2024年01月20日

完全ワイヤレス Bluetooth5.3 イヤホン Anker Soundcore AeroFit

【仕様】
●耳を塞がないオープンイヤー型の完全ワイヤレス、耳を塞がないので従来のイヤホン特有の聞き疲れや蒸れを軽減出来る ●周囲の音が聞こえる為、家事やランニング、会話をしながらでも安心して利用可能 ●僅か約 8.5g の超軽量と人間工学に基づいたデザインにより、長時間使っても着けている事を忘れる程の装着感を実現 ●イヤホン本体のみで最大11時間、付属充電ケースと併用して使うと最長42時間の音楽再生が可能 ●2台の端末に同時接続出来るマルチポイント接続、4つのマイクと AI によるクリアな音声通話、IPX7 防水規格等様々な機能に対応、スポーツから会議まで日常のあらゆるシーンで使用可能

●連続再生最大11時間/最長42時間 (付属充電ケース使用) ●オープンイヤー&耳掛け型 ●最大音量 89dB ●周波数応答20Hz〜20kHz ●インピーダンス11Ω ●Bluetooth5.3/コーデック (AAC /SBC)/最大通信範囲 10m/マルチポイント ●防水仕様 (IPX7) ●3D オーディオ ●ハンズフリー (4つのマイクを使用した AI ノイズリダクション) ●片側だけでも使用可能 (モノラルモード) ●イヤホンは充電ケースの蓋を開けるだけで自動電源オン&自動ペアリング、ケースに収納し蓋を閉じれば自動電源オフ ●自動電源オフ ●音声ガイダンス ●Soundcore アプリ (EQ & 3D オーディオの設定/タッチ操作カスタマイズ/音量バランスの調整/マルチポイント接続/音声ガイダンスの設定/自動電源オフの設定/イヤホンを探す/ファームウェア更新等) ●タップ操作 (再生・一時停止/曲送り/受話・拒否等)/曲戻し・音量調整・音声アシスタント起動はカスタマイズで可能 ●イヤホンの充電 約1時間 (10分の充電で約4時間の音楽再生が可能) ●充電ケースの充電 約2時間 (充電ポート USB TypeC) ●14mm径ダイナミック型ドライバー ●イヤホンサイズ 約50×38×16mm ●重さ (イヤホン 約8.5g×2/イヤホン+充電ケース 約64.6g) ●付属品 (充電ケース/USB-C to USB-A ケーブル/クイックスタートガイド) ●カラー (ブラック/オフホワイト/ピンクとグレイッシュブルーは春頃に発売予定) ●18か月+6か月 (会員登録後) 保証
Anker Soundcore AeroFit ブラック
発売日:2023年11月15日 価格:17,000円位 (2024/1/20現在)



【購入者からの情報】 〇数字は人数
オープンイヤー 
 カナル型より耳の負担が少ないO (長時間でも負担が掛からないB、痒くならないB、痛くならないA、蒸れないA、開放感があるA、耳を塞がないA、圧迫感がある@)、カナル型嫌いに良い@、周囲の音が聞き取れる➈、話し掛けられても返答出来る@、店員さんとの会話もそのまま出来る@、耳を覆っていないのにしっかり聞こえる@、音量が小さいと聞こえ難い時がある@、音量が小さ過ぎて使えないA (運転中は使えない@)、電車内では使えないB (環境音がうるさくて余り聞こえない@)、周りがうるさいと音楽が聴き取り難いA、室内では音楽やラジオ放送もしっかり聞こえる、宅配便や電話も問題ない、自転車やウォーキングでは自動車等の音が聞こえる反面、音楽は小さくて聞き取りづらく電車内ではもっと聞こえない@、外出時にポッドキャストや音楽を聴いてみたが外音の方が良く聞こえるし風が強い時には飛ばされて外れた事もあったので室内で Web 会議用として使用@、小さ過ぎて使えないと感想をしたら Anker からソフトの更新をしてもらい音量アップ@、ながら聴きに良いG (室内でながら聴きB、仕事&電話対応@、ジム@、ウォキング@、ランニング@)、室内での使用に良い➆ (Web 会議C、TV用@) 
音漏れ
 常識的な音量なら音漏れしない@、普通の音量なら気にならない@、通常の音量なら周りには何となく音が出てる位で会話もしやすい@、音量を大きくし過ぎなければ聞こえていないみたい@、割とする@、するので外出には使えない@、するので公共の場での大音量での利用には使えない@、インナーイヤー型のノリで音量調整すると普通に音漏れする@、音量にもよるがインナーイヤー型と遜色ない@
音質
 良いE (予想より良かった@)、十分A、及第点@、問題ない@、違和感ない@、AirPods より良いかも@、クリアA、やや籠り気味@、他のオープン型と比べるとより明確で綺麗で透き通っている@、骨伝導イヤホンからの乗り換えだと音質は段違いで良い、動画の流し見や Web 会議用では不満はない@、ある程度音量を大きくすると本領を発揮する@、低音がカスタマイズしても変わらない感じでもう少し欲しい@、期待し過ぎた、EQ で調整しても満足出来なかった@
装着感
 良いI (着けている事を忘れる程A、締め付けもなく着けてる事を忘れる程だし意外に落ちない@、装着感がほぼ無く耳からも外れ難い@、手持ちの中では最も優秀、軽いのに全く落ちそうにない@、軽過ぎて落としても気付かない@、安定している@、耳が痛くならない@、長時間でも大丈夫@)、快適D (着けている事を忘れる程A、耳が痛くならない@、オンライン会議や通話は AirPodsPro を使っていたが会話をすると徐々に外れてしまうのと耳穴が1日密閉されている事がストレスだったが本機に変えた事でどちらも解消されとても快適@)、軽いC (耳が痛くならない@、違和感を感じ難い@)、とても軽いC (着けている事を忘れる程A、心地良い@、1日着けても耳が痛くならない、眼鏡併用も邪魔にならず、ランニングに2回使ったがホールド感・安定感も良く外れる事はなさそう@)、とても良いが長時間は耳の裏が少し痛くなる@、重さは感じないが長時間は耳の裏に少し痛みが出る@、ホールド性は特別高い訳ではない為、ジョギング等には向かない@、合わないB (サイズが合わず耳穴に音が出る所が来ない@、耳の形が合わないのかジョギングで2時間程使って耳が痛くなった@)、耳の形に合わせて形状を微調整出来ると良かった@、初めは両手で装着していたがコツが分かれば片手で出来る@、眼鏡と併用出来るE (干渉しない@、邪魔にならない@、気にならない@、眼鏡を外す際一緒にイヤホンも外れる程度@)、眼鏡との併用 (少し気になった@、着けづらい@、装着が少し手間取る@、干渉する@)、マスクと併用しづらい@
Bluetooth 接続
 2階の Fire TV Stick とペアリングして1階のトイレに入っても途切れない@、マルチポイントが便利、スマホと PC 双方の切替もスムーズ@、2台の携帯とペアリング出来る、一方で電話待ち一方で音楽と言った事も出来るが iPad と iPhone では電話着信の際にそれほどうまく切り替わらなかった@ 
通話
 問題ないB (Web 会議で使用A)、スマホだけでなく WindowPC との接続性やマイク性能も良い@、通話時自分の声がしっかり伝わる@、PC 上で表示されるデバイスが3つに分かれているので会議音声の調整が面倒 (音楽用スピーカー、ヘッドセットスピーカー、ヘッドセットマイク)、タッチ操作のカスタマイズが出来るのは「音楽用スピーカー」のみ、会議中の音声の音量調整は出来ない@
バッテリーの持ち
 良いD (とても良いA、持ちの良さは一番の長所かも@)、通話用、1日中使っても大丈夫@、10 時間連続で音楽を垂れ流しても使えた@
操作性
 ケースへの出し入れで電源オンオフは便利@、初期状態では音量調整は出来ないがアプリでカスタマイズすれば出来る@、タッチ操作のカスタマイズは左右別々に出来る@、タッチセンサーはちょっと触っただけで反応する@、タッチ操作で再生一時停止やスキップはすぐ反応するが音量アップダウンは少しラグがあり気になる@、タッチセンサーは意図せず触れるとタッチ音が鳴る、タッチ音の調整機能があれば良かった@、接続時やマルチポイント切替時の「ピンポンパン」の音がうるさいのでオフに出来ると良かった@、本品はケースの蓋を開けている時にケースのみをアプリで探す事が出来る、イヤホンを置き忘れたりすると詰む場合がある@
デザイン
 ケースも含めマット仕上げで安っぽさは感じない、イヤホンはスマートなサイズ感で装着時も主張せず自然な見た目@、ケースは比較的コンパクトでポケットに入れやすい@、ケースはサイズがかなり広いが厚みはないのでポケットへの収納は問題ない@、イヤホンが大きい為、収納ケースも通常の2倍近い大きさなので持ち運びに嵩張る@
 
Amazon で購入



posted by たか坊 at 14:12| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする