2022年06月15日

Bluetooth5.1 ノイズキャンセリング ヘッドホン Bose QuietComfort 45

【仕様】
●2017年11月に発売された QuietComfort 35 wireless headphones U の後継機 ●世界最高クラスのノイズキャンセリング、快適な装着感、独自の音響技術による深く、クリアなサウンドを完璧なバランスで実現 ●ボーズ最高峰のノイズキャンセリング、改良されたノイズキャンセリングの Quiet モードでは通勤電車、騒がしいオフィス、カフェ等での中音域のノイズを打ち消し、一瞬で静寂の空間を作り出す ●音楽と周囲の音をバランス良く同時に聞く事が出来る Aware モード ●TriPort テクノロジーにより深みのあるリッチなサウンドを実現 ●アクティブ EQ により音量の大小を問わず高い忠実度を維持 ●軽量で快適な装着感、滑らかなクッション、高級感のある上質なシンセティックレザー、最小限に抑えたクランプ圧等、快適性を追求、1日中快適に装着出来る ●クリアな音声通話、進化したボイスピックアップ機能により、騒音の多い場所や風の強い場所でも、明瞭でクリアな音声で会話出来る ●最大24時間の連続再生が可能なバッテリーライフ、長時間のフライトでも目的地まで周囲のノイズをブロックしながら音楽を楽しめる ●Bose SimpleSync により対応するボーズのスピーカーやサウンドバーと連携出来る
●連続再生最大約24時間 (NCオン&音量50%時) ●オーバーイヤー型 ●Bluetooth5.1/通信距離最大9m/マルチポイント/マルチペアリング (最大8台) ●ノイズキャンセリング (Quiet モード) ●外音取り込み (Aware モード) ●TriPort 音響構造 ●アクティブ EQ ●ハンズフリー (強化されたボイスピックアップ) ●有線使用可能 (2.5mmステレオ) ●SimpleSync ●自動オフ ●音声ガイド ●Bose Musicアプリ (イコライザー調整/ヘッドホンの設定・操作/NCの設定/Bluetooth接続の管理/ショートカット機能/バッテリー残量確認/音声ガイドの言語選択/アップデート等) ●ボタン・スイッチ操作 (電源スイッチ/マルチファンクションボタン [再生・一時停止 /曲送り・戻し /受話・拒否・ミュート /音声アシスタント起動等]/音量+ボタン/音量−ボタン/アクションボタン [NC・外音取込切替] ) ●充電約2.5時間 (クイック充電15分の充電で最大3時間再生可能/充電ポートUSB TypeC/充電中は使用不能) ●折り畳み可能 ●サイズ (ヘッドホンH184×W152.4×D76.2mm/キャリングケースH211×W145×D51mm) ●重さ (ヘッドホン240g/キャリングケース180g) ●付属品 (キャリングーケース/充電用USB TypeCケーブル [30cm]/音声ケーブル [3.5mm - 2.5mm] ) ●カラー (ブラック/ホワイトスモーク)
Bose QuietComfort 45 headphones ブラック
発売日:2021年10月28日 価格:39,600円位 (2021/10/27)、32,200円 (2022/6/15現在)

【機能・用語説明】
Quiet と Aware 2つのノイズキャンセリングモード
 新しいアクティブノイズキャンセリングシステムと電子回路パッケージにより実現した Quiet モードと Aware モードの2種類のノイズキャンセリングモードを搭載。Quiet モードでは、イヤーカップ内側と外側に搭載したマイクとボーズ独自のデジタルチップの組み合わせにより、主に通勤電車、騒がしいオフィス、カフェ等で生じる中音域のノイズを検知・測定し、打ち消す。ボーズのノイズキャンセリング技術のキーワードは「一瞬」。ノイズキャンセリングをオンにすると、一瞬で静寂の空間を作り出し、音楽や映画等のコンテンツを、臨場感溢れるクリアなサウンドで、ノイズに邪魔される事なく楽しめる。Aware モードでは、周囲の音をマイクで収集、ヘッドホンから自然なサウンドで再生する事で、ヘッドホンを装着したまま音楽と周囲の音をバランス良く同時に聞く事が出来る。
ハイ・フィデリティオーディオで音楽を
 音楽やビデオ等、あらゆるコンテンツをハイ・フィデリティで再生。TriPort テクノロジーや音量に合わせて音質を最適化するアクティブ EQ 等、ボーズ独自のテクノロジーを投入。独自の TriPort テクノロジーにより、イヤーカップのサイズはそのままに、深みのあるリッチなサウンドを実現。快適性が向上した、よりコンパクトで軽量なヘッドホンで、さらに優れたサウンドを楽しむ事が出来る。さらに、音量に合わせて最適化されたアクティブ EQ により、音量の大小を問わず高い忠実度を維持。小さな音でも安定した低音を再生、音を大きくしてもクリアなサウンドが続く。
快適さを追求、ディテールへのこだわり
 特に長時間使用した時に、快適さをもたらす全ての特長を最大限に引き出す様に設計。素材は全て快適性に優れた軽い物を採用。素材のプロテインレザーは、快適性、耐久性、音響特性に優れている。イヤーカップは、均一で快適に耳にフィットする様、簡単に回転する設計。最も重要な事は、最小限のクランプ圧で安定性を実現した事で、長時間快適に装着出来る点。
耐衝撃性
 ガラス繊維を練り込んだナイロン樹脂を採用しヘッドバンド部分を強化。落下等による変形を防ぐ。
特別に鋳造されたヒンジ
 各回転部分に鋳造金属のヒンジを使用。強度と耐久性を維持。
高級感ある材質
 イヤーカップクッションとヘッドバンドに上質なシンセティックレザーを使用。一日中快適に装着出来る。
屋内でも、屋外でも、クリアな音声通話
 進化したボイスピックアップ性能は正に圧倒的。新マイクシステムは4つの超小型マイクを使ってあなたの声を集中的にピックアップ。同時にノイズリジェクティングアルゴリズムが、周囲の不要な音をフィルタリングする事で、よりクリアな通話が可能。それらは全てリアルタイムで処理される為、騒音の多い場所や風の強い場所でも、明瞭でクリアな音声で会話出来る。従来の通話機能に加え、Zoom や FaceTime 等、VoIP を使う多くアプリで使用可能。
Headphones 700 との違い
 QuietComfort 45 のノイズキャンセリングには、Quiet モードと Aware モードの2つのモードがある。Headphones 700 は11レベルのノイズキャンセリングに対応なので、さらに細かいカスタマイズが可能。さらに Headphones 700 は、タッチコントロールに加え、Amazon Alexa、Googleアシスタント、Siri へのハンズフリーアクセスにも対応。バッテリー駆動時間は、QuietComfort 45 が最大24時間、Headphones 700 が最大20時間。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 いいC、とてもいいA、素晴らしいA、十分A、満足@、好み@、フラットB、ナチュラルA、バランスがいいB、クリア@、中音クリア@、解像度高めB、聴きやすい@、とても聴きやすい@、聴き疲れしない@、低音 (デフォルトだと BOSE にしては物足りないD、おとなしめだが締まって質が高い@、引き締まった低音で聴きやすい@、好み@、きつくはない@)、中高音が際立つA、メリハリの効いた中高音@、明るめ@、音場広めA、デフォルトでは今一物足りないが専用アプリのEQを使うと腹まで響くズドンとした低音が出る様になる、高音が犠牲になるわけでもなく低音の出力が上がった感じ@、低音はEQで強化して BOSE らしい低音の効いた音になった、又高音中音を強化するととても抜けの良い音になり気持ちいい@、BOSE では珍しく?中高音が良く出て凡そフラットなバランス、派手過ぎない程度に快活な鳴り方、輪郭が明瞭でボーカルが聴き取り易く心地良い@、透明感があり濃く鋭く澄んでいる感じの元気がある音@、音声域の際立つチューニング、非常にシャープで手を伸ばせば届きそうな距離で歌っている様に聞こえる、低音は自然な感じで同価格帯のイヤホンより数段クリアな低音@、高音がややキンキンでキラキラ少な目、低音はそれなりと言った感じで上質と言うよりはスタンダードで控えめな印象、個人的には好み@、QC15 から買い替え、レビューで BOSE らしい低音が・・とあり心配したがEQなしでも低音はしっかり出ていた、音量を低くしても音質はとても良い@、自動EQのおかげで音量を下げても低音は豊かで十分@、小音量だと聞き取りづらい低音を上げたりしてる様だが、あまりに自然なのでコントロールされている事に気が付かない@、SONY、SHURE、JBL、DENON、ゼンハイザー、ビクターを所有するが、低〜高音まで無理なく余裕で鳴らし切る感じは流石、臨場感も素晴らしい@、高音はエージングが済むまで多少刺さるかも知れない@、刺々しい、耳に付く、疲れる、EQで調整しても鬱陶しい@、中高域が多過ぎ、10kHz を超える周波数は明らかに多過ぎ、疲れて耐えられない@、QC35U より低音の深みと迫力が増して中高音もクリアで低音とのバランスが取れて聴きやすい@、QC35U より断然良い、ボーカルや高音がハッキリとスッキリした感じに聴こえる、低音は弱くなった感じだが十分@、QC35 と比べ (向上した@、数段良い@、メリハリがしっかりして凄きくいい@、低音少し控えめで中高音が聞きやすくなった@、差は感じない@)、QC25 から乗り換え、QuietComfort 伝統のバランスの良い豊かで大人っぽい音@、AirPods Max と比べると厚みのある重低音の効いた、メリハリがハッキリとしてとても聞き応えのあるサウンド@、WH-1000XM3 の方が低音は強い、全体的にフラットな感じで悪くはないが強い低音を期待していたので拍子抜け@、WH-1000XM3 と比べ中高音の出と質が良い、明るい曲は明るく、しっとりした曲はしっとりと、程よい質感で鳴らしてくれる@、音質は XM4 だと思うが心地良さを感じるのは QC45@、BOSE MUSIC アプリのEQは、低・中・高音をそれぞれ +10〜-10 で調整出来るA
NCの効き具合
 十分B、室内では十分@、とてもいいA、優秀A、凄い@、パワフル@、かなり強力、効きがいい@、悪くない@、問題ない@、それなりに高レベル@、自然@、耳に圧迫感を与えないにもかかわらず必要十分@、屋外のノイズや室内でのノイズ等をかなり強力に打ち消してくれるが耳に圧が掛かる様な違和感は一切なく自然@、耳が痛くなる様な消音感がなくこれで十分と感じる、音楽を聞いていないと打鍵音は聞こえるが音楽を流すと聞こえない程度になる@、極自然な消音機能と言った感じ、パチンコ屋で耳栓代わりに使える程の強さはない、ショッピングセンターでは音が小さくなるものの人の声や店内アナウンスが普通に聞こえる@、環境音は 90% 位小さくなる印象、大雨の時に室内で使ったが音楽を鳴らさなくても小雨程度に聴こえる、音楽を鳴らすと 25% 位の音量で外部音はほぼ聴こえなくなった、街中での使用を考えると充分だと思う@、家では音楽流せば殆ど周りの音は聞こえない@、十分、家で音楽を聴くレベルだと雑音は皆無、電車内とかだとまあまあ周囲の音は入って来る@、申し分ない、静かな屋内では本当に外音が消える、新幹線の窓際での使用時は全ての外音が消える事はなかったが感覚的にプリウスタクシーに乗って市街地を走る時より静かだと感じた@、強力という程ではないが満足、ファンやエアコンの動作音等の繰り返し音には効果があるが人の会話等は結構聞こえる@、人の声もかなり低減する、音楽再生時には全く聞こえない@、超強力、街中の話し声や雑踏程度なら余裕でカットしてくれる@、雑踏や交通機関に乗る時にそこそこ便利@、2時間程の外出で、地下鉄★2.5、幹線道路★2.5、cafe★3.5 @、聞き取りが格段にしやすくなった、リモートワークでは周辺の雑音で内容が聞き取り難くなる事もあるので助かる@、QC35 よりいいA、静穏性は QC35U と同じ@、XM4 が 10 点とすると QC45 は 7〜8 点位、ただ XM4 は性能が良過ぎて圧迫感を感じたので QC45 位が丁度良い@、遮音性は WH-1000XM4 の方が上、NCも WH-1000XM4 の方が上かなぁ?という感じ@、通勤バス車内で使用、今まで WH-1000XM3 を使っていたが性能は QC45 の方が上@、AirPods Max より劣る感じ@、AirPods Pro と同等な感じ@ 
外音取り込み
 自然で普通に会話出来る感じ@、人と話す時や外の音を聞きたい時に便利、聞こえ方もまあまあ自然@、聞こえ方の自然さが良い、若干「コー」とマイクが拾う音が聞こえるが過度に余計な音が聞こえたりする事が無い@、自然な感じで取り込んでくれるので再生中の音楽の邪魔にならない点が素晴らしい、ボタンで簡単にモード変更出来る点も便利@、AirPods Max より劣る感じ@
音漏れ
 普通の音量で深夜の静かな部屋で微かに 20cm 位までは漏れる程度、雑踏・電車・昼間なら図書館でも大丈夫@
装着感
 いいC、快適A、最高@、心地良い@、フィットする@、軽いA、フィット感が今一@、蒸れる@、長時間でも疲れない@、長時間着けていると着けている事すら忘れる瞬間がある@、耳が疲れない@、2〜3 時間掛けっ放しでも全く耳が痛くならない@、頭が痛くならない@、勉強や移動中に 2〜3 時間着けたが着けている感覚を忘れる程、痛みとは無縁のヘッドホン@、長時間装着していてこれほど快適なヘッドホンはなかった@、とても軽く長時間でも気にならない@、最高、締め付けが強くなく長時間でも痛くならない@、頭と耳は標準的なサイズと思うが、丁度耳がすっぽり覆うので快適、小ぶりで軽いのは有難い@、頭の大きい僕でも1日中使っても痛くならない@、デカ顔&デカ頭でも軽く頭が痛くない@、素晴らしい、耳はそこそこ大きいが比較的長時間装着出来た、眼鏡併用でもフレームで側頭部が圧迫される事もない@、眼鏡併用でも痛くならないA、良好、締め付けは強過ぎず弱過ぎず絶妙、イヤーパッドもコンパクトなのに窮屈さを感じさせない@、非常に良い、イヤーパットは耳全体をギリギリで覆う程度のサイズしかないが窮屈さはない、高さが 35mm 程伸びるのでかなり大きな頭の私でも難なく装着出来た、側圧は絶妙で弱くもなく散歩でもズレる事はなかった@、耳への押さえ付けが丁度良い、所有するヘッドホンの中では押さえ付けは柔らかい、でもそれが丁度良い、耳のクッションもいい感じ@、イヤーカップの作りが素晴らしい、大きさ、バッドの当たり、何より耳に干渉しない様に傾斜を付けた内部形状、良く出来ている@、最高、イヤーパッドを初めて触った時「抱っこした時に触れる赤子のお尻やん」と思った、ヘッドバンドも柔らかく長時間の装着を想定されているだけあって、移動時に3時間使ったが首凝りや耳の痛み、耳や頭の痒み等もなかった@、QC35 同様着け心地はいいC (長時間着けても疲れない@、10時間着けても全く痛くならない@)、QC35U とほぼ同じ@、WH-1000XM4 より QC45 の方が側圧が弱く長時間装着出来る@
Bluetooth 接続
 スマホとPCの両方に接続、どちらも途切れる事なくスムーズに切替も出来る@、都内のラッシュ程度の乗車率だと途切れる場合がある (この条件で大丈夫だった Bluetooth ヘッドホンを知らない) が普通の乗車率程度や駅構内であればとても安定している@、iPad と iPhone どちらにも接続設定をしているが音が途切れる事がたまにある@、複数デバイスと起動時に同時にペアリングし音を出したデバイスに切り替わる機能が凄く便利@、スマホと Win11 端末に接続、片方の音楽を止めて別の機器で再生するとちゃんと再生されるし Win で音楽を聴いていて着信があれば QC45 で取って話すといった事が普通に出来る、1週間ヘビーに使って1度もトラブルがなかった@、Mac Late2015 は頻繁に音飛びする、iPhone や iPad は問題ない@、Mac は1度音飛びし出すと再起動しないとまともに使えない@、MacBookPro16 2019 は結構な頻度で音が飛ぶ、Bluetooth 2系統同時に繋ぐとそれが酷くなり集中出来ない@
通話
 相手の声もクリアに聞こえて、こちらの声もしっかり聞こえていた様だ、アプリで自分の声がどの程度聞こえるか設定出来るのが良い@、喧騒な場所だと音がそのまま乗ってしまう様だ、自分の声は良く聞こえるみたい@、側音の聞こえ具合をプリセットから選べるがアプリ経由以外のPC接続等では使えないみたい、PCで Zoom 等を使う時にも対応して欲しい@
操作性
 物理ボタン操作がいいB、スライド式電源スイッチ (分かりやすい@、ストレスがない@)、手元を見ずに操作出来る@、音量調整ボタンが独立しているので確実に操作出来る@、アプリで通話中の自分の声の大きさの変更と自動で電源が切れるまでの時間の設定が出来る@、電源が自動で切れる時間を選べるA、Bose Music アプリで大変気に入っている機能が Bose SimpleSync@、NCオフがなくなったが QC35 でもオフにした事はないので問題なし@、アプリの接続が遅い@
バッテリー
 QC35 に比べ1日持つのでほぼバッテリー持ちを気にする必要がなくなった@、充電しながらは有線無線とも使えない、マルチポイントで使うと減りが速く24時間再生は出来そうもない@、起動時に残り%を音声で知らせてくれるのが地味に助かる@
デザイン
 筐体がコンパクトなのも好きなポイント@、折り畳むとかなりコンパクトになりヘッドホンでありながら携帯性もある@、専用ケースに驚く程コンパクトに収納出来るので持ち運びに便利@、手持ち Sennheiser550 やパナ RP-HD610N よりもケースサイズが一回り小さく、薄いのが好み@、アラウンドイヤー型でも AirPods Max よりイヤーカップが小さくコンパクトに折り畳める@、大き過ぎず小さ過ぎず絶妙のサイズ、比較して SONY は少し大きい@、折り畳んで専用ケースに入れるとイヤーカップ同志が当たってカチカチするので 100 均で薄手の黒のレッグウォーマーを購入し片側のイヤーカップに被せて収納している@、見た目や質感は QC35U の方が良かった、ただ汚れた場合 QC45 の方が拭き取りやすいだろう@、皮脂が付きやすい@、QC35 からケースは改悪されたA、ケース外側のポケットがなくなった@
不具合等
 マイクが初期不良@、SONY の NW-A45 には非対応なので認識されないとの事

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 07:06| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする