2023年03月27日

完全ワイヤレス Bluetooth5.2 ノイズキャンセリングイヤホン AVIOT TE-J1

【仕様】
●カスタム IEM (インイヤーモニター) に着想を得た、音質特化型の完全ワイヤレス ●金属ノズル一体型 BA ドライバー、IEM に使われる事の多い金属製のノズルを採用、BA ドライバーとの組み合わせで音の分離が良く透明感のある高域を再現 ●BA ドライバーと 10mm ダイナミックドライバーを組み合わせたアドバンスド・ハイブリッドドライバーにより、音の表現力・再現性が向上、さらに金属ノズルの組み合わせで繊細ながら深みのある音を再現 ●ワイヤレスでハイレゾ音源を楽しめる LDAC に対応 ●4基のマイクを使ったハイブリッドアクティブノイズキャンセリングと、物理的に環境音をシャットアウトするパッシブノイズアイソレーションの組合せで、電車や車の走行音、街中の雑踏や人の話し声が気になる所でも、静寂の中、音楽を楽しめる ●滑らかな流線型が美しい、唯一無二のデザイン ●スタイルに合わせて選べるケースデザイン ●イヤホン単体で最大9時間、充電ケースを併用すれば最長28時間の長時間再生が可能、10分の充電で最大60分の使用が可能な急速充電にも対応 ●スマホとPC等、同時に2台の端末と接続出来るマルチポイントに対応、1台を音楽再生用、もう1台を電話待受用にする事も出来るので、音楽再生中も別端末にかかって来た着信を逃す事はない ●AI技術を活用したアルゴリズムにより、クリアな音声を届けるハンズフリー通話を実現 ●エルゴノミクスデザインを採用、長時間使っても疲れ難く、激しく身体を動かしても外れ難い安定した装着感を実現 ●イヤホン本体は突然の雨や水しぶき、汗等による水濡れにも強い IPX4 生活防水仕様

●連続再生最大9時間 (NCオフ)/最長28時間 (付属充電ケース使用&NCオフ) ●連続通話最大5時間 ●カナル型 ●Bluetooth5.2/コーデック (AAC /LDAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/マルチポイント/マルチペアリング (最大8台) ●生活防水仕様 (IPX4) ●ハイレゾワイヤレス (LDAC対応) ●ノイズキャンセリング (ハイブリッド型) ●外音取り込み ●低遅延ゲーミングモード ●ハンズフリー (MEMSマイク×3 [片側]) ●左右どちらでも単独で使用可能 (片耳モード) ●イヤホンは充電ケースから取り出すだけで自動ON、ケースに収納すれば自動電源OFF ●日本語音声ガイダンス ●アプリ AVIOT SOUND ME (10バンドEQのカスタム/NC・外音取り込みモードのON・OFFやレベル調整/イヤホン探知機能等) ●タップ操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/NC ON・OFF/外音取り込みON・OFF/受話/音声アシスタント起動等) ●イヤホンの充電 1.5時間 (急速充電:10分の充電で最大60分の使用が可能/バッテリー容量50mAh×2) ●充電ケースの充電 1.5時間 (充電ポート USB TypeC/バッテリー容量400mAh) ●10mm径ダイナミック型ドライバー+バランスドアーマチュア型ドライバー ●イヤホンの重さ 約6.0g×2 ●付属品 (イヤーピース [S/M/L]/USB TypeCケーブル/取説) ●カラー (ブラック/ホワイト/カーキ/ネイビー) ●1年保証
AVIOT TE-J1 トゥルーワイヤレスイヤホン ブラック
発売日:2022年11月18日 価格:21,900円位 (2022/11/19)、17,800円位 (2023/3/27現在)

【機能・用語説明】
金属ノズル一体型 BA ドライバー
 通常完全ワイヤレスでは樹脂素材が使われる事の多いノズル部分に、IEM に使われる事の多い金属製のノズルを採用。又、金属粉末射出成形技術を用いる事で、高硬度・高比重・高精度を実現。そして金属製ノズルに BA (バランスドアーマチュア) ドライバーを固定する事で、BA ドライバーの筐体の一部となる様に設計。これにより不要な振動が抑制され、音の分離が良く透明感のある高音域を再現。
アドバンスド・ハイブリッドドライバー構成
 BA (バランスドアーマチュア) ドライバーと、10mm ダイナミックドライバー、特性の異なる2基のドライバーを組み合わせたアドバンスド・ハイブリッドドライバー構成を採用。BA ドライバーが主に中・高音域を、ダイナミックドライバーが低音域を担当する事で、ドライバーが1基のモデルと比べ、音の表現力・再現性に幅を持たせた。このアドバンスド・ハイブリッドドライバー構成と金属ノズルの組み合わせで、繊細ながら深みのある音を再現。
最高の音には、最高の静寂を
 より広帯域でノイズを低減させる計4基のマイクを使ったハイブリッドアクティブノイズキャンセリングの採用と、物理的に環境音をシャットアウトするパッシブノイズアイソレーションの組み合わせで、広帯域にわたりノイズを低減。電車や車の走行音、街中の雑踏や人の話し声が気になる場所でも、静寂の中、音楽を楽しめる。
エフォートレスな美しさ
 IEM を彷彿とさせる、クリアデザインを取り入れると同時に、軽い装着感・フィット感を重視した形状に設計。滑らかな流線型が美しい、唯一無二のデザインに仕上げた。
スタイルに合わせて選べるケースデザイン
 ホワイトとブラックにはしっとりとした手触りのエコレザーを使用。上品でラグジュアリーな質感が特徴。ネイビーとカーキは、リサイクルナイロンのタフタをベースとした eVent を採用。裏地にはエコレザーを使う事で、カジュアルながらも高級感を感じられるデザインに仕上げた。
AI技術を活用した高品質通話機能
 高品質通話用マイクの採用、そして、話し声と周囲のノイズを判別・除去するAI技術を活用したアルゴリズムにより、クリアな音声を届けるハンズフリー通話を実現。通話相手へあなたの声をスムーズに届ける。
日本のブランドが紡ぎ出す、繊細な日本の音
 AVIOT の音作りの特徴は、日本語を聞きなれた人々が最も心地良く感じるサウンド「JAPAN TUNED」。J1 は、 IEM で用いられる手法を取り入れて不要な振動による音の雑味を抑制し、高解像度で透明感のある音を実現。アーティストが込めた音の一粒一粒を鮮やかに描き切る、ワイドレンジで煌びやかなサウンドを楽しめる。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 良いA、満足A、最高@、素晴らしい@、かなり優秀@、高音質@、普通@、まあまあ@、有線の1〜2万円クラスと同等@、抜けがいいA (素晴らしい@)、音の輪郭と粒がハッキリ@、解像度が高い@、分解能が良い@、クリア@、中高音がとても綺麗@、音域が広い@、心地良い@、とても聴き心地が良い@、柔らかく聴きやすい@、とてもナチュラル@、元気@、とても軽快@、低音 (ドゥンドゥン系ではない@、低音を売りにしているメーカーではなくこれもその傾向だがバランス良く出ている@、控えめ@、弱め@、籠らない@、深さや量はない@)、高音 (綺麗A、解像度が高い@、クリア@、抜けが良い@)、低音が強過ぎず高音の解像度が高いイヤホンが好みで本機は大当たり、低音もボワボワした印象は全くなく厚みのある心地良い音質@、素晴らしい、ピアホンや AirPodsPro2 や 1000MX4 にも引けを取らない、中高音は真にクリアでしっかりした低音がどっしり安定、凄く聴きやすい、優しい声質@、1つ1つの音が独立して聴こえるのでボーカルの後ろの楽器がどこで鳴っているかが浮かんで来る様だ、低音も存在感がしっかり有るが他の音と喧嘩する事が無く音楽以外も聴きやすい@、かなりの高音質、凄く透き通るクリアな音、高音は勿論、低音もしっかり感じられるが低音はもっと重みを感じたかった為アプリで調節した@、大好きな音質、綺麗に伸びる煌びやかな高音、質の高い低音で BA 機に近い感じ、低音重視なら別の機種が良い@、クリアで一音一音がしっかり耳に入って来る、目前で演奏を聴いている様@、低音が籠るし高音もちゃんと出ない@、WF-1000XM4 と比較 (同レベル@、超えている@、明らかに高音質@)、NCオンオフで差があり過ぎる、オンは低音が強調され少し籠る、オフは高音寄りになり低音が出なくなる@、アプリの EQ で好みに調整出来るA
音質 (LDAC)
 素晴らしい、1000XM4 より上に感じる、音の艶と表現力がかなり違う、弦楽器の擦る音まで聴こえる@、期待外れ、ゼンハイザー MTW2 (普段使い) や Jabra Elite 75t Active (ジム用) に劣る、DAP は NW-ZX507@
NCの効き具合
 満足@、普通A、実用性はある@、弱い@、強力ではないがオフィスで話し掛けられても気付かない程度には効く@、効果はあまりない、曲を流さないとTVの声はオンでもオフでも普通に聞き取れる@、1000XM4 の圧勝@、AirPodsPro2 より数段落ちる@、装着の度にNCが解除される@
外音取り込み
 価格相応@、実用性はある@、アクリル板越しのコンビニでギリギリ会話が出来るレベル、AirPodsPro2 には及ばない@、音楽を止めるか音量をかなり下げないと外の音は全然聞こえない@
装着感
 フィットするD (最高、イヤーフィンがないのに吸い付く様に耳に張り付く@、落ちる心配もなさそう@、耳にセットする角度が分かり難いので練習が必要、感覚を掴むと今までには無いしっかりハマってる感がある@)、良いB (小さめで軽いので WF-1000XM4 より耳の負担が少なく長時間でも苦にならない感じ@、とても軽く着けていも重さは気にならない、ずっと着けても苦ではない、エアロバイクを漕いだがそれ位では落ちる気配はない@、圧迫感が少しあるが重量感は大きくは感じない、形状的に圧力が一部分に集中するので人によっては疲れやすいかも@、イヤホンを耳から外す際にイヤーピースが引っ繰り返る事が多い@、付属イヤーピースはフィットしない為、市販品への交換を検討中@、イヤーピースは最近増えた楕円ノズルだが社外の普通の円形イヤーピースも普通に付けれる、スピンフィットを付けたが非常に良くハマる@
Bluetooth 接続
 人混みで一瞬途切れたりするが気にならない程度@、たまに途切れる事がある@、音質優先にすると自宅でもブツブツ切れる@、片側だけでペアリングされる時がある@、マルチポイントは便利、切替の手間がない@
遅延
 PCで動画は違和感なし@、Switch で音ゲーはワンテンポの半分位の遅延を感じた、想像していたよりも無く許容範囲@
通話
 Web 会議でのマイクは相手の評判が良い@、短時間だが試しにかけてみたが相手からは問題なく聞こえるとの事@
バッテリー
 LDAC はNCオンオフに関係なく10分で5〜7%消費する@、NCオンで音楽を再生していると大分減りが速い@
アプリ AVIOT SOUND ME
 出来が悪いA、起動しない@、アプリが GPS 非搭載で位置情報が設定出来ない機種では起動出来ない、FiiO M11Pro (LDAC) で使いたいがアプリが位置情報オンにしないと起動出来ない@、アプリで設定を行うが接続の度にリセットされ毎回設定し直さないといけない、NCオフや EQ は Bypass で起動する@
操作性
 タッチセンサー (反応速度が速い@、とても感度が良い@、反応が良過ぎて誤作動しやすい@、意外と感度は良い、誤タップは気にしないと生じるので注意が必要@、イヤホンの着け外しの際に触れて誤操作してしまう事が多いA)、音量調整が15段階?で最低でもそれなりに大きく小さい音では聴けない@、音量調整をタッチで行う時に効果音が大きくて気になる@、イヤホンが耳から外した時の停止機能が欲しい@
充電ケース
 デザイン (お洒落A、カッコいい@、気に入っている@、所有欲を満たしてくれる@、高級感がある@)、触り心地が良い@、カバーが軽くて開けやすい@、 自立しない@、蓋は開いた状態で固定されるタイプではない@、イヤホンの出し入れ (すぐ取り出せる@、蓋が閉じてしまうので片手で押さえながらしないといけない@、スムーズに出来る様になるには慣れが必要@)
デザイン
 良い@、お洒落@、カッコいい@、素敵@、気に入っている@、高級感がある@、カーキは想像以上に光沢がありグリーンゴールドに近い、公式サイトとはかなり印象が違う@
不具合等
 ケースに収めイヤホンの充電が完了しても左右とも 95% 以上にならない@、電源オンオフ以外まともに作動しない@、NCオンにすると低音等にノイズが入る@、マルチポイントでスマホとPCを接続すると接続と切断を繰り返す@、ペアリングが片方ずつしか出来ず両耳で聴けない@、ケースから取り出すと片方は電源が切れていてもう片方だけ接続完了している事が多い@、アプリが使えない (Xiaomi11T Pro Android12)、ウォークマン NW-WM1ZM2 にはインストールすら出来ない@、新品じゃないB (開封された様な痕跡有り@、包装袋は開封されて化粧箱は傷だらけ@、プラスチックの外箱はキズが数か所、説明書等が入っているケースは破れていた@)

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 04:57| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする