS対応 ●スマホと連携 ●50m完全防水 ●Bluetooth SMART ●厚さ11.7mm/重さ42g
GARMIN ForeAthlete 235J
発売日:2016年 4月21日 価格:34,400円位

- 特長 -
光学式心拍計の性能がアップ・VO2Maxの計測も可能に
 ランナーに人気の手首に装着するだけで心拍データが計測できるランニングウォッチ。光学式心拍計の性能が向上し、計測できるデータや新しい機能が強化されました。ランニングする上で効率のいいトレーニングや負荷コントロールはランナーには必須。光学式心拍計の性能が向上したことにより、手首に装着するだけでVO2Max(最大酸素摂取量)とリカバリーアドバイザーといった運動強度の目安の計測が可能になりました。
ForeAthlete235Jで計測した心拍を対応のデバイスへ転送する心拍転送モード、スマホ連携を利用したオーディオアラートなど、トレーニング以外のユーザビリティ―にも配慮しています。
また、GarminのアプリダウンロードサイトであるConectIQにも対応し、ウォッチフェイス、ウィジット、アプリ、データフィールドの各種アイテムをダウンロードして自身でデバイスをカスタマイズすることが可能です。
 ・ 屋内でもデータ計測ができるGセンサー内蔵
 ・ 視認性の高いカラーディスプレー
 ・ ガーミンが運営する「Garmin Connect」「GarminConnect mobile(android/iOS)」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能

ワンランクアップした光学式心拍計
 手首に装着したForeAthlete235Jのセンサーが心拍(脈拍)を計測し、心拍に関する様々なデータを計測します。心拍計の性能が向上したことにより、前モデルで計測できなかった新たなトレーニング機能が利用可能になりました。効率的なトレーニングやトレーニング負荷のコントロールにお役立てください。
心拍ゾーン
 最大心拍と安静時心拍を設定することで、現在のトレーニングが自身にとってどのレベルのものか、目標にするトレーニングはどのくらいの心拍数で行えばいいかなど、運動強度の目安を心拍ゾーンから確認できます。心拍ゾーンは自身の状態やトレーニング効果をカラーゲージで表示します。例えば同じ内容のトレーニングを継続的に続けた場合、トレーニングを始めた頃はハード(オレンジ)だったのがモデレート(グリーン)に変化したり、リラックス(グレー)に変化してトレーニング内容に物足りなさを感じるなど、体力作りの進捗の目安としてもご利用頂けます。
デバイスに心拍データを転送
 ForeAthlete235Jで計測している心拍データをANT+対応のデバイスに転送(表示)する事が出来ます。ForeAthlete235Jが心拍ベルトの代わりとなるので、従来の心拍ベルトを胸に巻く手間なく、デバイスに心拍を表示、デバイスを利用したトレーニングができます。
 ※ 2016年3月現在対応するデバイス:FA920XTJ/ FA910XTJ/FA620J/FA610/FA225J/FA220J/FA210/FA15J/vivoactiveJ/vivosmartJ/vivofit2日本版/visofit日本版/Edge1000J/Edge810J/Edge800/Edge520J/Edge510J/Edge500/Edge25J/fenix3J/fenix2J/fenixJ/GPSMAP64SJ/eTrex30J/VIRB-J XE/VIRB-J Elite
 ※ 今後のソフトウエアで変更される予定あり

計測可能になった新たな機能
最大酸素摂取量(VO2Max)
 人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量を計測します(単位はml/kg/分)。運動する際は酸素を取り込むことでエネルギーを生成するので、最大酸素摂取量は運動能力(全身持久力)の指標と言えます。
予想タイム
 最大酸素摂取量(VO2max)を計測することで、5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定する「予想タイム」機能もあります。走力レベルの把握やトレーニング負荷コントロールに役立てることができます。
リカバリーアドバイザー
 自己の履歴データや走行時の心拍数、ペースの変動から、トレーニング終了時に「回復に必要な時間」をアドバイスしてくれます。次回走行時にはスタートしてからしばらくすると、回復の度合いを示してくれるので、そのトレーニングでの負荷のかけ方の参考指標となります。

24時間心拍計測
 ForeAthlete235Jを手首に装着している間、あなたの心拍データを記録し続けます。現在の心拍数、安静時心拍数、過去7日間の安静時心拍数平均値や日別の値のグラフを表示します。

Gセンサー内蔵
 ForeAthlete235JはGセンサー(加速度計)を内蔵しているので、屋内トレーニングやトンネル内など、GPSが受信できない環境でも心配なくトレーニングが行えます。オプションのアクセサリーを装着することなく、スピードと距離が計測可能です。

ライフログ
 一日の歩数や距離、消費カロリーなど毎日の基本的な動きを計測します。一日の目標ステップ数であるゴールは達成率が一目でわかるバーで表示され、常にモチベーションを維持します。ムーブバーは一定時間動きがないことをお知らせし、適度な運動を促します。

バックライト制御(リストターン)
 バックライトはキー操作やアラート発生時に自動点灯させることが可能です。さらに自動点灯を夜のみに限定することができるナイトモードがあり、昼間の電力消費を極力抑えることができます。また、時計を見る動作をすることにより自動点灯させる機能も新に搭載されました。

スマートフォン連携に対応
 Bluetooth機能を活用したスマホ連携機能がお使いいただけます。
天気※1
 現在地周辺の天気/気温/最高・最低気温、降水確率の確認ができます。
ミュージックコントロール※1
 スマートフォンの音楽の再生/停止/曲送り/曲戻しができます。
通知機能※2
 ペアリング中のスマートフォンの着信や受信したメッセージの通知をデバイスの画面に表示します。
スマートフォン探索※1
 ペアリング範囲内にあるスマートフォンの位置をバイブレーションと音でお知らせします。
カレンダー※2
 スマートフォンのカレンダーデータ情報と同期し、当日のスケジュールを表示します。
 ※1 BLE対応のスマートフォンとペアリングし、GarminConnect Mobileを起動した状態で利用が可能です
 ※2 GarminConnect MobileをインストールしたBLE対応のスマートフォンとペアリングする必要があります

ConnectIQで自分好みにカスタマイズ
 自身でデバイスのウォッチフェイス、アプリ、ウィジェット、データフィールドのカスタマイズをすることができます。ConnectIQはそのアプリをダウンロードすることができるGarminが運営するサイトです。ConnectIQアプリはConnect IQストアにアクセス、または、GarminExpress、GarminConnect Mobile(Android/iOS)よりダウンロードが可能です。
ウィジェット
 時計モード時に切替えて表示できるソフトウェアが追加できます。
アプリ
 新たなアクティビティやが追加できます。
ウォッチフェイス
 時計モード時に表示するデザインを変更できます。
データフィールド
 アクティビティ中に表示するデータ項目のデザインが変更できます。

GarminConnectでデータの分析・簡単管理
 デバイスで記録したデータはGarminが運営する無料オンラインサイト「Garmin Connect」にアップロードしてみましょう。取得したデータが保存され、データの解析とデータの詳細を確認することができます。
また、ゴールの設定や、睡眠時間・睡眠中の動きの確認、ゴール達成状況や合計ステップに応じてバッジを獲得、友人や家族間でステップ数を競えるスコアボードなど、モチベーション維持をサポートする様々な機能がご利用いただけます。
GarminConnectMobile
 フィットネスアクティビティデータをモバイルで確認できるモバイルアプリです。スマートフォンアプリ「GarminConnect Mobile(Android/iOS)」をダウンロードし、デバイスとBluetooth※2接続すると、データの公開、解析、保存、ワークアウト作成などが利用できます。
LiveTrack※2
 Live Trackとは、ForeAthlete235JとスマートフォンをBluetooth接続し、現在の自分の位置をリアルタイムにウェブ上で公開出来る機能です。友人やチーム間などで、自分が今どこを走っているのかを共有することができます。
オーディオアラート※2
 イヤホンを付けてトレーニングを行った際に、ペアリングしたスマートフォンからラップ取得時や設定した時間毎にペースや心拍数の値を音声でお知らせします。
 ※2 GarminConnect MobileをインストールしたBLE対応のスマートフォンとペアリングする必要があります

- 仕様 -
トレーニング機能
■保存可能データ容量: 約200時間のトレーニングデータ
■表示可能なデータ: タイム、距離、ペース・スピード、ピッチ、カロリー、心拍など
■トレーニングの種類: ワークアウト、インターバルトレーニング、各種アラートトレーニング(心拍ゾーン、ラン&ウォーク、設定ペース、設定時間、設定距離)
■自動ラップ: 予め設定した距離・位置で自動的にラップを取得
■自動ポーズ: 信号待ちなどで計測を自動的に一時停止し、走り始めると再開
■心拍ゾーン: 心拍数を設定して、現在の自身の運動強度の目安を心拍ゾーンから確認
■V02max機能: 人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量
■リカバリーアドバイザー: 回復に必要な時間を表示し、走行時に回復度合いを判定
■レース予想タイム: 5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定
■フィニッシュタイム: 距離を設定して到着予想時間を表示
■トレーニング効果: 自身の走力を判断し、現在行っているトレーニングの効果指数を判定
■自己ベスト: デバイス内に用意されている「自己ベスト項目」に該当する記録が保存したトレーニングに含まれている場合、自動的に自己ベストデータを保存
■バーチャルパートナー: ×

ライフログ機能
■表示項目: ステップ、ゴール、距離、消費カロリー、達成率、心拍、日付
■ムーブバー: 1時間以上動き(移動)がない場合に表示

その他機能
■アラート通知方法: 音とバイブレーション及びバックライトでお知らせ
■自動スクロール: 作成した複数のトレーニングページが自動的にスクロールします
■対応アクセサリー: 心拍計、フットポッド、スピード・ケイデンスセンサー
■LiveTrack機能: 現在置をリアルタイムでウェブ上に公開し、第三者へ共有する事が可能※1
■オーディオアラート: トレーニング中のラップタイムやアラートメッセージをイヤホンを通してお知らせ※1
■通知機能: BLEに接続するとスマートフォンの着信とメッセージなどをForeAthlete235Jにも通知※1
■ミュージックコントロール: スマートフォンの音楽の再生や停止などの操作が可能※2
■スマートフォン検索: ガーミンコネクトモバイルアプリでペアリング中のスマートフォンの場所を検索※2
■VIRB操作: Garminのアクションカメラ VIRB(別売)をワイヤレスで操作可能
■ConnectIQ: GarminExpressまたはGarminConnect Mobile経由※1でウォッチフェイス、ウィジェット、アプリ、データフィールドの追加・削除・カスタマイズが可能
■管理サイト: ガーミンが運営する「Garmin Connect※3」「GarminConnect mobile※1(android/iOS)」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能
 ※1:GarminConnect MobileをインストールしたBLE対応のスマートフォンとペアリングする必要があります
 ※2:BLE対応のスマートフォンとペアリングし、GarminConnect Mobileを起動した状態で利用が可能です
 ※3:Garmin connectを利用するにはパソコン側からGarmin Expressへの製品登録が必要です

ForeAthlete235J 本体仕様
■本体サイズ: W 45 x H 45 x D 11.7mm
■ディスプレイ: 直径 1.23インチ(31.1mm) / 215 x 180 ピクセル / カラー
■重量: 約42g
■バッテリータイプ: 充電式リチウムイオン(内蔵)
■稼働時間
 トレーニングモード(GPS): 約11時間、トレーニングモード(GPS+GLONASS): 約9時間
 時計モード: 約9週間、時計モード+ライフログ+通知機能+光学式心拍計: 約9日間
■防水性能: 50m完全防水
■操作インターフェース: 5ボタン
■GPSチップ: GLONASS/みちびき対応高感度GPSチップ(捕捉時間短縮化)
■加速度計: ○
■気圧高度計: ×
■光学式心拍計: ○
■カラーバリエーション: BlackRed、BlackOrange、BlackGreen
■標準付属品: リバースカラーベルト、チャージングクレードル、操作マニュアル、保証書


楽天市場で探す




◇コンパクトスピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  アクティブ / パッシブ スピーカー
◇ポータブルスピーカー ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載ポータブルスピーカー
◇携帯音楽プレーヤー&イヤホン ・ ・   スポーツ向き 携帯音楽プレーヤー & イヤホン & ヘッドセット
◇ヘッドセット  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載 ヘッドセット
◇ミニコンポ   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  CDレシーバー & ネットワークCDレシーバー他
◇アンプ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  プリメインアンプ & ネットワークレシーバー & ヘッドホンアンプ
◇BDレコーダ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ブルーレイレコーダー
◇掃除機  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ロボット & 紙パック & サイクロン & コードレス & ふとんクリーナー
◇サイクルコンピュータ&トレーナー ・ ・ サイクルコンピュータ & トレーナー他
◇GPS搭載スポーツウォッチ ・ ・ ・ ・  2016 GPS搭載 スポーツウォッチ
◇活動量計  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 活動量計 &心拍計 & ウェアラブル端末

posted by たか坊 at 14:16| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

脈拍計内蔵 GPS搭載ランニングウォッチ エプソン WristableGPS SF-850PB/PW

☆GPSの精度(距離,位置)が正確 ☆トレーニングに役立つ、体調判断に役立つ、励みになる ☆VO2MAXが測定出来る ☆使いやすい、操作が簡単 ☆1日の活動量が分かる ☆多機能 ☆GPSの捕捉が速い ☆バッテリー持ちがいい ☆手軽に心拍測定出来る ☆フィット感がいい ☆デザインが安っぽい ☆GPSの捕捉が遅い ☆ベルトをきつく締めないと心拍測定が失敗する、心拍値が信用出来ない ☆視認性がイマイチ ☆活動量計としてはバッテリーの持ちが物足りない ☆ストップウォッチ機能がない ☆心拍トレーニング計画機能がない ☆データの同期が手動 ☆ペース表示が信用出来ない
●GPS稼動20時間(脈拍計測ON)/活動量計測のみ60時間 ●脈拍計測(ダブルセンサー) ●VO2Max,予想タイム計測 ●活動量計測機能(脈拍/活動時間/距離/歩数/消費カロリー/睡眠(自動)/こころバランスなど) ●食事の記録 ●すっきり目覚まし機能 ●バイブレーション ●タップセンサー ●ストライドセンサー(インドア) ●みちびき対応 ●5気圧防水 ●Bluetooth4.0 ●厚さ14.2mm(センサー部除く) ●重さ約52g
EPSON WristableGPS SF-850PB
発売日:2016年 2月10日 価格:34,400円位



- 特長 -
脈拍計測でレースもトレーニングも高精度に計測
レースも、トレーニングも、普段の健康管理もこれ1台でできる
 GPS機能、脈拍計測、WristableGPSシリーズに、活動量計「PULSENSE」シリーズの基本性能を搭載。ランニング時の計測だけでなく、普段の活動量が計測可能。日常生活から走るためのカラダづくりをサポートします。

GPS駆動+脈拍計測で20時間、活動量計で60時間の長時間駆動
 独自開発のGPSチップの低消費電力化によりGPS機能稼動時(脈拍計測オン時)で、最長20時間の長時間稼動を実現しました。GPS機能稼働時(脈拍計測オフ時)なら最長24時間稼働。さらに、活動量計測のみなら60時間稼働します。日々のトレーニングから長時間マラソン、普段の活動量計測まで余裕の稼働時間でサポートし続けます。

本体搭載の脈拍センサーで、本格的な心拍トレーニングを身近に
 WristableGPS本体に脈拍センサーを搭載。 血中のヘモグロビンが光を吸収する性質を利用し、手首の血管にLED光を照射。高性能のダブルセンサーで血流量の変化を検知し、脈拍を計測。不整脈・脈欠損がない限り「心拍数」と「脈拍数」はほぼ同じと言われているため、従来機のように胸ベルトを装着しなくても、SF-850PB/PW本体だけで心拍トレーニングを行うことが可能です。

マラソンタイムの予測や運動能力を把握、VO2Max推定計測
 VO2Max(最大酸素摂取量)とは、1分間に体重/1kgあたり体内に取り込むことのできる酸素の最大量のことです。本機では、腕に装着してGPS計測と脈拍計測することでVO2Max(推定値)を計測することができます。また、推定したVO2Maxをもとに、5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンのレースタイムの予想ができます。推定値はWristableGPS本体、Web/スマホアプリ「NeoRun」で確認することができます。
 VO2Maxの推定には、以下の条件を満たしたランニングが必要です。
 ・ プロフィールの情報を正しく入力している(身長、体重、性別、生年月日など)。
 ・ 種目で[ラン]を選択する。(種目[ウォーク]、[バイク]、[トレッドミル]を選択した場合は推定できません)
 ・ 屋外でGPS測位を完了させて、計測開始直後からランニングを連続10分以上行う。(スキップ、インドアは選択しないでください)
 ・ ランニング中、脈拍計測ができている。
 ・ オートポーズはオフにする。
 ・ ランニング時のスピードが時速6km、またはペースが10分/kmより速い。
 ・ ランニング時の脈拍数が、運動強度%HRR※55%〜90%になるように走る。
 ※運動強度%HRRの計算式(運動強度%HRR55%のときの脈拍数の求め方)
  脈拍数=0.55×(最大心拍数ー安静時心拍数)+ 安静時心拍数
  最大心拍数と安静時心拍数は、プロフィール入力によって自動で計算されますが、手動で変更することができます。
 以下の状態では、VO2Maxを推定できません。一度計測を終了させてから、再度計測開始してください。
 ・ 計測開始後10分が経過しないうちに、一時停止しした(【C】を押したとき/オートポーズによる)。
 ・ 信号待ちによる停止や、ウォーキングなどによって、ランニングスピードや運動強度%HRRを維持できない。
 ・ 脈拍が計測できていない。上記の推定条件を満たすように、ランニングをしてください。
 マラソンタイム予想について
 最大酸素摂取量(VO2Max)とマラソンタイムには過去の実験結果より相関関係があることが分かっており、SF-850で推定されたVO2Max値をThe Cooper Instituteの12分間走テーブルを用いて各マラソンタイムを予想しています。
 (注)マラソンタイムの予想値については、心肺機能を図る目安の予想値であり、その人の筋力や体調などの要因により実際のタイムとは違う場合があります。

毎秒検知のダブルセンサーで、高精度な脈拍をリアルタイム計測
 脈拍センサーを2基搭載。ランニング時の高速走行にも対応し、WristableGPSでの脈拍計測と胸ベルトによる心拍計測では、計測結果が「±2%以内」という高精度で脈拍を毎秒計測。高精度な脈拍をリアルタイムで計測・表示し続けます。
 (注)GPS計測時はダブルセンサー、活動量計測時はシングルセンサーになります。

ペアリング不要だから、すぐに脈拍計測開始
 胸ベルト(ハートレートモニター)無しで脈拍を計測できるため、本体と胸ベルト(ハートレートモニター)とのペアリング設定をする手間なく、GPS計測開始と同時にすぐに脈拍計測を開始できます。

日常の健康維持・管理もサポートできる活動量計機能搭載
運動、食事、睡眠や心のバランスまで、あらゆる側面から日常の健康管理をサポート
 ランニング計測時以外の日常でも、脈拍計測によって、エクササイズ状況や歩数、消費カロリー、睡眠の質、こころバランスを計測できます。計測した数値は本体の液晶画面やWeb/スマホアプリで確認できます。
また、本体で目標体重になるまでの期間、目標体重を設定すると、一日の活動目標(消費カロリー・エクササイズ時間等)が自動計算されて表示されます。また、目標に対する一日の達成率も確認できます。

心拍ゾーン
 トレーニングの目的によって最適な心拍ゾーンは異なります。リアルタイムに心拍ゾーンを把握することで、より効率的なトレーニングが可能となります。
 (注)リアルタイムの心拍ゾーンの表示は本体のみで、アプリケーションは非対応となります。

エクササイズ
 本体では1日のエクササイズ時間と目標時間の達成度、7日間のエクササイズ履歴を表示します。PULSENSE Viewではさらに詳しく、「トレーニング」「脂肪燃焼」「ウォーミングアップ」の各心拍ゾーンごとのエクササイズ時間や状況の推移を確認できます。

距離・歩数
 一日の歩数や歩行距離を表示します。あらかじめ設定した1日の目標歩数に対して、達成率がサークルに表示されます。

消費カロリー
 体の動きだけでなく、脈拍も合わせて計測することで、より正確に消費カロリーを算出。さらに、PULSENSE Viewで食事記録(注1)を入力すると摂取カロリーとして数値化。目標体重に応じて1日の消費・摂取カロリー目安も表示され、ダイエットに計画的に取り組むことができます。
 (注1)食事入力はPCアプリケーションからの入力となります。スマートフォンアプリには対応しておりません。

睡眠
 毎日の睡眠を記録し振り返ることで、自身の睡眠の状態が見えてきます。脈拍と活動量から睡眠に入ったことを自動検知。睡眠時の脈拍推移で、睡眠時間と共に眠りの「浅い」「深い」を可視化します。また、睡眠のリズムに合わせ、眠りが浅くなったタイミングで「起床アラーム」が起動する機能も搭載。心地よく目覚められます。

こころバランス
 加速度センサーで体の動きを把握し、運動していないのに脈拍が高ければ“エキサイト”、低ければ“リラックス”として記録します。PULSENSE Viewでは1日のこころバランスをメーターで表示するので、1日の自身のリズムを把握することに繋がります。

1日の達成率や7日分の履歴を振り返り
 1日の達成率や、7日分の履歴が本体で確認できます。最近の活動量をすぐ確認できるので、運動量の調整やモチベーションアップにつながります。

高精度GPSチップで周回コースやビル街でも確実に測位
周回コースやビル街でも高精度に測位
 高精度のGPSチップを搭載。電波が乱れた環境や、届きにくい場所でも誤差を抑制し、高精度のデータが得られます

国産の準天頂衛星システム「みちびき」対応の高精度GPSチップで20時間連続稼働。
 国産の準天頂衛星システム「みちびき」に対応。日本の真上を通過するため、電波が建物などに遮られにくく、しっかりと測位が可能です。さらに、マルチパス(電波が障害物や地形に反射し、複数の電波を受信することで、受信に障害を及ぼす現象)の影響を受けにくい高性能GPSチップを搭載。都市部や山間部でも安定した測位を可能にします。

走りの分析やトレイルランに。標高情報も精緻に。
 高精度のGPSチップで標高、勾配累積上昇高度、累積下降高度も計測可能。トレイルランニング時などにも活用できます。

GPS高速サーチで、走りたい気持ちを鈍らせない
 高精度のGPSチップで、サーチも高速。走りはじめるまでの時間を短縮できるので、トレーニング時間を有効に使えます。さらに、走りはじめてからもサーチが可能です。また、スマートフォン経由でのGPSアシスト情報(AGPS)により、GPSの測位時間を更に短縮します。

本体内蔵のストライドセンサーが、トンネル内でも距離とラップを刻み続ける
 実速度と体振動周波数から、歩幅を絶えず学習するストライドアルゴリズム。GPS信号が入らないトンネル内やスポーツジムなどの室内でも高い精度で走行距離やラップを刻み続けます。

Web/スマホアプリケーションでデータを管理
ランニングデータは「NeoRun」、活動量計測は「PULSENSE View」で管理
 ランニングの走行データの管理は「NeoRun」で、日々の活動量から、エクササイズ状況やカロリー収支(注1)、非活動時のこころの状態や睡眠といった普段の活動は「PULSENSE View」で管理ができます。
 (注1)Webアプリケーション「PULSENSE View」で食事記録を入力する必要があります。

ランニング履歴を管理「NeoRun」
 計測データをアップロードすることで、ランニングの軌跡、距離、ペース、消費カロリーなどを管理・データ分析できます。
 ・ 計測データの保存とコンディショニングの記録。
 ・ 多彩な表示で、データを分析。
 ・ Twitter、Facebookとスムーズに連動。
 ・ 計測データを活用。
 ・ 専用アプリでスマートフォンとも連携。
 ・ 心拍ゾーン滞在時間比率をグラフ表示。

スマートフォンアプリケーション
 スマートフォン専用アプリケーション「Run Connect」で、走行データも管理が可能。簡単に、詳細に日々の活動の振り返りができます。

ランナーに必要な充実の機能搭載
ランニングをサポートする充実の機能
 GPS機能使用時には、距離・ペース・ラップタイム表示や、停止時には計測停止するオートポーズ機能。さらには目標ペースを設定できる目標ペース機能や消費カロリー表示など、あなたのトレーニングをサポートする機能が充実しています。
 【脈拍】 高精度脈拍センサーにより、高精度な脈拍をリアルタイムで表示します。
 【距離】 高精度のGPS機能により計測開始からの高精度な合計距離の計測が可能です。
 【ペース】 高精度な距離計測から、現在の走行ペースを表示します。
 【平均スピード】 走行開始から現在までの平均スピードを算出し表示します。
 【標高】 高精度のGPS機能により、標高も高精度に計測し表示。
 【ストライド】 GPS電波が届かないトンネル内などでもストライドセンサーにより計測を続行。室内でも使用できます。
 【ピッチ】 ストライドセンサーによりピッチ(1分あたりの歩数)の計測・表示も可能です。
 【勾配】 山間部でのトレーニングやトレイルランにも便利な勾配の計測も可能です。
 【オートラップ】 事前に設定した一定距離や一定時間を走ったときに、自動でラップ計測を行います。
 【オートポーズ】 立ち止まった時に自動で計測を停止し、動き出した際に自動で計測を再開します。
 【運動消費カロリー】 消費カロリーを表示できます。
 【歩数】 運動開始からの歩数の合計を表示できます。

計測モード
時間/距離/速度を計測する
 スプリットタイム、ラップタイムを同時に計測する機能です。また、本製品はGPS機能を搭載しているため、GPS信号の位置情報と時間で、走った距離/ペース/移動軌跡も自動で測定できます。
インターバル走(高負荷/低負荷を時間や距離を設定して計測する)
 スプリント(高負荷)とレスト(低負荷)の運動を繰り返し行うことを目的とする機能です。時間や距離を設定して、運動メニューを作成することができます。スプリント、レストの切り替えタイミングは、アラームで通知します。
ターゲット機能
 予め設定した時間または距離に到達するまで計測する。
ウェイポイントアラーム
 ウェイポイント機能とは、現在位置の緯度経度を取得して、本体にポイントとして登録する機能です。登録したポイントを指定すると、計測開始地点から、ポイントまでの方角、直線距離、標高差を表示します。また、指定したポイント付近に到達したとき、音や振動でおしらせします。

走りに集中できる高いユーザビリティ
日中も夜間も、高い視認性を持続。高精度LCDと反転液晶画面
 液晶画面が、日中の明るい場所や夜間でも見やすく。文字も大きく読みやすくなりました。表示画面も自分の好みでカスタマイズできます。

ランニング中の集中を妨げないタップセンサーとバイブレーション機能
 画面をタップするだけで表示を切り替え可能なタップセンサーを搭載。よく使う機能をあらかじめ登録しておけば、走行中にも最低限の動作で見たい画面を呼び出せます。また、通過ラップ等をアラームとともに振動で知らせるバイブレーション機能も搭載し、走りに集中できます。

5気圧防水機能搭載
 雨天時のランニングや、天候の変化が激しい山間部でのトレイルランにも安心して使えます。

選べるカラーバリエーション
 ブラック、ホワイトの2色をご用意。ランニングスタイルにあわせてお好みのカラーを選べます。

薄型・軽量で、使いやすいデザイン
 脈拍センサー・ストライドセンサー内蔵ながら重量約52g、厚み14.2mmの軽量・薄型を実現。ボタンも押しやすい大きめの設計で手首を捻らずに操作が可能なため、ランニングを邪魔しません。

適度な伸縮性で心地よいフィット感「センシング・スタビライザー機構」
 快適な着け心地と正確な脈拍計測のために、エプソン独自のベルトを開発。ほどよいフィット感を確保する伸縮部、ベルトのしなやかさと通気性を確保する穴あきデザインで、ランニング時も日常も快適にお使いいただけます。

全世界自動時刻補正機能
 海外のマラソン大会出場や旅行、海外出張でも活用できる全世界自動時刻補正機能を搭載。GPS衛星を利用して、世界中のどこにいても時刻合わせの手間がありません。

- システム条件 -
■NeoRun Webアプリ
 Microsoft Internet Explorer 10以上、Microsoft Edge、Firefox、Google Chrome、Safariの最新版
■Run Connect
 スマートフォン: iOS 8以降、Android™ 4.4以降
 PC: Windows 7 SP1以降、Mac OS X(10.9、10.10、10.11)

- 仕様 -
■サイズ(厚さ): 14.2mm(センサー部除く)
■重量: 約52g
■防水機能: 5気圧(50m)防水
■動作時間
 GPS機能使用時: 約20時間(脈拍計測オン時)、約24時間(脈拍計測オフ時)
 時計表示時(オートスリープオン時): 約60時間(活動量計オン時)、約16日間(活動量計オフ時)
■動作温度: -5 〜 50℃
■最大計測記録時間: 約100時間(GPS計測時)、約480時間(活動量計測時)
■最大ラップ数: 7900(1スプリットあたり400)
■脈拍計測: ○  ■ピッチ / ストライド計測: ○  ■インドア: ○
■充電時間: 2.5〜3.5時間
■充電時電源: DC5V±5%、500mA以上のUSBポート
■電池: リチウムイオンポリマー電池
■データ転送: PC(USB2.0)/スマートフォン(BluetoothSmart)
■表示範囲
 距離 / ラップ距離 / 予想到達距離: 0.000 〜 999.99km / 0.000 〜 999.99mi
 ペース / ラップペース / 平均ペース: 0'00'' 〜 30'00''/km / 0'00'' 〜 45'00''/mi
 スピード / ラップスピード / 平均スピード: 0.0 〜 999.9km/h / 0.0 〜 999.9mi/h
 スプリット / ラップタイム: 00:00'00'' 〜 99:59'59''
 ピッチ / ラップピッチ / 平均ピッチ: 0 〜 255spm
 ストライド / ラップストライド / 平均ストライド: 0 〜 255cm / 0 〜 100inch
 歩数 / ラップ歩数: 0 〜 999999
 消費カロリー: 0 〜 9,999kcal ログは 999,999kcalまで
 標高: -500 〜 9999m / -1500 〜 29999ft
 勾配: -99 〜 99%
 累積上昇高度・累積下降高度: 0 〜 99999m / 0 〜 99999ft
 HR/ ラップ HR/ 平均 HR/ 最大 HR: 28 〜 240bpm
■同梱品: 本体、充電用クレードル(注1)、クイックスタートガイド、保証書
 (注1) PCへのデータ転送時にも使用します。





◇コンパクトスピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  アクティブ / パッシブ スピーカー
◇ポータブルスピーカー ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載ポータブルスピーカー
◇携帯音楽プレーヤー&イヤホン ・ ・   スポーツ向き 携帯音楽プレーヤー & イヤホン & ヘッドセット
◇ヘッドセット  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載 ヘッドセット
◇ミニコンポ   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  CDレシーバー & ネットワークCDレシーバー他
◇アンプ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  プリメインアンプ & ネットワークレシーバー & ヘッドホンアンプ
◇BDレコーダ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ブルーレイレコーダー
◇掃除機  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ロボット & 紙パック & サイクロン & コードレス & ふとんクリーナー
◇サイクルコンピュータ&トレーナー ・ ・ サイクルコンピュータ & トレーナー他
◇GPS搭載スポーツウォッチ ・ ・ ・ ・  2016 GPS搭載 スポーツウォッチ
◇活動量計  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 活動量計 &心拍計 & ウェアラブル端末

posted by たか坊 at 16:06| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

脈拍計内蔵 GPS搭載 アウトドアウォッチ ガーミン fenix3J Sapphire HR

☆新製品
●高度計,気圧計,コンパス搭載アウトドアウォッチ ●脈拍計測 ●GPSモード約16時間/ウルトラトラックモード約40時間(心拍計使用時) ●マルチスポーツ対応(XCスキー/スキー/登山/ハイキング/トレイルラン/ラン/ウォーク/バイク/スイム/屋外スイム/SUP/ローイング/トライアスロン/タクティカルなど) ●V02max,リカバリーアドバイザー,予想タイム,乳酸閾値計測 ●ランニングダイナミクス計測 ●通知機能 ●ミュージックコントロール ●トレーニング機能 ●ライフログ機能(ステップ/ゴール/距離/消費カロリー/時間/日付/達成率/睡眠/ムーブバーなど) ●Live Tracking ●ウォッチフェイスのカスタマイズ ●ナビゲーション ●バイブレーション ●バックライト ●Gセンサー ●みちびき/GLONASS対応 ●スマホと連携 ●100m防水 ●Wi-Fi ●Bluetooth Smart ●厚さ17mm/重さ90g
GARMIN fenix3J Sapphire HR
発売日:2016年 4月21日 価格:80,000円位



- 特長 -
《マルチスポーツと真のパフォーマンスが融合》
 GarminのABCウォッチfenix3Jシリーズに、光学式心拍計を内蔵したfenix3J HRが追加されました。手首の脈拍を読み取るので、心拍ベルトを装着する必要なく、いつでも心拍に関するデータの測定をすることができます。アウトドアなどの厳しい環境下で使用しても頑丈で傷が付きにくいサファイアガラス、5つの高精度センサー、マルチスポーツ対応の各アクテイビティトレーニング機能、オフィスでも違和感のないデザイン性はそのままに、さらに新たなパフォーマンス機能も追加されています。
 ・ 心拍計として利用可能な光学式心拍計
 ・ 従来のランニングダイナミクスに計測可能なデータが追加
 ・ 筋肉疲労の原因である物質、乳酸の運動強度に伴う変化の測定
 ・ 就寝後も自動で睡眠時間と睡眠中の動きを計測
 ・ アクションカメラVIRB-Jシリーズのリモート操作
fenix3J HRはGarminのアプリダウンロードサイトであるConectIQストアから、ウォッチフェイス、ウィジット、アプリ、データフィールドの各種アイテムをダウンロードしてお好みの時計にカスタマイズすることができます。PC接続以外にもアプリケーションと接続方法によって、様々なデータ管理や分析、情報交換などが無償で利用できます。

《心拍データの転送もできる光学式心拍計》
光学式心拍計
 ベルトタイプの心拍計を装着する手間なく、手首にfenix3J HRを装着するだけでトレーニング中の心拍(脈拍)を計測し、心拍に関する様々なデータを計測します。光学式心拍計は一人ひとりの肌の色に合わせて自動で光の強弱を調節するので、より正確な心拍を計測します。
心拍計として利用・デバイスに心拍データを転送
 fenix3J HRで計測している心拍データをANT+対応のデバイスに転送(表示)する事が出来ます。fenix3J HRが心拍ベルトの代わりとなるので、従来の心拍ベルトを胸に巻く手間なく、デバイスに心拍を表示、デバイスを利用したトレーニングができます。
※ 2016年3月現在対応するデバイス:FA920XTJ/FA910XTJ/FA620J/FA610/FA225J/FA220J/FA210/FA15J/vivoactiveJ/vivosmartJ/vivofit2日本版/visofit日本版/Edge1000J/Edge810J/Edge800/Edge520J/Edge510J/Edge500/Edge25J/fenix3J/fenix2J/fenixJ/GPSMAP64SJ/eTrex30J/VIRB-J XE/VIRB-J Elite

《シリーズ最高のタフネスボディとGarminが誇る内蔵センサー》
EXOアンテナ
 強力な衛星受信機がウォッチ上に配され、保護機能を持ち合わせたステンレスベゼルに統合されたEXOは、GPS、GLONASS、みちびき信号の強力なリングアンテナとして作用します。
GPS/GLONASS/みちびき三測位対応
 内蔵のEXOアンテナはGPS/GLONASS/みちびきに対応し、高いビルや深い渓谷でも電波が遮られるケースが少なくなり、安定した受信が可能になります。
カラー液晶
 ディスプレイに「色」が付くことで、アクティビティ中でも瞬時に表示されている情報を認識することができます。また、強い日差しの下でも認識できる仕様になっています。
100m防水
 防水機能がシリーズ最高の100mに進化しました。ウォータースポーツや急な悪天候時にも腕から外すことなく安心してお使い頂けます。
サファイアガラス
 ディスプレーはダイヤモンドの次に硬いと言われるサファイアガラスを採用しているので、傷や摩耗に強くアウトドアなど過酷な環境での使用に適してます。
Gセンサー
 屋内やトンネル内など、GPSが受信できない環境でのアクティビティにも対応しています。スピード、距離、ピッチ、ストライド幅(Garmin Connect上のみ表示)などのデータが計測可能です。
コンパス
 即座に方角がわかる電子コンパスと、機器を水平にせずとも正しい方角を示すことができる3軸コンパスを搭載しています。
気圧高度計
 GPS測位により緯度経度の座標以外に高精度の気圧センサーから、より精度の高い高度情報を得ることが可能となり、微妙な上昇下降なども表示します。移動していない停滞時には定点での気圧変動を知る事も出来ますので、移行の天気予測にも役立ちます。

《マルチスポーツ対応のトレーニングとアクティビティ機能》
 ハイキング、ナビゲーション、トレイルラン、インドアなどのアクティビティにも対応。各アクティビティに適した便利な機能があります。複数のスポーツを組み合わせた際のトランジション(移行)も簡単に行うことができます。
登山
 日本百名山のポイントデータと日本全国に点在する山小屋、避難小屋の位置情報をプレロードしています。夜間でもバックライトにより操作可能です。
ラン
 自身の上下運動幅、ピッチ、地面接地時間を計測するランニングダイナミクス機能※1と、最大酸素摂取量(VO2max)※2を知る事で、効率の良いランニングフォームへの改善をサポートします。
バイク
 Vector-Jを使用することで、パワーやペダルスムーズネスなどが計測できます。オプションの心拍計と一緒に使用するとサイクリング時のVO2Max※3が測定できます。
スイム
 海などの屋外スイム計測のほか、屋内プールでは泳法認識やストローク数のデータ取得、ドリル練習時の距離や時間の計測、休息時の休息時間を表示する休息モードなどの機能がお使い頂けます。
スキー/ボード
 スキーまたはスノーボードによるアクティビティや競技にも対応しています。そのため、リフト乗降時にはタイマーが一時停止または自動でスタートする機能も搭載しています。
乳酸閾値
 乳酸とは運動時に筋肉のグリコーゲンが分解される過程で出てくる疲労の原因となる物質で、運動強度を徐々に高めて血中の乳酸値が急に上昇し始める時の運動強度を乳酸閾値と言います。乳酸閾値を維持したトレーニングを行うことで、体に疲労や痛みを残すことなく脂肪燃焼などの成果を上げることができます。
心拍ゾーン
 最大心拍と安静時心拍を設定することで、現在のトレーニングが自身にとってどのレベルのものか、目標にするトレーニングはどのくらいの心拍数で行えばいいかなど、運動強度の目安を心拍ゾーンから確認できます。心拍ゾーンは自身の状態やトレーニング効果をカラーゲージで表示します。
アドバンスドランニングダイナミクス
 ランニングフォームに関するデータを測定します※1。自身のランニングダイナミクスを知る事により、体力をなるべく消耗せず、また足への負担を軽くし、より少ないエネルギーで走れる(省エネ的)ランニングフォームへの改善に活用下さい。
 ・ 上下動:ランニング時、身体が上下に動く振れ幅
 ・ 上下動比:体が上下に動く振れ幅の比率
 ・ ピッチ:1分間あたりの歩数
 ・ 歩幅:1歩あたりの歩幅
 ・ 接地時間:足が地面に接地している時間
 ・ GCT(接地時間)バランス:左右の足の接地時間のバランス
最大酸素摂取量(VO2max)※2】
 人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量を計測します(単位はml/kg/分)。運動する際は酸素を取り込むことでエネルギーを生成するので、最大酸素摂取量は運動能力(全身持久力)の指標と言えます。また、最大酸素摂取量を計測することで、5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定する「予想タイム」機能もあります。走力レベルの把握やトレーニング負荷コントロールに役立てることができます。
リカバリーアドバイザー※2】
 自己の履歴データや走行時の心拍数、ペースの変動から、トレーニング終了時に「回復に必要な時間」をアドバイスしてくれます。次回走行時にはスタートしてからしばらくすると、回復の度合いを示します。トレーニングでの負荷のかけ方の参考指標となり、より効率的で負荷のない安全なトレーニングを行うことができます。
自動ラップ
 トレーニング中、設定した距離に到達する毎に自動でにラップを取得します。
ストレススコア※1】
 オプションの心拍計を装着してトレーニングを行い、3分間リラックスした状態で心拍変動を測定し、体にどれくらいのストレスレベル(負荷)が掛かったかを数値化します。
バーチャルパートナー
 設定したペースや速度の仮想パートナーが伴走します。バーチャルパートナーが自身より先行している場合はイメージが前方に、遅延している場合は、後方にランナーアイコンが表示されます。
パフォーマンスコンディション
 トレーニング中のペースや心拍数、心拍数の変化をリアルタイムで分析し、現在の自身のパフォーマンスの状態が自身の平均的なフィットネスレベルと比較してどの程度であるかを−20 〜 +20 の数値で表示します。
追加された新アクティビティ
 スタンドアップパドルボードによるSUPや、ローイング、タクティカルにも対応。アクティビティデータを取得します。
スイム機能
 全く腕を使わない練習の際にはドリル記録を使用することで、タイムと距離を記録できます。休息中は休息時間、休息とインターバルの合計時間を表示します。また、ストローク数からいかに効率の良い泳ぎをしているかを示す、平均SWOLFスコア(25ヤードまたは50メートルを泳いだ時のタイムとストローク数の和)を表示します。GPSで測位した位置情報を基に距離やペースを測定するため屋外でもデータを取得します※4。
Jumpマスター
 スカイダイバーやミリタリーに特化した機能で、ミリタリーのガイドラインに沿ってリリース高度地点(HARP) を計算します。また、気圧計と電子コンパスを使用して、着地点 (DIP) に向かってナビゲートを開始後、ジャンプした時に自動検出します。
スキー/ボードに対応
 滑走時間、距離、最高速度、平均速度、標高差、滑走本数などを表示します。また、滑降中と判断した際に自動でタイマーを開始し、リフト搭乗中はタイマーを停止する機能も搭載しています。
クライミング認識機能
 「登っている」 事を検出した際に、設定したページを自動的に表示します。登山時に現在の高度に関するステータスを確認したい場合などに便利な機能です。
メトロノーム機能
 ビープ音やバイブレーションで一定のリズムをお知らせします。ペースをコントロールしたりピッチを速くするトレーニングが行えます。
アラート
設定した数値に達した場合や設定範囲外の数値になると、音やバイブレーションでお知らせします。スピード上限下限、タイム、距離、カロリー、高度、心拍数など、各種きめ細かいアラート設定でアクティビティ効果を向上させます。
多様なオプションセンサーに対応
 マルチスポーツに適した多様なセンサーに対応しているため、心拍数、バイク用のスピード・ケイデンスやパワー、より正確な外気温など、各種データが測定できます。
 ※1 ハートレートセンサーHRM-Run使用時
 ※2 心拍計使用時
 ※3 心拍計とパワー計使用時
 ※4 水中ではGPS電波が透過しないため誤差を生じる場合があります

《アクティビティをサポートするウィジェット》
 自身で表示・非表示がカスタマイズ可能なfenix3J HRのソフトウェアです。初期設定で、ステップ、電子コンパス、高度、校正気圧、気温、VIRBの遠隔操作、通知機能、カレンダーやミュージックコントロール、心拍計、前回のアクティビティ情報などがfenix3J HRに登録されています。使用頻度が高いウィジェットをカスタマイズすれば、いつでも簡単に切り替えて表示することができます。
心拍計ページ
 現在の心拍数と安静時心拍数を表示します。ボタン押下で過去7日間の安静時心拍数平均値と日別の値のグラフを切替え表示します。
ABCページ
 電子コンパスで得た方位、現在地の高度や校正気圧を表示します。
ステップページ
 1日の歩数や距離、達成率、ゴールの他、上昇階数を表示します。
マイデイページ
 アクティビティタイムや、ステップ数、消費カロリーなどの取得した 1 日の活動データを表示します。
ゴルフページ
 保存した前回のスコアカードの情報を表示します。
週間運動量ページ
 1週間の達成率、週間運動量、ゴールを表示します。
前回のアクティビティページ
 保存した前回のアクティビティ情報を表示します。
カロリーページ
 1日の合計消費カロリー、安静時消費カロリー、運動消費カロリーを表示します。

《LiveTrack》
 スマートフォンアプリGarmin Connect Mobile (android/iOS)をインストールし、スマートフォンと接続※5すると、現在走行している場所をリアルタイムにウェブ上で公開出来る機能です。家族や友人などと、自分が今どこにいるのかを共有する事ができます。

《スマートフォン連携》
 スマートフォンとペアリング※5すると、スマートフォンの着信などの通知をfenix3J HRの画面で確認することができます。そのほか、 スマートフォンのカレンダーデータ情報と同期、fenix3J HRからスマートフォンの音楽の再生・停止などの操作、現在地周辺の予想天気、予想気温など天気情報の確認ができます。アクティビティ実行中でも、このような操作が全てfenix3J HRのみで行えるので、スマートフォンの出し入れをする煩わしさが減少します。

《ConnectIQで自分好みにカスタマイズ》
 Connect IQストアからウォッチフェイス、アプリケーション、ウィジェット、データフィールド(データ項目)をダウンロードして、fenix 3J HRへ追加や並び替えなどカスタマイズすることができます。 Connect IQストアはガーミンエクスプレス、またはGarminConnect Mobile(android/iOS)※5からアクセスする事が出来ます。
ウォッチフェイス
 時計モード時に表示するデザインを変更できます。
アプリケーション
 新たなアクティビティやが追加できます。
ウィジェット
 時計モード時に切替えて表示できるソフトウェアが追加できます。
データフィールド
 アクティビティ中に表示するデータ項目のデザインが変更できます。

《Garminの無償データ管理サービス》
 取得したデータを簡単に管理できるGarminのオンラインサービスを無償でご利用頂けます。こまめに保存することで万が一のデータ破損時のバックアップとして、本来手間がかかる作業も迅速に完了します。PC接続以外にもアプリケーションと接続方法によって、いつでも手軽にデータの管理が行えます。
ガーミンエクスプレス
 デバイスを管理するソフトウェアで、GarminConnectへのアクティビティデータの同期や、ソフトウェアの更新を行うことができます。
GarminConnect
 フィットネスアクティビティデータを「GarminConnect」上で管理できるオンラインサービスです。データの保存や解析、トレーニングプランの作成の他、データを第三者と共有することができます。
GarminConnect Mobile
 フィットネスアクティビティデータをモバイルで確認できるモバイルアプリです。Live Track、ConnectIQストアへのアクセスなど、GarminConnect Mobile(android/iOS)とデバイスを接続>※5することで利用できる機能もあります。
BaseCamp
 デバイスに保存したポイントやルートなどを「BaseCamp」へ転送して地図上で管理、または「BaseCamp」上で作成したポイントやルートなどをデバイスへ転送してGPS本体で表示するPCソフトウェアです。
 ※5 本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。

- 仕様 -
ナビゲーション機能
■ベースマップ: なし
■保存可能データ数: ポイント 約 1,000ポイント/コース 30本/アクティビティデータ 約100時間
■測地系: 100種類以上の測地系とユーザー独自の測地系に対応(初期設定は世界測地系WGS84)
■位置フォーマット: 緯度経度は日本では一般的な、度・分・秒の他、 UTM/UPS Maidenhead MGRS Loran TDs など各種設定に対応

トレーニング機能
■対応アクティビティ: XCスキー、スキー、登山、ハイキング、トレイルラン、ラン、ウォーク、バイク、スイム、屋外スイム、SUP、ローイング、トライアスロン、タクティカルなど
■トレーニングメニュー
・ワークアウト: GarminConnectでステップを含むトレーニングメニューをfenix3J HRに転送して利用可能
・トレーニングカレンダー: GarminConnectで作成したワークアウトをfenix3J HRに転送して利用可能
・インターバル: 繰り返しのトレーニングやトレーニング前後のウォームアップ、クールダウン設定が可能
・ターゲット: 距離やタイムなどを設定して行うトレーニング
・レース: 距離とスピード(またはペース)タイムのみを比較したトレーニングが可能
■バーチャルパートナー: 設定したペースの仮想パートナーと伴走
■アドバンスドランニングダイナミクス※1: 上下動、上下動比、ピッチ、歩幅、地面接地時間、GCT(接地時間)バランスを表示
■VO2 max(最大酸素摂取量)※2: 人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量
■リカバリーアドバイザー※2: トレーニング強度から回復に必要な時間を表示し、走行時に回復度合いを判定
■レース予想タイム※2: 5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定
■乳酸閾値: 筋肉疲労の原因である物質、乳酸の運動強度に伴う変化の測定
■心拍ゾーン: 設定した心拍数と運動強度から自身の心拍レベルを表示
■ストレススコア※1: 心拍変動を測定し、体にどれくらいのストレスレベル(負荷)が掛かったかを数値化
■パフォーマンスコンディション: 現在の自身のパフォーマンス状態と自身の平均的なフィットネスレベルを比較
■アラート通知: 音とバイブレーションでお知らせ
■自動ラップ: 予め設定した距離で自動的にラップを刻み、ポップアップ表示
■自動クライム: 「登っている」 事を検出した際に、高度関係ページを自動的に表示
■自動ラン: 滑降中と判断した際に自動でタイマーを開始し、リフト搭乗中はタイマーを停止
■自動ポーズ: 信号待ちなどで計測を自動的に一時停止
■メトロノーム: 一定のリズムでペースをコントロールしたりピッチを速くするトレーニング機能
■トレーニング効果機能※2: あなたの走力を判断し、現在行っているトレーニングの効果指数を判定
■ドリル記録: 屋内プール向けの泳ぎの一部を集中的に練習した際のタイムと距離を記録
■休息タイム: 現在の休息時間、休息とインターバルの合計時間を表示
■トライアスロン: 異なるアクティビティを複数組み合わせてトレーニングが可能

ライフログ機能
■表示項目: ステップ、ゴール、距離、消費カロリー、時間、日付、達成率
■ムーブバー: 1時間以上動き(移動)がない場合に表示
■スリープモニタリング機能: 毎日の睡眠サイクルデータをGarminConnectまたはGarminConnect Mobileでグラフ化して確認可能

その他機能
■対応アクセサリー: 心拍計、フットポッド、ケイデンス、スピードセンサー、温度センサー、ジオキャッシュビーコン、VectorJ、VIRB-J
■PC接続: チャージングクレードル
■Wi-Fi接続: ○(要設定)
■自動アップロード※3: アクティビティデータを Wi-Fi を使用して自動アップロードが可能
■BlueTooth機能※4: スマートフォンとBluetooth接続してGarminConnectとデータ送受信
■通知機能※5: BLEと接続することでスマートフォンに届いたアプリの新着情報などをfenix3J HRにも通知
■カレンダー※5: スマートフォンに登録した当日のスケジュールを表示
■ミュージックコントロール※5: スマートフォンの音楽の再生や停止などの操作が可能
■VIRB操作: Garminのアクションカメラ VIRB(別売)をワイヤレスで操作可能
■データ管理: ガーミンが運営する「GarminConnect」「GarminConnect Mobile※4(android/iOS)」へデータを送信する事によりアクティビティデータの一括管理、解析などが可能
■LiveTrack※5: スマートフォン経由で現在位置をリアルタイムでウェブ上に公開し、友人やソーシャルメディアを通して共有する事が可能
■ConnectIQストア: GarminExpressまたはGarminConnect Mobile経由※5でウォッチフェイス、ウィジェット、アプリ、データフィールドの追加・削除・カスタマイズが可能
 ※1 要ハートレートセンサーHRM-Run
 ※2 心拍計使用時
 ※3 ガーミンエクスプレスからWi-Fi接続設定を行う必要があります
 ※4 本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります
 ※5 GarminConnect MobileをインストールしたBLE対応のスマートフォンとペアリングする必要があります

fenix 3J HR 本体仕様
■本体サイズ: W 5.1 x H 5.1 x D 1.7cm  ■ディスプレイ: 1.2 インチ (直径 3.04cm)
■ディスプレイタイプ: 半透過型 MIP カラー  ■解像度: 218 x 218 ピクセル
■重量: 約 90g
■稼働時間 ※光学式心拍計使用時
 ウルトラトラックモード: 最大約40時間、GPSモード: 約16時間、時計モード: 約2週間
■バッテリータイプ: 充電式リチウムイオン
■防水性能: 100m防水
■衛星測位: 高感度チップ(GPS / GLONASS / みちびき+MSAS/WAAS対応)
■操作インターフェース: 5ボタン
■電子コンパス: ○  ■気圧高度計: ○  ■加速度計: ○  ■光学式心拍計: ○
■標準付属品: チャージングクレードル、ACアダプター、操作マニュアル、保証書(1年の保証期間)






◇コンパクトスピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  アクティブ / パッシブ スピーカー
◇ポータブルスピーカー ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載ポータブルスピーカー
◇携帯音楽プレーヤー&イヤホン ・ ・   スポーツ向き 携帯音楽プレーヤー & イヤホン & ヘッドセット
◇ヘッドホン ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  オーバーヘッド型 ヘッドホン
◇ヘッドセット  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載 ヘッドセット
◇ミニコンポ   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  CDレシーバー & ネットワークCDレシーバー他
◇アンプ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  プリメインアンプ & ネットワークレシーバー & ヘッドホンアンプ
◇テレビ用スピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  ホームシアター スピーカー
◇BDレコーダ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ブルーレイレコーダー
◇掃除機  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ロボット & 紙パック & サイクロン & コードレス & ふとんクリーナー
◇サイクルコンピュータ&トレーナー ・ ・ サイクルコンピュータ & トレーナー他
◇GPS搭載スポーツウォッチ ・ ・ ・ ・  2016 GPS搭載 スポーツウォッチ
◇活動量計  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 活動量計 &心拍計 & ウェアラブル端末

posted by たか坊 at 09:39| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

GPS搭載 アウトドア/ランニングウォッチ エプソン Wristable GPS for Trek MZ-500B/S

☆バッテリーの持ちが他社よりいい ☆標高が正確 ☆軽い ☆トレッキングとランニングで使える ☆デザインがいい ☆GPSロガーとしての精度は十分 ☆装着感がいい/フィットする ☆ナビ機能は使い難い、目安程度 ☆アプリが使い難い、酷い/ルート作成が不便
●トレッキング、トレイルラン、ランニング用(ランニングモードとトレッキングモードの2種類の計測機能) ●搭載センサー(GPS、加速度、気圧、地磁気、温度) ●GPS稼働時間(高精度モード[GPS毎秒計測]46時間/長時間モード[GPS間欠計測]110時間) ●ナビゲーション機能 ●バイブレーション ●バックライト ●インドア ●みちびき対応 ●スマホと連携 ●10気圧防水 ●Bluetooth Smart ●心拍計測(心拍ベルトはオプション) 
EPSON Wristable GPS for Trek MZ-500B
発売日:2015年 8月 7日 価格:43,300円位



- 特長 -
様々なアウトドアシーンで活躍する高精度トレッキングギア
トレッキングやトレイルランに役立つ機能を搭載したアウトドアモデル
 優れたデザイン
 ・本体にレニー材を使用、堅牢性を実現
 ・操作性を重視した5つのボタン
 ・右側にはステンレススチールの素材を使用、ボタン裏側には誤動作防止キャップを配置
 ・液晶反転で日中でも見やすく、明るいバックライトで夜でも情報が確認できる
 「WristableGPS」に、待望のアウトドアモデルが登場しました。標高、気圧、方位、気温、現在位置など、登山に欠かせないデータを高精度で計測。目的地までの距離や、事前の計画ルートの取り込み、山行軌跡の記録など、より山歩きを楽しむための機能が詰まった、高機能トレッキングギアです。登山やトレイルランニングなど山をフィールドに楽しむ方向けのモデルです。

5つのセンサーがここに融合 SENSOR FUSION TECHNOLOGY
 GPS機能、気温、標高、気圧、方位。登山に欠かせない5つのセンサー情報の関係性を追求したエプソンのセンサー・フュージョンテクノロジーが独自のアルゴリズムでさらに高精度な数値を導き出します。

GPS高精度モード(GPS毎秒測位)で最大46時間、長時間モード(GPS間欠測位)で110時間の計測が可能
 独自開発のGPSチップの低消費電力化により、GPS機能稼動時、GPS高精度モード(GPS毎秒測位)で最大46時間、長時間モード(GPS間欠測位)で110時間の計測が可能。記録を中断すれば充電も可能)、長距離の登山やトレイルランでも安心してご使用いただけます。

軽量65gで快適に使用
 高機能でありながら、65gという軽量化を実現しました。長時間の登山、ランニングでも重さを気にせず、快適にご利用いただけます。

雨天でも安心な10気圧防水対応
 レニー材を使用し、優れた機械強度と表面硬度を実現。10気圧防水で、登山時やランニング時の急な天候の変化や汗をかいても安心して使用できます。

風防ガラス、防曇処理で低温時もくもらない
 本体には優れた強度・剛性をもったレニー材を採用。また、防曇処理を施していますので、低温時などにもガラスが曇らずにご利用いただけます。

安心の日本メーカー製
 日本のメーカー、国内の製造で、購入後のサポートも安心です。また、時計内のメニュー表記や取扱説明書も日本語表記で、わかりやすく、直感的に操作できます。

トレッキングやトレイルランに役立つ充実のナビゲーション機能
 様々なルート設定が本体には登録可能、さらには3D標高ナビゲーションを搭載。目的地までの距離だけでなく、「あとどれくらい登るか」が視覚的に確認することができます。
おすすめコース(百名山ルート)
 本製品には昭文社「山あるきデータ」の「日本百名山おすすめ登山コース」が使用できます。

登山者向けコミュニティサイトのルートを取り込んで、ルートナビゲーション
 登山者向けコミュニティサイトで公開されている(GPXファイル)をダウンロード。WEBアプリ「NeoRun」から本体に登録することができます。

3D標高ナビゲーションを搭載
 登山ルートをあらかじめ本体に登録すれば「あとどのくらい歩くのか」だけでなく「あとどのくらい登るのか」、目的地までの距離、標高を正確に確認することが出来ます。
 3D標高ナビゲーション
 トレッキングルートのスタートからゴールまでの標高の変化を表示します。現在地と次のポイントの標高を確認できます。
 平面ルートナビゲーション
 登山ルートのスタートからゴールまでのルートを平面図で表示。今いる場所を表示します。画面は拡大・縮小することができます。

トラックバック機能
 ルート上の現在地から出発地点に戻るためのナビゲーションをする機能です。同じ道順で下山したい時や、天候の変化による途中下山時に便利です。

目標標高設定
 あらかじめ設定した標高に対して目指す標高まであと何メートルかを表示します。

マーキング
 現在地の位置情報を取得します。取得した位置情報はナビゲーションに使用できます。
登山データの記録中は、前回マーキングしたポイントからの距離や時間、地点間のペースなども記録できます。

ウェイポイント設定
 マーキング機能で取得した位置情報はウェイポイントとして本体に保存できます。現在地から、設定したウェイポイントまでの方角、直線距離を表示します。

ABC+GPS機能で現在地の情報を正確に把握
登山に欠かせないデータを簡単に確認
 気温、標高、気圧、方位、現在位置、日の出日の入時刻を表示。現在地の情報が、簡単なボタン操作ですぐに確認できます。

標高、気圧、方位、現在位置、日の出日の入り時刻を確認 
 高度計(Altimeter)、気圧計(Barometer)、コンパス(Compass)とGPS機能を使って、標高・気圧・気温・方位・緯度経度・日の出/日の入時刻の確認ができます。ボタン操作で画面が順番に変わります。

標高計測
現在地の標高計測を表示します。
高度計に加え、気圧センサー、GPS機能、温度計の各データを、独自のアルゴリズムで複合的に使用しているので、高い精度で現在地の標高が計測できます。

気圧と気温
 現在地の海面気圧を表示します。WristableGPSを腕から外せば、正確な気温を表示できます。就寝時などに気温を確認できます。
(注)気温を正しく表示するためには、本体を周囲の気温になじませる必要があります。本体を腕から外し、30分程度放置してください。
(注)現在気圧を、海面上(0m)に更正した気圧

方位計測
 内蔵のコンパスで、方位を確認できます。
(注)本製品のコンパスは、磁気センサーによって北を示しますが、厳密には北を指していません。地図上の北(真北)とコンパスの北(磁北)は微妙にずれています。この真北と磁北のなす角度を偏角といいます。偏角補正をすることで、磁北ではなく真北を表示できます

緯度経度(現在の位置)
GPS機能で現在の位置を緯度経度で表示します。

日の出/日の入時刻
 現在位置の日の出と日の入時刻を表示します。

記録中のデータを確認(アクティビティ)
 ログ機能で記録中の計測値をリアルタイムで確認することができます。アクティビティの画面は6画面の切り替えが可能です。1つの画面の表示項目は1行表示/2行表示/3行表示に切り替え可能、表示する項目は変更することができます。

準天頂衛星システム「みちびき」対応
 国産の準天頂衛星システム「みちびき」に対応。日本の真上を通過するため、電波が建物などに遮られにくく、しっかりと測位が可能です。さらに、マルチパス(電波が障害物や地形に反射し、複数の電波を受信することで、受信に障害を及ぼす現象)の影響を受けにくい高性能GPSチップを搭載。都市部や山間部でも安定した測位を可能にします。

専用アプリで登山記録や楽しい思い出を保存・共有できる
Webアプリケーション「NeoRun」、スマホアプリ「Epson Run Connect for Trek」で登頂記録を保存・共有
 WristableGPS利用者向けサービス「NeoRun」や、スマートフォンアプリ「Epson Run Connect」を利用して、計測・記録した登山データを管理できます。登録したデータは、仲間と共有したり、他のWristableGPSにインポートできます。

Webアプリ「 NeoRun 」
 ダッシュボード
 カレンダー形式で記録を管理。いつでも簡単に過去のトレッキング、ランニングを振り返ることができます。
 ワークアウト詳細
 ペース、スピードや標高、心拍数、軌跡などを表示。トレッキング、ランニングをさまざまな角度から分析できます。
 パソコンでWebアプリケーション「NeoRun」を使用して計画ルートの作成が可能
 ・外部のルートを取り込む 登山者向けコミュニティーサイトなどで公開されているルート(GPX ファイル)を取り込んで利用します。
 ・履歴ルートを編集する 本製品で記録し、「NeoRun」 にアップロードしたルートを編集して利用します。
 ・地図上で新規にルートを作成する

スマートフォンアプリ「Epson Run Connect for Trek」
 ワークアウト詳細
 ペース/スピードや標高、心拍数、軌跡などを表示。トレッキング/ランニングをさまざまな角度から分析できます。
 AGPS(GPSアシスト情報)
 スマートフォン経由でのGPSアシスト情報(AGPS)により、GPSの測位時間が短縮できます。

SNSとの連携もスムーズ
 WristableGPS利用者向けサービス「NeoRun」や、スマートフォンアプリ「Epson Run Connect for Trek」 の登山データを、TwitterやFacebookに投稿できます。

普段のランニングにも活用できる
2種類の計測機能を搭載
 MZ-500シリーズは、ランニング機能とトレッキング機能の2種類の計測機能を搭載、使用用途により変更が可能です。
 トレッキング機能
 ・標高/気圧/気温/方位/現在位置/日の出/日の入時刻の表示
 ・ログ機能 トレッキング/走行データを計測して記録
 ・アクティビティ機能 ログ機能で計測中の計測値を表示
 ・ナビゲーション機能 本体に登録されているルートをもとにナビゲーション
 ランニング機能
 ・走行データの計測
 ・オートラップ/オートポーズ

ランニング時にも距離、走行ペースなどを計測
 登山だけではなく、ランニングの計測にも使用できます。トレッキングモードから、ランニングモードへ切り替えることで、ランニング中の距離・ペース・ラップなどの計測と、走行データの確認ができます。

ランニング時も高低差を測り、正確な3D距離計測が可能
 ランニングでも、センサー・フュージョン・テクノロジーによって、登山時と同様に2Dだけでなく、3Dでの計測が可能。3DではGPSと気圧センサーで標高と距離を計測。起伏のあるルートなどの実距離が表示可能。ランニングのスピードでも、高精度で測定が可能です。トレイルランなどのアップダウンの大きなルートでの走りに力を発揮します。

HRモニターと接続して心拍数を計測
 オプションのHRモニターをBluetoothで接続して、心拍数を計測できます。現在の心拍数、計測開始からの平均心拍数、ラップごとの平均心拍数を計測可能です。

- 仕様 -
■カラーバリエーション: ブラック、シルバー
■サイズ: 47×61×16.5mm  ■ベルトサイズ: 18mm  ■重量: 65g
■風防素材: ミネラルガラス  ■本体ケース: Polyamide
■防水機能: 10気圧防水
■動作時間 高精度モード(GPS毎秒計測): 46時間、長時間モード(GPS間欠計測): 110時間、時計表示時(オートスリープonの時): 30日間(1日10時間スリープさせた場合)
■動作温度: -20℃ 〜 +60℃
■種目: トレッキング、ランニング
■搭載センサー: GPSセンサー、加速度センサー、気圧センサー、地磁気センサー、温度センサー
■インターフェース: USB、Bluetooth Smart
■報知機能: ブザー、バイブレーション
■ログ機能(データの保存):
 最大100時間(高精度モード、ランニングモード)、最大150時間(長時間モード)
 トレックイベント:3000件(1ログあたり30件)、ランニングラップ:10000件(1スプリットあたり100件)
■登録可能ルート数: 50(カスタムルート数)、100(インストール済み数)
■登録可能ポイント数(ウェイポイント): 100
■仕様グリッド: WGS84 Hddd.ddddd°、WGS84 Hddd°mm.mmm'、WGS84 Hddd°mm'ss.s'
■方位計測: 0° 〜 359° 1°単位、32方向
■高度計測: -500m 〜 15000m / -1500ft 〜 49212ft
■気圧計測 海面気圧:850hPa 〜 1100hPa / 25.10inHG 〜 32.48inHG
       現在地気圧:300hPa 〜 1100hPa / 8.85inHG 〜 32.48inHG
■温度計測: -20℃ 〜 +60℃
■距離計測: 2D/3D距離選択可能
■ピッチ / ストライド計測: ◯  ■インドア: ◯  ■心拍計測: ◯(オプション対応)
■その他: アラーム、タイマー、ストップウオッチ
■同梱品: WristableGPS本体、クレードル、クイックスタートガイド、保証書

システム条件
■NeoRun 推奨ブラウザー
 Microsoft Internet Explorer 10以上、Firefox、Google Chrome最新版、Safariの最新版
■EPSON Run Connect for Trek OS
 Windows Vista SP2以降、iOS 7以降、Android 4.3以降、Mac OS X(10.8、10.9、10.10)

※Android 6.0におけるRun Connect/Run Connect for Trekの動作について
 Android6において正常に動作しない事が確認されています。Android6へのバージョンアップを控えていただくようお願いいたします。2015年10月09日現在


楽天市場で探す




◇コンパクトスピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  アクティブ & パッシブ スピーカー
◇ポータブルスピーカー ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載ポータブルスピーカー
◇携帯音楽プレーヤー&イヤホン ・ ・   スポーツ向き 携帯音楽プレーヤー & イヤホン & ヘッドセット
◇ヘッドホン ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  オーバーヘッド型 ヘッドホン
◇ヘッドセット  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載 ヘッドセット
◇ミニコンポ   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  CDレシーバー & ネットワークCDレシーバー他
◇アンプ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  プリメインアンプ & ネットワークレシーバー & ヘッドホンアンプ
◇テレビ用スピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  ホームシアター スピーカー
◇BDレコーダ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ブルーレイレコーダー
◇掃除機  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ロボット & 紙パック & サイクロン & コードレス & ふとんクリーナー
◇サイクルコンピュータ&トレーナー ・ ・ サイクルコンピュータ & トレーナー他
◇GPS搭載スポーツウォッチ ・ ・ ・ ・  2016 GPS搭載 スポーツウォッチ
◇活動量計  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 活動量計 &心拍計 & ウェアラブル端末

posted by たか坊 at 15:58| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

GPS搭載 ランニングウォッチ ガーミン ForeAthlete220J

☆ラップをバイブと音で知らせてくれる、音が聞こえない状況でもラップを見落とさない ☆自動ラップでペースと距離が確認出来て走りやすい ☆ペース走、レースペースの練習、ペース管理が出来る ☆カラー液晶がとても見やすい ☆走行中も夜間(バックライト)も見やすい ☆軽い、着けている感覚がない ☆衛星の捕捉が速い ☆GPSの精度がいい ☆操作が簡単 ☆使いやすい ☆楽しくなる/モチベーションが上がる ☆走行距離が伸びた/タイムを更新出来た ☆バッテリーは10時間あれば十分 ☆フィット感がいい ☆50m防水で安心 ☆スマホやPCで記録・管理が容易、履歴が簡単に見られる ☆スマホとの同期(Bluetooth)が自動で簡単 ☆Nike+ Runningと同期出来る ☆デザインがいい、普段使い出来る ☆サイズ調整が容易 ☆通気性がいい ☆走ったコースがMAPに表示出来る ☆ピッチを記録出来る ☆電源ON/OFFが可能 ☆大きく感じるが軽いので気にならない ☆デザインがイマイチ ☆取説が分かり難い ☆GPSの距離の誤差が大きい ☆自動ポーズが誤作動する、遅れる
●10時間稼動 ●バイブレーション機能 ●Gセンサー(インドア) ●バックライト ●Live Track機能 ●みちびき対応 ●軽薄ボディ ●スマホと連携 ●50m完全防水 ●Bluetooth(BLE) SMART ●心拍計測(心拍センサーはオプション) ●厚さ12mm/重さ40.7g 
GARMIN ForeAthlete220J
2014年4月26日発売 価格:23,600円位(プレミアムハートレートセンサー無し)



<- 特長 -
スタイリッシュなワイヤレスランニングウォッチ
 Gセンサー、Bluetooth、バイブレーション を新たに搭載したForeAthlete220Jは、前モデルの52gから驚きの40.7gに軽量化を図りました。厚さも13mmから 12mmに。ランナーに必要な多くの機能を兼ね備えながら、女性でも満足いただけるスタイリッシュデザインが際立つモデルです。
 衛星受信もみちびき対応は無論、測位までの時間の短縮化を図りました。
 本体に内蔵されたGセンサーにより、衛星受信が難しい屋内でのトレーニング時にもフットポッド装着の必要なく、データが取得できます。
 バイブレーションアラートは、大会や人混みの多い場所であって も的確に情報を伝えてくれます。
 記録したデータは、ガーミン社がインターネット上に用意している「GarminConnect」、または、スマートフォン上で操作できるGarminConnect mobileアプリ(android/iOS)にて、データの詳細な解析と記録の保存管理、データのシェア等が可能です。(※GarminConnect mobileはandroidの一部機種のみお使いいただけます)
 ・ 衛星測位までの時間が短縮
 ・ バッテリーはトレーニングモードで約10時間(時計モードでは約6週間)
 ・ 50m完全防水本体
 ・ バックライトとアラートの連動
 ・ バイブレーション機能
 ・ 自動ラップ(距離・位置)
 ・ 自動ポーズ
 ・ インターバルトレーニング
 ・ ワークアウト
 ・ Bluetooth(スマートフォン対応:データ送受信、LiveTracking機能)
 ・ ガーミンが運営する「Garmin Connect」「GarminConnect mobile(※android/iOS)」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能
 ※本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。iPhone:iPhone4S(iOS7)以降のモデル、Android:Bluetooth4.0に対応したハードウェアにAndroid 4.3以降が搭載されたモデル(4.2のBLE対応は不可)2014年5月現在 ガーミン社で確認済みのモデルはSamsung:Galaxy Note2/Note3/S3/S4、HTC:Oneになります。

低反射カラーディスプレー
 低反射仕様のカラーディスプレーによって、ランニング中の視認性がアップし、瞬時に現在のステータスが認識できます。
 気分に合わせてテーマカラーを変更する事も可能です。
 また、ディスプレー裏面で均一に発光するバックライトもとても見やすく、点灯時間が「8秒、15秒、30秒、1分、常時オン」で設定できる他、日の入後だけバックライトが点灯できるナイトモードも搭載。
 シチュエーションに合わせてお好みの設定が出来便利です。

毎秒測位の高精度計測
 GARMINはGPSナビゲーションのトップメーカーとして培ってきた高度な技術を元に測位を行っています。全ての計測データは、衛星からの信号を毎秒受信したものを最適な位置へ補正したものを使用していますので、なめらかに記録される軌跡だけで無く距離や速度においても高い精度の計測が可能です。

みちびき対応
 日本が整備を開始した独自の測位システム。準天頂衛星システムと呼ばれ、日本の空の真上に長い時間留まるような軌道を描いて飛んでいます。真上ですので、高いビルや深い渓谷でも電波が遮られるケースが少なくなり、安定した受信が可能になります。
 ※現在の1機での運用時は、1日の内8時間の「補完信号」の利用が可能

Gセンサー内蔵
 ForeAthlete220J本体にはGセンサーが内蔵されているので、悪天候で外のトレーニングが難しい日の屋内トレーニングやトンネル内など、GPSが受信できない環境でもフットポッド装着の必要なくスピード、距離はもちろん、ピッチ、ストライド幅(Garmin Connect上のみ表示)などのデータを計測します。

GarminConnect mobile
 ForeAthlete220JはBluetooth対応です。スマートフォンアプリ「GarminConnect Mobile(Android/iOS)」をダウンロードし、Bluetooth経由で繋げると、レース終了後すぐその場で、ランニング仲間に結果をデータとともに公開できるなど楽しみが広がります。直接スマートフォンからデータの公開、解析、記録、アップロード・ワークアウトのダウンロードをすることも可能です。
 ※2014年5月現在、iOS7.0以降(iPhone4S以降) / Android4.3以降(Samsung galaxy Note2、Note3、S3、S4 HTC Oneのみ対応)

Live Tracking機能
 「Live Tracking機能」とは、Bluetooth通信を利用してスマートフォンと接続し、現在走行している場所をリアルタイムにウェブ上で公開出来る機能です。友人やチーム間などで、自分が今どこを走っているのかを共有する事によって、よりトレーニングが楽しくなります。

スタイリッシュで使いやすい本体
 重量は驚きの40.7g、薄さ12mmの軽薄ボディ。スクロール専用上下ボタン配置で、簡単操作。ベルトはメッシュのように穴がたくさん開いているので汗抜きもよく、トレーニングがより爽快に感じます。

- 仕様 -
■本体サイズ: W45mm x H45mm x D12mm  
■ディスプレイ: 直径25.4mm / 180 x 180 ピクセル / カラー
■重量: 40.7g
■稼働時間: 約10時間 / 時計モード時は約6週間
■防水性能: 50m完全防水
■操作インターフェース: 5ボタン
■GPSチップ: みちびき対応高感度GPSチップ(捕捉時間短縮化)
■付属品: ForeAthlete220J、チャージングクレードル、日本語操作マニュアル
■カラー: Black Red、White Violet

- トレーニング機能 -
・ 記録可能なデータ: 約1000ラップ
・ 表示可能なデータ: タイム、距離、ペース・スピード、ピッチ、カロリー、※心拍など17種類以上(※プレミアムハートレートセンサー使用時)
・ トレーニングの種類: ワークアウト、インターバルトレーニング、各種アラートトレーニング(心拍ゾーン、ラン&ウォーク、設定ペース、設定ピッチ、設定時間、設定距離)
・ 自動ラップ: 予め設定した距離・位置で自動的にラップを取得
・ 自動ポーズ: 信号待ちなどで計測を自動的に一時停止し、走り始めると再開
・ アラート通知方法: 音とバイブレーション及びバックライトでお知らせ

- その他の特徴 -
・ Gセンサー: 本体に加速度センサー内蔵のためピッチ、ストライド幅(Garmin Connect上のみ)が計測可能(GPS電波受信不可環境下での距離、ペース計測にも対応)
・ 自動スクロール: 作成した複数のトレーニングページが自動的にスクロールします
・ BlueTooth機能: スマートフォンとBluetooth接続してGarminConnectとデータ送受信
・ LiveTracking(スマートフォン経由でリアルタイムに走行場所を第三者へ公開。)
・ 時計機能: 日時、曜日、アラーム
・ 対応アクセサリー: プレミアムハートレートセンサー、フットポッド
・ 管理サイト: ガーミンが運営する「Garmin Connect」「GarminConnect mobile(※android/iOS)」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能


楽天市場で探す




◇コンパクトスピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  アクティブ & パッシブ スピーカー
◇ポータブルスピーカー ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載ポータブルスピーカー
◇携帯音楽プレーヤー&イヤホン ・ ・   スポーツ向き 携帯音楽プレーヤー & イヤホン & ヘッドセット
◇ヘッドホン ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  オーバーヘッド型 ヘッドホン
◇ヘッドセット  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載 ヘッドセット
◇ミニコンポ   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  CDレシーバー & ネットワークCDレシーバー他
◇アンプ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  プリメインアンプ & ネットワークレシーバー & ヘッドホンアンプ
◇テレビ用スピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  ホームシアター スピーカー
◇BDレコーダ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ブルーレイレコーダー
◇掃除機  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ロボット & 紙パック & サイクロン & コードレス & ふとんクリーナー
◇サイクルコンピュータ&トレーナー ・ ・ サイクルコンピュータ & トレーナー他
◇GPS搭載スポーツウォッチ ・ ・ ・ ・  2016 GPS搭載 スポーツウォッチ
◇活動量計  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 活動量計 &心拍計 & ウェアラブル端末
posted by たか坊 at 16:59| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

脈拍計内蔵 GPS搭載ランニングウォッチ ガーミン ForeAthlete 225J 

☆手軽に心拍測定出来る、精度も十分 ☆衛星の捕捉が速い ☆GPSの精度がいい ☆液晶が見やすい、走りながらでも見える ☆自動ラップ機能が使いやすい、バイブで見逃さない ☆操作が簡単/使いやすい ☆心拍数を確認しながら走れる ☆スマホやPCで管理出来る/アプリが使いやすい ☆走るのが楽しくなる/モチベーションが上がる ☆バッテリーの持ちは十分 ☆ライフログも記録出来る/睡眠の状況も分かる ☆デザインがいい ☆普段使い出来る ☆軽い ☆着け心地がいい ☆心拍計の精度が不安定 ☆デザインがイマイチ
●10時間稼動(GPS+心拍計)/約4週間(時計モード+ライフログ) ●脈拍計測 ●ライフログ機能(歩数/距離/消費カロリー/心拍数/睡眠など) ●Gセンサー(インドア) ●バイブレーション機能 ●バックライト ●Live Track機能 ●みちびき対応 ●50m完全防水 ●Bluetooth SMART ●厚さ16mm/重さ54g
GARMIN ForeAthlete 225J
発売日:2015年 8月24日 価格:32,100円位

- 特長 -
手首に装着するだけで心拍も計測可能なGPSランニングウォッチ
 ランナー待望の心拍計内蔵ランニングウォッチがForeAthleteシリーズに加わりました。 ライフログ機能と光学式心拍計を搭載したForeAthlete 225Jは、ランナーに必要なGセンサー、バイブレーション、カラーディスプレーなど多くの機能を備えています。衛星受信もみちびきに対応し、Bluetooth機能で接続すると現在地をリアルタイムでSNSなどに公開できるLiveTrackもご利用頂けます。

光学式心拍計でトレーニング中の心拍(脈拍)を計測し、心拍に関する様々なデータを計測します。心拍計はForeAthlete 225Jに内蔵されているので、ベルトタイプの心拍計を装着する手間なく、手首にForeAthlete 225Jを装着するだけでトレーニングが開始できます。さらに光学式心拍計から受信した心拍はトレーニング中の運動強度を5段階の心拍ゾーンで表示されるので、現在のトレーニングや目標とするトレーニングの度合い ( 運動強度 ) 、その効果を把握する事が出来ます。

記録したデータは、ガーミン社がインターネット上に用意している「GarminConnect」、または、スマートフォン上で操作できるGarminConnect mobileアプリ(android/iOS)にて、データの詳細な解析と記録の保存管理、データのシェア等が可能です。

 ・ バックライトとアラートの連動
 ・ バイブレーション機能
 ・ ガーミンが運営する「Garmin Connect」「GarminConnect mobile(android/iOS)」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能

※Garmin connectを利用するには、まずパソコン側からGarmin Expressソフトウエアから製品登録が必要です。 Garmin Expressソフトウエアは、Windows Vista以降、Mac OS 10.7以降のOSに対応しています。 (Windows RT、iOSは非対応)
※:本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。

心拍ゾーン
 手首の心拍(脈拍)を内蔵の光学式心拍計が計測し、心拍に関するデータを計測します。最大心拍と安静時心拍を設定することで、現在のトレーニングが自身にとってどのレベルのものか、目標にするトレーニングはどのくらいの心拍数で行えばいいかなど、運動強度の目安を心拍ゾーンから確認できます。心拍ゾーンは自身の状態やトレーニング効果をカラーゲージで表示します。例えば同じ内容のトレーニングを継続的に続けた場合、トレーニングを始めた頃はハード(オレンジ)だったのがモデレート(グリーン)に変化したり、リラックス(グレー)に変化してトレーニング内容に物足りなさを感じるなど、体力作りの進捗の目安としてもご利用頂けます。

ライフログ
 一日の歩数や距離、消費カロリーなど毎日の基本的な動きを計測します。一日の目標ステップ数であるゴールは達成率が一目でわかるバーで表示され、常にモチベーションを維持します。ムーブバーは一定時間動きがないことをお知らせするので、適度な運動を促す目安になります。運動(移動)を開始すると、ムーブバーは消えます。 毎日身に着けるだけで簡単に健康管理が行えます。

見やすいカラーディスプレー
 カラーディスプレーによって、ランニング中の視認性がアップし、一目で現在のステータスが把握できます。 気分に合わせてテーマカラーを変更する事も可能です。また、ディスプレー裏面で均一に発光するバックライトもとても見やすく、点灯時間が「8秒、15秒、30秒、1分、常時オン」で設定できる他、日の入後だけバックライトが点灯できるナイトモードも搭載。シチュエーションに合わせてお好みの設定が出来ます。

Gセンサー内蔵
 ForeAthlete 225J本体にGセンサー(加速度計)が内蔵されているので、スピード、距離はもちろん、ピッチ、ストライド幅(Garmin Connect上のみ表示)などのデータが計測可能です。 屋内トレーニングやトンネル内など、GPSが受信できない環境でも心配なくトレーニングが行えます。

GarminConnect Mobile
 スマートフォンアプリ「GarminConnect Mobile(Android/iOS)」をダウンロードし、ForeAthlete 225JとBluetooth経由で繋げると、レース終了後すぐその場で、ランニング仲間に結果をデータとともに公開することが可能です。スマートフォンから直接GarminConnect Mobileへデータの公開、解析、記録、アップロード・ワークアウトのダウンロードをすることもできます。

Live Track機能
 「Live Trackとは、Bluetooth通信を利用してForeAthlete 225Jとスマートフォンを接続し、現在走行している場所をリアルタイムにウェブ上で公開出来る機能です。友人やチーム間などで、自分が今どこを走っているのかを共有する事によって、モチベーション維持のサポートをします。

- 仕様 -
トレーニング機能
■保存可能データ容量: 約200時間のトレーニングデータ
■表示可能なデータ: タイム、距離、ペース・スピード、ピッチ、カロリー、心拍など
■トレーニングの種類: ワークアウト、インターバルトレーニング、各種アラートトレーニング(心拍ゾーン、ラン&ウォーク、設定ペース、設定ピッチ、設定時間、設定距離)
■自動ラップ: 予め設定した距離・位置で自動的にラップを取得
■自動ポーズ: 信号待ちなどで計測を自動的に一時停止し、走り始めると再開
■心拍ゾーンゲージ: ○  ■自己ベスト: ○

ライフログ機能
■表示項目: ステップ、ゴール、距離、消費カロリー、達成率、心拍、日付
■ムーブバー: 1時間以上動き(移動)がない場合に表示

その他機能
■アラート通知方法: 音とバイブレーション及びバックライトでお知らせ
■自動スクロール: 作成した複数のトレーニングページが自動的にスクロールします
■対応アクセサリー: 心拍計、フットポッド
■LiveTrack機能: 現在置をリアルタイムでウェブ上に公開し、第三者へ共有する事が可能
■管理サイト: ガーミンが運営する「Garmin Connect 」「GarminConnect mobile ( android / iOS )」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能

本体仕様
■本体サイズ: H5.49 x W4.8 x D1.6cm
■ディスプレイ: 直径1.0インチ(2.54cm) / 180 x 180ピクセル
■重量: 54g
■バッテリータイプ: 充電式リチウムイオン(内蔵)
■稼働時間 時計モード: 約6週間、時計モード+ライフログ: 約4週間、GPS+光学式心拍計: 約10時間
■防水性能: 50m完全防水
■操作インターフェース: 5ボタン
■GPSチップ: みちびき対応高感度GPSチップ
■光学式心拍計: ○  ■加速度計: ○  
■付属品: チャージングクレードル、操作マニュアル


楽天市場で探す




◇コンパクトスピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  アクティブ & パッシブ スピーカー
◇ポータブルスピーカー ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載ポータブルスピーカー
◇携帯音楽プレーヤー&イヤホン ・ ・   スポーツ向き 携帯音楽プレーヤー & イヤホン & ヘッドセット
◇ヘッドホン ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  オーバーヘッド型 ヘッドホン
◇ヘッドセット  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  Bluetooth搭載 ヘッドセット
◇ミニコンポ   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  CDレシーバー & ネットワークCDレシーバー他
◇アンプ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  プリメインアンプ & ネットワークレシーバー & ヘッドホンアンプ
◇テレビ用スピーカー  ・ ・ ・ ・ ・ ・  ホームシアター スピーカー
◇BDレコーダ  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ブルーレイレコーダー
◇掃除機  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ロボット & 紙パック & サイクロン & コードレス & ふとんクリーナー
◇サイクルコンピュータ&トレーナー ・ ・ サイクルコンピュータ & トレーナー他
◇GPS搭載スポーツウォッチ ・ ・ ・ ・  2016 GPS搭載 スポーツウォッチ
◇活動量計  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 活動量計 &心拍計 & ウェアラブル端末

posted by たか坊 at 17:46| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする