2020年07月25日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 ノイズキャンセリングイヤホン ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2

●どんなジャンルの音楽も、原音を忠実に再現し、重厚な低音、自然な中音域、ディテールで伸びやかな高音と、全音域がバランスの取れた美しいハーモニーを奏でる
●連続音楽再生最大7時間 (AAC接続&音量50%&外音取り込みOFF&NC OFF&EQ設定なし)/最長28時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●Bluetooth5.1/コーデック (AAC /aptX /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/出力Class 1/マルチペアリング (最大8台) ●防滴仕様 (IPX4) ●周波数帯域5Hz〜21kHz ●音圧感度107dB ●全高調波歪<0.08% ●ノイズキャンセリング (自然なノイズキャンセリングで、喧騒でも音量を上げずに音楽に没頭出来、長時間聴いても疲れ難い) ●トランスペアレントヒアリング (外音取り込み機能がさら精度が向上、交通等の周囲の音が聞こえないと危険な場所でも安心して音楽を楽しめる) ●最長28時間のバッテリーライフ ●途切れ難く安定した接続性 (LDSアンテナ+最新クアルコム製チップ+最新Bluetooth5.1+Class1採用) ●イヤホンは前モデルより2mm小さくなり、より多くの人にフィットし安定感のある着け心地 ●ハンズフリー通話もアルゴリズムの最適化とビームフォーミングによりとても自然でクリア ●右イヤホンは単独で使用可能 ●カスタマイズ可能なタッチ操作 ●イヤホンを耳から外すと音楽を一時停止、再装着すると再生再開 (スマートポーズ) ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング、ケースに収納すれば自動電源OFF ●専用アプリ Sennheiser Smart Control (イコライザー調整/外音取り込み設定/スマートポーズ有効・無効/側音有効・無効/バッテリー残量表示/音楽制御コマンドのカスタマイズ/アップデート等) ●音声ガイダンス ●細部まで美しさを追求したデザイン ●タッチ操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/NC ON・OFF/外音取り込みON・OFF/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●イヤホン (充電1.5時間/急速充電10分の充電で1.5時間再生可能/バッテリー容量55〜60mAh) ●充電ケース (イヤホンを最大3回フル充電可能/バッテリー容量600mAh/コネクタUSB TypeC) ●動作温度0〜40℃ ●7mm径密閉ダイナミックドライバー ●重さ (イヤホン6g×2/充電ケース58g) ●付属品 (専用充電ケース/イヤーピース (XS/S/M/L)/USB-C -> USB-A 充電ケーブル) ●カラー (ブラック/ホワイト) ●2年保証
SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2 BLACK
発売日:2020年 4月16日 価格:35,800円位 (2020/4/19現在)、36,000円位 (2020/7/25現在)

購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 最高E、申し分ないB、素晴らしいB、ワイヤレスとは思えないB、評判通りB、好みB、現状最強A、現状最強クラスA、過去最上@、今年のTOP@、TWSの最高峰@、飛び抜けていい@、とてもいい@、最高ではないがかなりいい@、言わずもがな@、ザ、ゼンハイザー@、流石ゼンハイザー@、感動した@、
 音場が広いD、音場の表現が上手@、立体的な音の表現がいい@、充分な奥行きA、深みがあるA、定位がいい@、音場が狭い@、広がりのある音B、包み込まれる様な感覚A、臨場感を感じる@、ホールとまではいかないが臨場感がある@、聴こえなかった音が聴こえるB、情報量が多いA、音の粒が細かいA、密度が高い@、解像度が高いA、分解がそこそこ高い@、聴き疲れしないC、バランスの取れた音C、自然な音A、不快な音がない@、気持ち良く鳴るA、クリアA、綺麗A、綺麗な音だが飽きる@、低音が (いいC、豊かA、強めB、締まりがあるA、歯切れがいい@)、中域 (やや抑え気味@、張りが弱い@)、ボーカル (やや引っ込んでいる@、チープに聴こえる@)、アップデートしたら中高音が綺麗に聴こえる様になった@、低音はWF-1000XM3より弱いC
 TWSでは現時点で最高、音場が広く低〜高音まで気持ち良く聴ける、低音は若干強め@、TWSの最高峰、音の広がりや深みが違う@、TWSではピカイチ、どこでもコンサートホールにいる様な高音質が味わえる@、ゼンハイザーの低音は他とは違う、生で聴く様な臨場感@、全体にリバーブが掛かった様な音で浴室で聞く様な感覚、暖色系@、素晴らしい、アコースティック系に強い、音の広がりが良く立体感を感じる、中高音の伸びが良く、低音も厚みがあり音に包まれる感じ@、現状トップクラス、解像感や粒感・迫力の一定の水準を超えた上で、とてもバランス良くチューニングされている@、イヤーピースでかなり変わる、音場感・解像感・音像定位は申し分ない、誇張された帯域もなく聴き疲れしない伸びやかで角が無い音@、いい意味での80点主義、此といった欠点がなく趣味のオーディオとしても実用道具としても優秀@、良くも悪くも特徴がない優等生@ 本機を使ってからAirPods Proは使わなくなった、音が格段に違う@、AirPods Proより音質は上B、外音取り込み・遅延・NC・ペアリングのしやすさ・使い勝手はAirPods Pro一択だが、音質は断然ゼンハイザー@、音質の評価が高過ぎる@、高音質だが特別な音質ではない@、テクニクスより解像度が劣る@、イヤーチップを変更した (Spinfit CP360A、AZLA SednaEarfit Light@、セラスティック製@)
装着感
 いいG、とてもいいC、快適A、軽いB、とても軽快@、圧迫感がない@、カナル特有の圧迫感が全然ない@、フィットするF、落ちる感じがないB、走っても落ちる事はなさそう@、安定感がある@、ずっと着けていられる@、3時間程着けても問題ない@、長時間でも耳が痛くならないA・あまり痛くならない@、眼鏡と併用でも違和感はない@、寝転がっても耳が痛くならない@、イヤーピースが合わないA、イヤーピースを替えた (Fender SureSeal Tips@、アユート製@)、長時間は耳が痛くなるA、AirPods Proの方がやや上@
操作性
 とてもいいI、いいB、タップ操作はとても快適A、タップの感度がいいB、タップ時の操作を変更出来るK、タップした時に音が鳴るので何回タップしたか分かり使いやすいG、タップを重ねると音階が上がるので何回タップしたか分かりやすい@、ダブルタップで「ピッポッ」、トリプルタップで「ピッポッパッ」と鳴り何回タップしたか分かりやすい@、AirPods Proと同等@、Airpod Proよりいい@、耳から外すと曲が自動的に止まり、再装着で再生するのもいい@
NCの効き
 弱いが十分C、必要十分@、室内では充分@、イヤホン自体の遮音性が高いE、弱いがイヤホン自体の遮音性の高さが合わさって、かなりノイズを減らしてくれるB、AirPods ProやWF-1000XM3には劣るがイヤホン自体の遮音性が高いので (総合的な遮音性はAirPods ProよりいいA・ややAirPods Proの方がいい程度@・WF-1000XM3に匹敵する@、十分@、結構騒音をカットしてくれる、普通にノイズを消してくれる@)、NCが強くなく聴きやすい@、圧迫感もなく丁度良い@、閉塞感がない@、ノイズが無いB、ノイズがかなり少ない@、電車では音楽がくっきり聴こえる程度に効いている@、地下鉄内でも気持ち良く音楽を楽しめている@、機内でも実用面で課題を感じた事はない@、トラックを運転していても音楽に没頭出来る@、ノイズの80%は低減出来る感覚、効き具合に不自然さ不快感はない@、普通に効く特に低音@、低い音 (車の走行音や扇風機・TVの音等) は全く聞こえなくなったり、かなり遠くで聞こえる様な感じで音楽に十分浸れる@、ONとOFFの違いが良く分からない程弱いC、ONにしても静寂感がない@、期待外れ@、オマケ程度@、風の音は消えないA、扇風機 (弱) ですらそれなりに聞こえる@、控えめ@、弱い@、AirPods Proに劣るC、Technicsに劣るA
外音取り込み 
 とてもいいB、充分@、自然A、自然な方A、かなり聞き取りやすい@、ややノイズはあるが申し分ない@、ホワイトノイズはあるが及第点@、ホワイトノイズは静かな所なら確認出来るレベル@、ノイズは気にならない程度@、会話に使ったりTVの音も聞き取れるレベルD、問題なくコンビニで買い物が出来るA、AirPodsProには劣るが (WF-1000XM3よりいい@、実用に充分耐える@、TWSでは自然な方)、ホワイトノイズは感じず、くっきり外音が聞けるので外出時は必ずONにしている@、静かな所ではややホワイトノイズが気になる@、レジでの会話は音楽を止めないと聞き取りづらい@、アップデートでとても自然に聴こえる様になった@
接続安定 
 安定しているD、AirPods Pro並に安定しているA、JR新宿駅ホームでも今の所途切れてない@、たまに音飛びする@、人混みでは途切れる事がある@、大交差点等ではたまに飛ぶ@、人混みや駅ホームでは音飛びが酷く使えない@、2階端の部屋から音楽を聴いたまま反対側1階トイレに行っても接続は切れない@
接続の速さ
 AirPods Proには敵わないが取り出してからの接続が速い@、接続が速い@、接続が速い、iPhone8Plusだがイヤホンを取り出し耳に着けるまでに接続は完了@、ケースから出す所から耳に着けて音楽が流れるまで10秒近く掛かる、やや遅い@
動画視聴時の遅延
 全く気にならない@、あまり気にならない@、iPhone8だが気になる@、YouTubeとPCゲーム (WOT) では気にならない@
ホワイトノイズ
 BTイヤホン初購入、イヤホン側の音量を40%程に下げないとホワイトノイズは気になる@、完全ワイヤレス初購入、静かな環境で中程度の音量だとかなり気になり使用を断念 (交換品も同様)@、NCに関係なくホワイトノイズがある、音楽再生中は全く分からない、外音取り込み時ではホワイトノイズが大きい@、小音量で音楽を流すと結構目立つ、ただ慣れというか暫く聴き続けると殆ど気にならなくなった@、無音時のホワイトノイズはほぼ皆無@
バッテリーの持ち
 公称7時間・ケース込みで28時間も持たない、aptX+NC使用で最大4時間程、ケース込みで16時間程、AACだと5時間程@、7時間も持たない、精々5時間@、7時間は持たない、半分程度@、単体で5時間、ケース含め20時間程 (NC使用)@、良くない@、妥協出来る範囲@、ほぼ公称通りA、いいA、前作より改善されているB、前作の自然放電の問題は解決しているA
アプリ Smart Control
 使用感は快適@、出来がいい@、起動が遅い@、起動がやや遅いが接続後のレスポンスは凄くいい@、スマホ側の設定で位置情報の通知をONにしないとアプリでイヤホンを認識してくれない@、アプリとうまく接続出来ない@、イコライザーで好みの音質出来るD、アップデートで一般的なイコライザーが追加されたがバンド数3つと少ない@、イコライザーは高音・中音・低音といった具合に大雑把@、イコライザーは周波数帯別に調整出来ず自由度が低い@、デフォルトのままが良くイコライザーの必要性を感じない@
通話
 アップデート後 (悪かったマイク音質が向上した@、自分も相手もクリアになった@、使えるレベルまで向上した@、通話品質は良くなったがもう少し音量が欲しい@)、ZoomやFaceTimeでも問題なく会話出来る、側音機能が便利@
デザイン
 お洒落A、かっこいいA、質感がいいA、ケースの手触りがいいA、ケースは磁石が強力でイヤホンの収まりがいい@、イヤホン表面がサラサラでケースから取り出す時に何度か落とした@、イヤホンの出し入れが滑りやすい@、ケースのバッテリー残量が分かりづらいA
不満
 最大音量が小さい@、爆音で聴くには最大音量が足りない@、ワイヤレス充電に非対応A、左イヤホン単体では使えない (右単体は使える)A
不具合
 勝手に音量が下がり聞こえなくなる、左タップが出来ない、繋げるには毎回初期化が必要@、1か月強で片方から音が出なくなりBluetoothも繋がらなくなった@、接続が切れたり入ったりする@、電源が点かない事がある、何度かケースに出し入れすると直る@


ラベル:外音取り込み NC
posted by たか坊 at 11:45| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 ノイズキャンセリングイヤホン パナソニック RZ-S50W

●パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン、業界最高クラス※のノイズキャンセリング搭載
 (※ 国内のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンにおいて、2020年1月26日時点)
●連続再生約6.5時間 (NCオン、AAC)、約7.5時間 (NCオフ、AAC)/最長約19.5時間 (付属充電ケース使用、NCオン、AAC)、最長約22.5時間 (付属充電ケース使用、NCオフ、AAC) ●カナル型 ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/出力Class 1/SCMS-T/マルチペアリング (最大10台) ●防滴仕様 (IPX4) ●飛行機や電車等、騒音の大きい場所でも静寂の中で音楽を楽しめるノイズキャンセリング (デュアルハイブリッドノイズキャンセリング) ●周囲の音をマイクで取り込み、音楽を聴きながら周囲の音も聴ける (外音取り込み機能) ●安定した接続性と小型化を実現 (タッチセンサーとBluetoothアンテナを共用した新開発タッチセンサーアンテナ) ●従来のリレー伝送方式に比べ、混雑した場所でも途切れ難く、動画視聴時の音ズレも少ない左右独立受信方式採用 ●屋外でもノイズを抑えたクリアなハンズフリー通話が可能 (ビームフォーミング技術+風切音を低減するラビリンス構造) ●高性能MEMSマイク (片側にNC用マイク2つと通話専用マイク1つ、合計6つ搭載) ●締まり感のある豊かな低音とリアルで明瞭なボーカルが楽しめる ●心地良い装着感&外れ難い ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON、ケースに収納すれば自動電源OFF ●片側のみで使用可能 ●専用アプリPanasonic Audio Connect (イコライザー調整/NC・外音取り込みの効き方調整/バッテリー残量確認/接続モード設定/オートパワーオフ設定/音声ガイダンス言語設定/ヘッドホンを探す/アップデート等)/対応機器 (Android 6.0以降のスマホ・タブレット、iOS 9.3以降のiPhone、iPad、iPod touch) ●触れるだけのタッチ操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●充電時間 (イヤホン約2時間/充電ケース約2.5時間/イヤホン+充電ケース同時充電約4時間) ●急速充電15分の充電で約70分使用可能 (NCオン、AAC) ●コンパクトな充電ケース (充電ポートUSB TypeC) ●8mm径密閉ダイナミック型ドライバー ●重さ (イヤホン約7g×2/充電ケース約45g) ●付属品 (USB A-USB C充電ケーブル×約0.5m/イヤーピース (S/M/L/XL) ) ●カラー (ブラック/ホワイト) ●1年保証
Panasonic ワイヤレスステレオインサイドホン RZ-S50W-K
発売日:2020年 4月10日 価格:21,800円位 (2020/4/16現在)、21,500円位 (2020/7/22現在)

機能・用語説明
デュアルハイブリッドノイズキャンセリング
 イヤホンの外側と内側に配置したマイクを使用するハイブリッドノイズキャンセリングに対し、さらにノイズキャンセリング処理の方法としてデジタル制御とアナログ制御を組み合わせたフィードフォワード方式×デジタル制御、フィードバック方式×アナログ制御により、業界最高クラス※ のノイズキャンセリング性能を実現。
※ 国内のノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンに於いて。2020年1月26日時点、当社調べ。
フィードフォワード方式×デジタル制御
 イヤホン外側に配置したマイクを使い、イヤホン外側の騒音を低減するフィードフォワード方式には、高次フィルターによる精密演算処理が可能なデジタル制御を用いる事で騒音の大幅な低減を行っている。
フィードバック方式×アナログ制御
 イヤホン内側に配置したマイクを使って耳の中のノイズを低減するフィードバック方式には、アナログ制御を採用。フィードバック方式は耳の中のノイズを消さなければならない為、ノイズキャンセリング処理が遅延すると精度が下がる。ここに処理の遅延が少ないアナログ制御を採用する事で、精度を上げている。
新開発タッチセンサーアンテナ
 タッチセンサーと Bluetoothアンテナを共用したタッチセンサーアンテナは、コンパクトなサイズを実現するとともに、タッチセンサー部も基板部分もアンテナ化する事でアンテナの表面積を確保し接続性を安定させている (特許出願中)。
左右独立受信方式
 Bluetooth信号を左右のイヤホンがそれぞれ同時に受信する方式により、安定したワイヤレス接続性を実現。一度片側のイヤホンで受信してからもう片方に送信するリレー伝送方式に比べて安定性が高く、混雑した場所等でも音が途切れ難くなる。動画視聴時の映像と音声のずれも軽減出来る。
屋外でもノイズを抑えた明瞭な音声での通話が可能
送話の声をノイズと区別してクリアにするビームフォーミング技術
 送話の音声とそれ以外の音を区別しノイズを低減するビームフォーミング技術を搭載。2つの通話用マイクを使用する事で、送話の音声を明瞭にする。
高性能 MEMSマイク
 マイクは、ノイズキャンセリング用マイク2つと、通話専用マイク1つの片側3つ (左右合計6つ) 。いずれも高性能 MEMSマイクを採用。
風切音を低減するラビリンス構造
 空気の通り道を屈折させる事でマイクに直接風が当たり難いラビリンス構造を採用、送話の際に風切音の影響を受け難くしている。

購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 いいM、満足E、通勤には充分過ぎる@、まあまあC、問題ないA、及第点@、悪い@、女性ボーカルがいA、ボーカルがいい@、ボーカルが近くに感じられる@、低音はやや物足りないB、低音強調系ではなく大人が音楽を楽しむ為の音@、アプリのイコライザーの調整幅が狭いC 
NC性能
 いいG、充分D、イヤホンとしては上々@、及第点@、弱めA、自然@、まあまあ自然@、あまり効果を感じないD、期待外れA、風切り音が気になるE、風が吹き抜ける駅ホーム等では無理@、風切り音で外ではまともに音楽が聴けない@、ノイズはない@、無音時のホワイトノイズはない@
外音取り込み
 不自然A、マイクで拾った感がかなりある@、外音は聴こえ過ぎる程、聴こえるがマイクで録音した様な作った音@、実用範囲内だが機械的なチャカチャカした音@、優れた他機種より見劣りする、かなりノイズが聞こえる@、使えない@、物音等は聴こえるが会話では使えない@
装着感
 いいC、悪くはない@、フィットするA、外れない@、頭を振っても落ちる気配はない@、外れやすくはない@、イマイチA、フィットしないC、イヤーピースが合わないB、外れやすいC、走ると落ちるA、小耳だとイヤーピースが合わず外れる@、頭を動かすと外れる、他社より大きく大柄な男性向けな感じ@、通勤や散歩に使うとズレる感じがある@、耳から落ちそうな感覚がある@、ベストポジションを見つけるのに苦労するB
接続安定性
 たまに音切れするA、ウォーキングでは1時間に1回位、瞬間的に音が飛ぶ@、通勤電車は音が飛び飛びになる@、左が切れる@、数時間だが、人通りの多い都内スーパー等でも切れない@、ホワイトノイズはない@
遅延
 動画やドラマは許容範囲 (iPhoneとAAC接続)@
バッテリー持ち
 いいA、充分@、通勤には充分A、公称通りの印象@
操作性
 問題ない@、タッチセンサーはまずまず使いやすい@、タッチセンサーで分かりやすく簡単@、覚えてしまえば割と感覚的に使える@、便利だが外した時に触れてしまう@、装着時等に指が触れて意図せず作動してしまうC
ケース
 コンパクトB、携帯性がいいB、チープA、イヤホンのセットがややしづらいA、バッテリー残量が分かるLEDが便利A
イヤホン
 質感がいいB、大きいC、耳からの飛び出し (見栄え) がやや気になるC
不具合
 Bluetoothの切断・接続が頻発する@、音量80%を超えると低音が割れる@

楽天市場で探す


ラベル:外音取り込み NC
posted by たか坊 at 11:47| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

ネックスピーカー シャープ AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

☆新製品

【特長】
●TVやスマホの音声が耳元でくっきり聴こえる、生活防水対応ウェアラブルネックスピーカー ●ワイヤレスでTVの音声が聴ける、付属 Bluetooth送信機をTVに接続すればノイズの少ないクリアな音声がワイヤレスで楽しめる ●映像と音声のズレを抑える低遅延コーデック aptX LL対応 (付属送信機使用時) ●音が効率良く耳に向かう様に設計されたリフレクター構造のスピーカーを搭載、会話音声帯域を増幅させるクリアボイス機能を使えば、ニュースやドラマ等の人の声がよりくっきりと聴こえる ●長時間着けても気にならない、約88gの軽量設計、家事をしながらTVの音声を楽しんだりウォーキング中に音楽を聴いたり、長時間でも快適に使用出来る ●約2.5時間の充電で、連続約16時間の長時間再生が可能 ●生活防水に対応、キッチン等で水しぶきを気にせず使える ●マイク搭載、スマホのハンズフリー通話は勿論、PCと繋いでビデオ会議等にも使用可能、耳を塞がないので周囲の音も聞こえる ●サウンドパートナー2台で同時に同じTVの音声が聴けるデュアルストリーミングに対応 (付属送信機使用時) ●スマホの音声アシスタントをワンタッチで起動可能 (Googleアシスタント/Siri)
サウンドパートナー本体の仕様
●首に掛けて使うウェアラブルBluetoothスピーカー (ネックスピーカー) ●連続音楽再生約16時間 ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /aptX /aptX LL /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP / HSP)/到達距離約10m/SCMS-T ●生活防水 (IPX4) ●Bluetooth機能のないTV用にBluetooth送信機が付属 (TVの光デジタル音声出力端子又はヘッドホン端子と電源用のUSB端子に接続) ●低遅延の aptX LL、高音質の aptXに対応 (付属送信機使用時) ●音が効率良く耳に向かう様に設計されたリフレクター構造のスピーカー ●クリアボイスボタン (会話音声帯域を増幅、聴き取りやすさがアップ) ●長時間着けても快適な軽量設計 ●デュアルストリーミング (付属送信機を使った場合に可能、aptX LL には非対応) ●ハンズフリー ●日本語音声案内 (ON・OFF可能) ●本体ボタン (電源ボタン/Bluetoothボタン[ペアリング /音声アシスタント起動]/再生・ポーズ・機能ボタン[再生・一時停止 /受話・拒否]/音量調整・選局ボタン[音量調整 /曲送り・戻し]/クリアボイスボタン[ON・OFF] ) ●充電約2.5時間 (充電ポート USB MicroB/充電中は使用不能) ●サイズ幅184×奥行185× 厚さ18mm ●重さ約88g ●付属品 (Bluetooth送信機/マイクロUSB給電ケーブル [送信機用]/マイクロUSB充電ケーブル/オーディオケーブル [3極 Φ3.5mm]/取説) ●カラー (ブラック/ホワイト/ローズゴールド/レッド) ●1年保証
送信機の仕様
●Bluetooth5.0/コーデック (aptX /aptX LL /SBC)/プロファイル (A2DP)/到達距離約10m ●入出力端子 (電源用USB MicroB×1/光デジタル入力×1/ステレオミニ入力×1) ●デュアルストリーミング (1台の送信機で2台のサウンドパートナーを同時接続可能、aptX LL には非対応) ●USB電源 ●サイズ幅60×奥行60×高さ22mm ●重さ約40g
SHARP サウンドパートナー AN-SS2-B ブラック
発売日:2020年 7月18日 価格:15,300円位 (2020/7/21現在)


楽天市場で探す
posted by たか坊 at 04:48| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

完全ワイヤレス Bluetooth5.2 イヤホン AVIOT TE-D01gv

☆新製品

【仕様】
●2019年5月に発売されたTE-D01gのミニマルなサイズはそのままに、マキシマムに基本性能を高めたアップデートモデル ●イヤホン単体で連続再生最大11時間、ケース併用で最長50時間の再生が可能 ●最新 SoCと新設計アンテナの組合せによるクラス最高レベルの接続安定性、電波の飛び交う街中や電車内での途切れを最小限に抑える事にも成功 ●高音質・低遅延のコーデック aptX Adaptive に対応 ●テレワーク等での通話品質を高める為、高性能・高感度 MEMSマイクを採用、cVcノイズキャンセリングとの相乗効果で、スクリーンの向こうへ環境ノイズやエコーの少ないクリアな音声が届く ●アンビエントマイク機能搭載、外でジョギング中の周囲の環境音や、室内での呼び掛けにもイヤホンを外す事なく、すぐ気付く事が出来る (左側のボタンを押すと、音楽が一時停止しアンビエントマイクがONになる) ●ジムでかいた大量の汗や外出中の急な雨等は勿論、着けたままシャワーを浴びても平気な防水性能 ●「日本の音」の為に調律されたハイスピードで低歪みを実現したマイクロスピーカー、情報量は多いのに滑らかで刺さりの少ない高域、艶めかしく音像が眼前に浮かび上がる様な美しい中域、聴感を騙すブーストを排除し、深くてリニアな低域を実現
●連続再生最大11時間/最長50時間 (付属充電ケース使用) ●通話最大6.5時間 ●カナル型 ●Bluetooth5.2/コーデック (AAC /aptX /aptX Adaptive /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/マルチペアリング (最大3台) ●感度91±3db ●インピーダンス16Ω ●最大入力5mW ●防水仕様 (IPX7) ●最新 SoC QCC3040 ●アンビエントマイク (外音取り込み、左ボタンを押すと音楽が一時停止しアンビエントマイクがONになる) ●ハンズフリー (高感度MEMSマイク/cVcノイズキャンセリング) ●左右どちらでも片側だけで使用可能 ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON、ケースに戻して満充電になると自動電源OFF ●日本語音声ガイダンス ●ボタン操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/アンビエントマイクON・OFF/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●イヤホンの充電約1.5時間 (バッテリー容量50mAh×2) ●充電ケース (バッテリー容量550mAh/充電ポートUSB TypeC) ●6mm径ダイナミック型ドライバー ●付属品 (USB TypeCケーブル/標準イヤーピース (S/M/L)/ユーザーマニュアル) ●カラー (ブラック/コーディナルレッド/アイボリー/パールホワイト) ●1年保証
AVIOT TE-D01gv-BK ブラック
発売日:2020年 7月17日 価格:9,000円位 (2020/7/20現在)

機能説明
高音質・低遅延のコーデック aptX Adaptive
 接続環境に応じて、279kbps〜420kbps 間の最適なビットレートに可変。
音質と低遅延、接続安定性をバランス良く保つコーデック。
Soc QCC3040
 SoC とは、プロセッサコアや様々な機能を集積、連携してシステムとして機能する様に設計された集積回路の事。QCC3040は、新機能 Qualcomm TrueWireless Mirroring に対応した事で、接続の安定性が飛躍的に向上。
又、左右のイヤホンの単一アドレス化によるシームレスなロールスワッピング機能の実行により、バッテリー使用効率も最大化されている。
ロールスワッピング
 完全ワイヤレスは殆どの製品が左右が親機・子機という関係性で設計されていて、親機側の負担が大きい為、先にバッテリー切れを起こす事が運用時間の短さに繋がっていた。ロールスワッピング機能は、左右両方が親機にも子機にもなり、かつ起動時のバッテリー残量に応じて親機を指定する事で駆動時間を最適化する仕組み。



楽天市場で探す
ラベル:外音取り込み
posted by たか坊 at 05:41| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

心拍計内蔵 GPS搭載 アウトドアウォッチ ガーミン INSTINCT DUAL POWER

☆新製品
【概要】
アウトドアGPSウォッチシリーズ INSTINCT から、INSTINCTの基本性能はそのままに、ソーラー充電機能を新たに搭載した INSTINCT DUAL POWERシリーズ
- ラインナップ -
@ INSTINCT DUAL POWER 及び INSTINCT DUAL POWER CAMO EDITION (迷彩デザイン)
 ランニング、スキー・スノーボード、登山やスイミングをはじめ日常をアクティブに楽しむ為のベーシックモデル (7色展開)
A INSTINCT DUAL POWER TACTICAL EDITION
 暗視ゴーグルとの互換性やステルスモード等、ミリタリー機能を備えたワンランク上のタフネスモデル (2色展開)
B INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION (8月下旬発売)
 タイドグラフとサーフィンアクティビティ計測機能を搭載したマリンスポーツにより相応しいモデル (2色展開)

- INSTINCT DUAL POWER シリーズの特長 -
- 新機能 -
ソーラー充電機能: 太陽の下でより安定したパフォーマンスを発揮。連続稼働時間は、屋内でスマートウォッチモードの場合、最大24日、十分な太陽光を得られる環境※1 でバッテリー節約ウォッチモードなら56日以上稼働、最も消費電力を必要とする GPS+光学心拍計モードでも最大30時間に加え、ソーラー充電により最大8時間の追加稼働が可能※2
パワーマネージャー: 各種設定を変える事でバッテリーをより長持ちさせる事が可能
BODY BATTERY: 心拍数を基に計測されたストレスや睡眠等から体のエネルギー量を確認して、アクティビティを行うか、休息を取るか、その時に適した行動の参考に出来る
水中心拍対応: 光学心拍計でスイムでの心拍状態も計測出来る水中心拍に対応
釣りアクティビティ: 時計上で釣果の記録や釣り上げたポイントの登録が可能
狩猟アクティビティ: 時計上で獲物の痕跡や水源等のポイント登録が可能
- 主な継続機能 -
MIL-STD-810G準拠: 耐熱・耐衝撃・耐水をクリアした頑丈な造り
マルチGNSS (GPS/GLONASS/GALILEO/みちびき (補完信号) ) に対応: GPS単独に比べ劣悪な環境でも測位が可能
光学式心拍計: 高効率の光学モジュールと専門的なアルゴリズムを組み合わせたダブル周波数を採用。血中のヘモグロビンを測定し、心拍数を計測
ストレスレベル計測: 心拍変動からストレスレベルをモニタリング、日々のストレスレベルを確認出来る
スリープモニタリング: 浅い・深い・レム・非睡眠の各睡眠段階の内訳を確認出来る
マルチスポーツ: ランニング・サイクリング・釣り・水泳・トレッキング・スキー・スノーボードや筋力トレーニング等、内蔵されているアクティビティプロフィールを使用可能
ABCセンサー: 高度データ用の高度計、気圧を観測する気圧計、電子3軸コンパスの3つのセンサーを搭載
通知機能: 互換性のあるデバイスとのペアリングで、電子メールや SNSのメッセージ、アラート等を時計で受信可能
デュアルポジションフォーマット: 緯度/経度だけでなく、米軍をルーツに NATOで使用されてきた高精度なグリッドコード MGRSのデータを同時に表示、現在地をより正確に把握出来る

【ベーシックモデル INSTINCT DUAL POWER の仕様】
●対応アクティビティ (登山 /ランニング /バイク /プールスイム /オープンウォータースイム /スキー /マウンテンバイク /トレイルランニング /屋内バイク /トレッドミルラン /筋トレ /有酸素トレーニング /SUP /ヨガ /釣り /狩猟、他) ●稼働時間30時間+8時間※2 (GPS+光学心拍計モード)/70時間+75時間 (バッテリー最長GPSモード)/最大24日+30日 (スマートウォッチモード)/28日+40日 (Expeditionモード)/最長56日+無制限※1 (バッテリー節約ウォッチモード) ●ソーラー充電 ●パワーマネージャー ●搭載センサー (GNSS/Garmin Elevate光学式心拍計/気圧高度計/電子コンパス/加速度計/温度計) ●GNSS (GPS/GLONAS/Galileo/みちびき) ●高耐久性 (耐熱性・耐衝撃性・耐水性)/MIL規格MIL-STD-810G準拠+100m防水 ●ABCセンサー機能 (電子コンパス方位/現在地の高度/校正気圧) ●ナビゲーション機能 (トラックバック他/日本百名山のポイント情報がプレロード) ●心拍計測 (24時間自動計測/リアルタイム表示/心拍ゾーン/安静時心拍数/異常心拍アラート) ●ランニング機能 ●アウトドアレクリエーション機能 ●サイクリング機能 ●フィットネス機器/ジム機能 ●スイム機能 (光学心拍計で水中心拍にも対応) ●釣りアクティビティ ●狩猟アクティビティ ●BODY BATTERY ●高度なワークアウト ●ターゲットトレーニング ●自動ラップ ●自動ポーズ ●自動クライム ●パーチャルパートナー ●レース ●オーディオアラート ●メトロノーム機能 ●自己ベスト ●アラーム (音・振動・バックライトの選択可能/最大10件) ●カウントダウンタイマー (音・振動の選択可能) ●ストップウォッチ (ラップの取得・保存も可能) ●アラート (日の入まで/日の出まで/気圧変化/1時間毎) ●日の出・日没時刻 ●現在地の気温 ●アラート (数値が設定値や設定範囲外になった時に音や振動で通知/タイプ (心拍 /ラン・ウォーク /ペース /スピード /タイム /距離 /ピッチ /ケイデンス /カロリー /ストロークレート /高度 /近接 /カスタム他) ●LiveTrack ●Move IQ ●TrueUp ●ライフログ機能 (心拍数/歩数/移動距離/上昇階数/消費カロリー/週間運動量/睡眠/ストレスレベル等) ●睡眠モニター (浅い眠り/深い眠り/レム睡眠/昼寝は記録しない)  ●Moveアラート ●自動ゴール ●リラックスタイマー ●通知機能 (電話 /メール /SNS他)/本文も読める/テキストメッセージで返信可能 (Androidのみ)/音・振動の選択可能/通知のポップアップが消える時間 (30秒 /1分 /3分) ●カレンダー ●天気情報 ●ミュージックコントロール ●スマホ探索 ●デバイス検索 ●心拍転送モード ●Bluetooth接続アラート ●時計機能 (曜日・日付 /GPS時間と同期) ●ウォッチフェイスの変更や表示項目のカスタマイズが可能 ●半透過MIPモノクロディスプレイ (23×23mm/128×128ピクセル/太陽光の下でも見やすい)/フラッシュライトモード (白背景の画面に切り替わりバックライト点灯) ●バックライト (腕を上げる動作で点灯/点灯時間や輝度の調整可能) ●5ボタン操作 ●USB充電 (専用ケーブル使用) ●内蔵メモリ32MB ●100m防水 ●Bluetooth ●ANT+ ●Garmin Connect/Garmin Connect Mobile ●スマホでもPCでもアップロードと確認が可能 ●対応ワイヤレスセンサー (ハートレートセンサー/バイクスピード・ケイデンスセンサー/フットポッド/tempe/VIRB/inReach) ●22mm QuickFitバンド対応 ●素材 (レンズ:コーニング社製Gorilla Glass DX/ベゼル:繊維強化ポリマー/ケース:繊維強化ポリマー/ストラップ:シリコン) ●本体サイズ直径45×厚さ15.3mm/外周132〜224mm ●重さ53g ●付属品 (USB TypeB充電ケーブル/クイックスタートマニュアル) ●カラー (Graphite/Tidal Blue/Orchid/Sunburst/Flame Red/Graphite Camo/Lichen Camo)
Garmin Instinct Dual Power Graphite
発売日:2020年 7月16日 価格:46,800円位 (2020/7/18現在)

機能・用語説明
INSTINCT シリーズ
 INSTINCT は、アメリカ国防総省が定める標準規格 MIL-STD-810G (耐熱・耐衝撃・耐水) をクリアした頑丈さを誇りながら、本格スマートウォッチとしての機能も充実させる事で、デイリーユースからどんな過酷な自然環境まで、あらゆるアクティブシーンをタフに自由にスマートに楽しめるアウトドア GPSウォッチシリーズ。
ソーラー充電
 日光に当たる環境下で、圧倒的なロングバッテリーを実現。太陽の下でより安定したパフォーマンスを発揮。連続稼働時間は、屋内でスマートウォッチモードの場合、最大24日。十分な太陽光を得られる環境※1 で、バッテリー節約ウォッチモードなら56日以上稼働。最も消費電力を必要とする GPS+光学心拍計モードでも最大30時間に加えて、ソーラー充電により最大8時間の追加稼働が可能※2 。
 ※1 一日中着用、野外5万ルクスの条件下で1日3時間置いた場合、又は同ルクスの条件下で使用した場合で算出。
 ※2 5万ルクスの条件下で使用した場合。
パワーマネージャー
 設定やセンサーがどうバッテリーに影響しているかを確認出来るので、その場でバッテリーがより長持ちする様に設定を変更出来る。
釣りアクティビティ
 時計上で釣果 (釣り上げた魚の数) の記録や、GPS機能により釣り上げたポイントの登録が可能。日の出と日没の時間や方角も表示出来る。
狩猟アクティビティ
 時計上で獲物の痕跡や水源等のポイント登録が可能。日の出と日没の時間や方角も表示出来る。

INSTINCT DUAL POWER TACTICAL EDITION モデルの特長
- 継続機能 -
ナイトビジョンモード: ONにするとバックライトの輝度が低下。ゴーグルを着けている時でも画面の表示が見やすくなる。
ジャンプマスターモード: ミリタリーのガイドラインに沿って高度を計算。さらに上空でジャンプした事を自動検出し、目的地点までの下降ルートをナビゲート。
ステルスモード: GPSの軌跡や位置情報の共有を停止して、周囲への漏洩を避ける事が出来る。

IINSTINCT DUAL POWER SURF EDITION モデルの特長
- 新機能 -
サーフィンアクティビティ: サーフィンをした波の数、到達最大速度や移動距離を記録。アクティビティ中の心拍推移等も振り返る事が可能。又、アクティビティ中の消費カロリーも振り返る事が可能。
- 継続機能 -
満潮・干潮の時間を確認出来るタイドグラフを表示: GPSによる現在地は勿論、緯度経度を入力すれば任意の場所の潮汐情報もチェック可能。

※ 上記以外の機能等についてはこちらを参照して下さい >>> Garmin Instinct (1)



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 05:51| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする