2020年07月05日

Bluetooth5.0 ポータブルスピーカー ソニー SRS-XB33

☆新製品

【仕様】
●スマホの音が生まれ変わる、広がる確かな高音質、大迫力の重低音 ●本体のコンパクトさはそのままに、振動板の面積を拡大させた独自の X-Balanced Speaker Unit を搭載、高音質かつ迫力ある音圧を実現、さらに、低域を増強するパッシブラジエーターを側面に配置し面積を拡大、よりクリアで迫力の重低音を体験出来る ●ボーカルの明瞭度を維持しながらライブ会場の様な臨場感を楽しめるライブサウンドモード ●クラブやライブにいる様な重低音の迫力を楽しめる EXTRA BASS モード ●様々な圧縮音源を DSEE でアップスケーリング ●ソニーならではの音を手軽に楽しめる ClearAudio+ ●アプリで自由なイコライザー設定が可能 ●高音質コーデック LDAC 対応 ●風呂だけでなく海やアウトドアでも安心して使える防水・防塵・防錆仕様 ●汚れや傷に強く高い耐久性を持つソニー専用ファブリック素材使用 ●5時間の充電でSTAMINAモードで24時間、EXTRABASSモードで14時間再生出来るロングバッテリー ●2台でステレオ再生が可能 (Stereo Pair) ●最大100台を繋いで大音量で盛り上がれる (Party Connect) ●雰囲気を盛り上げるライティング機能
●連続再生約24時間 (音量36+ライティングOFF+STAMINAモード)/約14時間 (音量35+ライティングON+EXTRA BASSモード)/約4時間 (音量最大50+ライティングON+EXTRA BASSモード) ●実用最大出力30W (15W+15W) ●ステレオ ●ユニット構成 (約48×70mmフルレンジ×2+パッシブラジエーター×2) ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /LDAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/最大通信距離約30m/SCMS-T方式/NFC/マルチデバイス接続 (2台の機器を同時に接続し切り替えて再生出来る)/マルチペアリング (最大8台) ●防塵・防水・防錆仕様 (IP67) ●DSEE ●デジタルアンプS-Master ●ClearAudio+ ●3種類のサウンド効果 (STAMINA/EXTRA BASS/LIVE SOUND) ●Stereo Pair (SBC接続時のみ) ●Party Connect (SBC接続のみ) ●ライティング (ラインライト・スピーカーライトが曲に合わせて光る) ●ハンズフリー (エレクトレットコンデンサー型マイク) ●おすそわけ充電 (スマホ等のUSB機器を充電出来る) ●オートパワーオフ ●Bluetoothスタンバイ ●ボイスガイダンス ●縦置き・横置き両対応 ●アプリ Music Center (スマホ内等のハイレゾを含む音楽ファイルの再生/音質設定・イコライザー調整/ライティングの設定/サウンド効果切替/オートパワーオフのON・OFF/接続・音質優先切替/ソフトウエアアップデート等) ●アプリ Fiestable (DJコントロール/ライティングの調整/モーションコントロール) ●音声入力 (外部入力無し/USB×1 [おすそわけ充電専用]/Bluetooth) ●本体操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話/音声アシスタント起動/サウンド効果切替/ライティングON・OFF/Stereo Pair設定/Party Connect設定/接続・音質優先切替/バッテリー残量を音声ガイダンスで確認等) ●充電約5時間 (コネクタUSB TypeC)/充電しながら使用可能 ●消費電力約7.5W ●サイズ約幅246×高さ97×奥行106mm ●重さ約1,100g ●付属品 (USB TypeCケーブル/取説) ●カラー (ブラック/ベージュ) ●1年保証 ●iOS は10.0以降に対応 (iOS9.x以前ではBluetooth接続で使用不可)
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB33 (B) ブラック
発売日:2020年 7月 3日 価格:17,800円位 (2020/7/5現在)

機能説明
新開発非対称形フルレンジスピーカーユニット X-Balanced Speaker Unit
 コンパクトボディーながら高音質の広がり、高い音圧と力強い低音を実現。
X-Balanced Speaker Unit の効果
 本体はコンパクトなまま、ユニットの形を変える事でユニットサイズの最大化を実現。さらに、独自の非対称形スピーカーユニットの開発により、音の広がり・大音圧・歪みの少ないクリアな音を実現。
迫力の重低音を体感 デュアルパッシブラジエーター
 低域を増強するパッシブラジエーターを2つ配置したデュアルパッシブラジエーター方式を採用。X-Balanced Speaker Unit の採用に合わせ、本体の前後から両サイドへ配置を変える事で従来モデルより約54%面積を拡大。更なるキレと存在感のある低音域を実現。さらに、低域増強機能により、音量毎に低域、高域のブースト帯域や量を変える為、音量を下げた状態でも、明瞭で心地良いボーカルと重低音を再現出来る。
様々な圧縮音源を DSEE でアップスケーリング
 音楽配信サービス等の圧縮音源の失われがちな高域を補完し、原音により近い広がりのある音で再生する。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聞き疲れし難い自然な音で楽しめる。
ClearAudio+
 ソニー独自の様々なデジタル信号処理技術を組み合わせて、ソニーならではの音を手軽に楽しめる技術。高い臨場感を実現する音場技術、迫力の低音を再現する低域再生技術、クリアなサウンドを実現する補正技術を盛り込みながらも複雑な設定をする事なく、低域から高域までソニーお勧めの音を楽しめる。
好みの音質に調整出来る
 アプリ Music Center を活用する事で自由なイコライザー設定が可能。好みに合わせて、EXTRA BASS/LIVE SOUND/STAMINA や Bass/Middle/Treble 等を自由自在に調整出来る。



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 14:18| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

Bluetooth5.0 ポータブルスピーカー ソニー SRS-XB23

☆新製品

【仕様】
●スマホの音が生まれ変わる、縦・横どちらも、高音質と重低音の広がりを ●本体のコンパクトさはそのままに、振動板の面積を拡大させた独自の X-Balanced Speaker Unit を搭載、高音質かつ迫力ある音圧を実現、さらに、低域を増強するパッシブラジエーターを側面に配置し面積を拡大、よりクリアで迫力の重低音を体験出来る ●クラブやライブにいる様な重低音の迫力を楽しめる EXTRA BASS モード ●縦・横どちらも高音質 ●様々な圧縮音源を DSEE でアップスケーリング ●ソニーならではの音を手軽に楽しめる ClearAudio+ ●アプリで自由なイコライザー設定が可能 ●高音質コーデック LDAC 対応 ●風呂だけでなく海やアウトドアでも安心して使える防水・防塵・防錆仕様 ●汚れや傷に強く高い耐久性を持つソニー専用ファブリック素材使用 ●4時間の充電でSTAMINAモードで12時間、EXTRABASSモードで10時間再生出来るロングバッテリー ●2台でステレオ再生が可能 (Stereo Pair) ●最大100台を繋いで大音量で盛り上がれる (Party Connect) 
●連続再生約12時間 (音量34+STAMINAモード)/約10時間 (音量半分31+EXTRA BASSモード)/約3時間 (音量最大50+EXTRA BASSモード) ●実用最大出力14W (7W+7W) ●ステレオ ●ユニット構成 (約42×51mmフルレンジ×2+パッシブラジエーター×2) ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /LDAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/最大通信距離約30m/SCMS-T方式/マルチデバイス接続 (2台の機器を同時に接続し切り替えて再生出来る)/マルチペアリング (最大8台) ●防塵・防水・防錆仕様 (IP67) ●DSEE ●デジタルアンプS-Master ●ClearAudio+ ●2種類のサウンド効果 (STAMINA/EXTRA BASS) ●縦置き・横置き両対応 (ステレオモードと縦置きに最適なモノラルモードがある) ●Stereo Pair (SBC接続時のみ) ●Party Connect (SBC接続のみ) ●ハンズフリー (エレクトレットコンデンサー型マイク) ●オートパワーオフ ●Bluetoothスタンバイ ●ボイスガイダンス ●ストラップ付属 ●アプリ Music Center (スマホ内等のハイレゾを含む音楽ファイルの再生/音質設定・イコライザー調整/モノラル・ステレオ切替/サウンド効果切替/オートパワーオフのON・OFF/接続・音質優先切替/ソフトウエアアップデート等) ●音声入力 (Bluetoothのみ、外部入力無し) ●本体操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話/音声アシスタント起動/サウンド効果切替/Stereo Pair設定/Party Connect設定/接続・音質優先切替/バッテリー残量を音声ガイダンスで確認等) ●充電約4時間 (コネクタUSB TypeC)/充電しながら使用可能 ●消費電力約7W ●サイズ約直径76×高さ218mm ●重さ約580g ●付属品 (USB TypeCケーブル/ストラップ/取説) ●カラー (ブラック/ベージュ/ブルー/レッド/グリーン) ●1年保証 ●iOS は10.0以降に対応 (iOS9.x以前ではBluetooth接続で使用不可)
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23 (B) ブラック
発売日:2020年 7月 3日 価格:11,800円位 (2020/7/5現在)

機能説明
新開発の非対称形フルレンジスピーカーユニット X-Balanced Speaker Unit
 コンパクトボディーながら高音質の広がり、高い音圧と力強い低音を実現。
X-Balanced Speaker Unit の効果
 本体はコンパクトなまま、スピーカーユニットの形を変える事でユニットサイズの最大化を実現。さらに、独自の非対称形スピーカーユニットの開発により、音の広がり・大音圧・歪みの少ないクリアな音を実現。
迫力の重低音を体感 デュアルパッシブラジエーター
 低域を増強するパッシブラジエーターを2つ配置したデュアルパッシブラジエーター方式を採用。X-Balanced Speaker Unit の採用に合わせ、本体の前後から両サイドへ配置を変える事で従来モデルより約32%面積を拡大。更なるキレと存在感のある低音域を実現。さらに、低域増強機能により、音量毎に低域、高域のブースト帯域や量を変える為、音量を下げた状態でも、明瞭で心地良いボーカルと重低音を再現出来る。
縦・横どちらも高音質
 縦置きでも高音質・重低音が響きわたる新開発のアルゴリズムによるモノラルモードを搭載。勉強机や風呂・キッチン等、置き場所に困る事なく音楽を楽しめる。縦置きでも音が充分に広がるので、ペットボトルホルダー等に入れても、重低音が効いた迫力のサウンドが響きわたる。勿論、横置きでのステレオモードにも対応。アプリ MusicCenter で簡単に切り替え可能なので、使用シーンに応じた使い分けが可能。
様々な圧縮音源を DSEE でアップスケーリング
 音楽配信サービス等の圧縮音源の失われがちな高域を補完し、原音により近い広がりのある音で再生する。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聞き疲れし難い自然な音で楽しめる。
ClearAudio+
 ソニー独自の様々なデジタル信号処理技術を組み合わせて、ソニーならではの音を手軽に楽しめる技術。高い臨場感を実現する音場技術、迫力の低音を再現する低域再生技術、クリアなサウンドを実現する補正技術を盛り込みながらも複雑な設定をする事なく、低域から高域までソニーお勧めの音を楽しめる。
好みの音質に調整出来る
 アプリ Music Center を活用する事で自由なイコライザー設定が可能。好みに合わせて、EXTRA BASS/STAMINA や Bass/Middle/Treble 等を自由自在に調整出来る。



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 05:25| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

Bluetooth5.0 ポータブルスピーカー ソニー SRS-XB43

☆新製品

【仕様】
●スマホの音が生まれ変わる、響きわたる高音質、圧倒的な重低音と大音圧 ●本体のコンパクトさはそのままに、振動板の面積を拡大させた独自の X-Balanced Speaker Unit を搭載、高音質かつ迫力ある音圧を実現、さらに、低域を増強するパッシブラジエーターを側面に配置し面積を拡大、よりクリアで迫力の重低音を体験出来る ●X-Balanced Speaker Unit のウーハーに最適な新設計のツイーターを搭載、音の解像度が向上、透明度の高いボーカルだけでなく低音から中高域もバランス良く楽しめる ●ボーカルの明瞭度を維持しながらライブ会場の様な臨場感を楽しめるライブサウンドモード ●クラブやライブにいる様な重低音の迫力を楽しめる EXTRA BASS モード ●様々な圧縮音源を DSEE でアップスケーリング ●ソニーならではの音を手軽に楽しめる ClearAudio+ ●アプリで自由なイコライザー設定が可能 ●高音質コーデック LDAC 対応 ●風呂だけでなく海やアウトドアでも安心して使える防水・防塵・防錆仕様 ●汚れや傷に強く高い耐久性を持つソニー専用ファブリック素材使用 ●5時間の充電でSTAMINAモードで24時間、EXTRABASSモードで14時間再生出来るロングバッテリー ●2台でステレオ再生が可能 (Stereo Pair) ●最大100台を繋いで大音量で盛り上がれる (Party Connect) ●雰囲気を盛り上げるライティング機能
●連続再生約24時間 (音量31+ライティングOFF+STAMINAモード)/約14時間 (音量30+ライティングON+EXTRA BASSモード)/約4時間 (音量最大50+ライティングON+EXTRA BASSモード) ●実用最大出力50W (25W+25W) ●ステレオ ●ユニット構成 (約61×68mmウーハー×2+直径約20mmトゥイーター×2+パッシブラジエーター×2) ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /LDAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/最大通信距離約30m/SCMS-T方式/NFC/マルチデバイス接続 (2台の機器を同時に接続し切り替えて再生出来る)/マルチペアリング (最大8台) ●防塵・防水・防錆仕様 (IP67) ●DSEE ●デジタルアンプS-Master ●ClearAudio+ ●3種類のサウンド効果 (STAMINA/EXTRA BASS/LIVE SOUND) ●Stereo Pair (SBC接続時のみ) ●Party Connect (SBC接続のみ) ●ライティング (ラインライト・ツイーターライト・スピーカーライトが曲に合わせて光る) ●ハンズフリー (エレクトレットコンデンサー型マイク) ●おすそわけ充電 (スマホ等のUSB機器を充電出来る) ●オートパワーオフ ●Bluetoothスタンバイ ●ボイスガイダンス ●縦置き・横置き両対応 ●アプリ Music Center (スマホ内等のハイレゾを含む音楽ファイルの再生/音質設定・イコライザー調整/ライティングの設定/サウンド効果切替/オートパワーオフのON・OFF/接続・音質優先切替/ソフトウエアアップデート等) ●アプリ Fiestable (DJコントロール/ライティングの調整/モーションコントロール) ●音声入力 (ステレオミニ×1/USB×1 [おすそわけ充電専用]/Bluetooth) ●本体操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話/音声アシスタント起動/サウンド効果切替/ライティングON・OFF/Stereo Pair設定/Party Connect設定/接続・音質優先切替/バッテリー残量を音声ガイダンスで確認等) ●充電約5時間 (コネクタUSB TypeC)/充電しながら使用可能 ●消費電力約15W ●サイズ約幅325×高さ123×奥行117mm ●重さ約2,950g ●付属品 (USB TypeCケーブル一体型ACアダプター/取説) ●カラー (ブラック/ベージュ) ●1年保証 ●iOS は10.0以降に対応 (iOS9.x以前ではBluetooth接続で使用不可)
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB43 (B) ブラック
発売日:2020年 7月 3日 価格:22,000円位 (2020/7/4現在)

機能説明
新開発超楕円形ウーハー X-Balanced Speaker Unit
 X-Balanced Speaker Unit と新設計のツイーターにより、高音質の広がりと圧倒的な高音圧で力強い低音の両立を実現。
X-Balanced Speaker Unit の効果
 本体はコンパクトなまま、ユニットの形を変える事でユニットサイズの最大化を実現。超楕円形ウーハーの採用により、圧倒的な音圧と、ボーカルの声や音に厚みが生まれ豊かな低音を実現。
迫力の重低音を体感 デュアルパッシブラジエーター
 低域を増強するパッシブラジエーターを2つ配置したデュアルパッシブラジエーター方式を採用。X-Balanced Speaker Unit の採用に合わせ、本体の前後から両サイドへ配置を変える事で従来モデルより約15%面積を拡大。更なるキレと存在感のある低音域を実現。さらに、低域増強機能により、音量毎に低域、高域のブースト帯域や量を変える為、音量を下げた状態でも、明瞭で心地良いボーカルと重低音を再現出来る。
様々な圧縮音源を DSEE でアップスケーリング
 音楽配信サービス等の圧縮音源の失われがちな高域を補完し、原音により近い広がりのある音で再生する。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聞き疲れし難い自然な音で楽しめる。
ClearAudio+
 ソニー独自の様々なデジタル信号処理技術を組み合わせて、ソニーならではの音を手軽に楽しめる技術。高い臨場感を実現する音場技術、迫力の低音を再現する低域再生技術、クリアなサウンドを実現する補正技術を盛り込みながらも複雑な設定をする事なく、低域から高域までソニーお勧めの音を楽しめる。
好みの音質に調整出来る
 アプリ Music Center を活用する事で自由なイコライザー設定が可能。好みに合わせて、EXTRA BASS/LIVE SOUND/STAMINA や Bass/Middle/Treble 等を自由自在に調整出来る。



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 05:44| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

Bluetooth4.2 ポータブルスピーカー JBL PULSE4

☆新製品

【仕様】
●華やかなイルミネーションが特徴のJBL PULSEシリーズの機能を継承しつつ、筐体デザインをより美しく進化させたポータブルBluetoothスピーカー ●カクテルグラスの様な美しいデザインと360度に光を放つLEDライティング、イルミネーション発光部は前モデルPULSE3に比べ35%拡大、130個のLEDライトで滑らかで煌びやかなイルミネーションを演出 ●イルミネーションテーマはプリセット4つとカスタマイズの計5種類、サウンドに連動してイルミネーションが躍動し、聴く楽曲や雰囲気に合わせて楽しめる ●部屋中どこでも音楽を楽しめる360度に広がるサウンド、新開発大口径57mmドライバーを天面に搭載、JBL ならではのクリアな音質を放射上に再生、底面のパッシブラジエーターによる豊かな低音と合わせて360度全方位に高音質なサウンドを届ける ●最大約12時間の連続再生が可能 ●プールサイド、ビーチ、キッチン、バスルームで安心して使える IPX7防水対応 ●複数台接続して一斉に音楽を再生出来るJBL PARTYBOOST、前モデルPULSE3の JBL ConnectプラスがJBL PARTYBOOSTに進化、より安定したBluetooth接続を実現、2台使ったステレオ再生や2台以上のスピーカーを一斉に鳴らす事が可能
●連続音楽再生最大約12時間 ●定格出力20W (RMS) ●360°サウンド ●モノラル ●周波数特性70Hz〜20kHz ●SN比80dB以上 ●ユニット構成 (57mm径ドライバー×1+パッシブラジエーター×1) ●Bluetooth4.2/コーデック (SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP) ●防水仕様 (IPX7) ●イルミネーションテーマ (スピリチュアル/キャンプファイヤー/イコライザー/ウェーブ/カスタマイズ) ●JBL PARTYBOOST​ (ステレオモード: 同じ機種2台でステレオ再生/パーティモード: 対応機種2台以上で同じ音源を再生) ●ソーシャルモード (スマホ等を2台同時に接続し交互に再生) ●JBL Connectアプリ (イルミネーションテーマやJBL PARTYBOOSTのサウンド設定が可能) ●本体ボタン操作 (電源/再生・一時停止/曲送り/音量調整/Bluetooth/パーティーブースト/イルミネーション切替)  ●充電約3.5時間 (バッテリー容量7260mAh/コネクタUSB TypeC) ●電源ON・OFF時の起動音は鳴らさない設定も可能 ●オートパワーオフ ●外部入力無し ●ハンズフリー非対応 ●ボイスアシスタント非対応 ●サイズ幅96×高さ207×奥行96mm ●重さ約1260g ●付属品 (充電用USB TypeCケーブル×1.2m [5V3A対応]/クイックスタートガイド) ●カラー (ブラック/ホワイト) ●1年保証
JBL PULSE4 ポータブルBluetoothスピーカー ブラック
発売日:2020年 6月19日 価格:19,700円位 (2020/6/20現在)



楽天市場で探す
ラベル:360°サウンド
posted by たか坊 at 05:29| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

Bluetooth5.1 ポータブルスピーカー Bang & Olufsen Beosound A1 2nd Gen

☆新製品

【仕様】
●2016年5月発売の Beoplay A1 の後継モデル、再生時間、Alexa対応、防塵防水性能等がグレードアップ 
●連続音楽再生最大18時間 (通常のリスニング音量時)/最大48時間 (55dB使用時) ●総合出力60W (30W クラスDアンプ×2 [ウーハー用+ツイーター用] ) ●360°サウンド ●モノラル ●周波数帯域55Hz〜20kHz ●最大音圧92dB SPL ●低域再生性能62dB SPL ●Bluetooth5.1 /コーデック (AAC /aptX Adaptive /SBC)/マルチポイント (最大2台) ●ユニット構成 (3.5インチウーハー×1+3/5インチ ツイーター×1/密閉型) ●防塵・防水仕様 (IP67) ●推奨部屋面積5〜30m2/少人数での集まり・オフィス・自宅の中サイズの部屋に最適 ●True 360°sound (パワフルな360°全指向性サウンド) ●Alexa対応 (音声でもマイクボタンでも起動出来る) ●クリアなハンズフリー通話が可能 (マイク3基内蔵) ●ボディを7%軽量化 (前モデル比) ●コンパクト&洗練されたデザイン ●好みのサウンドにカスタマイズ出来るイコライザー (アプリでカスタマイズ出来る5種類のプリセットが使用可能) ●2台でステレオ再生可能 (本機同士でのみ可能/アプリ又は手動で設定可能) ●急速ペアリング (Apple Fast Pair/Google Fast Pair/Microsoft Swift Pair) ●Bang & Olufsenアプリ (セットアップ/製品のカスタマイズ/イコライザーの設定/アップデート等) ●ボタン操作 (電源ボタン/Bluetooth接続ボタン/マイクボタン [ミュートON・OFF /音声アシスタント起動]/再生・一時停止ボタン [再生・一時停止 /曲送り・戻し /受話・拒否]/音量調整ボタン) ●外部音声入力 (USB TypeC) ●バッテリー容量3000mAh ●充電2.75時間 (5V/3A充電時/コネクタUSB TypeC) ●消費電力5W (スタンバイ時0.12W) ●ボディのスピーカーグリルはアルマイト加工のアルミ素材、ベース部は頑丈なポリマー素材/ストラップは防水加工を施した本革 ●サイズ直径133×高さ46 ●重さ558g ●付属品 (USB TypeC-USB TypeAケーブル/クイックユーザーガイド) ●カラー (チャコールブラック/ミストグレイ)
Bang & Olufsen Beosound A1 2nd Gen
 防水ポータブル Bluetooth スピーカー チャコールブラック

発売日:2020年 5月28日 価格:29,900円位 (2020/5/27現在)



楽天市場で探す

posted by たか坊 at 11:54| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

アレクサ搭載 スマートスピーカー Amazon Echo Studio

【仕様】
●音声で動作するスマートスピーカー (Alexa搭載) ●Echoシリーズの最上位モデル/ハイレゾストリーミング&3Dオーディオに対応 ●5つのスピーカーがパワフルな低音・ダイナミックな中音・クリアな高音を再生する ●Amazon Music HD対応 ●Dolby Atmos/Sony 360 Reality Audio対応 ●2台でステレオ再生が可能 (ストリーミング再生とFireTVと組み合せた場合のみ) ●Fire TVの外部スピーカーとして利用しホームシアターを構築出来る/対応するFireTV (FireTV Cube第2世代 /FireTV Stick 4K /FireTV第3世代) ●オーディオ設定にステレオ空間エンハンスメントの項目が追加された (ステレオ音響に立体感・鮮やかさ・奥行を加える) ●最大出力330W ●24ビット対応DAC ●スピーカー構成 (3ウェイ5スピーカー/ステレオ/5.25インチウーハー×1+2インチミッドレンジスピーカー×3+1インチツイーター×1)/高域は100kHzまで再生可能 ●対応オーディオフォーマット(FLAC/MP3/AAC/Opus/Vorbis/Dolby Digital/Dolby Digital Plus/Dolby Atmos/Sony 360 Reality Audio/MPEG-H ※CD品質(16bit)、ハイレゾ(24bit)対応を含む) ●主な機能 (音楽を再生する/ラジコやTuneInでラジオを聴く/オーディオブックを聴く/ニュース・天気・スポーツ等の情報を読み上げる/アラームやタイマーをセットしたり目覚まし代わりにする/やることリストやカレンダーをアップデートする/辞書で調べたり質問をする/ゲームや計算をする/対応するスマート家電を操作する/音声通話をする/複数のEcho端末に一斉にアナウンスする/呼びかけ機能を使う/メッセージのやり取りをする/対応するKindle本を読み上げる/Amazonで買い物をする/定型アクションを使う/スキルを使う等) ●音楽コンテンツ (Amazon Music [スタンダード/HD]/Apple Music/Spotify/TuneIn/dヒッツ/うたパス等) ●Bluetooth (送信&受信) /プロファイル (A2DP /AVRCP) ●Wi-Fi (デュアルバンド 802.11a/b/g/n/ac 2.4/5GHz) ●外部音声入力 (ステレオミニと光デジタル兼用) ●Zigbeeスマートホームハブ内蔵 ●自動音響調整 (部屋の音響を分析、配置場所に関係なく最良のサウンドが得られる様に音響を調整) ●マルチルームミュージック (複数台のEchoを制御) ●Alexaアプリ (イコライザー機能有り) ●簡単セットアップ ●プライバシー設定機能 ●定型アクション (1回の操作で複数の動作を実行) ●IFTTT対応 ●操作ボタン (マイクON・OFFボタン /音量調整ボタン /アクションボタン) ●AC電源 ●サイズ直径175×高さ206mm ●重さ3.5kg ●付属品 (電源ケーブル /スタートガイド) ●カラーはブラック系のみ ●1年保証
Amazon Echo Studio Hi-Fiスマートスピーカー with 3Dオーディオ&Alexa
発売日:2019年12月 5日 通常価格:24,980円 (2020/5/19現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
3Dミュージック
 違いがあまり分からないA、能力が良く分かる音源の紹介とラインナップを増やして欲しい@、凄い@、マルチルームで鳴らす必要性がなくなる、生演奏を楽しむ様な感覚に浸れる@
音量
 爆音が出るが音割れは無い、音量4〜5が16畳では丁度いい@、充分、20畳リビングは半分でもかなり大きい@、一般家庭では充分@、音量設定がもう少し細かく出来ると良かった@、音量は1〜10にしか対応していない様だ@
自動音響調整
 実感出来ない@、良く分からない@、設定後暫くは低音が悪目立ちする、補正が効くまで放置した方がいい@
2台でステレオ再生で使用I
 AmazonMusic HDを聴く為だけに2台購入したが音楽再生に関してはとても満足@、単体とは別物、下手なオーディオより音がいい@、AmazonMusic HDは期待通りの音質、やや低音が弱いが高中音はかなりいい、下手なホームシアターより良い気がする@、迫力満点@、低音は出過ぎるのでイコライザーで絞った@、臨場感が凄い@、BGMはいい、サラウンドは良くないので切った@、音に立体感が出て音に包まれる感じを体感出来た@、音楽再生時のみ2台のスピーカーから音が出るらしくニュース等はどちらか一方だけ@、1台置きで発生するモノラルスピーカー感は広めのリビングで音量を上げれば1台でも回避出来る@、Echo Subとも組み合せて使用B、Echo Subとは組み合せない方がいい (Studioの低音が無くなりSubに置き換わるがStudioの方が自然な低音だし、Alexaアプリで低音調整も出来るがSubと組み合わるとSubのパワフル過ぎる低音を調整出来ない@
マルチルームミュージックで使用B
 リビングの対角線上にStudioとShow5を置きグループに入れて再生、部屋全体が音で満たされる感じが気持ちいい@、部屋の対角線上にStudioと初代Echoを置きペアリング、同時に再生すると部屋中が心地良い感じで音楽に満たされる@
外部入力 (光デジタル)
 Bluetooth接続とはレベルが違う、特にバイオリンやチェロのソロが素晴らしい@、音はいいがTVでは広がりがないのと遅延が気になり使えない@、TVは0.数秒遅れるA、TVは画像と音声にズレがある@、AmazonMusicを聴いた後だと光入力が出来ない、光ケーブルの抜き差しで治る@、光接続で音を流している時にアレクサと呼びかけタスクが終了すると、光入力の認識がされなくなり音声が聞こえなくなる@、信号を受信すると自動的に外部入力に切り替わり信号が無くなるとOFFになる@、曲の頭の数秒間、音が出ない@
設置場所
 ダウンファイアリング式なので床が響く、階下への騒音が気になるならスタンドを使うといい@、ある程度広い部屋で部屋の辺の中点に近い場所に壁から離してと置く、このスピーカーの能力を引き出すベストポジション@、ツイーターを耳の高さで聴くと聞き疲れるが下方に壁から離して置くと気持ち良く鳴る@、積極的に壁に音を反射させ耳の高さに置くのがいい、但し、正面でツイーターと向き合うと直接音がきつい@
音声認識
 聞き取り能力が悪過ぎるA・悪いA、大声出さないと反応しない時がある@、反応がやや遅い@、Dotより悪いA、EchoやEcho Showより悪い@、Echoより耳が遠い@、Plusよりいい@、他のEchoよりいい@、小さい声でも反応がいい@
その他 (音質以外)
 横からLEDライトリングが見えづらくなったC、電源ケーブルにアダプタがなくなったA、FireTV 4Kは2台同時に音声出力出来ない様だ、サポートに確認した@、スマホからの音楽再生はWi-Fi経由なのでUltraHDの音質は落ちずに再生出来る@、Dolby Atmos目的で購入したがPrimeVideoにアトモス作品が無いしFireTV Stick 4KのNetflixアプリはアトモス非対応だった@、1台でTV用スピーカーに使用、音は上に広がり重低音も出て声もはっきり聞き取れる、TV用として合格@
音質
 素晴らしい、重低音は聴き応えがある@、重低音は振動まで届く程に響き渡る@、低音はかなり増強されているが音質はいい@、低音がズンズン来る、イコライザーで落としてもいいくらいA、低音がサイズの割によく鳴る@、やや低音が強いが聴き疲れしないクリアな音、休日にBGMを出来るだけ高音質で聴きたい目的にハマった@、悪くはない、低音はぼやけずまとわる様に力強く響く、高音も繊細かつクリアに聞こえる@、小気味良く十分過ぎる低音、ボーカルも前面に出ていい感じ@、音にキレがあり聴いていて嬉しくなる、聴き疲れもない@、価格なりの心地良い音質@、価格以上だが低音の響きがやや足りない@、Plusよりいい、特に低音の響きがいい@、EchoやEcho Plusと大差ない、音量を上げれば変わるかも知れないが@、Echoより良いとも思えない@、充分だが低音は控えめ、Echoより音質が大幅に向上した感じはない、ハイレゾは聴いていないが@、重低音は他のEchoよりかなり強いがボーカルはやや曇る、バランスはEchoの方がいい@、Echoより良くなったが期待したレベルには達しなかった@、思った程良くなかったA、思っていたより遥かに良かった@、ステレオなので聴く場所次第ではEcho以下になる可能性もあるが概ね正面側で聴くならEcho Plus以上の音質になる@、音に包まれる感じは殆どない、30畳程度では包まれ感は出ないと思う@、360度の感じが無い@、広いリビングがいい@、コンポと比べるとまあまあ@、低中高音が違う質感でバラバラに耳に届きその間が埋まってない感じ、ボーカルは微妙にエコーが掛かって奥から聞こえる感じ@


posted by たか坊 at 10:49| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

ネックスピーカー シャープ AQUOSサウンドパートナー AN-SS1

【仕様】
●肩に乗せて使うウェアラブルBluetoothスピーカー ●実用最大出力1.4W RMS (0.7W×2) ●連続音楽再生約14時間 ●Bluetooth4.1 /コーデック (FastStream /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) /遅延が少ないコーデックFastStream (付属Bluetooth送信機使用時) /マルチペアリング /SCMS-T ●Bluetooth機能のないTV用にBluetooth送信機が付属 (TVのヘッドホン端子とUSB端子に接続) ●軽量設計 (長時間着けても気にならない) ●ハンズフリー (連続通話約17時間) ●付属送信機は本機を2台同時接続可能 (デュアルストリーミング) ●上向きスピーカーでTVや電話の音声がクリアに聴こえる ●本体操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り・戻し /音量調節 /受話・拒否・音声切替・通話切替・リダイヤル・ミュート /Googleアシスタント起動 /アコースティックバイブモードON等) ●充電約2.5時間 (microUSB) ●付属送信機の仕様 (Bluetooth4.2 /到達距離約10m /接続端子 (USB /3.5mmステレオミニ) /サイズ幅10.4×奥行18×高さ67mm /重さ9.5g) ●サイズ幅181×奥行181×高さ16mm /重さ88g ●付属品 (Bluetooth送信機 /microUSB充電ケーブル /USB延長ケーブル /オーディオケーブル /送信機固定用テープ) ●カラー (ブラック /ホワイト /ブルー /ミントグリーン /ローズゴールド) ●1年保証
SHARP AQUOSサウンドパートナー AN-SS1-B
発売日:2018年11月17日 価格:9,700円位 (2020/5/15現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
利用シーン
 家事S以上、サイクリングG、自転車通勤B、車C、車でハンズフリー@、ドライブ@、ウォーキングB、散歩A、オーディオブックA、kindle@、釣り@、芝刈り@、運送業@、現場仕事@、社内@、PC会議@、室内S以上
接続機器
 TVS以上、スマホK、PCD、タブレットB、iPadA、PS4A
いい所
 周囲の音も聴こえるG・耳を塞がないB、家事 (キッチン) をしながらTVが聴けるK、リビングのTVをキッチンで聴けるB、寝ている家族に迷惑をかけずにTVが楽しめるF、深夜、隣を気にせずTVが楽しめるC、TVの音量を上げなくても聞こえる様になるF、耳の遠い家族と一緒にTVが楽しめるB、家事で動き回りながらTVやラジオが楽しめるB、子供・掃除機・食洗機の音に邪魔されずTVが見れるA、水道・炒め物・掃除機の音に負けずスマホやタブレットで動画やラジオが聴ける@、キッチンでスマホやiPadの音がハッキリ聴けるA、線路沿いの住まいでも多少の騒音なら関係なくキチンと聴こえる@、家族と同じ空間に居ながら互いの邪魔にならないA、5m程離れた所で眠っている中、ビデオを観ていても気付かない@、少々廻りがうるさくても良く聴こえる@、席を外す時も音楽を止めなくていい@、寝転がった姿勢でも使えるA、TV側に、@TV本体のスピーカーとヘッドホンの音声を同時に出せる、Aスピーカーの音量とヘッドホンの音量を別々に設定出来る、この2つの機能があればこの商品は最高@
音質
 まあまあG、不満はないD、普通C、充分@、台詞や音声は聴き取りやすいK、ニュース・トーク・ドラマを聴くにはいいG、TVを聴くには充分A、ながら聴きには充分A、中高音はいいA、悪いG、良くないD、残念B、いまいちA、軽いD、音楽には向かないN、昔のラジカセ・AMラジオB、低音が、(出ないK、弱いD、物足りないF、期待出来ないD)
音量
 問題ないA、かなり大きく聴こえる@、周りがうるさくてもちゃんと聴こえる@、騒々しい所でない限り問題ない@、キッチンで食器洗いながらでも十分な音量が出せる@、最初TVの音量が足りなかったがTVにはスピーカーの音量とは別にヘッドホン用の音量設定がありそれを最大にしたら聴こえる様になったI、TVの音量は普段通り20〜30で本機の音量を少し上げれば十分聴こえる@、最大音量でも物足りないI、TVの設定によっては音がとても小さかったりノイズが気になったりする@
Bluetooth接続
 付属送信器は隣室 (5〜8m)まで届く@、TVが見える所なら8mは届くが壁や扉を挟むと途切れる@、トイレに行ってもTVの音は途切れないA、PCに付属送信機は4〜5mでブツブツ聞こえる、iPhoneならその倍@、TVから4m以上離れるとブツブツ切れるし壁等があるとさらに音切れする@、TVから3m離れると厳しい@、スマホをリビングに置いて部屋を移動しても (壁を隔てても) 大丈夫@、スマホを1階に置いて2階に行くと途切れる@、会社の席から室外のトイレに行っても大丈夫@、iPhoneがポケットだったり少し距離を取っただけで音飛びする@、5mは大丈夫B、5〜7mは大丈夫@、4mは大丈夫@、3mは大丈夫@、隣の部屋に行くと途切れるA、接続距離が短いA、時々ノイズが入る@、たまに途切れる@、レンジ使うとノイズが入るA、TVのUSBから電源を取ると音が途切れ途切れになるが端子を変えたら好調になった@、ペアリングは簡単H、すぐ繋がるA、1度ペアリングすればON/OFFボタンだけで直ぐ使える@、切替 (専用トランスミッターとiPhone) が容易@
遅延
 TVは、(感じないG、殆ど感じない@、よく見ると感じる程度@)、ゲームも充分プレイ出来るA、僅かにありシューティングケームは向かない@、電子ピアノは若干遅れる@のと強弱が分かり難く使えない@
装着感
 軽いS以上 (着けている事を忘れる程S、いいC)、長時間でも疲れない・気にならないI、肩・首が凝らない・負担が無いF、耳への圧迫感・負担がない・塞がないG、肩凝りを心配したが問題無いA、肩が凝るA、柔軟性があり脱着しやすいE、首が太いのでやや窮屈@
操作性
 片手で操作出来る@、ボタン配置を覚えれば運転しながら操作しやすい、電話も出やすい@、サイクリング中、手袋していても音量調節出来る@、物理スイッチで操作しやすい@、ON/OFFがスライド式で分かりやすい@
バッテリーの持ち
 いいM、充電が速いA、バッテリー残量が大雑把@
ハンズフリー
 問題なく出来るC、便利C、決して静かではないハイエース車内で十分に音楽も電話もしっかり聞こえ会話も出来る@、電話を受けるのも簡単@、バッテリー残量がHighでも数時間使うと通話中に音が途切れ使えなくなる、音楽は聴ける@
音漏れ
 駄々漏れD、結構漏れるC、近くの人には普通に聞こえるB、横で使われたらイラッとする@、結構離れた人にも聞こえる@、気を遣うA、少ないB、隣の部屋は大丈夫@、小音量なら問題ない@ 公共の場では使えないB、指向性があり装着本人以外にはあまり聴こえないのかと思っていたら違ったC
不満な所
 Bluetooth送信機を別途購入、TVとは光デジタルで接続し音量不足を解決D、音声アナウンスが英語F、電源ON/OFF・ペアリング完了時のアナウンスがうるさいB、イヤホンとスピーカーの両方から音が出るTVでないと他の人がTVを聞けない@、イヤホンとスピーカー個別設定が出来ないTVだった為、耳の遠い家族と一緒に見る使い方は出来なかった@、持ち運び用の収納ケースかカバーが欲しい@、停止ボタンが利かないので止める時はkindle本体で停止しなければならない@
不具合
 送信機が壊れてるA、充電出来なくなった@、聞こえなくなった@、繋がらなくなった@、頻繁に途切れる@、イヤホンジャックが接触不良@

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 16:03| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

Bluetooth4.2 ポータブルスピーカー JBL FLIP5

【仕様】
●連続音楽再生最大12時間 ●定格出力20W RMS ●モノラル ●周波数特性65Hz〜20kHz ●SN比80dB以上 ●Bluetooth4.2 /コーデック (SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP) ●ユニット構成44×80mm大口径楕円形ドライバー×1+パッシブラジエーター×2 ●防水仕様 (IPX7) ●小音量でも大音量でもJBLならではの臨場感溢れる大迫力サウンドを変わらずに堪能出来る ●JBL Party Boost ●ソーシャルモード ●縦でも横でもどの角度から聞いても音質が変わらない ●丈夫なファブリック素材のグリルとラバーバンパー採用のタフな設計 ●500mlペットボトルと同等の太さと重さ ●ストラップ装備 ●JBL Connectアプリ (スピーカーの設定 /2台でステレオ再生 /起動音のON・OFF /ソフトウェアのアップグレード等) ●ボイスアシスタント非対応 ●ハンズフリー非対応 ●3.5mmアナログ入力無し ●ボタン操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り /音量調整 /PartyBoost等) ●オートパワーオフ (オフには出来ない) ●充電2.5時間 (最大5V/3Aでの高速充電が可能 /USB TypeC /バッテリー容量4800mAh) ●サイズW181×D69×H74mm ●重さ540g ●付属品 (USB TypeCケーブル /クイックスタートガイド) ●カラー (ブラック等、全6色)
●FLIP4との違い (@スピーカーの口径が大型化、より安定した高音質を楽しめる、出力も8W×2から20Wへアップ AUSB端子形状がType-Cに変更、最大充電能力も5V/3Aに向上 BJBL PARTY BOOST搭載、従来のJBL Connect+の使い勝手はそのままに接続性が向上 Cスピーカーホン機能とアナログ入力端子が削除)
JBL FLIP5 ポータブル ウォータープルーフ スピーカー ブラック
発売日:2019年10月 4日 価格:7,591円位 (2020/5/13現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
利用シーン
 風呂S、車C、ドライブA、トラックA、バイクA、サイクリング@、アウトドアC、キャンプA、ゴルフ場@、旅行A、出張A、仕事場@、キッチンB、室内M 
音質
 とてもいいS以上、いいO、普通@、スカスカA、期待外れA、低音がいいI、低音がかなり効いているB、迫力ある低音E、心地良い低音A、低音がやや物足りないB、屋外ならこれぐらい低音がズンズン来る方がいい@、嬉しくなる音、車の標準スピーカーより好感が持てる、爆音でも音が割れない@、サイズに見合わないスケールのあるサウンド@、低音の迫力があるが中音・ボーカルが埋もれる事もないB、低音がズンズン響いてとても心地良いが高音も良いA、室内では低音がやや強過ぎる@、ラジオの会話だと低音が効き過ぎる@、低音が強くボーカルや高音が埋もれるがイコライザで調整可能@、低音が主役で他の音をかき消す@、ある程度音量を上げた方がいいC、ある程度音量が上げれば低音がしっかり出るB、屋外なら気軽に使え音もいい@、大音量でも綺麗@、かなり音量を上げても割れない@、音割れはない@、音量を上げ過ぎるとバランスが破綻する、屋外より室内で聞く方がいい@、中音の厚い小気味のいい鳴りっぷりはとても魅力@、中音が強くザラついた特徴ある音@、正面で聞くと特に中音の粗さが目立つが離れて聞くと丁度いい@、1m以内で聞くと本当に良い音だなと感心@、トラック車内という悪い環境でもハッキリ聞こえる@、広がりはないA、低音が好きにはいいが低音も高音も聞きたいならFLIP4がいいA、FLIP4より中低域がしっかり出て全体のバランスがいいA
音量
 充分過ぎるD、バイク速度80〜100kmら問題なく聞こえる@、1/3程度の音量で十分@、15畳程の部屋でも十分に響き渡る@、外でパーティ出来る程バカでかい音が出る@
Bluetooth接続
 安定しているB、途切れないA、たまに繋がらない事があるA、不安定@、たまにブツブツ音が鳴る@、接続距離が短い@、簡単D、すぐ繋がる@
MacとのBluetooth接続
 MacBookは急に接続が切れたり大音量でブザーの様な音が鳴ったりする (ウォークマンやAndroid携帯は問題ない)@、Macは時々ブツブツ切れた様になる@、MacBook Proと中々ペアリング出来ない、出来ても音が飛んだり遅れたりする (PhoneやiPadは問題ない)@、接続が途切れる@
バッテリーの持ち
 いいE、1日持つA、最大音量だと6〜7時間で切れる@、高出力で聴いても8時間以上持った@、音量上げなければ公称以上に持った@、当初は音量半分で4時間しか持たなかったが使っているうちにしっかり持つ様になった@、充電しながら使える@
操作性
 スイッチが大きく走行中も視線を移さず操作可能@、直観的に操作出来る@、電源ボタンが固く押し難い@
2台でステレオ再生
 ステレオで使用中K、パーティーブーストやステレオモードでの音の広がりは感動もの@、音場が一気に広がる@、音の広がり立体感がありとてもいい@
JBL Connectアプリ (2台でステレオ再生)
 ステレオ接続に四苦八苦C、アプリを使わないとステレオ再生出来ないがアプリが酷くて使い物にならない@、アプリが面倒くさ過ぎる、音量を上げる度にステレオ接続し直さなければパーティモードになるし、2台の接続も悪く1曲のうち5回は途切れる@、2台認識してステレオモードが選べる様になるのが5%程度@、アプリにかなり癖があり中々ステレオに出来ないA、最初はステレオ接続出来なかったが手順通りに焦らない事で100%出来る様になった@、アプリでスピーカーの応答を待つだけだが、繋がるまでが思ったよりも遅い@
JBL Connectアプリ (その他)
 アップデートとパーティーブースト/ステレオモード切替のみでイコライザー等の機能が無いA、慣れるまで使いづらい@、取説のアプリの説明が不親切@
デザイン
 いいE、色がいいC、持ち運びに便利H、ドリンクホルダー/ペットボトルホルダーに入るC、ドリンクホルダーにギリギリ入る@、持ち運べる重さA、コンパクトD、頑丈C、横置きしても転がらない@、やや不安定@、汚れ難い@、ストラップで引っ掛けられる@
その他のいい所
 高い防水性能N、何回も湯船に落としたが大丈夫@、風呂の中に突っ込んでも大丈夫@、USB TypeCで急速充電出来る@、パッシブラジエーターの動きが面白い@、起動時の音量は前回のまま@、横向き推奨だが縦でも吊るす事も出来る@
不満な所
 外部入力が無いD・Bluetooth専用@、起動時の音が、(うるさいD、嫌い@、ギターサウンドで気に入った@、ユニークで面白い@、起動音はアプリで消せる@)、他のモデルとはパーティモードやステレオモードに出来ないB、ハンズフリーが省かれた@、曲戻しが出来ない@、音量調整がスマホと連動しているのでウィスパーな音量で聴くには不向きかな@、スマホで使用中はLINE等のお知らせ音と同時に音量がアップする@、再生停止する度にブチっと音がする@、曲の切替時にプツプツと音がする@
不具合
 電源が入らなくなったB、充電出来ない@・出来なくなったA、プツプツとよく音が途切れる@、iPhone11は音切れが酷くて使えない@

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 11:49| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

アレクサ搭載 スマートスピーカー Amazon Echo Show 8

【仕様】
●音声で動作するディスプレイ付きスマートスピーカー (Alexa搭載) ●主な機能 (音楽を歌詞付き [一部] で再生する/映画を見る/ニュースを映像付きで見る/ラジコやTuneInでラジオを聴く/オーディオブックを聴く/レシピを動画付きで見る/アラームやタイマーをセットする/やることリストやカレンダーをアップデートする /目覚まし代わりにする/対応スマート家電を音声や画面から操作する/音声・ビデオ通話をする/複数のEcho端末に一斉にアナウンスする/呼びかけ機能を使う/メッセージのやり取りをする/対応ネットワークカメラの映像を表示する/ブラウザを使ってインターネットをする/対応 Kindle本を読み上げる/Amazonで買い物をする/ホーム画面をお気に入りの写真にする/定型アクションを使う等) ●音楽コンテンツ (Amazon Music /Apple Music /radiko.jp /Spotify /AWA /dヒッツ /うたパス等) ●映像コンテンツ (Prime Video /YouTube等) ●ディスプレイ (8インチHDタッチスクリーン /解像度1280×800ピクセル) ●固定カメラ (100万画素) /スライド式カメラカバーで遮断可能 ●スピーカー (ステレオ /2インチ10Wフルレンジスピーカー×2+低音用パッシブラジエーター×1) ●Bluetooth (送信&受信) /プロファイル (A2DP /AVRCP) ●Wi-Fi (デュアルバンド 802.11a/b/g/n/ac) ●プライバシー設定機能 ●Alexaアプリ (イコライザー機能有り) ●マルチルームミュージック (複数台のEchoを制御 /ビデオコンテンツの音声は再生出来ない) ●定型アクション (1回の操作で複数の動作を実行) ●簡単セットアップ ●IFTTT対応 ●外部音声出力 (3.5mmステレオ) ●操作ボタン類 (マイクとカメラを同時にON/OFF出来るマイク・カメラボタン /音量調整ボタン /カメラカバー) ●電源はACアダプタ ●サイズ幅200×高さ136×奥行99mm ●重さ1037g ●付属品 (電源アダプタ (30W) 及びケーブル (1.5m) /スタートガイド) ●カラー (サンドストーン /チャコール) ●1年保証
Amazon Echo Show 8 HDスクリーン付きスマートスピーカー with Alexa チャコール
発売日:2020年 2月26日 通常価格:14,980円 (2020/5/2現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
満足している使い道
 画面が大きく見やすいC、音質がいい@、大きな画面でニュースやいい音で音楽を楽しめるA、Show5より音が良く画面が大きいので映画鑑賞に耐えられる@、Show5より画面が大きくYouTubeを楽しめる@、映画の画質も悪くないし音も低音が出るし画面が大きく動画ニュースも見やすい@、プライムビデオが手軽に見られる@、Apple Musicでは非常に低音が響きちょっとした音楽再生には十分な音質@、画面の無いEchoより情報が表示されて使いやすい@、天気も画面にマークや気温が出て音だけで聞くよりは非常にいい@、NHKニュースは画面付きで再生される@、AmazonMusicは画面に出る歌詞を見ながら歌える@、AmazonMusicの歌詞表示と時計代わり@、家族との呼び掛けによるビデオ通話B、家族とのビデオ通話D、家族の見守りカメラとして利用A (呼び掛け@)、その他 (音楽J、プライムビデオA、YouTubeA、天気B、ニュースB、家電操作B、カレンダーA、タイマー設定@、レシピ@、スライドショー@、Bluetoothスピーカー機能@、ビデオ通話@、会話@、連絡@、コミュニケーションA、カメラを購入し定点観測@ )
特に不満な所
 音声認識精度が悪い@・音声認識が不良品レベル@・誤認識が多い@、音質が悪い@・低音響き過ぎ@、時計表示 (表示が小さく大きさは変えられないH、日付を表示出来ないB、カスタマイズ出来ないD、Show5の様には出来ないA )、常に画面下にアレクサの使い方が出て邪魔B・消せないA、YouTubeはブラウザ経由A・ブラウザだと使い勝手が悪い@、ボディがスリムでない@・奥行きがある@、アレクサの応答と他 (ラジコやプライムビデオ等) との音量差が大きい、アレクサに合わせると他の音が聞こえない@、Nest Hubより画面が大きくていいがフォトフレームとしてはNest Hubが好き@、Amazonショッピング・映画・音楽のリストで表示される件数が少な過ぎる@、画面のスリープ機能が無い、「アレクサ、画面を消して」と言う必要がある@、風呂 (防水) で使えたら良かった@
画質
 綺麗B、PrimeVideoが綺麗A、ビデオ通話が綺麗@、綺麗な写真が表示されるフォトフレームも秀逸@、iPadの方が綺麗@
音質 
 ステレオで良くなったD、とてもいいC、いいE、低音が、いいC・良く響くA・強い@・やや目立つ@、初代Plusよりいい@、あまり良くない@、やや聞きづらいB、Echoの方が好み@、高音はまだまだ@
音量
 室内は充分だが屋外では聞こえ難い@
音声認識
 いいC、まあまあ@、やや悪いA、反応しないB・認識しない時がよくある@、指示が通り難い@、たまに反応しない時があるA、反応が速いB、反応がやや遅い@、Dotより劣る@、SiriやGoogleの方が賢い@、反応や会話がスマートでは無い@
Show 5と比べて
 低音がより響くB、音質がいいB、低音以外の音質は殆ど変わらないA、クリアな音のままステレオになり迫力が増した@、画質が綺麗D、大きく見やすいB、場所を取る@、Show5純正角度調整スタンドがそのまま使えてしっかり固定出来ている@
操作性
 PrimeVideoの検索がし難い@、PrimeVideoのシリーズ物は中々反応してくれない@、AmazonMusicの選曲はFIREの様に簡単には行かない@、画面がある分PrimeMusicでアルバムやプレイリストを選びやすい@、画面で手動検索は出来ない@
その他 
 NetflixA・hulu@に対応して欲しい、キャスト機能があると良かったA、バッテリー内蔵だと良かったA・使いながらは移動出来ない@、設定が終わったら英語B・ドイツ語@・スペイン語@だった、寝室には画面が明るい、スリープモードでもぼやっとLEDバックライトが光り完全に暗くは出来ない@、定型アクションに画面OFFが無い (声で言えば消える)@、待ち受け画面に出るアレクサの提案も悪くはない@、Show8用の純正スタンドがあるB


posted by たか坊 at 08:03| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

アレクサ搭載 スマートスピーカー Amazon Echo Flex

【仕様】
●音声で動作するスマートスピーカー (Alexa搭載) ●Echoシリーズの中では一番小型軽量 ●電源ケーブルは無くコンセントに直接挿して使う ●USBポート搭載、別売のモーションセンサーやスマートナイトライトを接続したり、スマホ等の充電に使う事が出来る ●別売モーションセンサーは正面の人の動きを感知出来るアイテム ●別売スマートナイトライトはFlexをナイトライトに変身させるアイテム ●主な機能 (音楽再生 /ラジコやTuneInでラジオを聴く /対応するKindle本の読み上げ /ニュース・天気・スポーツ等の情報 /質問&計算 /アラーム&タイマー /買い物&やることリスト /カレンダー /リマインダー /対応するスマート家電の操作 /ゲーム&遊び /ショッピング /音声通話・メッセージ送受信・呼びかけ /スキル 等) ●音楽コンテンツ (Amazon Music /Apple Music /radiko.jp /Spotify /AWA /dヒッツ /うたパス等) ●Wi-Fi (デュアルバンド802.11a/b/g/n/ac (2.4/5GHz) ) ●Bluetooth (送信&受信) /コーデック (SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP) ●音声認識用マイク2基 ●Alexaアプリ (イコライザー機能有り) ●定型アクション (1回の操作で複数の動作を実行) ●簡単セットアップ ●IFTTT対応 ●USB-Aポート (別売モーションセンサーやナイトライトを接続したりスマホの充電 (7.5W)に使える) ●外部音声出力 (3.5mmステレオ) ●操作ボタン (アクション /マイクオフ) ●スピーカーサイズ0.6インチ ●AC電源 (電源コンセントに直挿し) ●サイズ幅67×高さ72×奥行52mm ●重さ150g ●付属品 (スタートガイド) ●カラー (ホワイトのみ) ●1年保証
●Alexaの新機能 (ささやき声で話し掛けるとAlexaもささやき声で応答する/Echo同士の通信に最適な時間を知らせてくれる/「アレクサ、最後に私が言ったことを教えて」に答えてくれる/「アレクサ、なぜそうしたの?」に答えてくれる/音声録音の自動削除設定が可能になる)
Amazon Echo Flex
発売日:2019年11月14日 通常価格:2,980円

【購入者からの情報】 〇数字は人数
設置場所
 寝室N、洗面所L・脱衣室A・浴室@、玄関K、キッチンH、トイレE、リビングB、子供部屋A、階段@、作業場@、ウォークインクローゼット@、寝室と浴室をポータブル@
別売アクセサリー購入者数
 モーションセンサーS以上、ナイトライトD
使い道 (モーションセンサーと併用)
 洗面所に入ると音楽を自動で流す@、洗面所で照明を点ける@、洗面所で照明を点ける朝ならニュースとRadikoも流す@、トイレで自動で音楽を流すA・簡易音姫代わり@、トイレのドアを開けたら照明とラジオを点ける@、トイレに入ると照明を点けて音楽を流す@、朝玄関で天気予報を言ってもらう@、玄関の照明を自動操作D、玄関前を夕方以降に通ったら全室の照明を点け玄関ドアをロックする@、照明の操作B、親の在宅確認@、クローゼットで天気予報を言ってもらう@、防犯@、モーションセンサーとナイトライトが同時に使えると良かった@
使い道 (ナイトライトと併用)
 夜だけ人の動きを検知したら照明を点ける@、23〜6時は常時ONにして足元を照らす@、ナイトライトは周囲が暗くなると自動点灯するが、アレクサでON/OFFも指示出来て便利@
使い道 (単独)
 寝室で音楽C・ラジオ@・時間確認C・目覚ましA・天気A・ニュースA・タイマー@、寝室の照明操作B・スマートリモコン操作@、寝室からリビングの家電操作@、寝室の子供をアプリの呼び掛けで起こす@、洗面所でラジオB・音楽A・天気B・ニュースA・電車の運行情報@、浴室で音楽B・ラジオ@、脱衣場でリンナイホーム操作@、玄関で家電操作@、キッチンでタイマーセットA、トイレで音楽@・ラジオ@、リビングでアラーム@・予定@・ニュース@・音楽@、作業場でラジオ@・音楽@ 
コンセントに挿し込むだけ
 便利H、単純G、使い勝手いいA・快適A、コードが不要I、スッキリE、目立たないA、コンパクトH、場所を取らないF・邪魔にならないB、存在感がないA、持ち運べるC
音質
 音楽には不向きS以上、悪いE、イマイチC、必要最低限@、大音量だと音が割れるA、割れた様な音B、Alexaアプリのイコライザー調整で音割れ無く使える@、音量が6を超えると若干音割れ気味になるが5以下でも意外と大きく聴こえるので問題ない@、Bluetoothスピーカーを接続したF、外付けスピーカーを接続したC、Dotの方が聞き取りやすい@、Dotより格段に落ちる@、リビングにはDot以上がいい@、聞き取りやすいA、天気やニュースは問題ないA、トーク番組には充分@、Alexaの音声や人の声は聞き取りやすい@、洗面所B・浴室@・トイレBで聴く分には充分、寝る時には充分A、作業中のBGMには十分@
音量
 足りないF、枕元50cmに設置、最低音量でも寝る時は気になる@、MaxでもDotの2/5程、Spotの半分以下しかない@
音声認識
 いいE、DotよりいいB、小さめの声でも拾うA、まあまあA、いまいちA、5m以上離れても問題ない@、寝室に設置、キッチンからでも問題ない@、鏡台裏の設置、きちんと応答する@、DotやSpotより応答が速い@、他のEchoより応答が速い@、大声出さないと反応しないE、はっきり言えば聞き取る@、大声でも反応しない時がある@、大声でも聞き取ってくれないA、聞き間違いするA、聞き間違いが多いA、時々反応しないB、反応しない事が多いA、他のEchoより劣るF、Dotより劣るC、正面以外からの呼び掛けはDotより劣る@、マイクの指向性が狭い@、Dotと変わらない@、Show8と変わらない@、小声で話し掛けると、ささやきモードをONにしますか?と聞いてきた、するよ、と答えるとヒソヒソ話しで回答する様になった@
その他
 サブ機にいいE、2台目以降として購入したS以上、1台目として広い部屋で使うには向かない@、USBポートは他の機器に給電も出来るB


posted by たか坊 at 13:31| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする