2023年08月10日

完全ワイヤレス Bluetooth5.3 ノイズキャンセリングイヤホン Anker Soundcore Liberty 4 NC

☆新製品

【仕様】
●Anker 史上最強ノイズキャンセリング、Soundcore Liberty 4 シリーズのノイズキャンセリング特化型完全ワイヤレス
●連続再生最大8時間 (NCオン)、最大10時間 (通常モード)、最大6時間 (LDAC接続)/最長40時間 (付属充電ケース使用&NCオン)、最長50時間 (付属充電ケース使用&通常モード)、最長30時間 (付属充電ケース使用&LDAC接続) ●カナル型 ●Bluetooth5.3/コーデック (AAC /LDAC /SBC)/動作範囲10m/マルチポイント ●周波数応答20Hz〜40kHz ●インピーダンス10Ω ●防水仕様 (IPX4) ●ノイズキャンセリング (ウルトラノイズキャンセリング 3.0/モード [自動設定 /手動設定 /移動] ) ●外音取り込み (全ての外音/音声フォーカス) ●ハイレゾワイヤレス (LDAC 対応) ●3Dオーディオ ●HearID サウンド (聴覚診断/お好み診断) ●ハンズフリー (6つマイクを使ったノイズリダクション) ●イヤホンは充電ケースを開くだけで自動電源オン&自動ペアリング、ケースに収納し閉じれば自動電源オフ ●片側のみで使用可能 (モノラルモード) ●装着検出 (自動一時停止・再開) ●音声ガイダンス ●自動電源オフ ●Soundcore アプリ (EQ の設定 [プリセット22種類&カスタム]/HearIDサウンドの設定/3Dオーディオの設定/NC・外音取り込みの設定/操作のカスタマイズ/ゲームモード/装着テスト/装着検出のON・OFF/マルチポイント接続/音量制限/音声ガイダンスの設定/自動電源オフの設定/イヤホンを探す/ファームウェアの更新等) ●タッチ操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/NC・外音取り込み切替/受話・拒否 等) ●イヤホンの充電 約1時間 (急速充電:10分の充電で約4時間使用可能) ●充電ケースの充電 (USB TypeC充電 約3時間、ワイヤレス充電 約3.5時間) ●11mm径ダイナミック型ドライバー ●充電ケースのサイズ 約57×57×30mm ●重さ (イヤホン 約5g×2/イヤホン+充電ケース 約60g) ●付属品 (充電ケース/イヤーチップ [XS/S/M/L]/USB TypeC to Aケーブル/クイックスタートガイド) ●カラー (ブラック/ホワイト/ネイビー/ピンク/ライトブルー) ●18か月+6か月保証 (会員登録後)
Anker Soundcore Liberty 4 NC
発売日:2023年 7月26日 価格:13,000円位 (2023/8/10現在)



【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 良いB、とても良いB、満足A、十分A、十分過ぎる@、必要十分@、悪くない@、普通@、低音が強い@、低音好きなら AirPodsPro初代より良い@、元気な音@、デフォルトは高音近くがシャカつくが EQ でとても良くなる、低音は結構強い@、とても良い、デフォルトは普通だが EQ を弄りまくると低音が鼓膜に響き高音もキンキンしなくしっとりしてボーカルもグッと近くなる@、EQ で好みに調整出来るB (プリセットも沢山ある@、2〜3万レベルのクオリティ@)、とても良い、曲によっては XM4より低音の迫力があり良い、高音は刺さる感じはあるが明瞭な音作りとも言えるかも知れない@、低〜高音迄とても綺麗、特に低音域と中音域がとても綺麗に聞こえる@、高音の鳴りや解像度は価格なりかも知れないがバランスが良い、特に低音は豊かでありながらもボワつかず、全体的に温かみがありノリ良く聴ける@、前作 Liberty4 と A40 の中間で Liberty4 に近い、Liberty4 の刺さる高音を削って重低音を足し全体的に丸くした感じ、普段聴きにも満足出来る音質@、前作 Liberty4 の方が上@、前作 Liberty4 より低音が響くA (前作の方がクリアな気がする@)、とても良い、前作 Liberty4 の方が良いはずだが違いは全く分からない@、低音重視で高音弱め、繊細な曲には不向き、AirPodsPro初代、前作 Liberty4、Bose QC Earbuds2 の中では1番下@、Bose QC Earbuds2 には劣るが気になる程ではない@、2万程度の中価格帯なら本機が圧倒する@、音質のみなら同価格帯で本機より良い物が沢山在る@
NC の効き具合
 とても良いC、良いA、十分@、電車内では十分A (音楽を流せば十分@)、素晴らしい@、現状トップクラス@、期待外れA (他社のイヤーピースが使える旧モデルの方が効く@)、満足出来る仕上がり、電車内でも試したが快適に使える@、価格からは想像出来ない位良い、ゼンハイザーMTW3 以上に電車内の騒音を遮断してくれる@、エアコンの音はほぼ聞こえなくなる、通勤でも十分効果が感じられた@、中々良い、音楽を流さなくてもエアコンや扇風機の音は完全に聞こえなくなり、音楽を流せば車の走行音や近くの工事も気にならなくなる、低い音は大半カット出来るがキーボード等の高音は多少貫通して来る、A40 の様な圧迫感もない@、前作 Liberty 4 より効くE (数段上、ヘッドホン WH-1000XM4 と引けも劣らぬ@、1.5倍位強い、低〜中音のノイズはしっかり除去してくれるが高音はあまり除去されない@、電車で使うなら間違いなく本機が良い@、換気扇の下で試した所「サー」の高音は流石に消えないがそれ以外は無音になる@)、AirPodsPro初代より強いA、AirPodsPro2 とは性能差を感じるが AirPodsPro初代とは甲乙付け難い@、全体的にノイズが消されている感じがあり Anker では最も優れていると感じる、カフェなら充分に集中出来る性能、AirPodsPro初代とは良い勝負、2代目とは毛布1枚分位の差がある感じ、動作は明らかに前作 Liberty4 より本機の方がスムーズかつ安定している@、Bose QC Earbuds2>>>本機>AirPodsPro初代>>前作 Liberty4 の順、価格を考えたら十二分、低音は上手く消してくれるのでエアコン・空気清浄機・走行音等日常音はかなり消える、人の声は思ったより消えずオフィスで集中したい時でも話声が気になるレベル、AirPodsPro初代よりもやや劣る、Bose は隣から話掛けられてもよく聞こえずイヤホンを取って聞き直すレベル@、Bose QC2 とさほど遜色ない感じ@、AirPodsPro2を 10点とすると 5点位、Life P3 と余り違わない@、Life P3 から買い換え、低〜中音迄は凄く進化している、高音は減ったが多少聞こえる@、AirPodsPro2 や XM5 よりは劣るが普段使いなら全然あり@、期待し過ぎた、低音はまあまあ消えるが人の声や高い音はまあまあ聞こえる@、期待外れ、カフェ等近くでの話し声は普通に聞こえる、電車内のアナウンス、トンネルを通過する際の「ゴー」音も普通に聞こえる@、Liberty Air 2 Pro に Comply のイヤーピースを付けた方が全然強い@、意識すれば若干ホワイトノイズがあるが気になる程ではない@
外音取り込み
 とても良い@、普通@、前作 Liberty4 より綺麗になりしっかり自分の声が聞こえながら音楽が聴けていい感じ@、AirPodsPro より不自然感はあるが機能としては十分@、音源がオフであれば十分機能するが若干デジタル音が強めで自然とは言い難い@
音漏れ
 問題なし@
装着感
 フィットするB (とてもフィットする@、耳も痛くならず快適@、全く落ちそうな感じがない@)、耳への負担が少なく3時間程度なら耳も疲れない@、悪くない@、イヤーピースが合わないD (サラサラで今にも落ちそう@、耳が痛くなる@)、ドライバが Liberty 4 (9.2mm) から 11mm に大きくなった所為か外れ易くなった@、イヤーピースが特殊形状で他社製品に交換出来ないE (前作より薄く短く形状が特殊@、ノズルが短い@、公式ストアに問合せた所、他のアンカー商品とも互換性がなく対応しているのは現時点では付属品だけとの事@)、イヤーピースが耳から外す際に引っ繰り返るB 
通話
 マイク性能が高い@、電話での会話は問題無く相手にも聞こえやすいらしい@、マイクの音声は非常にクリア、出先で騒音が大きい環境でも上手く NC を効かせてくれて、普通に会話出来ると相手に言ってもらえる、リモートワークで使うなら本機は間違いない、Bose QC Earbuds2 は音が籠るし小さいしでビジネスでは全く使えない@、PC はどのアプリ (Zoom、teams) でも通話音質も音声遅延も概ね問題なかったが、スマホではアプリによって様相が変わり LINE は Google Meet や FaceTimeオーディオと比べると音声遅延やノイズ処理等が最も酷かった、iPhone (FaceTimeオーディオ) × AirPodsPro2 が現状最強@
遅延
 ゲームモードがあり A40 とほぼ同じ、PC や Switch では殆ど遅延を感じずに遊べる、ゼルダ程度なら全く気付かない@、ゲームモードで太鼓の達人は遅延を感じずにプレー出来た@
バッテリーの持ち
 良いD (とても良い@)、リモートワークの会話用には十分@、充電が速い@、「バッテリーロウ」の警告が大きくて (オフに出来ない) うたた寝しながらは使えない@
マルチポイント
  スムーズB、PC とスマホのマルチポイントも不便は感じない@、iPhone と仕事用 PC とマルチポイントで接続していて iPhone に着信があると PC で会議中でも着信音が聞こえてくる@、iPhone と iPad の連動が思った通りに行かず気軽に再生端末を切り替えて使う事が出来なかった@
タッチ操作
 押し込む感じだから誤作動はなさそう@、装着し直そうと触ると誤操作しそう@、かなり優秀で感度も良くタッチの度に「ピッ」と鳴るので何回タッチしたかすぐ分かり使いやすい@、前作 Liberty4 は NC の切替が面倒だったが本機はスムーズ@
☆アプリ
 接続がスムーズ@、HearID で自分の耳の聞こえ方を測定して自分専用の EQ を用意してくれる機能がある@、イヤーピースが耳に合っているかを調べる装着テストの際に流れる音楽が大音量でびっくり、音量最小でも強制的に爆音 (音量ダウン不可) になる為、注意が必要@、音量制限が出来る様になり 75dB以上が出ない様に設定出来る、LifeP3 の様にいきなり大音量で困る事が少なくなった@
デザイン
 高級感があるA、スタイリッシュ@、2〜3万円台の製品と遜色なし@、ケースがカッコいい、イヤホンも美しい@、ケースはワンタッチで開けやすいのが良い@
☆不具合等
 右が起動しない@、iPhone14 だけ頻繁にペアリングが解除され使い物にならない、14 以外なら 13 も SE も PC も普通に使える@、動画や音楽を再生すると一瞬爆音になりすぐ戻る現象に悩まされていたが問い合わせて再ペアリングで解決@

Amazon で購入



posted by たか坊 at 15:28| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする