2019年05月28日

Bluetooth5.0 ポータブルスピーカー Anker Soundcore Motion+

☆新製品
●aptX &ハイレゾ対応の防水Bluetoothスピーカー ●連続音楽再生約12時間 ●最大出力30W ●ステレオ ●再生周波数帯域は50Hz〜40kHz ●Bluetooth5.0/コーデック (aptX /SBC) ●防水仕様 (IPX7) ●ハイレゾ対応 (有線接続時) ●BassUpテクノロジー ●2台でワイヤレスステレオ再生が可能 (TWS) ●有線使用可能 (ステレオミニ) ●Soundcoreアプリ (イコライザー調整等) /対応スマホ (Android4.4以降 /iOS10.0以降) ●ボタン操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り・戻し /音量調整 /BASS /TWS等) ●充電約4時間 (バッテリー容量6,700mAh /USB Type-C) ●ユニット (ツイーター /ネオジウムウーハー /パッシブラジエーター) ●サイズ約257×79×81mm ●重さ約1050g ●付属品 (USB-C & USB-A 3.0ケーブル /AUXケーブル) ●カラー (ブラックのみ) ●18か月保証
Anker Soundcore Motion+
発売日:2019年 5月28日 価格:8,999円 (2019/5/28現在)

- 特長 -
30Wの豊かな大迫力サウンドを奏でるハイレゾ対応 Bluetooth スピーカー
ハイレゾ対応
 Motion+ は超低域の 50Hz から超高域の 40kHz まで幅広い周波数帯域に対応。さらに強化されたデジタルシグナルプロセッサーで、曲の細部や特異性を忠実に再現出来る。AUX ケーブル接続ではハイレゾ音源の再生が可能。Bluetooth 接続時も aptX により遅延が少ない高品質なサウンドを楽しめる。
大音量 & 強化された低音
 2つの超高周波ツイーターに加え、ネオジウムウーハーとパッシブラジエーターを搭載。最大30Wの豊かなサウンドをより鮮明に響かせるる。
Soundcore 独自の BassUp テクノロジー
 低音をより力強く、より鮮明に響かせる事が出来る。
IPX7 防水規格
 最長30分であれば水深1mまで沈めても操作可能で、海やプール、風呂場等でも気軽に音楽を堪能出来る。
最大12時間の音楽再生が可能、6700mAh のバッテリーを内蔵
完全ワイヤレスステレオペアリング
 2台の Motion+ をペアリングすれば、どこでも大音量ステレオサウンドを楽しめる。
アプリでイコライザーをカスタマイズ
 Soundcore アプリを使って Motion+ のイコライザーをカスタマイズ出来る。
USB-C 充電ポート採用
 スマホやノートPCと同じケーブルを使える。



posted by たか坊 at 11:58| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

Bluetooth5.0/USB DAC搭載 アクティブスピーカー Audioengine A2+ ワイヤレス

☆新製品
●デスクトップ向き ●アンプ内蔵2ウェイ・バスレフ型 ●最大出力30W×2ch (アナログアンプ) ●再生周波数65Hz〜22kHz (±2.0dB) ●SN比95dB以上 ●THD+N 0.05%以下 ●クロストーク-50dB ●入力インピーダンス5KΩ ●Bluetooth5.0 /コーデック (AAC /aptX /aptX LL /SBC) /通信距離最大30m ●PCとUSB接続可能 (最大48kHz/16bitに対応) ●音声入力 (ステレオミニ×1 /RCA×1 /microUSB×1 /Bluetooth) ●音声出力 (RCA×1) ●背面に電源兼音量調整つまみとBluetoothペアリングボタン ●オートスタンバイ ●ユニット (2.75インチアラミドファイバー製ウーハー、3/4インチシルクドームツイーター /防磁仕様) ●6.35mm厚MDFキャビネット ●付属品 (16AWGスピーカーケーブル (2m) /電源アダプタ /電源ケーブル /ミニジャックオーディオケーブル (1.5m) /USBケーブル (1.5m) /マイクロファイバー製スピーカー用バッグ /マイクロファイバー製電源アダプタ用バッグ /マイクロファイバー製ケーブル用バッグ) ●サイズ H15×W10×D13cm ●重さ (L側1.6kg /R側1.4kg)
Audioengine A2+ ワイヤレスパワードスピーカー ホワイト
発売日:2019年 5月17日 価格:33,000円位 (2019/5/21現在)

- 特長 -
アメリカで最も有名なコンパクトデスクトップスピーカーの A2+ がワイヤレスに対応
スーパーコンパクトなのに最大のパフォーマンス
 とても小さいからと言って侮る事は全く出来ない。想像を遥かに越えるサウンドが A2+ ワイヤレスにはある。A2+ ワイヤレススピーカーは特別設計のコンポーネントを多数使用。アラミドファイバー製ウーハー、シルクツイーター、aptX、正確にチューニングされたパワーアンプ、手作業によるウッドキャビネット等。クリアで力強いサウンドをデスクトップでも部屋の好みの場所でも楽しむ事が出来る。
デスクトップオーディオの新しいスタンダード
 品質・性能・価格のバランスをオーディオファンに満足してもらうべくデザインされ、手作業による組み立てが行われている。A2+ ワイヤレスの低域はデジタルシグナル・プロセッサーや低域をブーストする回路で奏でられるものではない。アコースティックと通電関係の秀逸なデザインによって生み出されている。A2+ ワイヤレスは特にPC用オーディオシステムとして新しいスタンダードを作ったと言っても過言ではない。この小ささでPCやスマホのサウンドを大きくアップグレード出来る。
特別設計
 ツイーター、ウーハー、その他の重要なコンポーネントは自らデザイン・製造している。有り物をただボックスに詰め込むのではなく、Audioengine の仕様に合うものを特別設計している。デザインのみ行い、自ら製造していない物は、例えば変圧器、磁石、ワイヤーハーネスのみ。キャビネット、ドライバー、低域用ダクトデザイン、アンプ、クロスオーバー等は Audioengine のそれぞれのモデルに対して細心の注意を払って設計を行っている。
効率的で先進的な設計
 キャビネット、ドライバー、革新的な低域用ポートデザイン、アンプ、クロスオーバー等、各モデルに応じてチューニングを実施。これにより、パッシブスピーカーとセパレートアンプの組合せよりも少ないパワーで済む、非常に効率的なシステムになっている。全てのコンポーネントをL側キャビネットに搭載し、スマホ等のデバイスに簡単に接続出来る様にデザインしている。
高品質 Bluetooth オーディオ
 非常に高音質な Bluetooth オーディオコーデック aptX を採用。スマホ等が aptX に対応していない場合でも、AAC や SBC 対応なので安心。通常の Bluetooth は、狭い範囲で動作するが、回路構成やアンテナチューニングにより、通常の Bluetooth に比べて約3倍の使用範囲を実現。だから音質の劣化がない。
パワーアンプ
 使用されているアンプはL側スピーカーに内蔵、非常に評価の高いアナログ部の設計を施している。それぞれのモデルにおいて全てのコンポーネントが注意深くチューニングされている。パワー及びプリアンプ部の基板は振動から保護する様に設計されている。
ドライバー
 トップクオリティのネオジム・マグネットを使ったシルクドーム・ツイーターを搭載。シルクツイーターは高出力時でも安定性が高く、非常にスムースなレスポンスが特徴。ウーハーはガラス・アラミドコンポジットが編み込まれており、外周はラバーで覆われている。アラミドファイバーは、非常の強靭な素材で、高いレベルで動作させた場合でもウーハーがその形状をしっかり維持する事が可能。スピーカーの素材と製造方法は非常に頑丈にデザインされていて、それ故にスピーカーグリルは必要とせず、長期間の使用後にも素晴らしい音質と外観を維持する事が出来る。
シールド
 ドライバーはそれぞれシールドされている為、スピーカーをモニターの数センチ以内に近付けても問題ない。シールドによりハードドライブ搭載の音楽再生機器についても同様の保護性能を発揮する。

- 仕様 -
■カラー: サテンブラック、ハイグロスホワイト、ハイグロスレッド
■タイプ: 2.0パワーアンプ内蔵マルチメディア・デスクトップスピーカーシステム
■アンプタイプ: デュアル・クラスABモノリシック
■最大出力: トータル60W (15W RMS /30W 1チャネル最大出力)、AES
■ドライバー: 2.75インチアラミドファイバー製ウーハー、3/4インチシルクドーム・ツイーター
■入力: 3.5mmステレオミニ、RCA、USB、Bluetooth ■出力: RCAラインアウト
■入力ボルテージ: 110-240V 50/60Hzオートスイッチ
■SNR: ≧95dB (typical A-weighted) ■THD+N: ≦0.05% ■クロストーク: -50dB
■再生周波数帯域: 65Hz〜22kHz ±2.0dB ■入力インピーダンス: 5KΩ
■プロテクション: 出力電流のリミット設定、オーバーヒート保護設定、過度電流からの保護
■USBクラス: Type 1.1以上 ■コネクタータイプ: Micro USB 
■内蔵DAC: CSR8670 ■入力ビット深度: 最大16bitネイティブ ■入力サンプルレート: 最大48KHzネイティブ
■内蔵Bluetoothレシーバー: CSR8670 ■Bluetoothレシーバータイプ: Bluetooth 5.0
■Bluetoothコーデック: aptX low latency、aptX、AAC、SBC
■Bluetoothレンジ: 最大30m ■Bluetoothレイテンシー: 〜30ミリ秒
■キャビネット: 6.35mm厚MDF
■シルクドーム・ツイーター: 20mmネオジムマグネット使用
■アラミドファイバー製ウーハー: 2.75インチアドバンスド・ボイスコイル使用
■動作温度0 〜 35℃ ■相対湿度5 〜 95% (非結露)
■寸法: H15 × W10 × D13cm ■重量:1.6kg (L側)、1.4kg (R側)
■付属品: スピーカーケーブル (16AWG /2m)、電源アダプタ、電源ケーブル、ミニジャックオーディオケーブル (1.5m)、
       USBケーブル (1.5m)、マイクロファイバー製スピーカー用バッグ、マイクロファイバー製電源アダプタ用バッグ、
       マイクロファイバー製ケーブル用バッグ、クイックスタートガイド

楽天市場で探す



■Bluetooth 非搭載モデル >>> Audioengine A2+ プレミアム パワードスピーカー
posted by たか坊 at 11:31| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

Bluetooth4.2 ポータブルスピーカー ソニー SRS-XB22

☆新製品
●連続再生約12時間 (音量25+ライティングOFF+サウンドモードStandard+Bluetooth接続) /約10時間 (音量25+ライティングON+サウンドモードEXTRABASS+Bluetooth接続) /約3時間 (音量最大の50+ライティングON+サウンドモードEXTRABASS+Bluetooth接続) ●実用最大出力7W+7W ●ステレオ ●Bluetooth4.2 /コーデック (AAC /LDAC /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) /SCMS-T方式 /NFC /3台のスマホ等を同時接続可能 /マルチペアリング (最大8台) ●防水防塵防錆仕様 (IP67 /風呂や海辺でも使える) ●ハンズフリー ●サウンドモード (STANDARD /EXTRA BASS /LIVE SOUND) ●ClearAudio+ ●DSEE ●ライティング (前面のラインライトが曲に合わせて光る) ●パーティーブースター (本体を叩いて15種類の効果音を出せる) ●Speaker Add (2台でステレオモードやダブルモードで再生出来る) ●ワイヤレスパーティーチェーン (最大100台接続して大音量が出せる) ●アプリMusic Center (スマホ内の音楽再生 /音質設定 /イコライザー調整 /ライティング設定 /Speaker Add /アップデート等) ●Bluetoothスタンバイ ●音声ガイダンス ●オートパワーオフ (OFF可能) ●本体操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り・曲戻し /音量調整 /通話 /音声アシスタント起動 /コーデック切替 /サウンドモード切替 /バッテリー兼ライティングボタン /Wireless Party Chainボタン /Speaker Addボタン等) ●バッテリーボタンを押すと残量 (5段階)を音声で教えてくれる ●有線使用可能 (ステレオミニ) ●縦置き&横置き対応 ●充電約4時間 (microUSB充電 /充電しながら使用可能) ●本体前面は汚れや傷に強いファブリック素材使用 (水洗い可能) ●ユニット (約42mmフルレンジ×2ch /パッシブラジエーター×2) ●サイズ約幅201×高さ72×奥行68mm ●重さ約540g ●付属品 (microUSBケーブル) ●カラー (ブラック /ブルー /グレー /レッド /グリーン) ●1年保証
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB22
発売日:2019年 5月18日 価格:12,400円位 (2019/5/20現在)

- 特長 -
手軽に持ち運んで楽しむ重低音
約42mm 口径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載、高い音圧と力強い低音を実現
 さらに、前モデル SRS-XB21 より前面グリルの開口率を約12%アップ。ボーカル等の中高域もよりクリアになった。低音を強化する EXTRA BASS モードを搭載。サイズを超えた重低音を楽しめる他、定額配信サービス等の圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する DSEE 等、ソニーならではの高音質で音楽をより楽める。
ライブ会場にいる様な臨場感、ライブサウンドモード
 DSP 処理により低域やボーカルをキープし歓声や拍手、余韻成分を効果的に拡散。音が広がるとともに、自宅に居ながらライブ会場にいる様な臨場感を実現。
迫力の重低音を体感、デュアルパッシブラジエーター
 前面と背面に低域を増強するパッシブラジエーターを2つ配置。キレと存在感のある低音域を実現。さらに、DSP の低域増強機能により中・小音量時にも音楽を心地良く聞ける。音量毎に低域、高域のブースト帯域や量を変える為、屋内や夜間等に音量を下げた状態でも、明瞭で心地良いボーカルと重低音を再現出来る。
低域を強化する EXTRA BASS モード
 クラブやフェスに居る様な重低音の迫力を楽しめる。
圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する DSEE
 定額配信サービス等の圧縮された音源を原音により近い広がりのある音で再生。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聞き疲れし難い自然な音で楽しめる。
ソニーが培ってきた高音質デジタルアンプ技術 S-Master
 音声信号をデジタル処理する事で、音の歪みを抑制。小音量から大音量までクリアで臨場感溢れるサウンドを再現。又、高効率なスイッチング方式により発熱が少なく、アンプ部の小型化が可能になった。
推奨サウンド設定を実現する ClearAudio+
 ClearAudio+ はソニー独自の様々なデジタル信号処理技術を組み合わせる事で、ソニーならではの音を手軽に楽しめる技術。高い臨場感を実現する音場技術、迫力の低音を再現する低域再生技術、クリアなサウンドを実現する補正技術を盛り込みながらも複雑な設定をする事なく、低域から高域までソニーお勧めの音を楽しめる。
高音質コーデック LDAC 対応
 アウトドアでもインドアでも高音質をワイヤレスで楽しめる。
Bluetooth Ver.4.2 準拠
 対応したスマホやウォークマン等とペアリングすれば、音楽・映像・ゲームをワイヤレスで再生したり、ハンズフリー通話が出来る。
接続が簡単なワンタッチ接続 NFC 機能搭載
マルチデバイスコネクション
 最大3台まで同時接続可能。複数人でもスムーズな楽曲変更が可能。
防水・防塵・防錆、風呂、キッチンだけでなく海やアウトドアでも安心して使える、IP67 に対応
汚れや傷に強く高い耐久性を持つソニー専用ファブリック素材を使用
雰囲気をさらに盛り上げるライティング機能
 スピーカー筐体前面部分が光るライティング機能を搭載。前面のラインライトが曲に合わせて光り、シーンに合わせてその場の雰囲気をさらに盛り上げる事が可能。
スピーカーを叩いて音を出す事で楽しむ、パーティーブースター
 本体を手のひらで叩く事で15種類の効果音を出せる。大勢で音楽を聞きながら効果音でさらに楽しむ事が可能。
大勢で盛り上がるワイヤレスパーティーチェーン
 複数のスピーカーを繋いで、大音量で盛り上がる事が出来る。最大100台まで接続が可能。
※ コーデックは SBC のみ、動画は映像と音声にズレが発生する場合がある
持ち運んでも安心して使えるロングバッテリー
 4時間の充電で Standard モード時には12時間再生※1、EXTRABASS モード時には10時間再生※2 出来るバッテリーを内蔵。リビング、キッチン、風呂、ビーチやキャンプ、バーベキュー等、バッテリーを気にせず長時間使える。
※1 サウンドモードを STANDARD、Lighting OFF時、音量は約半分で使用の場合
※2 サウンドモードをEXTRA BASS、Lighting ON時、音量は約半分で使用の場合
スマホでワイヤレス操作が出来る Music Center 対応
 Music Center はスマホ等から、Music Center 対応ワイヤレススピーカーを操作する為のアプリ。スマホの音楽を再生・停止したりイコライジング機能の操作が出来る。
バッテリー残量等が分かるボイスガイダンス
 バッテリー残量やペアリングモード時、等に教えてくれるボイスガイダンス機能を搭載。
スマホが無くても本体操作が出来る
 スピーカー本体の操作ボタンで再生/一時停止、曲送り/曲の頭出し等が可能。
2台繋げてステレオでも楽しめる Speaker Add
 SRS-XB22 を2台 Bluetooth 接続する事で、ステレオモード (ステレオ再生)、又はダブルモードで音楽を楽しめる。
※コーデックは SBC のみ、動画は映像と音声にズレが発生する場合がある
部屋のレイアウトを気にしない、マルチレイアウト (縦、横置き) 対応
 狭い空間でもスペースを気にせずに、迫力の重低音を楽しめる。
Siri や Google アプリが使えるボイスアシスト機能に対応
オーディオ入力端子
 入力されたアナログ信号を、48kHz/16bit のADコンバーターで処理する事で入力信号をロスなくデジタル信号化。高品位な再生が可能。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 09:32| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

Bluetooth4.2 ポータブルスピーカー ソニー SRS-XB12

☆新製品
●連続再生約16時間 (音量27+Bluetooth接続) /約5時間 (音量最大+Bluetooth接続) ●実用最大出力5W ●モノラル ●Bluetooth4.2 /コーデック (AAC /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) /SCMS-T方式 /マルチペアリング (最大8台) ●防水防塵仕様 (IP67 /風呂でも使える) ●ハンズフリー ●Speaker Add (2台でステレオモードやダブルモードで再生出来る) ●オートパワーオフ (OFF可能) ●本体操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り・曲戻し /音量調整 /通話 /音声アシスタント起動 /コーデック切替 /Speaker Add等) ●有線使用可能 (ステレオミニ) ●充電約4.5時間 (microUSB充電 /充電しながら使用可能) ●ストラップホール有り ●ユニット (約46mmフルレンジ×1 /パッシブラジエーター×1) ●サイズ約直径74×高さ92mm ●重さ243g ●付属品 (microUSBケーブル /ストラップ) ●カラー (ブラック /ブルー /レッド /グレー /グリーン /バイオレット) ●1年保証
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB12
発売日:2019年 5月18日 価格:8,300円位 (2019/5/19現在)



- 特長 -
小さなサイズに確かな低音
スマホの音楽を重低音再生でより高音質に
 約46mm 口径のフルレンジスピーカーユニット搭載。又、前モデル SRS-XB10 に比べグリル開口率を約30%アップ。ソニーならではの重低音とボーカル等の中高域をよりクリアに楽しめる。
迫力の重低音を体感、パッシブラジエーター
 本体底面に低音を増強するパッシブラジエーターを配置。存在感のある低音域を実現。
Bluetooth 標準規格 Ver.4.2 準拠
 対応するスマホやウォークマン等とペアリングすれば、音楽・映像・ゲームをワイヤレスで再生したり、ハンズフリー通話が出来る。
防水・防塵対応、風呂、キッチンだけでなくアウトドアでも安心して使える IP67 対応
4.5時間の充電で約16時間再生※ 出来るバッテリーを内蔵
 リビング、キッチン、風呂はもちろん、キャンプやバーベキュー等に持ち運んで長時間使える。
※ 当社既定の音源を使用し本機の音量を約80%に設定した場合
スマホが無くても本体操作が出来る
 スピーカー本体の操作ボタンで再生・停止・曲送り等が可能。
付属ストラップを使えば、便利に活用出来る
2台繋げてステレオでも楽しめる Speaker Add
 SRS-XB12 を2台 Bluetooth 接続する事で、ステレオモード (ステレオ再生) 又は ダブルモードで音楽を楽しめる。
※ コーデックはSBCのみ
オートパワーオフ
 下記の状態が15分間続くとバッテリー節約の為に自動的に電源が切れる。
 ・スピーカーを操作していない
 ・接続されている Bluetooth 機器のハンズフリー機能がオフに設定されている
 ・接続されている Bluetooth 機器で音楽を再生していない、又は操作されていない
※ AUDIO IN 端子に音声ケーブルが接続されている時は、オートパワーオフは無効
オーディオ入力端子
 本体背面にアナログ入力端子を搭載。入力されたアナログ信号を 48kHz/24bit のADコンバーターで処理する事で、入力信号をロスなくデジタル信号化。高品位な再生が可能。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 09:00| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

Bluetooth4.2 ポータブルスピーカー ソニー SRS-XB32

☆新製品
●連続再生約24時間 (音量21+ライティングOFF+サウンドモードStandard+Bluetooth接続) /約14時間 (音量21+ライティングON+サウンドモードEXTRABASS+Bluetooth接続) /約4時間 (音量最大の50+ライティングON+サウンドモードEXTRABASS+Bluetooth接続) ●実用最大出力15W+15W ●ステレオ ●Bluetooth4.2 /コーデック (AAC /LDAC /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) /SCMS-T方式 /NFC /3台のスマホ等を同時接続可能 /マルチペアリング (最大8台) ●防水防塵防錆仕様 (IP67 /風呂や海辺でも使える) ●ハンズフリー ●サウンドモード (STANDARD /EXTRA BASS /LIVE SOUND) ●ClearAudio+ ●DSEE ●ライティング (前面のラインライトとストロボフラッシュが曲に合わせて光る) ●パーティーブースター (本体を叩いて15種類の効果音を出せる) ●Speaker Add (2台でステレオモードやダブルモードで再生出来る) ●ワイヤレスパーティーチェーン (最大100台接続して大音量が出せる) ●アプリMusic Center (スマホ内の音楽再生 /音質設定 /イコライザー調整 /ライティング設定 /Speaker Add /アップデート等) ●アプリFiestable (ライティング調整 /Motion Control) ●Bluetoothスタンバイ ●音声ガイダンス ●モバイルバッテリー機能 ●オートパワーオフ (OFF可能) ●本体操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り・曲戻し /音量調整 /通話 /音声アシスタント起動 /コーデック切替 /サウンドモード切替 /バッテリー兼ライティングボタン /Wireless Party Chainボタン /Speaker Addボタン等) ●バッテリーボタンを押すと残量 (5段階)を音声で教えてくれる ●有線使用可能 (ステレオミニ) ●縦置き&横置き対応 ●充電約5時間 (microUSB充電 /充電しながら使用可能) ●本体前面は汚れや傷に強いファブリック素材使用 (水洗い可能) ●ユニット (約48mmフルレンジ×2ch /パッシブラジエーター×2) ●サイズ約幅238×高さ85×奥行83mm ●重さ約900g ●付属品 (microUSBケーブル) ●カラー (ブラック /ブルー /グレー /レッド) ●1年保証
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB32 ブラック
発売日:2019年 5月18日 価格:17,400円位 (2019/5/18現在)

- 特長 -
迫力の重低音と音圧
48mm 口径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載、サイズを超えた大音圧と迫力の重低音を実現
 さらに、SRS-XB31 に比べグリル開口率を約14%アップ。ボーカル等の中高域もよりクリアになった。そして、低音を強化する EXTRA BASSモードで、サイズを超えた重低音を楽しめる他、定額配信サービス等の圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する DSEE 等、ソニーならではの高音質で音楽をより楽しむ事が出来る。
ライブ会場にいる様な臨場感、ライブサウンドモード
 DSP 処理により歓声や拍手、余韻成分を効果的に拡散。音が広がるとともに、自宅に居ながらライブ会場にいる様な臨場感を実現。
迫力の重低音を体感、デュアルパッシブラジエーター
 前面と背面に低域を効果的に増強するパッシブラジエーターを2つ配置。キレと存在感のある低音域を実現。さらに、DSP の低域増強機能により中・小音量時にも音楽を心地良く聞ける様に設計されている。音量毎に低域、高域のブースト帯域や量を変える為、屋内や夜間等に音量を下げた状態でも、明瞭で心地良いボーカルと重低音を再現出来る。
低域を強化する EXTRA BASSモード
 クラブやフェスに居る様な重低音の迫力を楽しめる。
圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する DSEE
 定額配信サービス等の圧縮された音源を原音により近い広がりのある音で再生。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聞き疲れし難い自然な音で楽しめる。
ソニーが培ってきた高音質デジタルアンプ技術 S-Master
 音声信号をデジタル処理する事で、音の歪みを抑制。小音量から大音量までクリアで臨場感溢れるサウンドを再現する。又、高効率なスイッチング方式で発熱が少なく、アンプ部の小型化が可能になった。
推奨サウンド設定を実現する ClearAudio+
 ClearAudio+ はソニー独自の様々なデジタル信号処理技術を組み合わせる事で、ソニーならではの音を手軽に楽しめる技術。高い臨場感を実現する音場技術、迫力の低音を再現する低域再生技術、クリアなサウンドを実現する補正技術を盛り込みながらも複雑な設定をする事なく、低域から高域までソニーお勧めの音を楽しめる。
高音質コーデック LDAC 対応
 アウトドアでもインドアでも高音質をワイヤレスで楽しめる。
Bluetooth Ver.4.2 準拠
 対応したスマホやウォークマン等とペアリングすれば、音楽・映像・ゲームをワイヤレスで再生したり、ハンズフリー通話が出来る。
ワンタッチ接続 (NFC) 機能搭載
マルチデバイスコネクション
 最大3台まで同時接続可能。複数人でもスムーズな楽曲変更が可能。
防水・防塵・防錆、風呂、キッチンだけでなく海やアウトドアでも安心して使える、IP67 に対応
汚れや傷に強く高い耐久性を持つソニー専用ファブリック素材を使用
雰囲気をさらに盛り上げるライティング機能
 スピーカー筐体前面部分が光るライティング機能を搭載。前面のラインライトとストロボフラッシュが曲に合わせて光り、シーンに合わせてその場の雰囲気をさらに盛り上げる事が可能。
スピーカーを叩いて音を出す事で楽しむ、パーティーブースター
 本体を手のひらで叩いて15種類の効果音を出す事が出来る。大勢で音楽を聞きながら効果音でさらに楽しむ事が可能。
大勢で盛り上がるワイヤレスパーティーチェーン
 複数のスピーカーを繋いで、大音量で盛り上がる事が出来る。最大100台まで接続が可能。
※ コーデックは SBC のみ、動画は映像と音声にズレが発生する場合がある
持ち運んでも安心して使えるロングバッテリー
 5時間の充電で Standard モード時には24時間再生※1、EXTRABASS モード時には14時間再生※2 が可能なバッテリーを内蔵。リビング、キッチン、風呂、ビーチ、キャンプ、バーベキュー等、バッテリーを気にせず長時間使用出来る。
※1 サウンドモードをSTANDARD、Lighting OFF 時、音量は約半分で使用の場合
※2 サウンドモードをEXTRA BASS、Lighting ON 時、音量は約半分で使用の場合
スマホでワイヤレス操作が出来る Music center や Fiestable 等のスマホアプリに対応
 Music Center や Fiestable とはスマホ等から、対応ワイヤレススピーカーを操作する為のアプリ。Music Center ではスマホの音楽を再生・停止したり、Fiestable ではイルミネーションの変更が出来る。
バッテリー残量等が分かるボイスガイダンス
 バッテリー残量やペアリングモード時、等に教えてくれるボイスガイダンス機能を搭載。
スマホが無くても本体操作が出来る
 スピーカー本体の操作ボタンで再生/一時停止、曲送り/曲の頭出しが可能。
2台繋げてステレオでも楽しめる Speaker Add
 SRS-XB32 を2台 Bluetooth 接続する事で、ステレオモード (ステレオ再生)、又はダブルモードで音楽を楽しめる。
※ コーデックは SBC のみ、動画は映像と音声にズレが発生する場合がある
部屋のレイアウトを気にしない、マルチレイアウト (縦、横置き) 対応
 狭い空間でもスペースを気にせずに、迫力の重低音を楽しめる。
Siri や Google アプリが使えるボイスアシスト機能に対応
USB 端子 (外部充電用)
 本体AC接続時、又バッテリー駆動時にスマホやタブレットをに充電する事が可能。
オーディオ入力端子
 入力されたアナログ信号を、48kHz/16bit の ADコンバーターで処理する事で入力信号をロスなくデジタル信号化。高品位な再生が可能。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 13:29| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

Bluetooth4.2 ポータブルスピーカー Anker Soundcore Ace A0

☆新製品
●重さ62gの超コンパクトBluetoothスピーカー ●連続音楽再生最大約4時間 ●出力2W ●モノラル ●Bluetooth4.2 /通信距離約20m ●手のひらサイズ (ポケットにもすっぽり収まる) ●ストラップホール有り ●ボタン操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り等) ●充電約1時間 (microUSB) ●サイズ約直径56×高さ36mm ●重さ約62g ●付属品 (microUSBケーブル /リストストラップ) ●カラー (ブラックのみ) ●18か月保証
Anker Soundcore Ace A0
発売日:2019年 5月17日 価格:2,000円位 (2019/5/18現在)

- 特長 -
重さ僅か62gの超コンパクト Bluetooth スピーカー
小さいのはサイズだけ
 驚くべき小ささながらも、2Wのオーディオドライバーから、このサイズとは思えない音量と音質を実現。
外出のお供に
 付属リストストラップを使えば、自転車やリュック等、様々な所に引っ掛けて使用可出来る。
1度の充電で最大4時間の連続再生が可能
手のひらサイズのコンパクトでスマートなデザイン
Bluetooth 4.2
 Bluetooth 動作範囲は約20mで、最後に使った機器を記憶し、自動で再接続する。
シンプルなデザイン&操作
 スムースな手触りの洗練されたミニマルデザインを採用。全ての操作を1つのボタンで直感的に行える。


posted by たか坊 at 11:05| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

アレクサ搭載 スマートスピーカー Amazon Echo Dot 第3世代 (2)

●音声で動作するスマートスピーカー (Alexa搭載) ●主な機能 (音楽再生 /ラジコやTuneInでラジオを聴く /対応するKindle本の読み上げ /ニュース・天気・スポーツ等の情報 /質問&計算 /アラーム&タイマー /買い物&やる事リスト /カレンダー /リマインダー /対応するスマート家電の操作 /ゲーム&遊び /ショッピング /スキル /音声通話等) ●音楽ストリーミングサービス (Amazon Prime Music /Amazon Music Unlimited /dヒッツ /うたパス /TuneIn /Spotify /AWA) ●モノラルスピーカー ●Wi-Fi (802.11a/b/g/n 2.4GHz/5GHz) ●Bluetooth (送信&受信) /プロファイル (A2DP /AVRCP) ●4つのマイク内蔵 ●コンパクトサイズ ●Alexa Cast (Amazon MusicアプリでAlexa搭載スピーカーへの音楽の選曲や再生操作が出来る) /Amazon Music Unlimited 又は Prime Music会員のみ利用可能 ●Alexaアプリ (iOS・Android端末に対応) ●マルチルームミュージック ●定型アクション ●簡単セットアップ ●ウェイクワード (アレクサ /エコー /アマゾン /コンピューター) ●IFTTT対応 ●外部音声出力 (3.5mmステレオ) ●操作ボタン (アクション /マイクオフ /音量Up /音量Down) ●AC電源 (付属ACアダプタ使用) ●スピーカーユニット (1.6インチフルレンジ×1) ●サイズ直径99×高さ43mm /重さ300g ●付属品 (電源アダプタ15W) ●カラー (サンドストーン /チャコール /ヘザーグレー) ●1年保証
Amazon Echo Dot 第3世代
発売日:2018年10月30日 価格:3,240〜5,980円 (2018/10/30〜2019/5/16)

【購入者からの情報】 ○数字は人数
☆使い道 (音楽S以上、Prime MusicK、天気L、ニュースG、タイマーD、キッチンタイマーA、スリープタイマーA、アラームB、目覚ましB、曜日毎の目覚まし@、リマインダーB、ゴミ出し日のリマインダーB、リマインダーで音声通知@、予定B、予定登録@、Googleカレンダーに登録@、買い物リストに追加@、調べ物B、辞書A、計算A、質問@、路線状況A、株価@、J1サッカーチームの試合結果@、食べログ@、近くの店までの距離や営業時間@、RadikoB、時刻B、Kindle本読み上げ@、ラジオ体操@、言語を英語に変え英会話練習@、スマホのAlexaアプリから電話A、呼び掛け@、Echo同士の通話@、家電操作 [照明F /TVE /エアコンE /扇風機@ /ルンバ@ /ステレオ@ /レコーダー@ /FIRE TV@ /スマートスイッチ@ /家電A ] ) ☆便利K、買って良かったJ、Echoシリーズはこれが2台目以上G、楽しいE、もう1台追加したいA、Music Unlimitedに加入しようか迷っているA、子育て中で手が離せない時に助かるA、台所の味方@、生活に役立つツール@、生活に溶け込んできた@、分かりませんばかりで要らないB、認識率50%以下で使うのを諦めた@、スマホで代替が効くので不要だった@、使える機能が少なく必要性は感じない@、Wi-Fi接続が分からず使えないA、起動したら英語で日本語への変更が分からず返品@、プライバシー保護の面で家族の反対でお蔵入り@ ) 

☆音声認識 (良好D、反応がいいA、まずまず@、最初のアレクサさえ認識 [認識率80%] すればその後の音声は100%認識する@、離れた場所でも認識するA、分かりませんが多いA、聞き間違いが多い@、思い通りに認識してくれない事も多い@、直近で話さないと反応しない@、近づいて大声で5、6回話しても応答がない時がある@ ) ☆音質 (前モデルよりいいD・低音が効いているA、価格を考えれば十分B、BGMなら使える@、ながら聞きなら使える@、ラジオよりはクリア@、音量を上げると音割れするD、音楽には向かないC ) ☆Bluetoothでサウンドバーに接続出来る@ ☆Googleより劣る (音声認識能力C、返答音声の流暢さ@、的確な答え@、反応が鈍いB )

☆Googleより勝る (ウェイクワードが呼び掛けやすいB、質問の度に呼び掛けなくても連続で会話出来る@ ) ☆洋楽のタイトルやアーティスト名での検索は厳しい@、スマホアプリで検索しAlexaに飛ばして再生しているB、マイプレイリストを作ってプレイリスト名で再生している@ ☆Music Unlimited に加入しないと聴きたい曲が少ない、Prime Musicの選択肢が思った以上に少ない@、Amazon Musicの楽曲数が少ない@ ☆前モデルと違いUSBから電源が取れなくなり気軽に移動出来なくなった@ ☆Kindle本の読み上げはスピードが一定だったり画像ではない図の中の文字を読み上げたり難点はあるが、短い小説や実用書等、本によってはとてもハマる@ ☆Kindle本の読み上げ使い物にならない@ ☆音量1 (最小) でも静かな部屋ではやや大きい@ ☆Bluetooth接続で音楽を流すと音量が小さいから音量を上げるとAlexaの声も大きくなるのが不便A ☆スマホのAlexaアプリで自宅のDotに電話を掛けられるが、普段の音量では電話時には声が小さい、音量をその都度調節するのがやや面倒@ ☆料理しながら音楽を聴くのもAlexaに頼めば簡単A、キッチンで手が濡れている時に便利@ ☆Alexaへ呼び掛ける事で通話が簡単に出来る@ ☆出先から伝言を家族に伝えられる@


posted by たか坊 at 11:42| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

Bluetooth4.2 ポータブルスピーカー Anker Soundcore Icon Mini

☆新製品
●連続音楽再生最大約8時間 ●出力3W ●Bluetooth4.2 ●防塵防水仕様 (IP67) /お風呂もOK ●ポケットサイズ ●ストラップホール有り ●2台でワイヤレスステレオ再生が可能 ●有線使用可能 ●ボタン操作 (電源 /再生 /曲送り・戻し /音量調整等) ●充電約3時間 (microUSB) ●サイズ約95×76×36mm ●重さ約215g ●付属品 (microUSBケーブル /リストストラップ)
Anker Soundcore Icon Mini A3121011
発売日:2019年 4月26日 価格:2,399円 (発売記念600個限定、通常価格は2,999円、2019/4/27現在)

- 特長 -
Anker SoundCore Sport の後継機
コンパクトながら驚きのパワフルサウンド
 見た目で判断してはいけない。スマホとほぼ同じ重さでマウス程のサイズながら、大音量の音楽を家の中でも外出先でも楽しめる。
水に沈めても音楽再生が可能な防水&防塵 (IP67) に対応
 雨や埃、泥、雪等を気にせず、アウトドアや風呂場等で気軽に使える。水洗いも可能。
スマホ等に2台の Soundcore Icon Mini を接続しステレオサウンドを楽しめる
 2台接続する事で音量が2倍になり、より臨場感溢れるパワフルなサウンドで楽しめる。
僅か3時間程の充電で最大8時間、大音量での音楽再生が可能
 バッテリー残量はペアリング中の iPhone 等からも確認出来る (iOS 6 以上の端末)
アウトドアのお供にぴったりなポケットサイズの防水 Bluetooth スピーカー
 付属リストストラップを付ければ、リュックやテント、ビーチチェア等に掛けて使用出来る。

- 仕様 -
■カラー: ブラックのみ
■サイズ: 約 95 × 76 × 36 mm ■重量: 約 215 g
■Bluetoothバージョン: 4.2
■防水規格: IP67 (粉塵が中に入らず、一時的 (30分) に一定水深 (1m) の条件に水没しても内部に浸水しない)
■最大使用時間: 約 8 時間 ■充電時間: 約 3 時間 ■入力: 5V = 1A
■出力: 3 W
■保証期間: 18か月
■付属品: microUSBケーブル、リストストラップ、クイックスタートガイド






posted by たか坊 at 10:26| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

ネックスピーカー JVC ウェアラブルワイヤレススピーカー SP-A10BT

【購入者からの情報】 ○数字は人数
☆着け心地 (軽いE・とても軽いC、細いA、快適A、肩・首に負担が掛からないB、気にならないB、邪魔にならない@、苦にならない@、寝転がっても使えるB、歩く程度なら外れる事もない@ ) ☆音質 (低音は弱いが中高音はクリアに聞こえるA、中高音はいいが低音は弱いA、ラジオや語学を聞き流すには不便を感じない程度@、PCスピーカーに毛が生えた程度、低音など期待してはいけない@、低音は軽い、迫力を求めるなら違う物がいい@、音質は悪い、BGM程度にしておくのがいい@、音量も低音も物足りないが寝る時に環境音やヒーリングミュージックを聞くにはいい@、音楽や映画鑑賞には向かないがラジオ・ニュース・PodcastにはいいB、指向性があるので左右に首を振る等で耳の位置がずれるとミュートした様な感じになる@ ) ☆音漏れ (ダダ漏れするC、中高音が明瞭なのでデスク1,2個の距離では丸聞こえ@、4〜5m離れれば殆ど気にならない@、2〜3m離れればそれほど気にならなくなる@、自分にはそこそこの音量でも3mも離れれば生活音に負ける位の音量になる@、家内に指摘された@、枕元に置いた小型スピーカーよりは少ない@、電車や公共の場で使う物ではないB ) ☆家事C、散歩・ウォーキングB、作業時A、釣り@、出張先ホテル@、等に便利 ☆周囲の音がしっかり聞こえるのがいいD、背後から近づく車に気付ける@ ☆接続安定性 (音飛びは無い@、自宅や散歩で途切れた事は無い@、1階に携帯2階でも使えたがやや電波が少なかった@、1階と2階では途切れるが同じ階は割といける@、マンションだが洗面所と浴室以外の部屋間は大丈夫@、柱や壁の陰でなければ10m程度は途切れない@、隣の部屋位なら途切れない@、iPadが隣の部屋だと途切れがちになる@ ) ☆初回のペアリングは簡単A、以降は電源ONで自動でペアリングするB ☆TVとの接続には別途送信機が必要 ☆YouTube動画では遅延は気にならない@、遅延は僅かTVの音を消すと分かる程度@ ☆中央辺りがゴムの様な素材で滑り難い、若干柔軟性があり装着時に少し開いて首に掛けられる@ ☆音量を上下する度に「プッ」の音が入る@ ☆バッテリーは17時間程使えた@ ☆バイブレーション機能の効果は殆ど感じないB

●首に掛けて使うウェアラブルBluetoothスピーカー ●連続音楽再生約20時間 ●Bluetooth4.1 /コーデック (aptX /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) /SCMS-T ●軽量スリムボディ ●ハンズフリー ●ボタン&スイッチ操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り・戻し /音量調整 /サウンドバイブレーションモードON/OFF /受話・拒否・音声切替・マイクミュート・リダイヤル /音声アシスタント起動 /バッテリー残量等) ●バッテリー残量の確認 (ボタンを押すと4段階でLEDの色と音声ガイダンスで確認出来る) ●充電約3時間 (microUSB /充電中は使用不能) ●スピーカーユニット (メイン20×15mm×2ch /パッシブラジエーター20×15mm×2) ●重さ88g ●付属品 (充電用USBケーブル)
JVC NAGARAKU ウェアラブルワイヤレススピーカー SP-A10BT-B
発売日:2018年11月21日 価格:11,600円位 (2019/4/24現在)


- 特長 -
ワイヤレスで、スマホ/タブレット/ポータブルゲーム等、様々な音楽ソースと繋がる Bluetooth 搭載
重量88g の軽量設計により、長時間の使用でも快適
 安定した装着感でリスニングが楽しめるネックバンドスタイルと装着を忘れる程の軽量設計で、日常の様々なシーンで耳を塞ぐ煩わしさを感じる事なく、快適なワイヤレスリスニングを楽しめる。
内蔵バッテリーで連続約20時間のワイヤレス音楽再生が可能
 長時間のスマホ視聴や音楽再生も充電切れを気にせず楽しめる。
低音増強振動板ユニット パッシブラジエーター搭載、クリアで高音質なサウンド
 コンパクトサイズながら迫力ある低音からクリアな高音まで、高音質なサウンドを再生。
音声アシスタント機能の起動にも対応したリモート操作やハンズ&イヤーフリー通話が可能
 音量調整/再生/一時停止/曲送り/曲戻しや Bluetooth のペアリングに加え、スマホの音声アシスタント機能の起動にも対応したリモート機能と通話機能搭載。ハンズ&イヤーフリー通話も可能。

- 仕様 -
■カラー: ブラック、ホワイト
■スピーカーユニット メインスピーカー: 20 × 15mm × 2、パッシブラジエーター: 20 × 15mm × 2
■通信方式: Bluetooth Ver.4.1 ■出力: Power Class 2 ■最大通信距離: 約10m
■プロファイル: A2DP、AVRCP、HFP、HSP ■コーデック: SBC、aptX ■コンテンツ保護: SCMS-T方式
■電池持続時間: 約20時間 ■充電時間: 約3時間 ■電源: DC3.7V、内蔵リチウムポリマー充電池
■質量: 約88g
■保証期間: 1年
■付属品: 充電用USBケーブル

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 15:35| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

アレクサ搭載 スマートスピーカー Amazon Echo Show 第2世代

10.1型タッチスクリーン搭載 スマートスピーカー
  ●発売日2018年12月12日 ●価格:27,980円 (2019/4/13時点)
  ●サイズ幅246×高さ174×奥行107mm ●重量1,755g
  ●ディスプレイ (10.1インチタッチスクリーン /HD画質 (1280×800ピクセル) )
  ●カメラ (500万画素) ●マイク (8基) 
  ●スピーカー (ステレオ /2インチネオジムドライバー×2+パッシブラジエーター /
   Dolbyデュアルスピーカー)
  ●Bluetooth送受信 ●Wi-Fi (802.11a/b/g/n/ac デュアルバンド)
  ●ZigBee規格対応スマート家電用のハブ機能内蔵
  ●操作ボタン (マイク・カメラON/OFF /音量調整) 
●入出力端子 (有線LAN用microUSB /電源用ポート) ●電源ACアダプター ●付属品 (30W電源アダプター)
【特長】 
 10.1インチHDスクリーンとパワフルなDolby対応スピーカーでPrime Video等の動画を音声操作で視聴出来る。写真・歌詞・天気予報・予定等も大画面で見やすい。タッチパネルで初期設定や一部サービスの操作も可能。Echo ShowやEcho Spot、Alexaアプリを持つ家族と、音声やビデオ通話が出来る。勿論、他のEchoシリーズ同様に、話し掛けるだけで、天気・ニュース・時計・音楽・Alexa対応家電等、簡単に操作出来る。

【購入者からの情報】 ○数字は人数
☆画面があると便利・使いやすい・分かりやすい ☆映像付きフラッシュニュース、天気予報、残り時間が分かるタイマー、アラーム (目覚まし)、スケジュール表示 (Google/Appleカレンダー)、料理のレシピ表示等、視覚的に見た方が分かりやすい ☆歌詞やアルバムジャケットが表示される ☆PrimeVideo、AmazonMusic、Spotify、Firefox/Silkブラウザ、動画、音楽、YouTube、radiko/TuneIn、等を鑑賞出来る ☆ビデオ通話が出来るH (映像と音声は必要十分なレベル@、相手の名前を呼び掛けるだけで簡単に繋がり画像はやや粗いが十分実用レベルで画面には相手の顔と自分の画像もやや小さめに表示される@、画質はかなり粗い@) ☆呼びかけ機能がいいE ☆AmazonPhotosにアップした写真でデジタルフォトフレーム代わりに出来るD、待ち受けはデジタルフォトフレームとして使えるA ☆家電を音声操作出来る ☆音声による音量調整もどの程度動いたか表示される@ ☆買い物リストへの登録ミスを画面上で修正出来る@ ☆質問の仕方のヒントが画面表示されるのでEchoより質問しやすい@ ☆ホーム画面に表示されるおすすめスキルは知らなかったスキルに気付けるA ☆音質がいいS以上、低音がしっかり効いているN、音楽を聴くのにいいF、3バンドのイコライザーがあるので音質調整が出来るC、低音が響き過ぎるのでイコライザーで調整したA、壁等に反射させないと聞き取りづらい・音が良くないB、低音は締りがない@、篭っている@、言われる程良くない@、Echo Subとは連携出来ない@ ☆画面が綺麗G、視野角は広くどの角度から見てもほぼ見える@、HD画質の解像度は良好@、解像度はHDだが発色は良好で残像や遅延は感じない@ ☆画面は点きっ放しだが、「画面を消して」で消えるA、消えた状態でも呼び掛ければ反応する@ ☆設定から登録した音声操作をタッチで操作出来るオプションがある。これを使うと「アレクサ、照明を消して」と声で言っていたものを、登録したアイコンにタッチするだけで照明を消してくれる@

☆大画面を活かしきれていないH、画面に対応したスキルが少ないG、画面を使わないスキルばかり@、Kindle本は読み上げてくれても読む事は出来ない@ ☆タッチパネルがあるのに活かされていないC、タッチ操作で出来る事はかなり限定されているC ☆音声認識 (聞き取りが悪いB、イマイチA、反応が悪い@、イライラするB、決まった言葉を使わないと無視されるB、理解してくれない事が多々ある@、指示や質問に正しく反応出来ない@、分かりませんばかりA、EchoD・DotA・Spot@より聞き取りやマイク性能が劣る、良好B (Echoと変わらない@) 、Googleより劣るC・反応が遅い@ ) ☆Alexaの応答音量が音楽・ニュース・アラーム等の音量より大きいI、夜は使い難いA、その都度音量調整しなければならない@、Echoより音量差が大きい@ ☆PrimeVideo (操作性が悪過ぎるF、音声で操作は難しいB、イライラするB、使えないA、音声操作では見たい作品に辿り着けないF、辿り着いてもエピソードが選べないA、前のエピソードに戻れないB、話数を選べないB、作品名をピンポイントで指定しないダメB、探し難いB、再生画面で出来る事はシークバー操作 (早送り/早戻し)、画面の拡大縮小、字幕と音声の設定だけ@、タッチパネルがあるのに検索出来ないB、タッチパネルが活かされてない@ ) ☆Amazon Music (操作性が悪すぎるA、聴きたい作品に辿り着けないA ) ☆YouTube (ブラウザ経由で視聴出来るA、Firefox・Silkどちらでも5〜10分程でホーム画面に戻ってしまうB (有線だと大丈夫@ ) ☆Firefoxを使っていてradikoを立ち上げるとFirefoxは終了してしまう (逆も同じ、Firefoxにタブ機能は無い)@ 


posted by たか坊 at 14:55| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする