2020年12月15日

テレビ用スピーカー ボーズ TV Speaker

【仕様】
●トークや台詞がクリアに聞こえTVがもっといい音で楽しめるコンパクトなサウンドバー ●角度の付いた2つのフルレンジドライバーがワイドで拡がりのあるサウンドを実現、中央のツイーターがクリアな台詞を再生 ●リモコンのダイアログモードボタンをONにすると、視聴中の番組を分析して人の声が強調される為、一語一句を明瞭に聴き取る事が可能 ●コンパクトボディながら驚くほど豊かな低音を再生、リモコンの BASSボタンを押すと、低音をさらに強める事が可能 ●低音をもっと効かせたい時は、別売サブウーハーを追加すれば、映画館の様なホームシアターサウンドを実現出来る (Bass Module 500 と Bass Module 700に対応) ●設置場所を選ばないコンパクトサイズ、高さは僅か5cm ●Bluetoothに対応、音楽やポッドキャスト等をワイヤレスで再生出来る ●簡単接続、別売 HDMIケーブル又は付属光ケーブルでTVに接続するだけですぐに使える ●簡単操作、HDMIケーブルで接続すれば HDMI-CEC機能でTVとサウンドバーの連動が可能 (TVの電源をONにするとサウンドバーにも自動的に電源が入ったり、TVのリモコンでサウンドバーの音量調整やミュート操作も可能) ●前面の小型 LEDライトの色で機能ON/OFFや音量調整等のステータスを表示 ●Bluetooth4.2/通信距離最大9m/マルチペアリング (最大8台)/2台同時接続可能 ●自動ウェイクモード (音声信号を受信すると自動的に電源がONになるモード/通常の電源モードと切替可能) ●ユニット構成 (フルレンジドライバー×2+ツイーター×1) ●HDMI端子 ×1(ARC対応) ●音声入力 (光デジタル×1/ステレオミニ×1/USB×1 [ソフトウエア更新用]/BASS×1 [ベースモジュール接続用]/Bluetooth) ●リモコン操作 (電源ON・OFF/入力切替/音量調整/ミュート/Bluetooth接続/BASS調整 [5段階]/ダイアログモード) ●外観 (上面はマット仕上げ、前面はメタルグリル) ●壁掛け対応 (ブラケットは別売) ●サイズW59.4×H5.6×D10.2cm ●重さ2.0kg ●付属品 (専用リモコン [サイズW4.0×H10.5×D1.2cm /重さ45.4g /電池付属]/電源コード×1.5m/光デジタルケーブル×1.5m/クイックスタートガイド) ●カラー ブラック
BOSE TV Speaker
発売日:2020年 7月 2日 価格:32,600円位 (2020/7/2)、29,700円位(2020/12/15現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 TV内蔵より台詞E・声D・音D・会話B、が聞き取りやすい、TV内蔵より遥かにキレがいい@、音量を小さくしても良く聞こえるC、低音は流石BOSEA、BOSEらしい@、十分な低音A、低音が凄い@、低音がクリアにくっきり聞こえる@、Bassを上げれば結構響く@、中高音も良く聞こえるB、心地良いA、いいC、満足B、普通@、低音が弱い@、従来のBOSEに比べ貧弱@、音楽には低音が物足りな過ぎる@、ソニー4KTV 49X9500、TV内蔵より音の膨らみや聞き取りやすさが明確に上、音が大きいわけではなく明瞭になる@、ニュースはクリア、音楽は重低音が効いてメリハリが出る@、流石BOSE、TV内蔵とは違う、アナウンサーの声がはっきり聞こえる、音楽番組は高い音は心地良く強過ぎない低音が心地良い@、会話はあまりにも自然かつクリアに聞こえる、音楽や映画は自然に低音が強調され人の声も埋もれずちゃんと聞こえる、ウーハーが無いのに充分低音が響いて満足@、低音の響きが好み、もう少し高音が伸びると言う事がないが、流石BOSE@、大迫力とは行かないが価格相応な音と音楽を聴く時の低音の響きは素敵@、TVは迫力の音ではないがハッキリ分かりやすい良音@、TVの音が凄くクリアに聞こえる、サラウンドではないので広がりはなく前にストレートに鳴る感じ、大型TVだと物足りないかも知れない、TV番組中心の人にいい@、音楽を聞く為ではなくTVの音を明瞭にする為のサウンドバー@、音楽には物足りない、やや曇った様な音、低音は軽く、音の広がりは余り感じない@、ヤマハSRT-1500より音のクリアさは遥かに上、微かな高音の環境音も綺麗に聞き取れる、低音もきっちり出てTVを流し観るには最適、中音の豊かさにやや欠ける所為か音に奥行きがなく音楽には向かない@、満足、Spotifyとnetflixには十二分、音の拡がり感はない、TVドラマ等は良いがニュースやバラエティは声がハッキリし過ぎて馴染めない、映画とか使いたい時に切り替えている@、音量20までは凄さは分からないが中音量ちょい低め辺りから高音と低音が迫ってきた感じ、価格以上の価値はある@、及第点、価格の割に音圧がまあまあある、40インチ以上のTVに接続してもそれなりの音が出る@、音質はそれほど良くなったとは思えないが音の広がりは感じる@、全体的にはフラットな音質、やや低音目立つかな?くらい@、SoundBar 300より広がりがなくなったが台詞の聞き取り易さ重視なのでTV視聴であれば十分@、聞きやすくはなったがサラウンド感はない@、サラウンドはないがボーカルを強調する補正もあり定位感は抜群@、ノーマルでも結構聞き取りやすいがダイヤログモードをONにするとグッと台詞が聞き取りやすくなり小音量でも楽しめる@、Boseらしさを感じるが音質調整は低音調整とダイアログモードのみ、音響ライセンスはDolby Audioのみ、一定音量以上でポテンシャルが発揮される@
HDMI ARC 接続
 接続は簡単、電源とHDMIを繋ぐだけB、NHKのみ音が出ない番組がある、又、NHKニュースは副音声の英語が勝手に同時に流れる、光接続は問題ない@、NHKが二重音声 (英語と日本語) になる@、映像より音がほんの少し遅れる、ドラマはそれほど違和感ないが、野球中継は違和感が強い、光接続は問題ない@、光接続は問題ないがHDMI接続は音ズレがある、NHKで顕著、解決策はTV ( BRAVIA KJ-43X8500F) の設定の「デジタル音声出力」を「PCM」にする事@、HDMI接続で地デジを見たら物凄い音ズレで見ていられず光接続に変更@、TVのリモコンで音量調整出来るしTVのON/OFFに連動するA、TVのリモコンでも本機のリモコンでも操作出来る@、TV起動時に10秒程の起動ラグがある、視聴予約番組はラグなく起動する、起動後に音声のラグは全く感じない@、Soundbar300の無音からの音切れが気になり購入、音切れは解消@
光デジタル接続
 接続は簡単B、TVの音声を受けて自動で電源ONになるが、電源OFFは手動で行うか音声が途切れてから1時間後に自動で切れるのを待つ@、基本操作 (音量とミュート) はTVリモコンのボタンを記憶出来るので HDMI はあまり必要性を感じない、電源ON/OFFはTVと連動するが OFFは少し時間が掛かる@、HDMI・光接続どちらも少し遅延がある@
Bluetooth接続
 ストレスなく繋がる@、初回設定を覚えているので本機の電源さえ入っていればPC起動と同時に接続される@、動画は音ズレが気になる@、一定時間音楽が流れないと自動で電源が切れ音楽を流すと自動で電源ONになるが、音量が初期値に戻って大きな音で流れてしまう@、接続時の「ピコッ」音がかなりの大音量で隣人に気を使う@
自動ウェイク機能
 有効にするとTV等の機器の起動と連動し電源が入る様になる、どの有線ソースでも立ち上がりのソース認識に数秒掛かる、有効時は電源をオフにしても音声信号を受けると自動復帰するので完全に音を消したい場合は「消音」ボタンを押す@
自動スリープ機能 全接続ポート無信号状態が10分程続くと自動で電源オフになる、設定不要@
リモコン
 電源オンオフ・音量調整・消音・TVソース選択・Bluetoothソース選択・BASS調整・ダイアログモードオンオフがある、各調整は記憶されソース切替時や次回電源オン時も継承される@
その他のいい所
 コンパクトD、取り付けセッティングが簡単B、HDMI ARC 対応B、高さがない分TVの前に置いても邪魔にならないA、リモコンは使いやすいB、別売サブウーハー (Bass Module 500/700) を増設出来るB
不具合・その他
 音声がTVから流れその後本機から音声が出る時と「消音」とTVに表示される時がある、電源を抜き再接続をしても変わらない@、HDMIケーブルは付属しないA、リモコンは使いやすいがLEDの色や点滅だけで判断は辛いB、音量が表示されない@・分からない@、電源ON後、音声が出るまでのタイムラグがやや長い@、TVの電源ONから本機の音声出力までのタイムラグは1〜2秒@、詳しい取説は公式サイトからダウンロード出来る@、常時ではないがスリープ時以外でも静音状態からの立ち上がり音圧が1〜2秒弱い時がたまにある、発現はコンテンツ次第かも@

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 10:09| テレビ用スピーカー | 更新情報をチェックする