2021年07月06日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 ノイズキャンセリングイヤホン Jabra Elite 85t

【仕様】
●これまでにない優れた通話品質とサウンド、自由に調整可能な Jabra Advanced ANC をコンパクトな完全ワイヤレスで実現 ●JABRA ADVANCED ANC で、今まで以上に音楽に没頭する事が出来る ●自由に調節可能な ANC と HearThrough (外音取り込みモード) 、フル ANC からフル HearThrough まで11段階で調整可能 ●コンパクトなボディに12mmドライバーを搭載、ANC 使用時でも、よりパワフルでクリアなサウンドを楽しめる ●一人ひとりの聴覚に合わせてパーソナライズされた音楽を楽しめる MySound ●場所を問わず卓越したクリアな通話を実現する6マイクテクノロジーとウインドノイズ低減機能 ●耳の気圧を調整するベントを備えたセミオープンデザインと楕円形シリコン製イヤージェルが、音質を向上させ、耳を終日快適な状態に保つ ●ANC 使用時、イヤホン単体で最大5.5時間、ケース併用で最長25時間使用出来るロングバッテリー、又、15分の急速充電で1時間使用可能、充電ケースは Qi ワイヤレス充電に対応 ●イヤホンは丈夫で耐久性のある素材、かつ IPX4 防水性能を備えたタフな設計 ● MyControls でイヤホンのボタン操作は自由に変更可能
●連続音楽再生5.5時間 (NCオン)、7時間 (NCオフ)、最長25時間 (付属充電ケース使用&NCオン)、最長31時間 (付属充電ケース使用&NCオフ) ●待受6か月 ●カナル型/セミオープン型 ●スピーカー帯域幅 (音楽再生) 20Hz〜20KHz ●スピーカー帯域幅 (通話) 100Hz〜10kHz ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP v1.3 /AVRCP v1.6 /HFP v1.7 /HSP v1.2 /SPP v1.2)/動作範囲最大10m/マルチペアリング (最大8台)/マルチポイント ●防塵防水仕様 (IPX4) ●ノイズキャンセリング (フィードバック式+フィードフォワード式/6マイクのうち4つ使用/調整可能) ●HearThrough (外音取り込み機能/調整可能) ●11段階でフル ANC からフル HearThroughまで調整可能 ●ハンズフリー (MEMSマイク×6/6マイクテクノロジー/ウインドノイズ低減機能/マイク帯域幅100Hz〜10kHz) ●右側のみで使用可能 ●MySound (聴覚に合わせた音質に自動調整) ●イヤホンを充電ケースから取り出すと自動電源ON、ケースに収納すれば自動電源OFF ●イヤホンを外すと音楽を自動一時停止、再装着で自動再開 ●日本語音声ガイダンス ●スリープモード ●Jabra Sound+アプリ (MySound/ANC・HearThrough調整/MyControls/通話設定/イコライザー調整/側音調整/バッテリー残量表示/ファームウェアの更新等) ●ボタン操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/NC・HearThrough切替/音声アシスタント起動等)/ボタン操作の割り当てはアプリの MyControls で変更可能 ●イヤホンの充電約2.5時間 (急速充電15分の充電で最長1時間使用可能) ●充電ケース (イヤホンを約19.5時間分充電可能/充電時間:最大2時間30分 [500mA専用USB充電器]、最大4時間 [ワイヤレス充電]/USB TypeCと Qi ワイヤレス充電に対応) ●12mm径ドライバー ●サイズ (イヤホン長さ23.1×幅19×高さ16.2mm/充電ケース長さ64.8×幅41.1×高さ28.5mm) ●重さ (イヤホン7g×2/充電ケース45.1g) ●付属品 (充電ケース/USB TypeCケーブル/楕円形シリコン製イヤージェル [S/M/L]/取説) ●カラー Titanium Black ●2年保証
Jabra Elite 85t
発売日:2020年11月12日 価格:28,000円位 (2020/11/21)、26,400円位 (2021/7/6現在)

【機能・用語説明】
JABRA ADVANCED ANC
 ANC 専用チップセットと左右2つずつの ANC 専用マイク搭載。イヤホン外側のフィードフォワードマイクは、外部からのノイズを、内側のフィードバックマイクは、耳の内部のノイズを除去する。自由に調整可能な ANC により、ノイズキャンセリングのレベルを完全に制御する事が可能。今まで以上に音楽に没頭する事が出来る。
自由に調節可能な ANC と HearThrough (外音取り込みモード)
 ANC が聞きたくないノイズを低減し、HearThrough で周囲の音が聞こえる様にする。音量の変化を耳が感じられる様に、フル ANC からフル HearThrough まで11段階で調整可能。
調整可能な HearThrough (外音取り込みモード)
 自由に調整可能な HearThrough を使って周囲の音をどの程度取り入れるかを選択出来る。HearThrough をオンにすると、タップするだけで周囲の音を聞く事が出来る。
パワフルなサウンド、小さなボディ
 12mmドライバー、カスタマイズ可能なイコライザー、AAC、SBC コーデックが豊かで繊細なサウンドを生み出し、パワフルで、迫力のある、かつ地面や窓を揺さぶる程のサウンドが、非常に小さなイヤホンに収まっている。
パーソナライズされたサウンド MySound
 Jabra アプリ内の簡易な聴覚テストを行うと、聴こえ方に合わせた音質に自動調整される。これにより、一人ひとりの聴覚に合わせて完璧にパーソナライズされた音楽を楽しめる。イコライザーでさらに、好みに合わせて音質の調整が可能。
場所を問わず卓越したクリアな通話を実現する6マイクテクノロジーとウインドノイズ低減機能
 通話品質の面で妥協はしたくない。Elite 85t の開発に当たりこの点で一切妥協する事なく、各イヤホンにこれまで同様の2つではなく3つの強力なプロ仕様のマイクを配置。又、側音が追加されている為、通話中に叫ばなくても自分の声を聞く事が出来る。最新の最先端のウインドノイズ低減アルゴリズムも追加されている為、大切な場面でも会話がクリアかつ明瞭になり、より快適な通話が出来る。
フィット & 快適性、何千もの耳から生まれた作品
 何千人もの人の耳の形状をスキャン、結果を最先端のアルゴリズムによるシミュレーションで解析。さらに、最新の小型化技術を採用し、Jabra の技術の全てをコンパクトな新型デザインに搭載。
セミオープン設計
 耳の気圧を調整するベントを備えたセミオープンデザインで、耳栓の様な感覚が低減される。さらに、3サイズの楕円形のシリコン製イヤージェルが安全なノイズキャンセリングを実現し、音質を向上させ、耳を終日快適な状態に保つ。
MyControls でイヤホンのボタン操作を自由に変更可能
 事前定義されていて変更出来ない物もあるが、Sound+ アプリの MyControls を使えば、イヤホンのボタン操作は自由に変更出来る。
側音
 側音とは、通話中に自分の声が聞こえる様にする事。利点は、どれだけ大きな声で話しているかを判断出来る事。通話中はデフォルトでONになっているが、Jabra Sound+ アプリでオン/オフが可能。
マルチポイント接続
 1度に2台の携帯機器にペアリングする事が出来、どちらの携帯機器からの着信通話にも対応出来る。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 いいD、素晴らしい@、凄い@、とてもいい@、満足@、価格相応@、問題ない@、好き、低音はめちゃくちゃ良い@、バスが効いている@、低音は奥歯に響く様なずっしりした音でそれ以外の音も丁寧@、非常に量感のある沈み込む様な音まで出る質の良い低音、それに埋もれる事なく中高音も出るバランスの良さ、EDMやギターの多い曲は非常に楽しい@、最高、透明感のある音@、アプリで聴覚テスト&キャリブレーションによる効果と思うが全域でクリア@、イコライザーで迫力の重低音重視にもボーカル等の中高域重視にも出来る、籠った感じも無くクリアで迫力と臨場感溢れるサウンド@、デフォルトはフラットなのでイコライザーを使った方がいい@、締まりがありながら響く低音で中高音ともバランスが取れたチューニング、臨場感があり温かみのある音の広がりを感じる、AirPodsProとは表現力の豊かさが雲泥の差@、AirPodsPro や Momentum True Wireless2より良い、出せる音量も大きいし低〜高音まで全域綺麗に聞こえた@、良い、AirPodsPro より音楽鑑賞にはいい@、65t との差は明確、数段上で楽器の区別がより明確に出来る@、65t、Active65t、75t、Active75t と使ってきたが iPhone8 との組合せでは最高の完全ワイヤレスになった@、75t Active は低音は満足だが他の音域は一歩劣る感じだったが 85t は低音以外もちゃんと良質になり満足の仕上がり@、聴き込むにつれ有線 SHURE SE535 LTD との差異を殆ど感じなくなった、イコライザー無しで全領域で十分高音質なのが良い、耳ざわりが良く長時間音楽を聴ける@、ASMRやバイノーラル作品を聴く際に使用、音源が良ければしっかり聞こえる@、WF-1000XM4 を聞いた後に 85t を聞くと少し籠った透明感のない音に聞こえる@、ゼンハイザーモメンタムと同等と聞き購入、悪くは無いがやや期待外れ@、アプリのイコライザーである程度は調整出来るが絶賛する程ではない@、低音の締まりは良いが中高音が乏しく女性ボーカルは本当につまらない (エージングはしていない)@、65tと変わらない、これを良い音って言う人は耳がおかしい@
NC効き具合/性能
 しっかり効いているC、とても強力A、いいA、素晴らしい@、凄い@、普通@、イヤーピースを気密性の高いスポンジタイプに変えずとも強い@、かなり強い、道を歩いても音が全く聞こえず音無しの動画を見ている感じ@、十分、窓の開いた煩い電車内でも快適@、ソニー等のヘッドホンと比べると完全には消えないが、地下鉄内では気になる程ではなく気持ち良く音楽に没頭出来た@、強い、50〜500Hzの音に顕著に効く感じ、空調や自動車の音は聞こえなくなる、人の声も割と遮断してくれる、超低音20Hz周辺、振動域周辺には効かない@、初め全く効かなかったが大き目のイヤーパッドに替えたら効いた、一部の音 (重低音域等) には効かない@、中低音はかなり軽減するが高音はそこまでの効果は感じないが電車内等、音が気になる場所での音楽クオリティはかなり上がると思う@、65t も中々だったが 85t はかなり自然に効きノイズ音源が遠くに行った様に感じる、閉塞感がない@、かなり良く Active 75t より効きがいい@、65t より進化@、WF-1000XM4 とほぼ同レベル、シーンによっては 85t の方が効く@、最大にしても閉塞感はない、オフにした時に若干高音のキレに差がある感じ、AirPodsProといい勝負?@、AirPodsPro や Momentum True Wireless2 より弱いが電車内の雑音は気にならない程度に軽減される、静かなクラシックだと雑音が気になるかも@、嫌な騒音のみ消してくれる、必要な音は聴こえるし気配も分かる、耳栓した様なNCでは無く不快な音だけ消してくれる感じ@、満足だが風の強い日に外で使うと鬱陶しくなる程の風切り音がする@、風切り音が酷い@、風切り音が凄い、外音取込を最小、NCを最高にしても消えない、そもそも車の走行音が減らない@
外音取り込み (HearThrough) 
 自然B、バッチリ機能している@、WF-1000XM3 や 65t より自然で聴きやすい@、AirPodsPro 程の自然な感じは無いが悪くはない@、AirPodsProとまではいかなくても非常に自然、Active 75t も優秀だったので期待通り@、かなり自然に外音を取り込んでくれる、歩行中や周囲に注意を必要とする際にもストレスなく使える@、イヤホンを着けているのを忘れるくらい自然に周囲の音を感じられる@、Maxだと補聴器としても使えんじゃね?って位音を拾う@、WF-1000XM4 の方が自然かつはっきりと聞こえやすい@、風の音をかなり拾う@、オンにして外を歩くと風切り音をかなり大きな音で拾う、65t では無かった@
装着感
 いいB、抜群@、問題ない@、着けているのを忘れるくらいフィット感は良い、長時間使用に向いている@、着け心地良好だが長時間は疲れる@、非常にフィットする、イヤーピースはいつもはSかMだが 85t はLサイズでフィット@、楕円イヤーピースで長時間でも聴き疲れも痛みも全くない、75t より使い勝手が良い、75t で中間サイズのイヤーピースを使ってる人は1番大きいサイズがいいと思う、ランでも外れる事なく安心して使える@、楕円イヤーピースで 75t より軽いフィット感、頭を振っても揺れない、75t からやや大型化しているが重さ等は感じない@、セミオープン型で 65t より圧倒的に耳への負担が少ない、1日着けても平気だろう、ただ少し耳から脱落しやすい@、セミオープンで内部ノイズ (咀嚼音他) が殆ど気にならない@、65t や 75t はキッチリ耳穴を塞いで外の世界を遮断する感覚だが 85t は耳に入れただけでは外部の気配を感じる@、良好だが少し浅め、75t の方がピタッと収まる感じがして好み@、フィット感が今一、Active 65t の方が良い@、フィット感は WF-1000XM4 と同等以上@、着け心地は若干 AirPodsPro の方が好みだが悪くはなくすぐ慣れた@、楕円イヤーピースが合わず SONYトリプルコンフォートLに交換@、良く言えば圧迫感が少ない、悪く言えばフィット感がない、屋外で 2,3 度落とした@、装着感がなさ過ぎる、耳は痛くならないが落としたかな?と何度も確認している@、かなり悪い、付属イヤーピースは安定せず耳から落ちる@、楕円イヤーピースはサイズ・装着角度・深度を変えてもピッタリ合わない@、イヤーピース差し込み口が楕円なので他社製品だと装着は大変@、他社製イヤピースはものによっては付け替えが可能、スパイラルドット系やディープマウント系のイヤピースはかなり好印象@
Bluetooth接続
 安定感がある、渋谷スクランブル交差点でもあまり途切れない@、音飛びは AirPodsProと同等でほぼ起きない@、普通@、駅構内でアナウンスが流れた際、一瞬途切れた事があるがすぐ接続が再開した@、自動ドア付近で高確率で接続が不安定になり「バチンバチン」とかなり大きなノイズが発生する@、ケースから取り出した時はすでに繋がっている@
マルチポイント接続
 便利A、ノートPCで音を聴きながらの作業中に iPhoneで電話を受けると言った事もストレスなく切替が出来る@、テレワークに伴い社用iPhone・ノートPCとも同時ペアリング出来、Web会議、スマホからの着信も対応出来る@、着信用メインスマホ (ドコモSIM) と発信用サブスマホ (楽天SIM) の2台に繋げておけるので電池消費を気にしなくてすむ、サブで音楽再生しつつメインの着信を受ける事が出来る等、とても便利@、通常は携帯で音楽を聴き会社用PCでTV会議も特に再設定不要、簡単に使えて重宝する@
通話
 相手の声が非常に聴きやすく無駄に大声で喋る必要がない、側音調整出来るので自分仕様に出来そう@、電話では音量不足が残念@、マイクは1万円の Webカメラ内蔵より悪く音量も小さい、使えない事もないかなのレベル@、風の強い場所では風切り音が凄く、通話にも影響する、相手によると結構凄いらしい@、相手に外部音を拾い過ぎて雑音が大きい@、正式なサポートはないが Jabra Link 380 と接続した場合のリモード会議 (Zoom、MS Teams、Amazon Chime等) の相性は抜群@
バッテリー
 持ちは普通@、右の消費が少し速い (右が主機だから仕方ないが)@、残量はイヤホン・充電ケースとも赤黄緑の LEDでおおよその残量が確認出来る、アプリなら詳細に分かる@、ワイヤレス充電が可能だがケースが物凄く熱を持つのでケーブルで充電している@
操作性
 物理ボタンなので誤作動し難いB、65t や 75tの操作性を継承しながらボタンの割り振りを変更出来るA、ボタンの割り振りを変更出来るA、OFF→ANCのみの設定が左ボタンで来る所がいい@、NCと外音取込の切替はダブルタップで簡単@、85tはイヤホンで全ての操作が可能 (WF-1000XM4 は音量調整を入れると何かを外さないといけない)@、音量調整等でボタン長押し時は「カチカチ」とクリック音がするのもゼンハイザーの様で便利@、左のみでの使用は出来ない@
Jabra Sound+ アプリ
 イコライザー (幅が広く気分で変えられるのが素晴らしい@、プリセットされたものを調整出来て便利@、もっと細かく帯域を設定出来れば良かった@、使えない@)、自分がどの音域が聞こえやすく聞こえ難いのかのテストも出来て便利@
不具合等
 イヤホンの充電が出来ない@、ペアリングモードに入らなくなった@、「ピーピー」異音がして使い物にならず返品@、「サー」のノイズが左から聞こえる@、無音だとNCでも外音取込モードでも無くてもホワイトノイズが気になり返品@、曲間の無音時に左のみホワイトノイズが発生、NCオフでも消えないが曲を停止すると消える、サポートに連絡、ウォークマンには最適化されていないとの事、スマホで確認したらホワイトノイズは無かった@、NCも外音取込もマトモに機能せず音質も想像より遙かに低い為、交換、不良品だった@、開封後にソフトウェアの更新をするが、満充電する為に使った充電コネクタをケースに付けたままにしていたらいつまでたっても更新が始まらない、コネクタを外したらすぐ更新が始まった@

楽天市場で探す


ラベル:外音取り込み NC
posted by たか坊 at 10:53| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする