2022年08月31日

スポーツ用 完全ワイヤレス Bluetooth5.2 ノイズキャンセリングイヤホン Jabra Elite 7 Active

【仕様】
●激しいワークアウトでも安定したフィット感が特長のスポーツ向け完全ワイヤレス ●ワークアウト中も安定したフィット感を実現するスポーツ用に開発された Jabra シェークグリップ技術により、ウィングが無くてもしっかりホールドしながら、しなやかでソフトなフィット感で、どんな激しいワークアウトでもフィットし続ける ●ボタンを押すだけでパワフルなアクティブノイズキャンセリングが作動し一瞬で周囲の邪魔なノイズを遮断、アプリで5段階のレベル調整が可能、又、耳にぴったりとフィットし快適な密閉感で遮音性が高い ●ボタンを押すとマイクが周囲の音を拾うヒアスルー、ランニング等で道路を渡る時に注意を払う事も出来るし後ろから近付く車の音を聞く事も出来る、アプリで5段階のレベル調整が可能 ●ワークアウトを後押しするパワフルなサウンド、6mmのカスタムスピーカーを再設計し、深みのあるバランスの取れた低音、広がりのある中音、繊細な高音を実現 ●アプリの MySound 機能で個人の聴覚プロファイルに合わせて音質を自動調整する事も、イコライザーで好みの音質に手動調整する事も可能 ●片耳僅か5.5gと軽量かつ従来の最小モデルより16%コンパクト、装着しているのを忘れてしまう程 ●緻密に配置された4つのマイクと風切り音を防ぐメッシュカバーによりビジネスでもワークアウトでもクリアな通話をサポート ●長時間の外出でも安心のロングバッテリ−、最大8時間使用出来る、充電ケースと併用すれば最長30時間使用可能 ●どちらか一方のイヤホンを単独で使える片耳モード、使っていない方を充電しておけばバッテリー持続時間が長くなる ●コンパクトでも優れた耐久性、軽量でも極めてタフ、屋外使用にも適した IP57 防塵防水で汗にも強く2年間の保証付き

●スポーツ向き ●連続再生最大8時間 (NCオン)、最大10時間 (NCオフ)/最長30時間 (付属充電ケース使用&NCオン)、最長35時間 (付属充電ケース使用&NCオフ) ●連続通話最大6時間 ●カナル型 ●再生周波数帯域20Hz〜20kHz ●Bluetooth5.2/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP1.3 /AVRCP1.6 /HFP1.7 /HSP1.2 /SPP1.2)/動作範囲最大10m/マルチポイント/マルチペアリング (最大8台) ●防塵・防水仕様 (IP57) ●マイク (MEMSマイク6基/帯域幅80Hz〜8kHz) ●ノイズキャンセリング (5段階のレベル調整が可能) ●ヒアスルー (外音取り込み/5段階のレベル調整が可能) ●ハンズフリー (マイク4基使用/側音機能) ●左右どちらでも単独で使用可能 ●イヤホンは充電ケースから取り出すだけで自動電源ON、ケースに収納すれば自動電源OFF ●音楽の自動一時停止機能 ●スリープモード ●日本語音声ガイダンス ●Jabra Sound+ アプリ (MySound/NCレベル選択/ヒアスルーレベル選択/MyControls/MyFit/ファームウェア更新等) ●ボタン操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/NC・ヒアスルー切替/受話・拒否・マイクミュート/側音ON・OFF/音声アシスタント起動 [Amazon Alexa /Goofle Assistant /Siri] 等) ●イヤホンの充電2.5時間 (急速充電5分の充電1時間使用可能) ●充電ケース (充電2.5時間/USB TypeC と Qi ワイヤレス充電に対応) ●6mm径ドライバー ●動作温度-5℃〜45℃ ●サイズ (イヤホン幅19.5×高さ16.3×奥行18mm/充電ケース幅40.3×高さ25.3×奥行69.6mm) ●重さ (イヤホン5.5g×2/充電ケース44g) ●付属品 (シリコン製イヤージェル [S/M/L]/充電ケース/USB TypeA to C ケーブル [30cm] ) ●カラー (ブラック/ネイビー/ミント) ●2年保証
Jabra Elite 7 Active ブラック
発売日:2021年11月11日 価格:21,800円位 (2021/11/10)、15,900円位 (2022/8/31現在)

【機能・用語説明】
シェークグリップ
 ワークアウト中も安定したフィット感を実現するスポーツ用イヤホンの為に開発された技術。歩いても走ってもジャンプしても、シェークグリップ技術によりしっかりとフィットし続ける。特殊なリキッドシリコンラバーでコーティングする事で、ウイングが無くても耳にしっかり固定される。シェークグリップはしっかりホールドしながら、しなやかでソフトなフィット感をもたらす画期的な技術。長時間、アクティブに使用するのに最適。
アクティブノイズキャンセリング
 ボタンをタップするだけでパワフルなアクティブノイズキャンセリングが作動。一瞬で周囲の邪魔なノイズを遮断。Jabra Sound+ アプリで、ニーズに合わせてノイズキャンセリングのレベルを5段階で調整出来る。コンパクトで耳にぴったりとフィットし、しっかりとした、快適な密閉感で遮音性の高いデザイン。どこでワークアウトしていても、サウンドに没入出来る。
ヒアスルー
 集中するには没入感が必要だが、周囲を把握しておきたい時もある。そこでヒアスルーの登場。ボタンをタップすると内蔵マイクが周囲の音を拾う。Jabra Sound+ アプリでヒアスルーのレベルを5段階からニーズに合わせて選択出来る。屋外でのランニング中等、道路を渡る時に注意を払う事も出来るし、後ろから近付いて来る車両の音を聴く事も出来る。
ワークアウトを後押しするパワフルなサウンド
 深みのあるバランスの取れた低音、広がりのある中音、繊細な高音、豊かでパワフルなサウンドを実現する為、6mmのカスタムスピーカーを再設計。激しいワークアウト中でも、やる気と活力を維持出来る様にサポート。Jabra Sound+ アプリの MySound 機能により、個人の聴覚プロファイルに合わせて音質を自動調整し、さらにイコライザーで好みに合わせて音質をカスタマイズする事も可能。
デザイン
 サウンドが良くても装着感が良くなければ意味がない。Elite 7 Active は、これまでにない快適さを追求、高度な技術をコンパクトな筐体に収める事に成功。片耳僅か5.5gと軽量で、従来の最小モデルイヤホンよりもさらに16%コンパクト、装着しているのを忘れてしまう程。イヤージェルは耳の形状に合う様に改良され、先端が丸形状の先細型に成形。ワークアウトの集中を途切れさせない。
クリアな通話品質
 4つのマイクを緻密に配置し、風切り音を防ぐ為、SAATI Acoustex メッシュによりカバーされている。ワークアウト中でも重要な納期について話している時でも、卓越したクリアな通話を実現。ビジネスでもワークアウトでもクリアな通話をサポート。
側音
 側音とは、通話中に自分の声が聞こえる様にする事。利点は、どれだけ大きな声で話しているかを判断出来る事。Jabra Sound+ アプリで ON/OFF 出来る。
MyControls
 任意の機能をイヤホンの各ボタンに再度割り当てる事が出来る。Jabra Sound+ アプリで好みに応じて設定出来る。デフォルトでは、次の機能 (@ 側音のON/OFF、A 現在の通話を保留し着信通話に応答する、B 保留と現在の通話を切り替える) はイヤホン側から制御出来ないが、アプリの MyControls で設定する事が可能。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 いいB、とてもいい@、満足B、非の打ち所が無い@、必要十分@、問題ない@、明瞭A、高音が澄んでいる@、とてもクリア@、意外とスッキリ@、フラット@、癖がない@、バランスがいい@、聴きやすい@、聴き疲れしない@、低音 (やや低音寄り@、やや強め@、好みの低音がしっかり出る@、切れがいい@、効き過ぎずノーマルな感じ@、重低音は物足りない@)、音質は良く、低〜高音まで程よく聴き疲れのない音@、聴力プロファイルによるカスタマイズのおかげか着け心地も相まって他のイヤホン/ヘッドホン (AirPodsPro、AirPodsMax、EAH-AZ70W、Bose QC Earbuds、SE846、SRH1840、Aonic50 等) より聴き疲れし難い@、アプリで聴力等を計測し自分用にカスタマイズしてくれるので大分自分好みの音で聴く事が出来る、補正前にロックを聴いた時、高音がうるさくて好みではなかったが、アプリの優秀さに印象が大分覆った@、価格相応、スッキリ系で音抜けが良くやや腰高、キラキラ感があり華やか、ボーカルはやや細め、低音が割と強くドンシャリ気味だが重低音はそこまで伸びない (EQ は未使用)@、75t と比較 (同様に申し分ない@、不満はない@、良かった 75t と違いはあまり分からない@、少し変わったかな?程度 75t は不満は無かったので問題はない@、高音低音とも 75t の方が出ている@、75t はドンシャリで本機は何となく物足りなさがあったが聴くうちにバランスの良さが分かる様になった@、75t と方向性が似ている@、75t より音の分離が良く拡がりが気持ち良い、若干軽め@)、85t と比較 (似ている@、中高音はあまり差は感じず両方ともクリアで聞き取りやすい、低音は 85t の方が深みと迫力がある、全体的なバランスは 85t が若干上@)、良い音だが好みは 85t かな、75t・85t・elite3 と比べると 75t より低音のアタック感が有り elite3 より高音の明細感が高く 85t より全体的に柔らかく聴きやすい感じ、(アプリで個人に合わせた音になっている)@、7PRO とほぼ同じだが高音がほんの少しだけ出ていない様な@、曲にもよるが Bose QC Earbuds と遜色なく感じる@、ヒップホップは低音が響く本機が好みに合うがクラシックやボーカル等、高音をクリアに聴きたい時は AirPods が聴こえやすく感じた@、再生中のホワイトノイズがある、音楽は大丈夫だが音源が ASMR とか図書館の様な静かな所では気になる@
音量
 普通、スマホの音量30段階中14〜15位で丁度良い、23以上だとそこそこ音漏れする様だ、最小音量は10位〜使えるので常識の範囲なら音漏れを気にする必要は無いと思う@
NCの効き具合
 いい@、とてもいい@、しっかり効く@、結構強力@、十分A、必要十分@、強力ではないが十分@、音楽聴くには十分@、静かにでも音楽が流れていれば中々の遮音性@、マイルド@、普通@、価格相応@、AirPods Pro 同程度A、Bose QC Earbuds は結構強力で比べると弱い気がする@、75t よりいい@、75t より弱い気がするが普段使いでは十分@、風切り音が少ない 7PRO よりうるさい@、強力ではないがアプリで高〜低域までスライドバーでどの帯域をカットするか調整出来る所が優秀、自分の生活圏でうるさく感じる音を自由にカット出来るのは凄く便利@、雑音らしい雑音は全て消えるが、構内放送や打音を伴う雑音、電車内では多少の走行音とドアが閉まる打音、アナウンス音声等は聴こえたが気になる程ではなく、音楽を聴いていたら気が付かないと思う@、電車内では車輪の音は聞こえるがその他雑音が体感的に50%カットされる感覚、アナウンスが聞こえないのは少し不便@、周りの雑音は消してくれるが運動中の自分の呼吸音はあまり消せないのでランニング中は自分の呼吸音の方が気になった@、電車内や機内では少し効いてるかな程度、もう少し欲しい@、起動しているのは分かるが調整しても外音が消えた感じはなくあまり意味がない@、オンとオフの違いが分からなかった@
外音取り込み (ヒアスルー)
 十分@、便利@、非常に優秀、自然な聞こえ具合で音に変な強調がない@、違和感が少なく普通に聞くよりも良く聞こえるかも@、ほんの数フレームの遅延を感じレジでは外したが外音を聞く為ならば全く問題なし、機内放送や車内店内放送等はしっかり聞き取れる@
装着感
 いいA、とてもいい@、優秀@、バッチリ@、ピッタリフィットする@、7PRO より良く最高@、今まで使ったイヤホンの中で1番@、問題ない@、気に入っている@、小さいB、75t より小さい@、軽いB、着脱しやすい@、走っても落ちない@・落ち難い@、長時間でも耳が痛くならないA・なり難い@、ジョギングにも問題なく使えるA、1時間程のランニングでもズレる事はなかった@、多少激しく動いてもズレる気配がない@、奥に差し込む形で安定感がある@、軽く、着けている感覚はほぼなくフィット感も抜群@、運動時に全くと言っていい程ズレない装着感が秀逸、着けている事を忘れる@、小さいので圧迫感無く装着出来るし激しく動いても取れ難い@、良くフィットする、そこそこの動きでは抜け落ちる気配はない、ジムで使用@、良かった 75t と変わらないA、75t より良い、運動しても全くズレない@、75t より良い、圧迫感無し、浮遊感無し、ズレ無し、安定感有り@、85t より小さくなりフィット感はかなり上がった@、1番フィットしていた 65t に比べるとほんの少しだけ劣る@、もっと密着感が欲しい@、先端が長く差し込む様な形だが耳への嵌りが悪く落ちる@、社外品イヤーピースの AZLA Sedna L、radius deep Lサイズはケースが浅いので浮いて収まりが悪い@、ケースの深さが割りと浅いので他社のイヤーピースは結構難しいと思った@、付属イヤーピースは出来が悪い為、ワイヤレスイヤホン用のコンプライに替えた@
Bluetooth 接続
 電波状態確認の為に通勤に使ってみた、朝出勤時の接続は1度切れたきり電車内では切れなかった、帰宅ラッシュ時も特に切れなかった、Jabra は相変わらず途切れに強い印象@、壁2枚挟んで5〜6m離れても安定している@、前シリーズと比べ接続性がアップしている@、マルチポイント対応がいいB
通話
 良好@、十分@、75t よりマイク音質は向上していると思う、会話にはお奨め@、Clubhouse で会話してもノイズ等はないとの事、外に出てもノイズをあまり拾わないそうでテレカン等に向いていると思う@、65t に比べ通話時の送話音質は改善され多くの作業中でも相手に明瞭な音声を伝えられる様になった、高騒音下 (コンバインの刈り取り作業) での通話は流石にシングルイヤホン、バーマイクのアレには敵わないが、そこそこの生活環境の中での通話なら十分使える@、左右片側づつ使っても大丈夫、右で使った際ほんの少しノイズがあるらしいが声は綺麗に聞こえる@、相手から聞き取り難いとの苦情が複数あった@、電話相手に音が籠って何を喋ってるのか分からないと良く言われる@、75t に比べ通話品質が下がった、相手から声が遠い篭っていると言われる、75t は風が強い日でも風切り音もカットしてとても気に入っている@、右のみで通話時、こちらが大声で喋っても聞き取り難いと言われた@、通話は相手の声が小さくて聞こえ難い、最大でもかなり小さい@
バッテリーの持ち
 部屋で2時間、通勤往復3時間、合計5時間使用、3〜4日に1回の充電で大丈夫と思う@、65t より小さくなった為か明らかに短くなった、体感20%位減少した@
アプリ
 優秀B、いい@、かなり良い部類@、出色の出来で見た目も良く使いやすいし機能も豊富@、使い勝手は頭1つ抜けていて取説を読まずに簡単に思い通りに設定を詰める事が出来る@、好きな音質に出来る@、音質調整は非常に高機能で自由度の高い EQ を掛ける事が出来る@、左右の音量調整を初期設定で独立して行えるので左右で聴力が違う人間には有難い@、聴力測定からの補正はお気に入り、左右順番に 「この音が聞こえたらタップしてね」 と様々な周波数の音に対する反応をチェックし補正する@、iOS は 14.0 以降でないと使えない@
操作性
 物理ボタン操作 (誤操作し難くていいC、クリック感があり操作もしやすく水場でも使いやすい@、押す時に耳への圧迫感があるA、押し心地が悪い@、やや押し難い@、クリック感は適切だが押す度に耳に押し込むのが嫌@、力を入れずに押せる、耳穴に押し込まれてしまう人は装着の仕方が違っているかも@)、片耳モードがいいB、手袋したまま操作出来る@、耳から外すと自動で一時停止 (着けると再生) するのが便利@
充電ケース
 開け難い➇ (引っ掛かりがないC、片手で開けられない@、滑る@、85t は開きやすくて無くした@)、コンパクトC、磁石で閉まる構造ゆえ落とすとイヤホンが飛び散る@
防水
 誤って片方ポケットに入れたまま洗濯してしまったが動作し音質劣化も感じない@、着けたまま風呂に入れる、そのままシャワーも全然平気、シャンプーはやや不安であまり掛からない様に注意している@
不具合
 片側のみ (充電出来なくなった@、途切れたり接続中なのに音が出ない等不安定@、左からはヒュルヒュル音がするし右は中々認識されない@、音が聞こえない@、接続が不安定で片耳しか聞こえない事がある@)、75t に比べ切断が頻繁に発生@、右耳が聞こえない問題はマニュアル通りにやったら解決、方法は「ケースにイヤホンを入れた状態で両耳のボタンを10秒押し、紫点滅したらケースを閉じる」@、ケースを充電しても100%にならない、又左の減り方が激しい@、充電が20%以上にならない@、充電してないのにケースの LED が点きっ放し@、ケースを開けた際イヤホンの LED がブラックは点灯するがネイビーは点灯しない@、充電後ケーブルを外してもケースが点灯しっ放し、ケースの充電を完全に空にしたら直った@、アップデートに 70〜110分 (放置) 掛かった@

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 12:34| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする