2021年05月28日

Bluetooth5.0 ポータブルスピーカー ソニー SRS-XG500

☆新製品

【仕様】
●大音圧でクリアな高音質と豊かな重低音を楽しめる新シリーズ 「Xシリーズ」 の Bluetooth 対応ワイヤレスポータブルスピーカー ●X-Balanced Speaker Unit により響きわたるクリアな高音質と大迫力の重低音を実現 ●ライブサウンドモードでボーカルの明瞭度は維持しながらもライブにいる様な臨場感を体感出来る ●低域を強化する MEGA BASS モードでクラブやライブにいる様な重低音の迫力を楽しめる ●音楽配信サービス等の圧縮された音源を DSEE でアップスケーリング、原音により近い広がりのある音で再生 ●低域から高域までソニー推奨のサウンド設定で楽しめる ClearAudio+ ●アプリ Music Center で自由自在に好みの音質に調整出来る ●高音質コーデック LDAC に対応、従来比、最大約 3倍の情報量で Bluetooth 高音質再生を実現 ●Bluetoothr5.0に準拠、音楽をワイヤレスで楽しめる、最大 2台まで同時接続可能で複数人でもスムーズな楽曲変更が可能 (マルチデバイスコネクション) ●IP66 防水・防塵対応、キッチンだけでなく海辺やアウトドアでも使える ●汚れや傷に強く高い耐久性を持つソニー専用ファブリック素材を使用、音響上も適した仕様を実現 ●約 3時間の充電で約 30時間再生出来るロングバッテリー ●アプリ Music Center と Fiestable に対応、スマホの音楽を再生・停止したり、イルミネーションの変更や、様々なサウンドエフェクトの設定が可能 ●最大 100台を繋いで大音量が実現出来るパーティーコネクト ●本体側面が光るライティング機能 ●マイク/ギター端子搭載、音楽を流しながらカラオケやギターの演奏を楽しめる ●持ち運びに便利なハンドル付き
※ iOS は 10.0以上に対応、iOS 9.x以前ではBluetooth接続で使用出来ない
●連続再生約30時間 (Bluetooth接続&MEGA BASSモード&ライティングOFF&音量19で使用時)、約4時間 (Bluetooth接続&MEGA BASSモード&ライティングON&音量最大の50で使用時) ●実用最大出力35W+35W (電源接続時)、30W+30W (バッテリー駆動時) ●ステレオ ●ユニット構成 (約110×110mm矩形ウーハー×2+直径約25mmトゥイーター×2+パッシブラジエーター×2) ●Bluetooth5.0/コ−デック (AAC /LDAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP)/出力 Power Class1/見通し距離約30m/SCMS-T方式/マルチペアリング (最大8台)/マルチデバイスコネクション ●防塵・防水仕様 (IP66) ●ライブサウンドモード ●MEGA BASSモード ●DSEE ●ClearAudio+ ●ステレオペア (2台のSRS-XG500をBluetoothでステレオ再生、コーデックはSBC) ●パーティーコネクト ●ライティング機能 ●モバイルバッテリー機能 (USB TypeA×2/5V最大1.5A、2端子合計最大2A) ●オートスタンバイ ●Bluetooth スタンバイ (AC電源使用時) ●アプリ Music Center ●アプリ Fiestable ●入力は4通り (ステレオミニ×1/USB×1/マイク・ギター×1/Bluetooth) ●USB端子 (USBマスストレージクラスに対応/対応ファイルシステムFAT/再生対応フォーマット [MP3 /WMA /WAV] ) ●マイク・ギター端子 (ギターモードオフ時:感度 1mV、インピーダンス 10kΩ/ギターモードオン時:感度 200mV、インピーダンス 500kΩ) ●ボタン操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/MEGABASS ON・OFF/STAMINA ON・OFF/パーティコネクト/電池残量を音声で通知/ライティングON・OFF/マイク・ギター音量調整/コーデック切替等) ●充電約3時間 (クイックチャージ:10分の充電で約3時間再生可能) ●使用温度範囲5〜35℃ ●電源 (AC/内蔵バッテリー) ●消費電力約35W (AC電源使用時) ●サイズ約 幅460×高さ256×奥行215mm ●重さ約5.6kg ●付属品 (ACアダプタ/電源コード/取説) ●カラー ブラック ●1年保証
SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XG500
発売日:2021年 5月28日 価格:41,000円位 (2021/5/28現在)

【機能・用語説明】
新シリーズ「Xシリーズ」
 あらゆるジャンルの音楽を、重低音の効いた大音量と高音質で楽しみ、人生を豊かに彩るという 「LIVE LIFE LOUD (リブ ライフ ラウド)」 がコンセプト。
X-Balanced Speaker Unit により響きわたるクリアな高音質と大迫力の重低音
 限られたサイズの中で、振動板の面積を拡大させたソニー独自の X-Balanced Speaker Unit による 2Way Speaker System を搭載。約110mm×110mmの矩形ウーハー X-Balanced Speaker Unit に加え、直径25mmのトゥイーターも搭載、広がりのある高音質と明瞭で豊かな重低音を実現。
迫力の重低音を体感 デュアルパッシブラジエーター
 低域を増強するパッシブラジエーターを 2つ配置したデュアル・パッシブラジエーター方式を採用。両サイドに配置する事でキレと存在感のある低域を実現。さらに、DSP の低域増強機能により中・小音量時にも音楽を心地良く聞ける様に設計。音量毎に低域、高域のブースト帯域や量を変える為、屋内や夜間等に音量を下げた状態で音楽を再生しても、明瞭で心地良いボーカルと重低音を再現。
ライブサウンドモード
 DSP 処理で歓声や拍手、余韻成分を効果的に拡散。音が広がるとともに、自宅にいながらライブ会場にいる様な臨場感を実現。ボーカルの声や拍手の音等、従来のライブサウンドモードの再チューニングを実施。ソニー独自のアルゴリズムで、コアとなるボーカルの明瞭度は維持しながらも音を広げる事で、より一層の臨場感の体感が可能に。
圧縮音源を原音により近い音で再現する DSEE
 圧縮された音源で失われがちな高域を効果的に補完しクリアに再現する DSEE。音楽配信サービス等の圧縮された音源を原音により近い広がりのある音で再生。圧縮率を上げても音質劣化が少なく、聞き疲れし難い自然な音で楽しめる。
推奨サウンド設定を実現する ClearAudio+
 ClearAudio+ はソニー独自の様々なデジタル信号処理技術を組み合わせて、ソニーならではの音を手軽に楽しめる技術。高い臨場感を実現する音場技術、迫力の低音を再現する低域再生技術、クリアなサウンドを実現する補正技術を盛り込みながらも複雑な設定をする事なく、低域から高域までソニーお勧めの音を楽しめる。
自由自在に好みの音質に調整
 Music Centerを活用する事で、自由なイコライザー設定が可能。好みに合わせて、MEGA BASS/LIVE SOUND/Bass/Middle/Treble 等を自由自在に調整出来る。
広い会場等で大勢で盛り上がるパーティーコネクト
 複数のスピーカー※1 を繋いで、大音量が実現出来るパーティーコネクトに対応。最大100台※2 まで接続が可能。
 ※1 対応機種のみ (対応機種:SRS-XP500/SRS-XG500/SRS-XB43/SRS-XB33/SRS-XB23)
 ※2 SRS-XP500/SRS-XG500/SRS-XB43/SRS-XB33/SRS-XB23で組み合わせた場合
 ※ 映像と音声が若干ズレる場合がある ※ 対応コーデックは SBC のみ使用可能
アプリ Sony | Music Center で出来る事
 スマホ又は USB機器等に保存している音楽ファイルの再生/音質設定やイコライザー調整/バッテリー残量確認/電源オプションの設定 (いたわり充電・オートスタンバイ・Bluetoothスタンバイ・バッテリー残量 音声通知)/ライティング機能の設定/USB・Bluetooth・AUDIO INで接続した機器の再生切替/Bluetooth接続品質 (オーディオストリーミングの再生品質) 切替/ 他の機器とのグループ作成 (ステレオペア・パーティコネクト)/スピーカーのアップデート及びバージョン確認 等
いたわり充電モード
 充電方法には通常充電モードといたわり充電モードがあり、いたわり充電モードにすると、最大充電容量を約 90%に制限し、バッテリーの耐久寿命を長持ちさせる事が可能 (再生時間は記載時間よりも短くなる)。初期設定は通常充電モード。

楽天市場で探す

posted by たか坊 at 09:50| Bluetoothスピーカー | 更新情報をチェックする