2021年01月30日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 ノイズキャンセリングイヤホン Anker Soundcore Life A2 NC

☆新製品

【仕様】
●同時発売の Liberty Airシリーズ最上位モデル Soundcore Liberty Air 2 Pro と同じ Anker独自のウルトラノイズキャンセリングを搭載した、手に届きやすい価格が魅力のモデル
●連続再生最大6時間 (NCオン又は外音取り込みオン)、最大7時間 (NCオフ)/最長30時間 (NCオン又は外音取り込みオン&付属充電ケース使用)、最長35時間 (NCオフ&付属充電ケース使用) ●通話最大5時間/最長25時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/動作範囲10m ●周波数応答20Hz〜20kHz ●インピーダンス16Ω ●防水仕様 (IPX5) ●ノイズキャンセリング (ハイブリッド型/環境等に合わせて3つのモードから選べる) ●外音取り込み (音楽を聴きながら会話や公共施設のアナウンス等の外音を聴く事が可能) ●迫力の高音質 ●ハンズフリー (ノイズリダクション機能を搭載した6つのマイクで相手にあなたの声をより大きくクリアに伝える) ●片側だけで使用可能 ●イヤホンは充電ケースを開くと自動電源ON&自動ペアリング、ケースに戻し閉じると自動電源OFF ●Soundcoreアプリ (タッチ操作カスタマイズ/イコライザ設定/ノイズキャンセリングモード設定/外音取り込み設定/ファームウェア更新等) ●タップ操作 (再生・一時停止/曲送り/NC切替/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●イヤホン (10分の充電で約90分再生可能/バッテリー容量55mAh×2) ●充電ケース (充電約2時間/バッテリー容量750mAh/充電ポートUSB TypeC) ●11mm径ドライバー ●重さ約67g (充電ケース含む) ●付属品 (充電ケース/イヤーチップ [XS/S/M/L/XL]/イヤーウィング[S/M/L]/USB-C & USB-Aケーブル/クイックスタートガイド) ●カラー ブラック ●18か月+6か月 (会員登録後) 保証
Anker Soundcore Life A2 NC
発売日:2021年 1月20日 価格:10,000円位 (2021/1/30現在)

【機能・用語説明】
迫力の高音質
 11mmの大口径ドライバーが力強い低音と驚きの高音質を生み出す。
ウルトラノイズキャンセリング
 イヤホンの外側と内側に配置した2つのマイクで、周囲の音を検知し雑音を除去。周囲の環境に合わせてノイズキャンセリングの強さを変え、音楽への没入感を極限まで高める。
環境に合わせて選べるノイズキャンセリング
 自分のいる環境をアプリ上で選ぶだけで、そのシーンに最適な強度のノイズキャンセリングが起動。
  - 交通機関モード : 乗り物のエンジン音や走行音等、低周波ノイズを最小限に抑える
  - 屋内モード    : 周囲の会話等、中周波ノイズを低減する
  - 屋外モード    : 街中の環境音等のノイズを低減する
外音取り込み
 音楽を聴きながら、会話や公共施設のアナウンス等の外音を取り込んで聴く事が出来る。
  - 全ての外音    : 全ての外音を取り込む
  - 音声フォーカス  : 他の外音に比べ、音声 (会話やアナウンス等) をよりはっきり取り込む

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 価格の割にかなりいい@、いい@、不満はない@、問題ない@、悪いとは感じない@、低音強めB、クリアA、イコライザで (好きな音質に出来るC・若干の物足りなさをカバーしてくれた@)、同時発売のAir 2 Proより低音がパワフルで聞き応えがある@、元気な感じの音、少し聴き疲れするかな@、ドンシャリで低音は量感はある、高音はシャリシャリした感じ、やや軽い、ボーカルがやや埋もれやすいが、許容範囲@、素直で良い、低音から高音までしっかり出る@、AirPodsProより低音の鳴りが良くいい意味でドンシャリ感があって聞いていて楽しい@、WF-1000XM3の方がいい、デフォルトは低音が主張し過ぎで聞き疲れする@、HearIDには非対応A
NCの効き具合/性能
 思っていた以上に効く@、良く作られているなと感心@、効果は一応実感出来た@、やや弱い@、無いよりはいい程度A、優秀、イヤーピースが少し貧弱なのでコンプライに替えるとさらに良くなった@、しっかり効く、大江戸線は「超うるさい」が「ややうるさい」になる、Xperiaのオマケの方がもう少し静かになる気がする@、AirPodsProに負けず劣らずしっかり効くが風切り音がやや気になる@、AirPodsPro程ではないがエアコンのノイズ等はかなり消える@、AirPodsProの方が効きはいいが価格を考えれば満足@、思ってたより効く、エアコンの「ゴー」の音が8〜9割カットされる感じ@、周囲の音が70%程カットされてると思った@、良い、シュレッダー (約65dbらしい) の近くで使ったが低い音は完全に消えた、高い音は消えない@、結構静かになる、雨の中を歩いたが完全とは言わないまでも音を消してくれる、車の走る音は聞こえたが雨音は全く聞こえない (傘に当たる雨音は聞こる)、換気扇や暖房の空調の「ぶおぉぉん」の音が完全とは言わないまでも綺麗に消えた@、効いていない訳ではないがAirPodsProやJabra Elite 85tに劣る@、ウォークマンAシリーズ純正イヤホンと比べるとオマケ程度、期待はしない方が良い@、大きな騒音はそれなりに聞こえる@、交通機関モードは「サー」のホワイトノイズが他のモードより大きい@、急にNCが効かなくなる時がある、そんな時は耳から1回外してから着けると復活する、やや癖はあるがNCは素晴らしい@
外音取り込み
 いい感じ@、便利@、しっかり機能する@、実用範囲内@、あまり効果を感じない@、犬の散歩では必要な音は聞こえ、着けたまま他の飼い主さんと話も出来た (音楽は止める)、片耳イヤホンから移行出来そうな気がする@、控えめだが音声フォーカスモードにすれば人が普通に話す声量なら充分問題ない、AirPodsProには負けるが@、微妙、作動してるか良く分からない、風切り音がやや気になる@
装着感
 いい@、耳の奥まで入らない、落としそう@、イヤーチップが耳に合わない@、フィッティングがイマイチ@、Liberty 2 Proに似ていて、しかし軽く小振りなのでバチッと決まりとても着け心地がいい@、Liberty 2ではイヤーウィングはLを付けていたがこれはLだと小さくて耳から落ちる@、イヤーピースはAET07のLサイズを付けているがTWS用でなくともケースに収まるので結構色々と付けられそう@
Bluetooth接続
 たまに音が途切れるのは少し気になる@、ケースから取出し耳に装着した段階で接続は済んでいる@、初期設定は簡単、その後の接続は蓋を開ければ数秒で接続完了@
遅延
 動画は (全然気にならない@・感じない@・極僅かに感じたがそこまで気にはならなかった@)、AirPodsProよりは少しあるがSoundcore Life P2より少ない@
バッテリー
 持ちが (いい@・十分@)、充電時に蓋がやや煩わしい@、充電口の蓋が本体と紐で繋がっているが短過ぎて充電し難い@
通話
 電話も試したが問題は特に無い様だ@、他社製品よりマイク入力が小さい、Macのシステム設定でマイク音量を最大にしても小さい、LINEの通話テストも試したが凄く音が小さい@
操作性
 タッチ操作は長押し×2とダブルタップ×2の計4つだけ、トリプルタップも付けて欲しかった@、シングルタップ操作がない@、タッチの操作性は悪くない@、タッチ操作は慣れるととても便利と思う@、本体で音量調整が出来ない@
充電ケース
 傷が付きやすいA、イヤホンのケースへの収納は充電の接点部が磁力でズレないので安心@
不具合他
 再生中に途切れたりテンポが狂ったりする@、タップの反応が極端に悪い@、Walkman NW-A17は接続はするが音量調整不可の爆音となる (AVRCPがこれはver1.6でWalkmanが1.3)@、Walkman Aシリーズは曲の頭 (アルバム1曲目) が切れる、曲を飛ばしても切れる@、スマホで次の曲の出だしが聴こえない、毎回では無いが結構な頻度で起きる@


ラベル:NC 外音取り込み
posted by たか坊 at 10:39| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 ノイズキャンセリングイヤホン Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

☆新製品

【仕様】
●2019年11月発売 Soundcore Liberty Air 2 の進化版、音質と機能性を徹底強化した Liberty Air シリーズの最上位モデル
●連続再生最大6時間 (NCオン)、最大6.5時間 (外音取り込みオン)、最大7時間 (NCオフ)/最長21時間 (NCオン&付属充電ケース使用)、最長23時間 (外音取り込みオン&付属充電ケース使用)、最長26時間 (NCオフ&付属充電ケース使用) ●通話最大4時間/最長14時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/動作範囲10m ●周波数応答20Hz〜20kHz ●インピーダンス16Ω ●防水仕様 (IPX4) ●ノイズキャンセリング (ハイブリッド型/環境等に合わせて3つのモードから選べる) ●外音取り込み (音楽を聴きながら会話や公共施設のアナウンス等の外音を聴く事が可能) ●正確でクリアな音質 ●進化したイコライザー機能 HearID 2.0 ●ハンズフリー (ノイズリダクション機能を搭載した6つのマイクで相手にあなたの声をより大きくクリアに伝える) ●片側だけで使用可能 ●イヤホンは充電ケースを開くと自動電源ON&自動ペアリング、ケースに戻し閉じると自動電源OFF ●イヤーチップは9サイズ付属 ●Soundcoreアプリ (HearID/タッチ操作カスタマイズ/イコライザ設定/ノイズキャンセリングモード設定/外音取り込み設定/イヤーチップ装着テスト/ファームウェア更新等) ●タップ操作 (再生・一時停止/曲送り/NC切替/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●イヤホン (充電約1時間/15分の充電で約3時間再生可能/バッテリー容量55mAh×2) ●充電ケース (充電約1.5時間 [USB充電]、約2.5時間 [ワイヤレス充電]/USB TypeC充電とワイヤレス充電に対応/バッテリー容量500mAh) ●11mm径ドライバー ●重さ約62g (充電ケース含む) ●付属品 (充電ケース/イヤーチップ [XXXS/XXS/XS/S/M/M+/L/L+/XL]/USB-C & USB-Aケーブル/クイックスタートガイド) ●カラー (ブラック/ホワイト) ●18か月+6か月 (会員登録後) 保証
Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro ブラック
発売日:2021年 1月20日 価格:13,000円位 (2021/1/28現在)

【機能・用語説明】
正確でクリアな音質
 10層のナノレイヤーによる高硬度の PureNoteドライバーが、歪を抑制しクリアな音質を生み出す。
ウルトラノイズキャンセリング
 イヤホンの外側と内側に配置した2つのマイクで、周囲の音を検知し雑音を除去。周囲の環境に合わせてノイズキャンセリングの強さを変え、音楽への没入感を極限まで高める。
環境に合わせて選べるノイズキャンセリング
 自分のいる環境をアプリ上で選ぶだけで、そのシーンに最適な強度のノイズキャンセリングが起動。
  - 交通機関モード : 乗り物のエンジン音や走行音等、低周波ノイズを最小限に抑える
  - 屋内モード    : 周囲の会話等、中周波ノイズを低減する
  - 屋外モード    : 街中の環境音等のノイズを低減する
外音取り込み
 音楽を聴きながら、会話や公共施設のアナウンス等の外音を取り込んで聴く事が出来る。
  - 全ての外音    : 全ての外音を取り込む
  - 音声フォーカス  : 他の外音に比べ、音声 (会話やアナウンス等) をよりはっきり取り込む
進化したイコライザ機能 HearID 2.0
 従来の Hearing Profileの自動作成に加えて、ロックやポップ等の音楽ジャンルを掛け合わせて設定する事が可能になり、より好みに合ったサウンドを楽しめる。複数の周波数帯で利用者の聴覚感度をマッピングし結果を分析、利用者向けにパーソナライズされたイコライザ設定を作成する。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 この価格帯では最高峰@、価格の割に (有り得ない@・ホントに良い@・かなりいい@・いい@)、物凄くいい@、かなり高音質@、普通にいい@、期待通り@、好みA、文句はない@、そこまで悪くは感じない@、ドンシャリ@、迫力があるA、低音がかなり効いている@、低音強めC、音の厚みがある@、低音から高音までしっかり聞こえるB、クリアA、解像感がある@、イコライザで (好みの音に出来るC・結構音質が変わる@・多少の調整が可能@)、2、3万円のTWSを幾つか持つが遜色なく良い音、一つひとつがはっきり聞こえ、低音もしっかり鳴る、少しメリハリがあり過ぎて聴き疲れしそうだがイコライザで調整出来ると思う@、申し分ない、ドンシャリで低音が良く響く、全体的にもクリアで中々いい@、低音の広がりが良くドンシャリ、高音も綺麗に出る@、低音から高音までしっかり聴こえる、中々良い、イコライザで好みに調整出来るので低音好きも気持ち良い音が聴ける@、バンド系を聞くとドラム・ベース・ ギター・ボーカル等、各自分けられてハッキリ聴こえて非常良い@、明瞭感もあり低音もソコソコ出て良い@、及第点、人の声が聞き取りやすい感じ@、AirPodsより (良いB・遜色ない@)、AirPodsPro以上XM3未満といった所@、Liberty Air2より (低音の輪郭がくっきり@・低音が強化されている@・低音がより良く鳴る感じ@)
HearID
 耳に合わせて音を変えてくれる、より好きな音になった@、自分だけのイヤホンが出来る、合わせてプリセットされているものと組合せて非常に良い音が出る@、オーダーメイドな音質調整が出来る@、音質は並ながらHearIDでプロファイルした後は十分なHD感があってデジタルコンテンツ利用には十分@、効果は抜群、使わないのは勿体無い@、面白い@
NCの効き具合/性能
 素晴らしい@、NCイヤホンではかなり上位に入るほど強い@、価格の割にかなりいいA、いい@、しっかり効くB、強めA、そこそこ@、かなり強い、低音や環境音はかなりかき消す、高音もある程度は消してくれる、単体でNCのみで使えるので耳栓代わりにも使用可能、電車でクーラーが直接当たった時は少し風切り音が出ていた@、音楽等を流していない状態でTVの音声が僅かに聞こえる程度@、バスや電車、室内等で連続する音には効果が大、通勤中も小音量でもしっかりと音楽が聴ける@、程良く効いて不快にならない、電車の騒音や足音、太鼓の達人の叩く音等を気にならないレベルに抑えてくれた@、外音は80%程遮断される印象、音楽再生中は近くのTVの音は殆ど聞こえない@、めちゃくちゃ効く、電車内ではノイズを8割程カットする印象@、かなりの効果がある、音楽を聴いていると電車の騒音やアナウンスはほぼ聞こえなくなる@、AirPodsProと遜色ない@、AirPodsProと比べても中々良い@、AirPodsPro程は無いが10段階中7か7.5程@、AirPodsProには劣る@、交通機関モードはWF-1000XM3以上AirPodsPro以下の感じ@、AirPodsやWF-1000XM3より弱いが必要十分@、若干機械的だが不快に感じる程ではない、SENNHEISERより強めな気がする@、交通機関モードが1番物音や雑音がカットされる、AirPodsProには劣るが音楽を聴けば変わらない、ノイズが少なくAirPodsProより自然で好み@、良い感じに静寂が訪れる、3モードがあるが交通機関モードにしておけばOK、OFFの時と音質が変わらないのが良い@、街中や電車内では普通に雑音が聞こえる@、Jabra85tの60%程の効き具合、電車の音や放送の音は良く聞こえる@、イヤーピースがコンドームかと思うくらい薄い、もう少し厚かったらNCももう少し良くなると思う@、5年前購入のBOSEの半分程度、例えるならBOSEは耳栓をしたくらい、本機はティッシュを詰めたくらい@、耳栓を愛用しているが-25〜30dBの耳栓を着けた様な感覚、耳栓ほど耳奥に入れないので使用感は良い@、遮音性とNCが弱く、エアコンも空気清浄機もWindowsマシンの稼働音も家の前を通る自動車の走行音もあまり消えない@、NCオン時に若干ホワイトノイズが聞こえるが許容範囲@、音楽流さず無音時にちょっとプツプツ聞こえる気もする@、無音状態でNCオンにすると「サー」の音が聴こえるので耳栓代わりにはならないかも知れない@、NCオフ時のホワイトノイズが大きい@
外部取り込み
 素晴らしい@、音声フォーカスモードがいい@、便利@、そこそこ@、少し籠っているA、籠っている@、実用には耐えられる@、良いとは言えない@、微妙A、期待はしない方がいい@、籠った感があるが音声フォーカスモードにするとそれなりに使える感じになる@、音声フォーカスモードが素晴らしい、通常モードは少し籠った感じがするが音声フォーカスは特に籠った感じもなく音声を綺麗に拾ってくれる印象@、物凄い自然、音声フォーカスにすると話し声は聞こえるが他はカットされる、TVはBGMは軽減されて声だけ聞こえる@、目の前の音なのに電話の受話器越しに聞いてる様で違和感がある、又、常に外部取り込みオンで使うにはマイクの質が悪い、歩いてるだけで「ビョオオ」の風切り音が聞こえる@、自然だが遮音性も高くなく効果はそこまで感じない@、殆ど機能しない@
装着感
 いい@、フィットして違和感もない@、Life P2より格段に良い、耳奥に押し込まないタイプで圧迫感はほぼない、運動しても落ちる事はなさそう@、Liberty Air 2に比べイヤーチップの奥行きが若干短くフィット感は下がった@、ステムが短いAirPodsタイプで耳に合わず手放した@、同日発売のLife A2 NCの着けている事を忘れる様な感覚は得られないが悪い訳ではない@、少し大きいから耳穴がかなり小さい人は痛いかも@、イヤホン自体が少し大きいので2時間着けると耳が痛くなるが、着け方によって痛みが無い場合がある@、本体が大きくて耳が痛くなる@、付属イヤーピースはアプリのイヤーチップ装着テストでは良い結果が得られなかった、final TYPE Eが結果も良く自分には合った、密閉感はSednaEarfit XELASTECが1番だったがケースがちゃんと閉まらない@、付属イヤーピースより遮音性を増すにはfinal TYPE E 完全ワイヤレス仕様がケースにも収まりおすすめ@、イヤーピースはウレタンタイプ (IKKO i-Planet) が使用可能@、イヤーピースはComply TG-200に替えた、Ankerのイヤホンはイヤーピースを替えると化ける@、付属は音が良くないのでJVC スパイラルドット++のMを使用、MLサイズだと蓋を閉じた時に本体が擦れる、Liberty Air2よりイヤーピースの自由度は少しだけ上がった@
Bluetooth接続
 満員電車やホームで一瞬途切れた事があるが問題になる程では無さそう@、通勤ラッシュの山手線で10回以上切れた@
遅延 YouTubeではあまり感じない@
バッテリー 連続使用でバッテリーローまで4時間ちょっとで公称程は持たない@
通話
 綺麗に自分の声を拾ってくれた@、LINE電話で試したが聞き取りづらい等の問題点は挙げられなかった@、凄くいい、相手に聞いたら全然問題ないとの事@、ノートPCでZoomに使った際は雑音が酷かったがスマホでの通話は大きな不満はない@、マイクはJabra85tより劣るしLife P2の方がより明瞭@
操作性
 イヤホン操作はダブルタップと2秒押しの2パターン、左右で計4パターンだけなので操作の幅が狭い@・何に割り当てるか厳選する必要がある@、ダブルタップは少し間を空けて2回タップしないと上手く反応しない@、ワンテンポ遅れるが反応が無かったり誤検知する事はない@、タッチの反応がやや緩慢@、ダブルタップと2秒長押しは左右それぞれ設定出来る、操作には慣れが必要かもしれない@、タッチの反応が鈍くかなり強く押さないと反応しない@、タッチセンサーは丁度良い@
デザイン
 イヤホン・ケースとも高級感があるC、ケースはスライド式でとても取り出しやすい@、ケースは片手で簡単に開け閉めが出来てもう片手でイヤホンを装着出来てとても便利@、イヤホン・ケースともザラっとしたマットな質感で指紋が付きづらく良い@
不具合等
 左がほぼ常に「ジリジリ」の音が鳴る@、NCモードにすると右だけ強めの風切り音が鳴り続ける@、NCだけだと「カチカチ」鳴る、音楽を流すと気にならない程度@、上位モデルなのにaptX非対応とは知らなかった@、AndroidでもAAC対応は多いB


ラベル:外音取り込み NC
posted by たか坊 at 15:58| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

スピンバイク FITBOX 第3世代フィットネスバイク

【仕様】
●マグネット式スピンバイク ●ベルト駆動 ●マグネット式負荷調整 (負荷は8段階で調整可能) ●連続使用可能時間90分 ●適用身長 (目安) 約145〜185cm ●最大耐荷重量100kg ●静音タイプ ●簡単組立 (女性でも約25分で組立可能) ●ホイールカバー装備 ●ハンドルの高さは5段階で調整可能 (83〜95cm、3cmピッチ) ●サドルの高さは7段階で調整可能 (64〜82p、3cmピッチ)、前後も調整可能 (前後幅7cm、無段階) ●ビギナーズペダルも付属 (裸足でも使える) ●モニター搭載 (表示項目 [時間 /速度 /距離 /カロリー /心拍数]/防滴仕様 ) ●タブレットスタンド有 ●移動用キャスター装備 ●本体サイズ1130×436×1160mm ●本体重量33kg ●着せ替えシール2種類付属 ●カラー (ブラック/ホワイト) ●1年保証
FITBOX 第3世代フィットネスバイク スピンバイク ブラック
Amazon取扱開始日:2019年 5月 26日 価格:49,800円位 (2021/1/26現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
目的
 運動不足解消G、運動E、エクササイズ@、ダイエットK、有酸素運動C、トレーニングE、体力アップ@、ジムの代わりC、ジムのトップライドの代わり@、リハビリA
いい所
 自宅で出来るP、天候D・時間D に関係なく・好きな時C に出来る TVL・スマホD・映画B・Youtube@・ゲーム@・外の景色A を見ながら出来る、家族で使えるP、回転部分 (ホイール) がカバーされていて安全E、有酸素運動出来るE、連続90分使用出来るD、30分漕げば汗だくC、ストレス解消になる@、前傾姿勢用に設計されているが調整すればママチャリ的に乗れなくもない、但し前傾しないと心拍数を測る部分が少し遠い、ハンドルの持ち手の角度を変えれたり位置をずらせたり出来たら完璧だった@
サイズ感
 140cmちょいでもサドルを前にして高さ固定用ボルトを外して1番下にすれば使用可能@、155cm、問題なく使えている@、157cm、良い感じに乗れている@、180cm、サドルを1番上げてもまだ低い、クロスバイクのライポジとは程遠い@、182cm、調整幅が不足、シートポストがもう少し高く調整出来ると良い、クランク長が165mmで普段乗る自転車は175mmなので若干違和感がある、身長175cm以下なら調整幅やクランク長も丁度良いのではないだろうか@
組立
 簡単N、取説はステップ毎にグループ化され分かりやすく組立もスムースに出来た@、重くて箱から出すのが大変C、女性1人での組立は大変@、女性1人で組立出来たB、組立時間 (20分A・30分B・40分@・箱出しから片付けまで1人で60分@)
取説が不十分@・分かりづらい@
安定性/作り
 安定感があるF、安定感抜群@、スタート時は体重130kgあったが充分持ちこたえてくれた@、体重85kgが使っても安定している@、作りがしっかりしているB、軋み音もないA、サドルB・ハンドル@ がガタつく、ハンドルA・ペダル@がややガタつく、本体から少し軋む音がするのでネジを増し締めしたが改善せず、使用には問題ない@、ジムの物より多少左右の揺れが出る気もするが家庭用としては十分@、ラフに漕ぐと左右に振られるが体幹をぶらさない様に漕げば安定する@、サドルのポールが細く強く回すとギシギシと音が鳴るので思いっきり回すのが心配@、サドル・ハンドルの調整範囲が狭いA、サドル・ハンドルの調整間隔が粗いA、サドルの調整間隔が大き過ぎてベストポジションにならない@
サドル
 尻が痛くなるQ、股が痺れるG、硬いJ・細いB小さいA、カバーを付けたP、交換したE、市販の大きく痛みのないサドルに交換した@、市販品のサドルとレール幅が同じ様なので好みのサドルに交換出来そう (メジャーで計測したのみ)@、高さ調節が (面倒C・穴の位置が分かりづらく調整ノブが取り付け難いB・1度抜くと角度が定まらず入って行かないが支柱に対し直角よりやや上向きになる様に中のバーの穴もやや上目になる様に締めると入りやすい@・固過ぎる@)、調整ボルトをかなり緩めるとサドルを倒したり起こす事が出来る@
ペダル
 シューズ用と裸足用の2種類あるので使い分け出来るA、裸足で乗れるA、裸足用でも足が痛くなる@、ペダルに足を掛けて乗る時ペダルが回転して履き難い@、交換した@
静音性/駆動音
 静かS以上、とても静かS以上、ほぼ無音G、無音C、振動もない@、夜H・時間に関係なくC・マンションE・集合住宅A でも使える、TVの邪魔にならないA、自分の服の擦れる音の方が気になる程@、隣で家族が寝ていても分からない程@、
モニター
 あって良かったE、速度・距離等目安になる@、カロリー以外は妥当と思う@、カロリー表示は当てにならないD、心拍数が正確でない事がある@、心拍計の反応がやや悪い@、画面が小さいB、見づらい@、バックライトがあると良かった@、同時表示出来ると良かったA、心拍数を測る金属部分がハンドルの手前にもあると便利@、心拍計測を姿勢を起こしても使えると良かった@、取説が不十分A
タブレットスタンド
 タブレットが置ける@、大型タブレットが置ける@、iPadは1番大きいタイプでも載せられる@、タブレットが置けるが落ちない様にストッパーがあると良かった@、やや小さい@
負荷 (1が一番軽く8が一番重い)
 十分E、丁度いいB、適切で利用し易い、ジムの20段階マシンの2〜16程度と思われる@、かなり重く出来る@、運動不足もあるが69歳には負荷が高過ぎて2〜8は使えない@、ジムでは低負荷で高速で漕ぐ有酸素運動がメインだったが1でも負荷が掛かるのでギアオフのモードがあれば良かった@、スピード練習用にもっと軽いギアが欲しい@、リハビリには1でも重くて続けられなかった@、ダイエット目的なので負荷は1 @、78歳リハビリ目的で毎日4回30〜40分、負荷3から始め現在4で使用中@、もう少し軽い負荷があると良かった@、筋力維持に8で使用@、8でも軽く感じた@、負荷がもう少し欲しい@、負荷はやや軽めだが長時間漕げるから良しとする@
デザイン・他
 いいS以上、ドリンクホルダーがあると良かったF、自分でドリンクホルダーを付けた@、スマホとの連携機能が欲しいB、家族で使っているが使いたい時間がかぶる事も多く連続90分だと少し足りなく感じた@
ペダルから異音
 ペダルの締め付けはかなりしっかりとしないと漕いだ際に異音がする@、右ペダル付け根内から「カタンカタン」と異音がするのでカスタマサポートに電話、アドバイスに従い手が痛くなる程力を込め締めたら解決@、左ペダルの「コトコト」音はメールのアドバイスでネジ増し締めで解決したが右ペダルは増し締めしても「コトコト」鳴る@、ペダルの「カタカタ」音はペダルの上下カバーを外して内部の主軸に浸透潤滑剤 (300円程) を吹き掛けると無音になった@、気になる程ではないがペダルから「コクンコクン」の振動音が出る、静音性が高いので気になる時がある@、静かなだけに時々出る「ギーギー」とペダル周辺から出る音が少し残念@、ペダルを漕ぐと「カタカタ」音がして気になるB・許容範囲A
不具合
 心拍数がカウントされずハンドルを交換したが3日後に又心拍数がカウントされなくなった@、心拍数が反応せず「P」のまま@、メーターが動かず交換したが交換品は緊急ブレーキが壊れていた@、コードの接触不良でモニターが表示されずハンドルを交換@、裸足用ペダルが穴に嵌らず交換部品を送って貰った@、裸足用ペダルのネジがクランクの穴より小さくて合わない@、2か月で左ペタル故障@




posted by たか坊 at 19:30| 自転車 | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

PC用アクティブスピーカー TaoTronics Bluetooth対応 ミニサウンドバー TT-SK027JP01

【仕様】
●手頃なサイズ感とサイズを超えたスケールのサウンドで人気のミニサウンドバーシリーズのモデル ●最大14Wの高出力とデュアルパッシブラジエーター構造で、音楽や映画、ゲームプレイ等を臨場感溢れる迫力あるサウンドで楽しめる ●本体下部にゲームの雰囲気を盛り上げてくれる LEDライト搭載 ●3.5mmステレオプラグ入力に加え Bluetooth接続に対応 ●ストップウォッチ機能搭載 ●コンパクト設計、一般的に使用される19〜27インチPCモニタとの使用に収まりの良いサイズ感
●2chのサウンドバー ●実用最大出力14W (7W×2) ●ユニット構成 (52mm径フルレンジ×2+パッシブラジエーター×2/密閉型/防磁設計/防沫加工) ●周波数特性80Hz〜20KHz ●THD+N ≤1% (1KHz/0dB) ●インピーダンス8Ω ●音声入力 (ステレオミニ×1/Bluetooth) ●音声出力 (ステレオミニ×1) ●Bluetooth5.0/コーデック (SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/通信距離最大約10m ●本体下部にLEDライト搭載/3種類のライトモード (カラーカルーセル [異なる色がサイクルする]/ブリージング [異なる色が人間の呼吸に似ているリズムでサイクルする]/リズム [音楽のリズムに合わせ自動的に色と明るさが変化]/ライトオフ) ●.ストップウォッチ機能 (最大99分59秒まで1秒刻みでカウント) ●ハンズフリー (無指向性コンデンサーマイク) ●LCDディスプレイ (音量や接続モードを表示) ●本体操作 (電源/入力切替/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整 [16段階]/受話・拒否/タイマー開始・終了/ライトモード設定等) ●壁掛け可能 ●AC電源 ●サイズ幅42×高さ7.5×奥行7.5cm ●重さ1.38Kg ●付属品 (電源アダプタ/ステレオミニケーブル/取説) ●カラー ブラック ●12か月+18か月 (製品登録後) 保証
TaoTronics Bluetooth PCサウンドバー TT-SK027JP01 【Amazon.co.jp 限定】
Amazon取扱開始日:2020年 4月 2日 価格:5,999円 (2021/1/23現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質 (PCと有線接続)
 いいB、満足A、十分@、価格の割に中々の音質と音量@、そこまで悪くない@、悪い@、同価格帯のロジクールと比べるとスカスカ@、低音は出ないが中高音はとても良い@、低音を期待してはいけないが中高音は綺麗@、低音が弱くボーカルが際立っている@、低音はそこまで出ないがPC用には十分かな@、低音がややイマイチだが価格相応と思う@、とても聞きやすい、低音はやや物足りないが居間で聞くには最高@、バランスが良く低音やや弱めだがちゃんと聴こえる、価格を考えたらかなり良い、ゲームには充分だがFPSは流石に定位が掴めない音楽は多少物足りなさを感じる@、クリアで音の広がりがとても良い@、やや低音寄りで迫力がある、解像度は悪くはないが価格相応@
音質 (TVと有線接続)
 価格の割にいい@、普通@、それなり(プロジェクターに有線接続)@、クリア@、TV内蔵より良く高音から低音までしっかり聞こえ迫力がある@、フラットな印象、低音もある程度出ていて音楽にも適していると思う@、クリア、サイズ比で考慮すれば低音も効いてる@、ブラビア40インチでは伸びのあるボーカルがいい、重低音を効かせたいなら他を選んだ方が良い@、TV内蔵よりは断然いいがもっと低音が欲しい@、ブラビア内蔵と変わらない@、大型TV内蔵とそれほど変わらない@、TV内蔵とあまり変わらない@、TV内蔵よりはマシな程度@、奥行のある音で臨場感たっぷり@、TVからも音を出してダブルで音を出しているがとても臨場感がある、中高域はとても良い@
音質 (不明)
 十分@、高音質@、価格の割にいいB、軽い@、良くない@、悪い@、Creativeの千円台の物に負けている@、低音から高音までバランスの取れたサウンド@、高音・低音のバランスがいい@、中高音が綺麗なのでボーカルが聴き取りやすい、重低音ではないがちゃんと低音も出る@、中高音で聴くにはとても良い@、低音は重くないが籠りもなく聞き心地は良い@、大変いい、沈み込むズシッとした低音はあまりなく、聞き取りやすい部分に寄せたチューニング、広がる様なサウンドは楽しめる@、価格の割に低音は出ているし普通の曲を聴く分には十分過ぎる@、低音が重く響き中音も曇らない、高音がもう少し伸びが在ればと思うがこの価格で文句は言えない@、銃声音等の低音はうるさいくらい響く、音も悪くなく価格相応@、低音が強い訳ではないのにバランスが何とも言えない、特にボーカルが聞きづらい@、歌詞を綺麗に聞き取る事は難しい@、期待していたサラウンド感が無くて残念@
ノイズ
 AUX接続で (消音時のホワイトノイズが気になる@・若干だがホワイトノイズがある@・ノイズが結構ある@)、AUX接続で消音時に「サー」のノイズがやや気になるが電源を落とせばいいだけの話@、Bluetooth接続では気にならない程度@
音量
 大雑把、2では聞こえず、3だと寝るにはうるさ過ぎる (Bluetooth接続)@、大雑把、1〜2は使い物にならず、3は小さ過ぎ、4は大き過ぎる、5以降は環境次第で近所迷惑なレベル、AUX接続のモニタは4、Bluetooth接続のDAPは3で妥協している@、14畳の部屋でも充分な音量 (iPhone)@、かなり大きな音が出せる@、音量の出し過ぎには注意が必要なくらい音量が大きい (TV)@、音量最大でも音が割れない (PC)@、音量はかなり大きく出るし音割れもしない@、Bluetooth接続時の音量が大きい、他のイヤホンはもっと小さいのでバランス取りづらい@、かなり大きくなりやすいので設定時は注意が必要 (iPhoneとBluetooth接続)@、PS5でブルーレイを見たら音量最大でも少し小さい@
Bluetooth接続
 接続は安定しているA、問題ないA、ペアリングが (簡単C・速い@・スムーズ@・スマホとの接続は簡単@)、1度ペアリングすればあとは電源を入れるだけでいい@、動画は遅延が気になるA、遅延が気になる@、遅延がある@
操作性
 PCを落とした後も電源を長押しで切る必要がある@、電源を一々切らないといけないのは面倒@、電源を押さなければ起動しない@、電源オンオフが長押しで面倒な上にやや固い@、リモコンがあると良かったA、iPhoneの音楽を再生すると爆音、リモコンがないので一々音量を下げに行かねばならない@、LINE入力とBluetoothの切替は電源ボタンで簡単に出来るA、電源ボタンを押す度にBluetoothとLINE入力が切り替わる@、起動音は (そこまで大きくなく気にならない@・音は大きくない@・電源オンオフ時の音はとても小さい@)、音量調整は16段階あるA
LEDライト機能
 楽しいA、綺麗A、いいB、眩しいA、必要ないA、オフに出来るB、デフォルトが点灯で何回かスイッチを押さないと消灯出来ない@、面白い、好みの単色を選べるともっと良かった@、1色に固定出来たら尚良かった@、好きな色に変更は出来ない@、ちょっとした間接照明代わりに使える、音楽のリズムに合わせて色が変わるリズムモードがお気に入り@、結構綺麗に光る、光り方が3種類ありブリージングモードが光の間隔と自分の呼吸が合っているからなのか見ていてとても心地良い@
デザイン・他
 いいF、サイズ感が良くキーボードとモニタの間に置くととてもバランスがいい@、27インチのモニタの幅で丁度良かった@、27インチのモニタの2/3程の横幅@、時計表示が出来ると良かったG、LCDディスプレイは非表示に出来ないB、LINE・BTの表示が常に表示されているが消せない@、取説が分かりづらいB、AUXの入力と出力がありかつ通話機能がある@、オンラインMTGでテスト、ZoomとGoogle Hangout (Chrome) は問題なく使えた、Hangout (firefox) は繋がらなかった@ 
不具合
 3か月で音が出なくなった@、音が出なくなった@、2か月で電源が入らなくなった@、PC起動後に中々認識しない、電源を何度か押さない接続出来なかったりする@、Bluetooth接続しPC側で音量を上げ下げしても変化なし@、音量調整がスマホからだとあまり上手く行かない@、TVの音量通常で本機の音量を上げると「キーン」と高音ノイズが耳障り、TVの音量を上げ本機の音量を下げたら気にならなくなった、その後カスタマーセンターから連絡があり返金対応になった@、AUXケーブルが入ってなかった@


posted by たか坊 at 14:41| アクティブスピーカー | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

テレビ用ネックスピーカー JVC SP-A7WT NAGARAKU

【仕様】
●首に掛けるだけでTVの “ながら見” や 音楽の “ながら聴き”、ハンズフリー通話による ”ながら通話” が出来るネックスピーカー ●TV音声用の Bluetooth送信機を付属、TVの音声を耳元でクリアな音声で聴けるので深夜でも音量を気にせずTV鑑賞が楽しめる (※TVにUSB端子がない場合、市販のUSB変換ACアダプタ等が必要) ●低遅延コーデック aptX Low Latencyに対応、映像と再生音声のズレを抑えて違和感なくTV視聴や動画再生を楽しめる ●キッチンでの水しぶきや外出時の雨を気にせず使える生活防水対応 ●装着している事を忘れる程の軽量設計 (約83g) により長時間装用も快適 ●内蔵バッテリーで約15時間の連続再生を実現 ●パッシブラジエーターを搭載、コンパクトサイズながらクリアで豊かな高音質サウンドを実現 ●本体からスマホの音声アシスタント機能の起動や接続機器の音量調整・再生/一時停止・曲送り/戻し等のリモート操作が可能 ●ハンズフリー通話に対応したマイクを搭載、テレワークでのWEB会議にも使用出来る ●SP-A7WT を追加すれば2台同時に同じTVの音声を楽しめる (2台接続時は aptX Low Latencyには非対応)
●首に掛けて使うウェアラブル Bluetoohスピーカー (ネックスピーカー) ●連続再生約15時間 ●生活防水仕様 (IPX4) ●スピーカーユニット (メインスピーカー20×15mm×2+パッシブラジエーター20×15mm×2) ●再生周波数帯域20Hz〜20kHz ●Bluetooth5.0/コーデック (aptX /aptX LL /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/Class 2/最大通信距離約10m/SCMS-T方式 ●Bluetooth機能のないTV用にBluetooth送信機が付属 (TVのヘッドホン端子と給電の為にUSB端子に接続) ●軽量設計 ●ハンズフリー ●サウンドバイブレーションモード (音に合わせて振動を身体に伝える機能、機能のON・OFFが可能) ●英語音声ガイダンス ●本体操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●充電約3時間 (充電中は使用不能) ●重さ約83g ●同梱品 (本体 SP-A7W/Bluetooth送信機 ZM-A7TX/充電用USBケーブル/オーディオケーブル) ●カラー (ブラック/ホワイトは2021年1月下旬発売) ●1年保証
JVC ウェアラブルワイヤレススピーカー SP-A7WT NAGARAKU ブラック
発売日:2019年11月下旬 価格:12,500円位 (2021/1/21現在)



【購入者からの情報】 〇数字は人数
装着感
 軽いR、とても軽いD、軽くて掛けている事を忘れる程G、とても軽量で特に首後ろは極細で薄着でも装着時にゴツゴツ感なし@、とても軽いので長時間でも肩が凝ったりはしない@、いいA、首周りはソフトなゴム素材で違和感なく装着出来る@、冬は冷たいのでハンカチで包んでいる@、7月以降はずっと首に掛けているとやや首周りが熱くなる@、首回りにやや煩わしさを感じる@、体を後ろに傾けると落ちるA、イヤホンやヘッドホンよりいい (耳を塞がないB・耳が痛くならないA・耳の負担がないA・圧迫感・閉塞感がない@・拘束感がない@・耳が蒸れない@・遥かに楽@・解放感がいい@・咀嚼時の違和感がない@)
音質
 申し分ない@、いいA、思ったより良かったA、そこそこいい@、悪くない@、まあこんなものって言う感じ@、残念@、シャカシャカして悪い@、ニュースやドラマは聞きやすくていいB、台詞や声は良く聞こえるB、音がハッキリ聴こえる@、クリア@、低音/重低音は (期待出来ないE・出ないA・弱いB・軽い@・薄い@・迫力が物足りない@・イマイチ@)、音楽鑑賞には不向きD、イヤホン+電波ラジオよりずっと良い@、PCでradioを室内移動時に手軽に聞くには充分@、低音はイコライザーでブーストしてもあまり変わらないが中高音は綺麗、ステレオ感のある曲は広がりも良くて気持ちいい@、音楽を聴くと音が耳元で広がるのが心地いい、充分楽しめる@、広がりがある@、臨場感がある@、音の良いスマホを両耳のそばで鳴らしている様な音質と言えばピッタリかも@、首元で音が鳴るスピーカー、それ以上もそれ以下もない@、スマホで直接聞くよりは音が良い@、Boseより圧倒的に軽いが音質は比べ物にならない@、ヘッドホンより物凄く悪い@、小音量で聴くと意外と音が良い、低音は足りないが音楽鑑賞にも充分耐える、ただ少し音量を上げるとうるさくて聴いてられない@、最大音量では音割れする@、再生音と共に微かにホワイトノイズが乗るが慣れると気にならない@、曲によってはバスドラに合わせて鎖骨がビリビリ来る@、音量大きくすると首にビリビリ来る@、低音の振動で首がくすぐったい時がある@、超低音で筐体がビリビリ振動するが鎖骨に響き非常に不快@
音量
 もう少し欲しいB、問題ない@、最大音量が小さい、TV (イヤホン端子に接続) も本機も音量最大にしてもややうるさい程度@、TVのヘッドホン音量設定を最大にしたらかなり大きくなる@、シャープの物とはほぼ同程度、TVの設定が標準だと小さいが設定を変えると普通に聞ける様になった@、本機の音量を最大にしてTVの音量も相当上げないと満足いく音量にならない@、TVは普段の倍に設定しないと小さくて聞こえない、iPhoneは最大音量でも小さくて聞こえない@、もう少し音を絞っても聴こえるかと思ったが周りの状況次第@、AQUOSに使用、付属送信機だと音が小さいが手持ち中国製送信機に替えたら倍以上の音量が出る@、TVでは音量が小さい為、別途光接続出来る送信機を購入したA、送信機は別物に替えた@、耳の遠い母@・80才過ぎの人@ には音が小さかった、耳が少し悪い母のTV用に喜ばれた@、TVと両方音を出したいがTVを爆音にしないと本機の音が聞き取りづらい@、最低音量が小さく取れるのがいい (特にiPhone)、真夜中に1人静かに聴ける@
ペアリング (初期設定)
 簡単C、1度ペアリングすれば以降は本機の電源オンですぐ繋がるC、認識も問題ない@、ペアリング・初期設定出来ない (カスタマーサポートへ連絡して解決B・電源を別に用意したら出来た@・送信機を替えたら出来た@・繋がらない@)、携帯はスムーズに繋がるがTVとのペアリングは認識しない、USBが背後ある所為か?@、中々出来ない、出来ても又出来なくなったりTVから音が出なくなったりする@、2台目を接続するのがやや難しい@、複数機器とペアリングしていると繋ぎ替えるのがやや面倒、機器の方から呼び出したり切断したりするのがいい@、ペアリング時のアナウンスが静か@、取説が分かりづらいB、ウォークマンとは相性が悪い、ペアリング時に認識するが「設定しています」の表示が延々続き、時間切れで落ちる、別のウォークマンは認識し設定も完了して聞こうとすると接続が切れる@
Bluetooth接続の安定性
 1階から2階まで離れても大丈夫B、家のどこでも途切れない@、CM中にトイレ等に行っても聞こえる@、隣の部屋に移動しても途切れない@、TVから直線で5m弱離れたキッチンは問題ない、遮蔽性の良いマンションでWi-Fiが届き難いトイレもギリ聴こえる、電子レンジ使用時もそれほどには途切れない@、有効エリアが狭く又他の電波の影響を受けやすい感じ@、木造家で3m隣の部屋で聞こえない@、送信機がTVの裏では受信出来なかったが手前に置ける様に延長コードを購入して使ったら少し離れた所へ移動しても聞こえる@、ちょくちょく切断する@、プツプツ途切れる事がある@、PCとの接続がイマイチ@、さほど距離が離れてないのに良く途切れる、他のBluetooth製品より途切れやすい@、TVでクラシックを聴いていると弱音の所で入力信号が小さ過ぎてオートオフが働き音が途切れ途切れになる@、「音が小さい」「離れると音が途切れる」「付属送信機が使えない」と感じたらTV側のヘッドホン音量を上げる事を勧める@
TV視聴時の遅延
 全く感じない@、殆ど気にならない@、気にする程ではない@、aptX LL (全く感じない@・ない@・気にならない@・家族で自分だけ耳が遠いのでTV用に購入したが家人から「音が微妙にずれてイライラする」と言われた@)
バッテリー
 持ちがいいE、1日3時間程の使用で1週間使えた@、1日2時間の使用で充電は週1回で済む@、業務中ずっと音楽掛けっ放しでも電池切れにならない@、バッテリーがHighかMediumか電源入れると教えてくれる、アナウンスは英語@、モバイルバッテリーで充電も出来る@、バッテリー残量が色で分かる@、充電はUSB TypeCじゃない@、充電中も使えたら良かった@、充電完了が分からない@
操作性
 簡単B、音量と電源の3つのボタンを手探りで操作しなければならず操作しづらいB、ボタンが小さいA、ボタン同志が近過ぎるA、電源入/切時の英語アナウンスが大音量でなくていい@、音量ボタンを押した時に小さな「コッ」音がして分かりやすい@、インジケータが首元で点滅して暗い部屋だと目障り@ 
音漏れ
 周りが静かだと気になる@、そばに人がいると気になる@、意外と音漏れするA、同じ部屋に居れば良く聞こえるA、同じ部屋で聞こえない様に使うのは無理@、それなりの大きさで聞くと周りにダダ漏れする@、いい音で聞くには音を大きくしないと物足りないがダダ漏れする@、音を大きくすると周りに聞こえてしまうA、普通のスピーカーを鳴らすのとあまり変わらないかもと思ってしまう程@
通話
 Web会議用、スピーカーもマイクも音質はクリアで問題無く使えているが、音漏れは大きく会話内容は外に丸聞こえ状態、普通のスピーカーでも良かったかなとも感じる@、WEB会議用、マイク性能も良く快適に利用している、音量を下げたままでも十分聞こえる、少し離れた所では会話の内容までは分からない様だ@、2か月使用、TV会議中、普通の音量で話しても相手にしっかり伝わる、雑音が入り難い、スピーカーやマイクの遅延があまりない様に感じる、たまにBluetoothの接続状態なのに音声とマイクが切れ再接続しないと復活しない、音質は普通@、主にMacでビデオ会議に使用、音質がいいわけではないが過不足なく役割を果たしてくれる@、電話が来るとボタン1つで受けられそのまま会話が出来るので在宅勤務の通話で大活躍、双方の会話はとてもクリア@、音量調整はSkype等では本体ではなくPC等の機器側で操作する必要がある@、ハンズフリー通話は音が小さ過ぎて使い物にならなかった@
その他
 サイクリングE・自転車通勤@・ランニング@・ウォーキング@・散歩@・釣り@・家事B に最適、周囲の音B・家族の声@が良く聞こえる、食事の支度をしながらTVがはっきり聞こえる、好きな番組を録画する必要がなくなった@、送信機はPCでも利用可能、PCで使う場合ケーブルは不要、USB接続するだけでPCの音を本機で再生出来る、本機のマイクをPCで使いたい場合はBluetooth接続する必要がある、マイクで拾った音声をPCへ送る事は出来ない@
不具合・他
 突如電源が落ちオンにならない、修理後1週間で同じ症状、新品交換後、又同じ症状@、2日で突然電源が落ち充電も出来ず電源も入らない、交換品も2日目に同じ症状@、1か月で電源が入らなくなり交換、2か月で同じ症状@、突然電源が落ちオンにならないC、反応しなくなった@、音が出なくなった@、通話中に壊れた@、音量調整が効かない、右の音量が高く左が低い@、ネジ隠しのゴムキャップが取れた@、1か月でLEDが点かなくなった@、電源ボタン長押しでオフにならない事がある@、電源オン/オフが長押ししても中々反応しない事がある@、電源が入らない充電してもすぐランプが点かず3分程してランプが点灯、どうやら完全放電していた様だ@、Android TVで地上波を観てる時は繋がるがTV内にインストールしてるAmazonVideo・Hulu・YouTube等には繋げる事が出来なかった@

楽天市場で探す

posted by たか坊 at 16:22| テレビ用スピーカー | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

テレビ用スピーカー ボーズ Smart Soundbar 300

☆新製品

【仕様】
●TV・映画・音楽・ゲームの為の、拡がりのあるサウンド、クリアな台詞やトーク、豊かな低音が特長の Boseのスマートスピーカー/サウンドバーシリーズの製品 ●前面と側面に配置された4基のフルレンジドライバーが拡がりのある、包み込む様なオーディオを実現、中央に配置されたツイーターがトークや台詞をクリアに再生、Quiet Port テクノロジーがよりクリアで滑らかな低音を実現 ●再生中のコンテンツを自動分析、コンテンツに合わせてサウンドをリアルタイムに最適化 ●Amazon Alexa と Googleアシスタント搭載、本機で大音量の音楽を流してもどの方向からでもユーザーの声を聞き取る ●Voice4Video で Alexaの機能を拡張、音声コマンド1つで本機・TV・ケーブルTV・衛星放送のチューナーの操作が可能 ●Wi-Fi、Bluetooth、Spotify Connect、Apple AirPlay 2 対応、Amazon Music・Spotify・Apple Music・TuneIn 等の音楽配信サービスやスマホ等にある音楽を再生出来る ●簡単接続・簡単操作、光デジタルケーブル又は HDMIケーブル1本でTVと接続出来る ●Boseスマートシリーズ対応製品、シリーズ製品内でワイヤレスでの連携が可能、複数の製品をグループ化すれば家中で音楽をシームレスに再生出来る、又 SimpleSyncテクノロジーで対象の Boseポータブル Bluetoothスピーカーと1対1でペアリングする事も可能 ●別売のベースモジュールやサラウンドスピーカーを追加すればホームシアターシステムを構築出来る ●高さ僅か6cmのスリムサイズ、TV画面の下にすっきり収まり、壁掛けも可能 (壁掛け用ブラケットは別売) ●Bose Music アプリ対応
●TVとの接続方法は2通り (HDMI ARC 又は光デジタル)/HDMI ARC接続時はTVのリモコンで本機の電源・音量・ミュート操作が可能 (HDMI CEC)/光デジタル接続時は自動ウェイク機能有り ●Wi-Fi 802.11ac (Wi-Fi機能のON・OFF可能) ●Bluetooth4.2 (通信距離最大9m/マルチペアリング [最大8台] ) ●Spotify Connect ●AirPlay 2 ●Amazon Alexa/Googleアシスタント搭載 (呼び掛けるかアクションボタンをタップする) ●Voice4Video ●Quiet Port テクノロジー ●リアルタイム調整 ●低音強調 ●ダイアログモード ●他社製リモコンをプログラムする ●マルチルーム再生 ●SimpleSyncテクノロジー ●Bose Music アプリ (低音調整/ダイアログモードON・OFF/自動ウェイクON・OFF/自動電源OFFのON・OFF/Googleアシスタント・Amazon Alexaの設定/Voice4Videoの設定/音楽のストリーミング再生/プリセットの設定/音声ガイドの言語選択/本機の設定/アップデート等) ●本体操作 (マイクON・OFF/アクションボタン [Amazon Alexa・Googleアシスタント起動他] ) ●リモコン操作 (電源ON・OFF/音量調整/ミュートON・OFF/TV/Bluetooth/Bose Musicアプリ/再生・一時停止、トラック送り・戻し等) ●本体前面のLEDライトバーに状態を表示 (Wi-Fiの状態/Bluetoothの状態/音声アシスタントの状態/メディアの再生と音量操作時の状態等) ●素材 (本体:プレミアムプラスチック/前面:メタルグリル) ●サイズ69.5×5.6×10.3cm ●重さ3.2kg ●付属品 (専用リモコン [W40×H105×D12mm]/電源コード [1.52m]/光デジタルケーブル [1.52m]/クイックスタートガイド) ●カラー ブラック
Bose Smart Soundbar 300
発売日:2021年 1月14日 価格:53,900円位 (2021/1/19現在)

【機能・用語説明】
Quiet Port テクノロジー
 正確に配置されたマイクロスクリーンが歪を大幅に除去、よりクリアで滑らかな低音を実現。
リアルタイム調整
 映画・音楽・TV番組・ゲーム等、専用ソフトウェアが再生中のコンテンツを自動で分析、コンテンツに合わせてサウンドを最適化。
優れた集音性
 本機で大音量の音楽を再生しても、マイクシステムがノイズを低減して、どの方向からでもユーザーの声を逃さない。又マイクボタンで音声認識をいつでも無効に出来る。
Bose独自の Voice4Video テクノロジーで Alexaの音声機能を拡張
 音声コマンドで本機の操作に加え、TVやケーブルTV、衛星放送のチューナーの操作が可能。Alexaに話し掛けるだけで、TVの電源をオンにしたり、お気に入りのチャンネルに切り替えたり出来る。「アレクサ、チャンネル1を見せて」と話し掛けるだけですぐに番組を楽しめる。
HDMI ARC + 光デジタル接続
 付属の光デジタルケーブル又は別売の HDMIケーブル1本でTVと接続する事が出来る。本機をTVに接続し、電源を接続して、電源をオンにするだけ。その後、Bose Musicアプリをダウンロードすれば、本機のセットアップや Wi-Fiへの接続、音声アシスタントの選択が出来る。
SimpleSync テクノロジー
 本機を Boseの他の対応製品と接続する事が可能。TVを見たいが、他の人の邪魔をしたくない、そんな時は、本機を Boseの対応ヘッドホンと接続すれば、パーソナルなTV視聴が楽しめる。同時に2つの部屋で同じ音楽を楽しみたい場合は、本機を Boseの Bluetoothスピーカーに接続すれば、家の他の場所でも音楽を楽しめる。
自動ウェイク機能 (光デジタル接続のみ)
 音声信号を受信する度に本機の電源がオンになる様に設定出来る。機能の有効/無効の切替が可能。
ダイアログモード
 映画・TV番組・ポッドキャスト等の台詞やボーカルが明瞭になる様に、本機のオーディオバランスを調整する機能。
他社製リモコンをプログラムする
 CATV/BS/CS用チューナー等の他社製 IR (赤外線) リモコンをプログラムして本機を操作する事が出来る。プログラムが完了すると、電源オン/オフや音量等、本機の基本的な機能を他社製リモコンで操作出来る様になる。
※ 全ての他社製リモコンに対応しているわけではない。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 11:32| テレビ用スピーカー | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

完全ワイヤレス Bluetooth5.2 イヤホン AVIOT TE-BD21j

☆新製品

【仕様】
●音楽性と情報量を極めた新設計ハイブリッドトリプルドライバー搭載、完全ワイヤレス最高レベルの音質を目指して造られた 2019年8月発売の TE-BD21f をフルモデルチェンジ、鮮やかに拡がるサウンドステージ、中心でスッと立ち上がるボーカル、打楽器だけでなく繊細なストリングスの響きまでもが、眼前に鮮明に浮かび上がる至高の体験が出来る ●イヤホンの外装ケースを限界まで小型化 ●⾼⾳質・低遅延コーデック aptX Adaptive に対応 ●接続安定性を高める新技術 TrueWireless Mirroring ●質感にも拘りイヤホンには無垢のジュラルミンから削り出したパーツを、充電ケースには外装全面に航空機グレードの高品位ジュラルミン素材を使用 ●最大9時間の連続再生を実現、ケース込で最長45時間の再生が可能 ●高感度ながらエラーの少ない高性能タッチセンサーで耳を圧迫する事無く基本操作が簡単・快適 ●ハンズフリーでスマホでの通話は勿論、PCでのテレワーク中のWeb会議や仲間とのオンライン会話もストレスフリーに楽しめる ●抜群の着け心地とパッシブノイズアイソレーション効果で快適な音楽体験が出来る ●アンビエントマイク (外音取り込み) 機能を搭載、内蔵マイクでイヤホンを装着したまま周囲の音を取り込める、ジョギング中の周囲の環境音や室内でのちょっとした呼び掛けもイヤホンを外す事なく聞く事が出来る ●汗や突然の雨にも安心な IPX4 防滴性能 ●イヤホンを紛失しない様に両方を繋ぐストラップが付属、ランニング等のスポーツ時でも落下の心配をせず安心して使える ●AVIOT SOUND XXX アプリに対応
●連続再生最大9時間/最長45時間 (付属充電ケース使用)/※ aptX又はaptX Adaptive接続時は2〜3割再生時間は短くなる ●通話最大6時間 ●カナル型 ●Bluetooth5.2/コーデック (AAC /aptX /aptX Adaptive /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/マルチペアリング (最大4台) ●感度92±3dB ●インピーダンス32Ω ●防滴仕様 (IPX4) ●SoC QCC3040 ●ハイブリッド型ドライバー (8mm径ダイナミック型+デュアルバランスドアーマチュア型) ●TrueWireless Mirroring (左右同時接続技術) ●アンビエントマイク (外音取り込み機能、L側ボタン2秒長押し+ガイドボイスのあと指を離すとアンビエントマイクのON・OFFが切り替えられる) ●ハンズフリー (高感度MEMSマイク/cVcノイズキャンセリング) ●左右どちらでも単独で使用可能 ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング、ケースに収納すれば自動電源OFF ●日本語音声ガイダンス ●AVIOT SOUND XXXアプリ (音楽音量の設定/10バンドイコライザー設定/GPS機能 [イヤホン紛失時の接続解除履歴確認]/タッチセンサーのコントロール設定/外音取り込み時の音楽音量レベル設定/ファームウェアアップデート等) ●タップ操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/アンビエントマイクON・OFF/受話等) ●イヤホンの充電 約1.5時間 (バッテリー容量50mAh×2) ●充電ケース (バッテリー容量500mAh/充電ポートUSB TypeC/スライド式ドア) ●イヤホンの重さ5.2g×2 ●付属品 (USB TypeCケーブル/標準イヤーピース [S/M/L]/フォームイヤピース [S/M/L]/ポーチ/紛失防止用ストラップ/取説) ●カラー (ブラック/シルバー/メタリックレッド) ●1年保証
AVIOT TE-BD21j トゥルーワイヤレスイヤホン ブラック
発売日:2020年12月27日 価格:14,700円位 (2021/1/17現在)

【機能・用語説明】
音楽性と情報量を極めた新設計ハイブリッドトリプルドライバー
 ハイブリッドトリプルドライバーを搭載し、高い評価を得た TE-BD21fをフルモデルチェンジ。TE-BD21jにも、3基のドライバーを搭載したハイブリッドトリプルドライバーを採用。ダイナミックドライバーには、応答性を高める為に敢えて僅かに径を小さくした超軽量・高剛性 PET チタンコンポジット振動版を使用。バランスドアマチュアドライバーには、高性能ダイナミックドライバーとのマッチングをコンピューターで精密に解析するのと同時に、AVIOTのエンジニアが長時間のテストを行って厳選、0.1dBオーダーのチューニングを実施。中高音域の情報量を増やしながら、クロスオーバー帯域での歪み感を極限まで減らす事に成功。又、サウンドステージ等に影響する位相ズレを無くす為、PCBにダクトホールを設けたり、各ドライバーをイヤホンケース内に、0.01mmオーダーで最適に配置する等、AVIOTが持てる高度な音響技術の全てを組み入れた。鮮やかに拡がるサウンドステージ、中心でスッと立ち上がるボーカル、そして打楽器だけでなく繊細なストリングスの響きまでもが、眼前に鮮明に浮かび上がる至高の体験が出来る筈。ハイブリッドトリプルドライバーの能力を引き出す為に、少なくとも30〜50時間程のエージングをお勧め。僅かな変化に感じられるかも知れないが、音の成長・熟成を楽しんで頂ける筈。
⾼⾳質・低遅延コーデック aptX Adaptive
 データ量が多く、より生の音に近い⾼⾳質再⽣と低遅延を実現するコーデック aptX。⼀⽅でデータ量の多さが故に、電⾞内や繁華街等、強い電波が⾶び交う環境では、⼲渉を受けやすい⼀⾯がある。そこで AVIOTは、電波の混雑具合や伝送データ量に応じてリアルタイムに転送ビットレートを可変させ、高音質を維持しながら、より⾼い接続安定性を実現する aptX Adaptiveを採用。動画再⽣やゲームでも力を発揮する低遅延性能も併せ持つ新しいコーデック。
※ 対応する Android端末が必要。
接続安定性を高める、新技術 Qualcomm TrueWireless Mirroring
 クアルコムの最新 SoCを搭載する完全ワイヤレスに、スマホ等の音楽プレーヤーとの高品位な左右同時接続を実現する新技術が搭載されている。音楽プレーヤー機器に対して片方のイヤホンを親機として接続後、もう片方の子機のイヤホンに左右反対側の信号をミラーリングしながら送り出す。オーディオ信号の伝送ロスが発生しない様、随時ロールスワッピングを行う事で音途切れやノイズによるストレスのないリスニング体験を可能にする。
本物の音には、本物の素材を
 音質だけでなく、質感や手触りの良さにも拘った。例えば、イヤホンのローレット部には重量増加を承知の上で、無垢のジュラルミンから削り出したパーツを採用。指の滑りを抑え、装着のしやすさに寄与するだけでなく、非磁性体のジュラルミンは、外来ノイズの侵入を防ぐ効果も期待出来る。ユニークなスライド式ドアの充電ケースにも、外装全面に航空機グレードの高品位ジュラルミン素材を使用。高い堅牢性でイヤホンを守り、スムースな開閉機構と相まって、プレミアムなイヤホンに相応しい高級感を演出している。
抜群の着け心地とパッシブノイズアイソレーション効果で快適な音楽体験が出来る
 AVIOT が持つ 1,000人を超える日本人の耳形状に関するデータベースを活用して造り上げた、耳にしっかりフィットするイヤホン本体と、付属フォームイヤーピース※ を併用する事で、遮音性を高めパッシブノイズアイソレーション効果も実感出来る。※ 低反発素材を採用、フィット感・密閉感・遮音性の高いイヤーピース。

楽天市場で探す


ラベル:外音取り込み
posted by たか坊 at 21:06| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

スピンバイク FITBOX LITE 第3世代フィットネスバイク

【仕様】
●マグネット式スピンバイク ●ベルト駆動 ●マグネット式負荷調整 (負荷は8段階で調整可能) ●連続使用可能時間90分 ●適用身長 (目安) 約145〜185cm ●最大耐荷重量100kg ●静音タイプ ●コンパクトサイズ (FITBOX無印より 約25%サイズダウン) ●簡単組立 (女性でも約25分で組立可能) ●ホイールカバー装備 ●ハンドルの高さは5段階で調整可能 (83〜95cm、3cmピッチ) ●サドルの高さは7段階で調整可能 (64〜82p、3cmピッチ)、前後も調整可能 (前後幅7cm、無段階) ●ビギナーズペダル (裸足でも使える) ●モニター無し ●タブレットスタンド有 ●移動用キャスター装備 ●本体サイズ幅430×奥行930×高さ1070mm ●本体重量26kg ●着せ替えシール2種類付属 ●カラー ブラック ●1年保証
FITBOX LITE 第3世代フィットネスバイク スピンバイク
Amazon取扱開始日:2020年 7月 8日 価格:34,800円位 (2021/1/15現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
サイズ感
 170cm (サドルが低過ぎる@・やや低い@)、171cm、サドルを最高にしても膝は曲がりっ放し@、172p (サドル最高でも微妙に足りない@・足が伸び切らない、ピンと足を張るには168cm以下でないと厳しそう@、ロードバイクと同じポジションにするには高さが数cm足りない、Rinsten Springを追加してサドルを5cm程上げた@)、173p (足を完全に伸ばす事が出来ない@・やや高さが足りないA・ロードバイクと同じセッティングにしようとすると足りない@、ロードバイクのセッティングにサドルの高さが5〜7cm足りない、前傾姿勢前提のスピンバイクだが街乗り中心のクロスバイク程度のセッティングが限界@)、174cm、サドルがあと5cm足りない@、175p (かなり窮屈で膝が伸びず快適なトレーニングは出来そうにない@・高さがもう少し欲しい@)、176p/股下78p、サドル最高でもかなり膝が曲がりクロスバイクの態勢は無理@、177p、サドルの高さが低いのが残念@、172p (サドル〜ペダル間も丁度いい感じ@・シートポストが短過ぎる事はない@)、スペック表のサドル高は地面からの値、BB〜サドルは約60cm、ロードバイクのトレーニング目的ならば身長170cm以下が限界かも知れない@
目的
 有酸素運動J、ダイエットF、運動不足解消G、運動B、ランニングの代わり@、体力アップ@、トレーニングG、HIITA、下半身鍛錬@、筋トレ@、ジムの代わりD、レスミルズのTHE TRIP@
いい所 
 自宅で出来るL、時間E・天候B・周りC を気にせず出来る、TVE・動画B・ドラマA・映画@ を見ながら出来る、家族で使えるF、回転部分 (ホイール) がカバーで隠れている (子供F・ペットCがいるので安心・それがいいC)、90分連続運転が可能F、負荷2でタブレットでドラマを1本 (45分程) 見終わる頃には汗だく@、冬の寒い部屋でも30分もすれば汗かいて1時間で汗だくになる@、170cm/93Kg、1か月、週1回休み以外は40〜45分使用+糖質制限ダイエットで6Kg体重が落ちた@、ダンシングしたりケイデンスを上げるとサドルやハンドルの支柱が軋むが普通に漕ぐ分には「スー」の音以外にほぼ音がしない@、HIITで5分 (20秒全力+10秒通常を10セット) 漕ぐが多少グラつきはあるが問題なく使えている、負荷調整もダイヤル式で実施中に簡単に変えられる@、ランニングより膝への負担が少ないA、ほぼ毎日使っているが使用感は今の所ほぼ満足、静かでペダルも滑らかでとてもいい@
組立
 簡単G、取説も丁寧で使うネジ等が都度記載されていて問題なく出来た@、女性1人で出来た@、箱から出すのが大変K、女性1人で箱から出すのは重くて無理@、重くて1人で2階には運べない@、床に直置きだが床を傷付ける心配はなさそうA、下にマットを敷かないと床が凹む@、車輪は付いているが引きずると床に傷が入った@、組立時間 (20分A・30分D・40分B・1人で1時間A)、リアレッグを取り付ける際、最初から付いている固定用?鉄パイプ? (500mlペットボトル程のサイズ) を取り外す必要があるが取説に記載がなく戸惑ったH
安定性/作り
 安定性があるG、安定性はイマイチ@、173cm/100kg近くあるが安定感は十分@、80kgだが安定性がある@、ガタ等はない@、ややガタついたが薄い絨毯を敷いたら安定した@、立ち漕ぎすると安定感が足りない@、ヘビー使用だとハンドルの軋む音が気になると思う@、作りがしっかりしているC、サドルI・ハンドルD がガタつく、ハンドルと本体に隙間に紙を詰めたA、サドルポストと本体の隙間に紙を詰めたA、ハンドルがややグラつく、立ち漕ぎでハンドルに体重を掛ける様な使い方は避けた方が良さそう@、本体にヒビが入っていたB、側面にヒビが入っていたので交換@、部品内部B・固定ネジ@・ボルト穴@ がサビていた、ハンドルC・サドルB 調整のネジが外れやすい ・バカになりそう・壊れた、ペダルの作りA・マジックテープA がイマイチ、手を置いていると段々痛くなるのでハンドルはもう少し太くするか平らにして欲しい@、ハンドルがフラットではなくへの字に下に落ちているので持ち難い@ 
サドル
 尻が (長時間だとA・硬くてC・小さくてC・細くてA) 痛くなる、尻が痛くなるG、硬いB、硬くて痛くなるA、痛いA、長時間だと痛くなるB、1時間@・30分@ 程度なら痛くない、サイクルジャージを穿いているので1時間漕いでも痛みはまあ大丈夫@、カバーを付けても痛いD、カバータイプのクッションはサドルが細いので効果は薄い@、痛いのでサドルを交換したF、ママチャリ風サドルでペダリング安定しないのでスポーツサドルに交換、ペダリングが安定した@、ロードバイクのサドルを移植しようとしたがレール幅が狭くて出来なかった@、サドルの角度を変えると痛くならない@、やや前下がり気味に角度調整すると痛くならないA、高さ調整の刻みが大き過ぎるA、家族で共有なのでサドル等の高さ調整が容易だと良かったD
ペダル
 ギザギザしてなく靴下でも乗れる@、ソフトな感じの樹脂製ペダルで素足で使える@、裸足や靴下のみは痛い@、素足・靴下のみで試すが足裏が痛くなり交換した@、長時間乗ると痛いので交換した@、裸足の場合、裏側を使った方が引っ掛かりがない分、漕ぎやすい@、簡易ストラップが付いているが不要なので上下逆さまで使っている@、スポーツシューズを履くとベルトが短く表が常に上を向かないので交換した@、ペダルに足を固定するマジックテープが短い、室内用シューズを使うにはもう少し長いと良かった@、シマノのSPDペダルも付けられる、クランク長はママチャリと同じ165mm@
静音性/駆動音
 静かS以上、とても静かS以上、ほぼ無音D、振動も気にならない@、夜M・早朝B・時間A・マンションF・賃貸A、でも使える、2階で1階を気にせず使えるD、TVを見ながらでも気にならないE、TVを見ているC・隣部屋で寝ているC 家族の邪魔にならない、とにかく静かで服の擦れる音しかしない程@、耳を澄ますと僅かに「スー」の音が聞こえる程度@、最大負荷で漕ぐと「シュルシュル」と音がするが静音性は素晴らしい@、1週間使用、圧倒的に静か、異音等もない@、とても静か、立ち漕ぎの時にハンドルの軋みは多少あるしギアを変える時は音がするから夜はハンドルが軋まない場所を持ったりギアチェンジは控えめにしている@、ディスクの回転音は気にならないがプラスチックの筐体がギシギシと軋む音が耳に付く@
異音がする
 カチッカチッ音がしたが前側のネジを全て締め直したらほぼ鳴らなくなった@、キリキリ音がしたが本体のネジを全て締め直したら鳴らなくなった@、数日でやや擦れる様な音がしたので外装バラしたらハンドルネジ部分から落ちた鉄の切り屑が磁石部分に付着していた@、自分が乗っても音はしないが娘が乗るとカタカタ音が出る時がある@、高速で漕ぐと時折カラカラした音がするが回転数を調整すると止まる@、たまに (カタカタA・ギシギシ@) 鳴る時がある、1周回る毎にカタンと音がするが実用上は問題ない@、摩擦式より静かだが漕ぐ度にガタガタ音がする@、最初は静かだったがガラガラと音がする様になった@、3回目でギシギシ音がする様になった@、2週間でカタカタ音が鳴る様になった@、漕ぐと特定の場所でガタンと振動が足に伝わるのが気になる@、ホイールから動作音がする、早く漕ぐ程に音が大きくなる@、前方ホイール辺りからゴーッと結構大きい音がする、ペダルが水平位置に来るとゴトッ、ゴトッと音がする、返品@、長時間使うと右ペダル部分がガコガコ音が鳴る@、ペダルがカタカタ異音がする様になった@
デザイン
 いいN、ドリンクホルダーがあると良かったB、付属シールは何度かやり直したが綺麗に貼れなかった@、付属シールはうまく貼れず断念@
モニターレス
 スマートウォッチがあれば問題ない@、ランニングウォッチを使用、ケイデンスセンサーをクランクに付けケイデンスも測っている@、モニターがあれば良かったB、高くてもモニター付きの方が良かったかも@、無いのは意外と不便@、継続の弊害にならないか不安@、モニターが無い・ブレーキが無い・素足用ペダルしか付いていないが特に問題なかった@
タブレットホルダーが小さい
 iPadは横置きに出来ないC、大きいサイズのiPadだと縦置きすら出来ない@、10インチは横置きに出来ない@、10インチは縦置きは可能@、横置きでカバー無しのiPad miniがピッタリ@、iPad Airは縦置きなら可能だが安定しない@、iPad Pro11は縦置きしか出来ない@、Amazon FireHD8はピッタリB、7インチの横置きがぴったり@、7インチ位までしか置けない@、横幅20cmまでの製品が置ける@、iPadの横置きに対応してなかったので別途購入した@、iPad Pro(12.9)は縦も横も入らずKindle Fire10も縦以外入らず、別途タブレット固定具を買ったが中央を横に繋ぐポールが無いので設置もし難い構造、Fitbox無印にしておけば良かったなと少し後悔@
負荷 (1が一番軽く8が一番重い)
 十分F、もう少し軽い負荷も欲しいA、1番軽い負荷でも結構重いA、ジムのスピンバイクと比べ1番軽い負荷でもペダルが重い@、1番軽い負荷でも最初はきつい@、最初1で20分漕ぐのも必死だったが今は2で気持ち良い汗をかける様になってきた、8で漕ぐ日は遠そう@、有酸素運動なら2で十分@、ダイエット目的なので3位まであれば十分@、程良く軽い運動から激しい運動まで出来る@、軽めの有酸素運動は1〜2、HIIT等のインターバルトレーニングは6〜8でやる@、負荷最大で初めは物足りないかもと思ったが2、3分で太もも前側が痛くなった@、3でも結構足に来る、普段運動バリバリにしてる人でも5で十分だと思う、8はアスリート選手用では?@、もっと重い負荷あってもいいと思うが一般用途ではこの位でいいのかも知れない@、もっと重い負荷が欲しいA、最大8でもかなり弱く短時間に強い負荷を掛けるトレーニングには不向き@、クールダウンの負荷ゼロがない@




posted by たか坊 at 14:35| 自転車 | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

テレビ用スピーカー JBL BAR2.0 All-in-One

●特長 (パワフルでリアルな伝統のJBLサウンドをワンボディで最大限のスペース効率で実現 /HDMI ARC対応、ケーブル1本でTVと接続出来る /TV画面やリモコン操作を邪魔しないコンパクトサイズ /TVの音声が聞き取りやすい /JBL独自のサラウンドサウンド /Bluetooth搭載 /シンプルで使いやすいリモコン等)
●2chのサウンドバー ●総合最大出力80W (40W×2) ●周波数特性70Hz〜20kHz ●ユニット構成 (楕円形ドライバー×2 /バスレフ型) ●Bluetooth4.2/プロファイル (A2DP1.3 /AVRCP1.5)/伝送範囲10m ●スマートモード (サラウンドモード) ●HDCP1.4 ●HDMI CEC ●音声シンク ●自動スタンバイ ●HDMI端子 (出力×1 [ARC対応] ) ●音声入力 (光デジタル×1) ●USB端子 (ソフトウェアアップデート用) ●本体ボタン操作 (電源 /音量調整 /入力切替) ●対応コーデック (PCM /AAC /Dolby Audio) ●電源はAC ●壁掛け対応 ●サイズW614×H58×D90mm ●重さ1.6kg (ケーブル含まず) ●付属品 (HDMIケーブル /AC電源ケーブル /リモコン /壁掛用取付金具 /クイックスタートガイド) ●カラーはブラック
JBL BAR2.0 All-in-One Compact 2.0 channel soundbar
発売日:2019年 8月23日 価格:17,400円位 (2019/8/21)、12,800円位 (2021/1/12現在)

- 特長 -
誰でも簡単に自宅のTVライフをアップデート出来るサウンドバー
ケーブル1本でTVと簡単接続
 BAR2.0 All-in-One は、HDMI ARC に対応。HDMI ケーブル1本でTVと簡単に接続して使える。又、HDMI CEC 規格に
 対応なので、TVのリモコンで電源ON/OFF、音量調整、音量ミュートの操作が可能。HDMI ケーブルも同梱なので、すぐ
 高音質のTVを楽しめる。又、光デジタルケーブル接続にも対応なので、ARC 非対応のTVでも利用可能。
TVの前にすっきり設置出来る、コンパクトデザイン
 TV前の限られたスペースにも設置出来る様、幅 614mm・奥行 90mmとコンパクトサイズにデザイン。又、TVのリモコン
 信号が受光しやすい様に高さも 58mmに収めた。落ち着いた配色と高級感のあるデザインで部屋との相性もいい。
TVの音声が聞き取りやすい、明瞭な音質
 新開発の楕円形ドライバー搭載。映画、音楽、ドラマ、ニュース、天気予報等、あらゆるTV番組で声帯域が聞き取りや
 すいバランスにチューニングされていて、番組に合わせてサウンドモードを切り替える必要なくTVを楽しめる。ドライバー
 との低音干渉を抑える為、専用設計のバスレフポートを背面に設置、より自然で深みのある音質を楽しめる。
豊かな低音
 サブウーハーレスながらも豊かな低音で、映像も音楽も楽しめる。スリルサスペンスのドラマでは緊迫の臨場感がより
 増し、最新のアルバムミュージックではゆったりと没頭出来る。
包み込む様なサラウンドサウンド
 JBL独自のサラウンドサウンド技術を搭載。まるで命を吹き込むかの様に、映画、スポーツ、音楽の様々なコンテンツに
 躍動感を与える。シンプルなサウンドバー1本で臨場感のあるサウンドを楽しめる。
スマートモード (サラウンドモード)
 本機を起動すると、TV等の様々な音声を迫力あるリッチな音質で楽しめるスマートモード (サラウンド効果を含むサウンド
 エフェクト) がオンになる。コンテンツを選ばずに楽しめる様に調整されているが、ニュース等、サウンドエフェクトを必要と
 しない場合はオフにする事も出来る。
Bluetooth 対応、スマホやPC等から簡単にワイヤレス接続が可能
 リビングのTV前に設置してソファ等で寛ぎながら音楽を楽しむ、オーディオ機器としても活躍出来る。
シンプルで使いやすい新設計リモコン、視認性に優れる LED インジケーター
 手に持ちやすい新形状のリモコンを付属。ボタン数を少なくしてシンプルで誰でも迷わず操作が出来る様に配慮。又、サ
 ウンドバー本体上部にも操作ボタンを設置、とっさの場合にも迷わず操作が可能。サウンドバー前面には直観的に分か
 りやすく高級感のある LED インジケータを採用し、視認性も向上。
自動スタンバイ機能
 本機に10分以上音声入力がないと、自動的にスタンバイモードに切り替わる。音声入力があれば自動復帰するが、若
 干の音切れが発生する。自動スタンバイ機能はオフに出来ない。
音声シンク
 映像コンテンツ視聴中に映像と音声のズレを感じた場合、サウンドバーの出力タイミングを調整出来る。
コンパクトながらパワフルなJBLサウンド
 たった1本の HDMI ケーブル又は光デジタルケーブルを繋ぐだけで、プロフェッショナルの厳しい現場で鍛えられたJBL
 ならではのサウンドをTVで楽しめる。Bluetooth にも対応し、リビングオーディオとしてスマホ等からの音楽再生も可能。
 Dolby Digital とJBL独自のサラウンドサウンド技術を搭載し、音楽も映像も余す所なく堪能出来る。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 とてもいいA、いいB、十分@、価格の割に申し分ない@、価格の割にいい@、TVの音声が聴き易くなった@、レグザ55M520にHDMI接続、音質は十分満足@、音が最悪なF社のTV内蔵よりは大分マシ@、新しく購入した60インチTV内蔵の方が迫力があった@、32インチTVの低音不足解消には効果がなかった@、レグザZ730Xシリーズの低音改善を期待したがTV内蔵の方が音が良かった@、低音は全くダメ、高音はまぁまぁ@、低音は出ない、高音も酷い@、TVは音声が聞きやすく映画は低音もそれなりに出て上手くチューニングされていると思う@、期待以上、TV内蔵より聞きやすく音に囲まれている感じがする、Netflixを見るのが更に楽しくなりそう@、TV内蔵より遥かに臨場感がある、日本映画独特の会話の聞き取り辛さもかなり解消した@、期待以上、43インチTVだが映画やライブのブルーレイでは迫力のある低音が出る@、映画等の台詞が聞き取りやすくなった、低音や音の広がる感じも良くなった、YouTube等の音質も向上した、Bluetoothの音質はそれなり@、音は奥行きが出て良かった、YouTubeの音楽番組が格段に良くなった (低音・奥行き・広がり)@、PC作業中のBGMとして音はギラギラしてないし横への広がりも満足@、アクオス32インチにHDMI接続、主にプライムビデオを6畳間で視聴、サイズの割に豊かな低音、ステレオ感 (立体感) は感じられない、中域が痩せて感じる、音楽には物足りないが映像ソースには十分@、音が全般的にくっきりして低音がかなり増強される感じで音質がかなり改善され満足、Bluethoothで音楽を掛けても悪くない@、低音を無理やり鳴らしている感はあるが満足出来る@、ブラビア内蔵より悪かったが (台詞が聞き取り難く低音はバスレフくさい音で締まりが悪い)、バスレフポートにスポンジを突っ込み低音を調整したら満足出来る音質になった@、光接続だが低音が良く鳴る (低音が響き過ぎるので衝撃吸収シートで床がビビるのを抑えた)、音の立体感もある、Bluetooth接続時の音質が悪い気がする@、低音はしつこ過ぎるのは嫌いなので丁度いい、低・中・高音のバランスがいい@、低音はこのクラスならこんなもんだろう、但し確実に音は良くなった@、音質調整は出来ないが音質はとても良く、万人向けの音質・サラウンドになっている、ステレオ感はゼロ@、地デジではTV内蔵と大差ない、YouTubeでの音質・音量アップは良かったが、TV内蔵より台詞が聞き取り難いので手放した@、LGのTVでは声や音の広がりがTV内蔵より安っぽい、ニュースも聞きづらい、シャキッとした音質を求めるなら他がいい、Bluetoothで音楽を聴くには良い@、立体音響の効果はイマイチ@
HDMI接続
 ARC接続では電源と音量調整がTVと連動して便利B、TVの電源を入れてから5秒程無音になる、今は慣れたが最初は戸惑った@、TV起動時は3〜4秒程経って音が鳴り始める@、ブラビアに接続、無音や遅延の問題はなかった@、音ズレや遅延、音切れ等の現象はない@、音が出なかったので購入店に電話して音が出る様になったが、音が映像よりワンテンポ遅れる@、レグザ55m520に接続、電源をオンにすると自動で立ち上がるが暫くすると電源が切れる事が多々ある、iPadでBluetooth接続で音楽を聴くが、切り替えて音楽が流れるまで10秒程掛かる@、TVと附属HDMIケーブルで接続だと音が出ない、光接続は問題ない@、付属HDMIケーブルで半日鳴らすと音が割れる、ケーブルを交換したら直った@、IRIE アイリー55V型とのARC接続では音が出ない、ブラビアは問題ない@、JCOMセットトップボックス使用のHDMI接続ではTVリモコンでの音量調整がうまく機能しない為、光接続に変えた@
光デジタル接続
 TVのリモコン信号を記憶出来るので光接続でもTVのリモコンで音量調整が可能@、HisenseのTV (EN3M39) はTVリモコンで音量調整出来なかった@、光接続したパナソニックBDレコーダーの音声出力の設定が「ビットストリーム」では、TVのオンエアー音声・録画音声共に10〜20秒位の無音状態になるが「PCM」に変更すれば正常に流れる@、遅延 (気にならない@・感じない@)、TVと光接続で同時に音声出力すると遅延があり難がある@ 
Bluetooth接続
 途切れたりはない@、接続はスムーズ@、中々接続しない@、Bluetoothの反応はイマイチ@、接続時の案内音がうるさいA、10分放置すると電源が落ちるのがやや不便@
接続不明
 立ち上がりの音が出ず、無音状態が長い@、TVをオンにして起動するまでやや時間が掛かる@、TVとの相性なのか音が遅れる@
リモコン
 動作不良@、まともに作動しない@、役に立たない@、操作性は良いとは言えない@、反応がやや悪いA、電源オン/オフの反応が悪い@、使いやすい@、ストレスなく使える@、反応の悪さは感じない@、調子が初めから悪かったが本体を初期化すると直った@、ARC接続なら付属リモコンはBluetooth切替時しか用がない@
その他
 43インチTVの横幅にいい感じでマッチ@、32インチTVにはやや大きい@、取説が不親切E、台詞を聞きやすくするモードや遅延が発生した際に調整する事は可能 (HPのマニュアル参照)@、音質調整が全く出来ないのがやや不満@、電源ボタン押しても点灯等は無く(仕様)、電源がONかどうか分からない@、自動電源オフが鬱陶しい@、前モデルの音が勝手に切れる現象が無くなったA

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 11:24| テレビ用スピーカー | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

サイクロン式 コードレス掃除機 Tocmoc T200

【仕様】
●200W強力ブラシレスモーター搭載、最大22Kpaのパワフルな吸引力を実現 (ペットの毛・花粉・食べこぼし・ペレット・猫砂・米・コーヒー豆等、重くて大きなゴミまでもしっかり吸い込む) ●本体重量は僅か1.23kg、女性や年配の方も片手での操作が楽々 ●4層HEPA濾過システムで排気が綺麗 (HEPAフィルターは水洗い可能) ●お手入れ簡単 (ワンタッチゴミ捨て&大容量ダストカップ&クリアで中のゴミが見える) ●静音、運転音を70dbまで減少、夜でも気軽に使用可能 ●ヘッド先端にLEDライト搭載、暗い隙間やベッド下等の掃除も楽々
●コードレス (充電式) ●スティック型 (ハンディとしても使える) ●サイクロン式 ●最大吸引力22Kpa ●連続使用時間 (パワフルモード:最大15分/標準モード:最大30分) ●バッテリー容量2200mAh ●ダストカップ容積900ml ●自走コンパクトヘッド  ●LEDライト搭載 ●壁掛け式収納 ●本体の重さ約1.23kg ●付属品 (フロアヘッド/2in1ブラシ/隙間ノズル/パイプ/ACアダプタ/壁掛け用フック/日本語説明書) ●カラー シルバー ●24か月保証
Tocmoc コードレス掃除機 T200
Amazon取扱開始日:2020年 4月15日 価格:14,000円位 (2020/1/10現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
吸引力
 素晴らしい@、文句なし@、申し分ない@、かなり強い@、強い@、とてもいい@、いいB、満足A、あるA、想像以上@、及第点以上@、安い割に吸う@、問題ない@、実用範囲@、普通@、ない@、吸引力が強くカーペットの毛足が少し長い物は「強」だと重く感じる@、吸引力がかなり強くて「弱」でも絨毯掃除が出来る@、吸引力はバッチリで小さいゴミもクリップ等の大きいゴミも一気に吸い込む@、ペットの毛や猫砂を素早く取ってくれて大満足@、強力ではないが通常使用では問題ない、フローリングや階段等では最高に使い勝手がいい (掃除機はコード式と2台体制)@、吸引力はそこそこ良いが付属アタッチメントでも家具の隅っこのゴミが取り難い@、吸引力が直ぐ落ちる、フィルターが小さいから直ぐに詰まる、フィルター掃除が結構大変@、ヘッドの回転ブラシも力強く吸引力と相まってしっかりゴミを取る@
使い勝手
 軽いF、比較的軽い@、やや重いA、軽くて使いやすいF、使いやすいD、やや重いが扱いやすい@、疲れる事もなくしっかり掃除出来る@、片手で色々な所を掃除していると重く感じる@、軽いが吸引すると重く感じるし片手でずっと往復すると疲れる@、ちょっとした掃除にはとても便利@、スイッチはワンプッシュで連続稼働するので指に負担が掛からないのもいい@、パイプの接続が固く取り外し難いD、パーツの着脱が固いA、ヘッドのヒンジ部の可動域が大きくソファの下にも入る@、低い隙間には入り難い@、充電操作が面倒、本体を設置したら充電開始になると良かった@、充電はその都度充電器のジャックを挿入して充電する必要がありやや面倒@、今までの掃除機は埃っぽい排気の匂いが嫌だったがこれは問題ない@、排気がゴム (新品の車のタイヤ) の匂い@
ゴミ捨て
 捨てやすい@、簡単@、簡単、埃が舞ったりゴミが散らかったりしない@、手入れも簡単@、手が汚れない@、ダストケースはワンプッシュでパカッと底が開いてゴミを捨てやすい仕様@、吸い取ったゴミの量が分かっていい@
LEDライト
 暗い所も (見やすいA・掃除しやい@・明るくてトイレも電気を点けずに掃除出来る@)、地味に便利@
運転音
 静か@、思ったより静か@、比較的静か@、そんなに大きくない@、あまり大きくない@、ダイソンより静かで軽いB、「弱」はかなり静か「強」もシャープの新型サイクロンの半分くらい静か@、「強」はいいがうるさいので「弱」で使用、髪の毛程度なら全然余裕@
デザイン いいD
不具合・他
 2か月で動かなくなった@、2か月でヘッドが自走しなくなり交換@、3か月でヘッドの蛇腹が壊れ交換@、充電出来なくなり交換@、ヘッドのローラーが使う度に外れる、1か月経つが代替品が届かない@、部品の一部が破損していたがサポートの対応は素早い@、Hepaフィルターの交換推奨が3か月で、その通りだとするとランニングコストが気になる@、説明書がお粗末、何時間でフル充電になるとか充電が終わると表示がどうなるとか一切ない、パーツの取り付けも完成図程度しかない@、バッテリー交換は出来ない@


posted by たか坊 at 13:04| 掃除機 | 更新情報をチェックする