2021年09月17日

心拍計内蔵 GPS搭載 マルチスポーツウォッチ ガーミン ForeAthlete 745

【仕様】
●最先端のランニング・トライアスロン用 GPS ウォッチ ●詳細なトレーニングの統計やウォッチ上でのワークアウトに加え、スマートウォッチ機能を必要とするランナーやトライアスリート向けの GPS ランニングウォッチ ●あらゆる環境に対応、長距離のランニング、起伏のある場所でのサイクリング、長時間の水泳に対応出来る様に作られている ●耐久性と日常使い、快適なフィット感と軽量ボディはあらゆるスポーツイベントや様々な行事に最適 ●シリーズ初の Suica 対応
●稼働時間 約16時間 (GPSモード)、約6時間 (GPS+音楽再生モード)、約21時間 (ウルトラトラックモード)、約7日 (スマートウォッチモード) ●搭載センサー (GPS/加速度計/Garmin Elevate光学式心拍計/気圧高度計/コンパス/ジャイロ計/温度計/血中酸素トラッキング) ●GNSS (GPS/GLONAS/Galileo/みちびき) ●心拍計測 (24時間計測/リアルタイム表示/心拍ゾーン/VO2Max/安静時心拍数/異常心拍アラート/スイム対応) ●ABC機能 (電子コンパス方位/現在地の高度/校正気圧) ●Garmin Pay (Suica 対応) ●対応アクティビティ (ランニング/トレッドミルラン/バイク/屋内バイク/マウンテンバイク/トラックラン/トライアスロン/バーチャルラン/トレイルラン/プールスイム/屋外スイム/ハイキング/スキー/スノーボード/筋トレ/カーディオ/ヨガ、等) ●ランニング機能 ●アウトドアレクリエーション機能 (ナビゲーション他) ●サイクリング機能 ●スイム機能 ●ジム・フィットネスアクティビティ機能 ●最大500曲を時計に保存可能でBluetoothイヤホンを使えばスマホを持たずに音楽が聴ける/対応音楽配信サービス (Spotify/Amazon Music/LINE MUSICS等) ●パフォーマンス測定機能 (トレーニングステータス/リカバリータイム /トレーニング効果/トレーニング負荷/トレーニング負荷バランス /パフォーマンスコンディション/高度・暑熱適応/予想タイム/Body Battery/乳酸閾値※/FTP※、他) ●ランニングダイナミクス※ ●ワークアウト機能 ●Garminコーチ ●バーチャルパートナー ●ターゲットトレーニング ●レース ●メトロノーム機能 ●フィットネス年齢 ●自己ベスト ●自動マルチスポーツ ●自動ラップ ●自動ポーズ ●自動クライム ●自動スクロール ●セグメント/Stravaライブセグメント ●LiveTrack/GroupTrack ●Move IQ ●Physio TrueUp ●ライフログ機能 (歩数/移動距離/上昇階数/消費カロリー/週間運動量/心拍数/睡眠等) ●睡眠モニター (合計睡眠時間/睡眠スコア/睡眠の質/レム睡眠/浅い睡眠/深い睡眠) ●Moveアラート ●自動ゴール設定 ●ストレスレベル ●生理周期トラッキング ●血中酸素トラッキング (スポットチェック/終日/睡眠時) ●通知機能 (電話・メッセージ・アプリ他を音や振動で通知)/内容も確認出来る/音・振動の選択可能/通知のポップアップが消える時間 (30秒 /1分 /3分)/定型文でテキストメッセージの返信が可能 (Androidのみ) ●スマホの音楽再生操作 ●天気情報 ●カレンダー ●スマホ探索 ●デバイス検索 ●セーフティトラッキング ●アラート (数値が設定値や設定範囲外になった時に音や振動で通知/タイプ (心拍 /ラン・ウォーク /ペース・スピード /タイム /距離 /パワー /ケイデンス /ストロークレート /ピッチ /カロリー /高度 /近接 /カスタム) ●アラーム (10件登録可能/振動・音・バックライトで通知/スヌーズ設定有) ●カウントダウンタイマー (音・振動で通知) ●ストップウォッチ (ラップ取得可能) ●時計機能 (曜日・日付/GPSと同期) ●Connect IQ (ウォッチフェイス・データ項目・ウィジェット・アプリをダウンロード出来る) ●1.2インチMIPカラーディスプレイ (240×240ピクセル)/日光下でも可視性がある/バックライト (腕を上げると自動点灯) ●5ボタン操作 ●デバイスロック ●心拍転送モード ●自動アップロード ●Bluetooth接続アラート ●オーディオアラート ●5気圧防水 ●充電最大2時間 (専用ケーブルでUSB充電) ●内蔵メモリ (アクティビティデータ200時間分) ●ワイヤレス接続 (Bluetooth/Wi-Fi/ANT+) ●Garmin Connect/Garmin Connect Mobile ●スマホでもPCでもアップロードと確認が可能 ●対応ワイヤレスセンサー (心拍計/バイクスピード・ケイデンスセンサー/パワー計/電動シフター/Variaセンサー/ランニングダイナミクスポッド/フットポッド/tempe/スマートトレーナー/筋酸素センサー/Bluetoothイヤホン/VIRB/inReach) ●動作温度-20〜45℃ ●QuickFitバンド (22mm) に交換可能 ●素材 (レンズ:Corning GorillaガラスDX/ベゼル:繊維強化ポリマー/ストラップ:シリコン) ●本体サイズ直径43.8×厚さ13.3mm ●ディスプレイサイズ直径30.4mm ●重さ47g ●付属品 (USB TypeB 充電ケーブル/クイックスタートマニュアル) ●カラー (Black/Neo Tropic/Magma Red/Whitestone)
※ 対応センサーが別途必要
Garmin ForeAthlete 745 Black
発売日:2020年10月 1日 価格:44,800円位 (2020/10/7)、44,800円位 (2021/9/18現在)

【機能・用語説明】
ForeAthlete シリーズについて
 先進のトレーニング機能で日々のワークアウトから本格的なアスリートにまで対応する、Garmin を代表する GPS ランニングウォッチシリーズ。目的に合わせた豊富なモデル展開、ライフログや SNS や電話着信通知等、スマートウォッチとしての機能、軽量かつロングバッテリーで、プロアスリートをはじめ、日常的にスポーツを楽しむ人も愛用。
Suica 決済機能をシリーズ初搭載、トライアスロン対応のハイエンドモデル
 ForeAthlete 745 は、洗練されたボディにミュージック機能やランニングサイエンスを盛り込んだランナーやトライアスリートに向けたハイエンド GPS ランニングウォッチ。ForeAthleteシリーズでは初めて Suica 決済機能を搭載。
- 新機能・バージョンアップ -
Suica対応
 電車に乗る時やランニング途中のコンビニでウォッチをかざすだけで簡単に決済出来る。
簡単登録、簡単チャージ
 専用ページから Google Pay のアカウントを作成し、普段使っているクレジットカードを登録。登録後は、チャージしたい金額をチャージするだけ。これでウォッチにいつでも使える Suica が備わる。Suica へのチャージも、スマホでチャージするボタンをタッチ、追加したい金額を入れるだけ。Garmin Pay の Suica にカードは無いので、券売機でチャージする手間はない。
使った履歴もしっかり確認
 電車だけでなくコンビニやファストフード店等、Garmin Pay の Suica で支払った履歴は、専用ページで確認出来る。
おすすめワークアウトの提案
 現在のトレーニング負荷とトレーニングステータスに基づき、VO2Maxを考慮したランニングとバイクのおすすめワークアウトを日々提案。提案内容は、日々のトレーニングの習慣とリカバリータイム、VO2Max の変化に伴ってアップデートされる。
マルチスポーツ対応
 ランニング、トライアスロン、バイク、プールスイム、屋外スイム、トラックラン等のアクティビティを内蔵。トラックランは新搭載。レースやブリックワークアウトでは、ボタンを1回押すだけでスポーツを切り替える事が可能。Connect IQ からプリインストールされていない他のアクティビティを追加する事も可能。
リカバリーアドバイザー
 ワークアウト後、次の大きなワークアウト迄の休息時間を教えてくれる。
血中酸素トラッキング
 血液中に取り込まれた酸素のレベルをウォッチで測定出来る。 疲労と回復のパラメータにもなり、パフォーマンスやフィットネスレベルの向上、健康の長期的な傾向を追跡するのに役立つ。いつでもオンデマンドで測定を開始出来る。又、終日モードをオンにすれば1日を通して血中酸素レベルをモニター出来る。
- 主な継続機能 -
光学式心拍計
 高効率の光学モジュールと専門的なアルゴリズムを組み合わせたダブル周波数を採用。血中のヘモグロビンを測定し、心拍数を計測。光学式心拍計には安静時の心拍数の高い状態や低い状態が続いた場合にアラートが用意。アクティビティ中や水中での心拍も正確に測定。
ランニングダイナミクス
 ランニングダイナミクスポッドやハートレートセンサー HRM-Pro (ともに別売) とペアリングすれば、上下動、上下動比、ストライドや接地時間、バランス等の必要なランニングメトリックスを測定出来る。
VO2Max (最大酸素摂取量)
 パフォーマンスの指標である VO2Max の計測が可能。VO2Max のデータを基に、22度を超える暑さや生活高度が800m以上の高地でのトレーニングで、自分のフィットネスやパフォーマンスが環境にどの程度適応しているかを表示する事も可能。
パフォーマンスコンディション
 ランニング中のペース、心拍数、心拍変動を分析、現在のパフォーマンス能力をリアルタイムで評価。
トレーニングステータス
 最近の運動履歴とパフォーマンス指標が評価され、生産的にトレーニングを行えているか、ピークに達しているか、オーバーリーチしているかを知らせてくれる。
トレーニング効果
 有酸素及び無酸素トレーニングの効果に関するフィードバックから、ワークアウトが持久力、スピード、体力にどの様な影響を与えているかを確認出来る。
トレーニング負荷
 過去7日間の運動量を測定、フィットネスと直近のトレーニング履歴の最適な範囲とを比較。
レース予想タイム
 VO2Max とトレーニングの履歴を基に算出したレースの予想タイムを確認出来る。
Body Battery
 心拍変動、ストレスレベル、睡眠の質、アクティビティデータを基に決定される数値で、身体に蓄えられた利用可能なエネルギーを表す。アクティビティを行ったり休憩したりするのにベストなタイミングが分かる。
Garmin コーチ
 専門家コーチからのアドバイスと、利用者の目標に合わせた無料のトレーニングプランが提供される。
コースを作成
 Garmin Connectアプリでコースを作成すれば、走る場所が無くなる事はない。 Strava や Komoot 等の他プラットフォームでルートを計画し、自動的にウォッチに同期させる事も可能。
人気に基づいた Trendline ルート
 ランナーやライダーがアップロードした何十億マイルものデータから最適なルート (トレイル) を探せる。
生理周期トラッキング
 生理周期の詳細と身体・感情の症状をログに記録して、定期周期、不定期周期、更年期への移行周期を記す事で、自分の身体をより理解する事が出来る。
マルチ GNSS に対応
 複数のグローバルナビゲーション衛星システム (GPS/GLONASS/Galileo/みちびき (補完信号) ) にアクセス、GPS 単独に比べ、これまで以上に正確にランニング、バイク、スイムを追跡出来る。
ウォッチで音楽再生
 ウォッチに音楽プロバイダや Garmin Expressでダウンロードした音楽を Bluetoothイヤホンで聴く事が出来る。Spotify、Amazon Music、LINE MUSIC 等の音楽配信サービスに対応。最大500曲をウォッチに保存出来る。
通知機能
 スマホ等で受信した電話着信やメッセージ、アプリ等の通知をウォッチに表示する。受信した通知の一覧と通知の詳細が確認出来る。
セーフティ&トラッキング機能
 援助要請やウォッチが事故を検知した場合、緊急連絡先に位置情報を含む自動テキストメッセージが送信される。
Connect IQ ストア
 Garmin Connect Mobile アプリで Connect IQ のコンテンツ (ウォッチフェイス、データ項目、アプリ、ウィジェット) をダウンロード出来る。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
主要な使い道/機能
 ランニングS、ジョギング@、トライアスロンB、遠泳@、ウォーキングA、トレイルランニング@、トレイル@、登山@、サイクリングB、トレーニングE、SuicaP、スマートウォッチF、音楽再生E、健康管理A、活動量計A、普段使い@
良かった点
 ランニング時のペースや心拍管理が便利、見やすい、キロ毎にアラームが鳴って分かりやすい、キロ毎のペースアナウンスはあるが合計距離のアナウンスはない@、走ってるとペースメーカーとしてキロ毎のラップタイムもイヤホンを通して教えてくれる@、自動ラップ (設定は初期値 500m 毎のまま) の区切りは振動だけでは気付かない事が多かったがスマホとの連携で音声で知らせてくれて分りやすくなった、ただ音声はやや聞き取り難い@、現在のペースと心拍数が見れて1km 毎に振動で知らせてくれるので適切なペースで走れる様になった、睡眠も含めて健康管理に役立っている@、Garmin コーチや Body Battery が楽しい@、ストレス指数を算出してくれる@、ストレスレベルや Body Battery 等により体調を視覚化出来るのは面白い@、Body Battery や VO2Max 等で体調管理が出来る、ランニングの詳細が今まで (vivoactive HR) より色々あるので体調管理しながら無理なく運動出来ると思う@、スクワットの回数をきちんと計測する@、ランニングダイナミックス計測では左右バランスが悪いのが数値化された@、活動量計 Chaege3 も併用していたが活動量計の機能も充実しているのでランニング中両手に時計をする不便さもあり Charge3 は引退した@、ファームウエア更新で血中酸素飽和度も測れる様になった、元々安静時の酸素飽和度が低いので少し気にして見ている@、アップデートで運動時に限らない血中酸素の測定や呼吸数の測定、睡眠スコア測定等の精度の向上等が見られた@、脈拍や活動の計測が優秀、その記録もPCやスマホに取り入れる事が容易@、Garmin Connect で色々なデータを見るのは面白い@、アプリ Heath Sync で Garmin のデータを S.health や Google Fit に集約している@、サイクリングでは心拍数転送装置としてもしっかり機能する、防水もしっかりしているので常用している@、LINE・Office365 (メール・予定) も通知してくれる@、LINE・Instagram・Yahoo! の通知も漏れなく来る@、LINEを745で見る事が出来る、簡単な返信も出来る、振動ですぐに気が付ける@、目覚ましも振動で利用出来る@、気圧・天気・方角も745で確認出来る、ウォッチフェイスによっては1度に多くの情報を見る事が出来て便利@、機能的には最上機と遜色無い@、初GPS付き時計、心拍数・疲労度・運動負荷等、様々な指標が客観的に出るのでより効率的な練習が出来て着実にレベルアップして行くのを感じる、走る事も楽しくなり使い始めて数か月だが月 150〜200km 走る様になった (それまでは月 50km 程)@、 ランニングトレーニングに最適機能満載、どうしてもやり過ぎるのをコントロールしてくれる@、日々の運動負荷を計測、最適なプランを薦めてくれる手放せないアイテム@、運動嫌いだった私の背中を後押ししてくれる素敵な相棒@、とにかく運動しようと気持ちを前向きにしてくれる最高のアイテム@、走るのが更に楽しくなった@、Audible で本を聞きながらランニングする事が人生の楽しみになった@
Suica 機能
 Suica が使えるN・便利A、電車・バス等の公共交通機関に乗れたりA、コンビニの支払いで使えたりA、対応の自動販売機が使えたりする@、長距離を走る際今まで水分補給の為に公園等の水飲み場を探しながら走っていたがこれからはコンビニ等で飲み物を Suica で購入出来る@、設定は簡単B (クレカの登録も簡単@)、既存の Suica を利用出来ず新しく作り直す必要があるA、スマホアプリからいつでも必要な時にチャージ出来て便利@、745側からチャージ設定出来ない@、Suica 利用時のパスワード入力が面倒A、支払い機能が Google Pay にしか対応してない@、接続が頻繁に切れる様になり何度か再ペアリング操作をしている内にチャージした Suica 情報が745の表示から消えた、その後復活出来たが金銭情報が消えたり再ペアリングに難有だと問題が起きた時が気になる@
音楽再生機能
 音楽を聴きながらのワークアウトは完璧@、iPod nano を持ってランニングしていたが745に音楽を登録し iPod は必要なくなった@、スマホが無くても音楽が聴けるのが衝撃的で学生の頃みたいに走る時間を作りたいと思える様になりランニングやサイクリングの時間が増えた@、スマホが無くても音楽が聴ける、745とイヤホンがあればランニングに集中して取り組める@、耳を塞ぐのが嫌で Aftershokz OpenMove を使用、走るには十分な状況と音質で寒くても負けずに集中して走れる@、音楽を Bluetoothイヤホンで聴きながら走っているが音楽停止の説明が分からなくてイヤホンの切断で対応している@、Spotify のダウンロードが速い@、LINE MUSIC と紐付け出来る@、iTunes との相性は今一で AmazonMusic や Spotify を推奨している@、745単独で曲再生時の音質が悪い、ダウンロードした曲 (フォルダ) の変更がやり難い、使いこなせていないだけかも知れないが@
精度
 GPS の精度が高い@、GPS の性能がいい@、距離は正確@、トラックでの誤差が無くなった@、GPS 捕捉はみちびきを併用しているのであっという間に終わる@、心拍計の精度は中々だと感じた、緩めに装着すると若干精度が落ちる、アップデートで水中でも計測可能になった@、心拍計は順調@、心拍計測は 910XTJ と違い胸ベルトなしでもしっかり出来ている@、睡眠トラッキングの精度が低い、就寝前に横になって動画を見ていた時間もカウントされた@
視認性
 見やすいA、見づらい@、画面は小さめだがアイコンやカラーのおかげか 910XTJ より見やすい@、カラーで画質も良いので老眼だが見やすくて良かった@、1番大きな文字を選ぶと老眼鏡なしでも見える、これだけでも買った甲斐はある@、バックライトが点灯してないと暗過ぎて視認性が悪い、バックライトを点けると白くぼやけて見える@
操作性
 使いやすい@、動作がいい@、統一感があり初めてでも戸惑う事なく使えている@、タッチセンサーじゃないので誤動作が殆どなくていい@、設定は 235J と変わらずスマホ連携もあっという間@、細かい部分の説明がなく分かり辛い@
バッテリー
 7時間 GPS モードで使って残量50%以上、公称通り持ちそう@、トレイルランニングで10時間程使って残量40%以上、20時間近くまで計測出来そう@、GPS は未だ使っていないが16時間あれば日帰り登山で使えそう@、時計として使って6日目で残量38%、7〜8日は持つと思う@、AppleWatchが1日半程しか持たないのに745は5日目だがまだまだ使えそう@、ポモドーロテクニックを使う為ガジェットを使っているがかなりバッテリーを食う、ウォッチフェイスによっても減り具合は大分変わる、ただどんなにガンガン使っても2日は持つ@、電池消費が多い様な設定でも3日程度持つ@、ジェスチャーで秒針が表示されるリッチデータ1というウォッチフェイスでは3日位しか持たない@、235J と比べライフログ等の通常使用では745の方が1〜2割持たない (気圧計、秒針が長い時間表示、画面がより明るく見やすい等が原因?)、ランニング中は745の方が感覚的に倍くらい持つ@、短時間でフル充電出来る@、充電時間は 235J の 2/3 程度@、専用のチャージングケーブルが必要@、充電端子が USB TypeC じゃない@、持ちがいい@
装着感
 軽いD、とても軽い@、フィット感が良いA、バンドのフィット感が今一@、24時間装着し続けたら3日目に肌が爛れた@、バンドがかぶれる@
デザイン
 いいA、かっこいい@、お洒落@、気分でバンドは替えている@、純正交換バンドの種類が少ない@、適合するバンド (バネ棒) が特殊@、ウォッチフェイスは多様なラインナップで楽しい@、ウォッチフェイスは最初から4種類くらい入っていて針時計もあり普段使いも○ @、好みのウォッチフェイスを選べる、UI も良い@、ウォッチフェイスやアプリは未だ少ないがこれから増えるので問題ないしメジャーな物は既に対応している@、対応しているアプリが圧倒的に少ない (2020/10/16)、Garmin からの買い換えだと使いたいアプリが使えないとか普通にある (FR745 が対応なのに FA745 は非対応)@、ウォッチフェイスやアプリが少ない、説明も英語@、タッチパネルじゃないので画面が汚れ難い@
買い替え前に使っていたモデル
 235JC、220J@、220@、Vivoactive HR@、vivosmart HR+@、エプソンランニングウオッチ@、235J から音楽再生・Suica 搭載の745に買い替え@、235J から買い替え、機能的には満足だが使い方等が複雑で戸惑う@、タッチ操作の vivoactive 3 から買い替え、物理ボタン操作は煩わしく思う事もあったが今は慣れた、ただ直感的な操作は難しい@、910XTJ と比べ測位開始が圧倒的に速い、胸ベルトを着けずに心拍も測れる@、ウォークとラン機能があれば良かったので fenix6 から買い換え、内部ストレージやバッテリー容量は落ちるが軽いし機能は十分@
不具合・その他
 心拍計が正常時は良いが 120 以上に上昇すると測定出来ていない@、スマホとの接続をアプリを介して行うが1度でも失敗すると初回設定からやり直しになる@、Bluetooth で音楽を聞いている時に早送りを連続で4回押すと接続が切れて Bluetooth の接続設定からやり直しになる@、プール側の多くが腕時計使用禁止@、ワークアウト機能(745を見ながらトレーニングを進める事が出来る)が使い辛い、動画が見れるデフォルトのメニューの少なさや、自身で設計するハードルが高過ぎる@、VISA タッチ決済は Pay を呼び出す (一々パスコード入力が必要) のが面倒で使う気にならない@
  
楽天市場で探す


posted by たか坊 at 23:12| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

心拍計内蔵 GPS搭載 ランニングウォッチ ガーミン ForeAthlete 55

☆新製品

【仕様】
●軽量且つスタイリッシュなビギナー向け GPS ランニングウォッチ ●ランニングモード、おすすめワークアウト、健康モニタリング等の機能を搭載、ランニングや健康のパフォーマンスを向上 ●GPS内蔵、ペースや距離等を追跡出来る ●光学式心拍計で全身の健康状態をモニタリング ●おすすめワークアウト機能でユーザーにぴったりのランニングを提案 ●ランニングのやる気を引き起こす、初心者でも使いやすいエントリーモデル ●ランニング以外にも、プリインストールされた様々なアクティビティや健康モニタリング機能が利用可能 ●1度の充電で約14日 (スマートウォッチモード) 稼働 ●重さは僅か37g、ランニングのみならず日常生活でもストレスを感じさせない ●データを一目で確認出来る見やすい画面、カスタマイズ可能なトレーニングページで距離・ペース・時間等のデータをランニング中に瞬時に確認出来る ●バンドはシリコン素材、ランニングや HIIT で汗を掻いても快適な着け心地
●バッテリーの持ち約20時間 (GPS+心拍モード)、約14日 (スマートウォッチモード) ●搭載センサー (Garmin Elevate光学式心拍計/加速度計) ●GNSS (GPS/GLONASS/Galileo/みちびき) ●心拍計測 (24時間計測/リアルタイム表示/VO2Max/心拍ゾーン/安静時心拍数/異常心拍アラート) ●対応アクティビティ (ラン/ウォーク/トレッドミル/トラックラン/屋内トラック/バーチャルラン/バイク/屋内バイク/カーディオ/Xトレーナー/ステッパー/HIIT/ピラティス/ヨガ/プールスイム等、15種類以上) ●リカバリータイム ●レース予想タイム ●Body Battery ●ワークアウト (おすすめワークアウト lite版) ●PacePro Lite版 ●ターゲット ●Garminコーチ ●フィットネス年齢 ●自己ベスト ●自動ラップ ●自動ポーズ ●LiveTrack ●ライフログ機能 (歩数/移動距離/消費カロリー/週間運動量/睡眠/心拍数等) ●睡眠モニター (睡眠時間・睡眠レベル・睡眠中の動きを記録、昼寝やうたた寝は記録しない) ●Moveアラート ●自動ゴール設定 ●Move IQ ●Physio TrueUp ●ブレスワーク ●呼吸数 ●ストレスレベル計測 ●水分補給トラッキング ●生理周期トラッキング ●通知機能 (電話・メール・メッセージ・SNS等の通知を音とバイブで通知、時計で詳細を確認出来る) ●カレンダー ●天気情報 ●ミュージックコントロール ●スマホ探索 ●デバイス探索 ●援助要請・事故検出機能 ●アラート (心拍/ラン・ウォーク/ペース/タイム/距離/ケイデンス/ピッチ/カロリー) ●アラーム ●カウントダウンタイマー ●ストップウォッチ (ラップ取得可能) ●日の出・日没時刻 ●時計機能 (時間・日付/GPS時間同期) ●Connect IQ ●1.04インチMIPカラーディスプレイ (太陽光の下でも見やすい/解像度208×208ピクセル) ●腕を上げる動作でバックライト点灯 ●5ボタン操作 ●心拍転送モード ●自動アップロード ●Bluetooth接続アラート ●オーディオアラート ●5気圧防水 ●充電最大2時間 (専用ケーブルで USB充電) ●内蔵メモリ 200時間分のアクティビティデータ ●Bluetooth ●ANT+ ●Garmin Connect/Garmin Connect Mobile ●スマホでも PCでもアップロードと確認が可能 ●対応ワイヤレスセンサー (心拍計/フットポッド/バイクスピード・ケイデンスセンサー) ●動作温度範囲−20〜60℃ ●20mm標準クイックリリースバンドに交換可能 ●素材 (レンズ:化学強化ガラス/ストラップ:シリコン) ●サイズW42.0×H42.0×D11.6mm ●重さ37g ●付属品 (チャージングケーブル/クイックスタートマニュアル) ●カラー (Black/White/Aqua/Grey)
GARMIN ForeAthlete 55 Black
発売日:2021年 6月17日 価格:24,800円位 (2021/6/23現在)

【機能・用語説明】
トレーニングの目標と心拍ゾーン
 心拍数は運動強度を客観的に測る為の1つの物差し。トレーニング目標に合った適切な心拍ゾーンでトレーニングを行う事で、心肺機能向上に役立つ他、オーバートレーニングを防いだり、怪我のリスクを減らす事が可能。最大心拍数は220− (年齢) で求められた推定値が使われるが、正確な最大心拍数を入力する事で、より的確にフィットネスの目標を設定する事が出来る。
ランニング VO2Maxの測定
 ランニング VO2Maxを測定するには、光学式心拍計又は心拍計 (別売) を装着して数回のアクティビティを行う必要がある。測定開始前にユーザープロフィールと最大心拍数を正しく設定する。
異常心拍アラート
 一定時間活動していない状態が続いた後、1分当たりの心拍数がユーザー設定値を超えた時、又は下回った時にアラートする機能。※ 心臓の潜在的な疾患を知らせるものではなく、その他の疾病や病状の治療や診断を目的としたものでもない。
トラックラン
 トラックランアクティビティでは、メートル単位の距離やラップスプリット等の屋外トラックデータを記録する事が出来る。
 ※ 標準的な 400mトラック上で行う事。
ピッチアラート
 ピッチが設定した範囲を超えた時にアラートで知らせてくれる為、ランニングフォームの改善に役立つ。
バーチャルラン
 Zwift のバーチャルランニングアプリを使って、ゲーム感覚でトレーニングが出来る機能。時計で取得した距離やスピード、心拍数等の情報を、バーチャルランニングアプリに送信する。
リカバリータイム
 トレーニング後の身体が十分に回復して、次のトレーニングを行うのに最適な状態になるまでの時間をカウントダウン表示する機能。アクティビティ完了後、すぐ確認出来る。リカバリータイムは、睡眠やストレス、休息、身体活動の変化に基づいて1日を通してアップデートされる。※ リカバリータイムは VO2Maxの測定値を使う為、初めは測定精度が低くなる事がある。
レース予想タイム
 VO2Maxとトレーニングの履歴を基に算出した予想タイム (5km/10km/ハーフマラソン/マラソン) を確認出来る。数週間分のトレーニングデータを分析する事で、予想精度が向上する。※ 初めは予想の精度が低い事がある。時計にユーザーのランニングパフォーマンスを学習させるには、ランニングアクティビティを複数回実行する必要がある。
Body Battery
 時計で心拍変動、ストレスレベル、睡眠の質、及びアクティビティデータを基に決定される値。車の燃料計の様に、身体に蓄えられた利用可能なエネルギーを示す。Body Batteryレベルは5〜100で表示される。
おすすめワークアウト Lite版
 トレーニング負荷、トレーニングステータスを除いたフィットネスレベル、リカバリータイム、アクティビティ履歴から最適なワークアウトを提案。
PacePro Lite版
 予め PaceProプランを作成しておくと、実際のパフォーマンスを PaceProプランと比較しながらトレーニングを実行出来る。PaceProプランは、コースとコース全体の目標ペース又は目標タイムを入力すると、ラップ区間毎のペース表がコースの標高データを基に自動で作成される。※ 屋外ランニングアクティビティのみ対応。
ターゲット
 目標のランニング距離を選択して、現在のパフォーマンスを基にしたゴール迄の到着予想時間を表示しながらトレーニングする。
Garmin コーチ
 ユーザーのレベルと目標に合わせたトレーニングプランと専門のコーチからのアドバイスを受け取る事が出来る。ワークアウトやプランはアプリから簡単に時計に転送出来る。
フィットネス年齢
 実年齢に対して体がどのくらい若いか、老いているかを確認出来る。フィットネス年齢は、ユーザープロフィールの年齢や BMI、安静時心拍数、高強度運動の履歴を基に推定。Garmin Index 体重計を持っている場合、BMIの代わりに体脂肪率が使われる。運動習慣やライフスタイルの変化がフィットネス年齢に影響する。
LiveTrack
 友人や家族にリアルタイムで実行中のアクティビティを共有出来る。メール又は SNSで Garmin Connectの LiveTrack追跡用 URLを送信し、閲覧者を招待する。
週間運動量
 世界保健機関等によると、1週間に150分以上のウォーキング等の運動 (ラン等の高強度の運動は1週間に75分以上) を行う事が健康増進に効果的とされている。時計を装着して中強度以上の運動を行うと、その運動強度をモニタリングし、運動量を記録して表示する事が出来る。運動量の加算は、ウォーキング等の中強度以上の運動を10分以上連続して行う必要がある。ラン等の高強度の運動を行った時は、1分当たり中強度の運動の2分として加算される。高強度の運動の検出には光学式心拍計等を使って運動を行う必要がある。
Moveアラート
 一定時間体を動かしていない場合に、Move!のバナーと共に音とバイブでお知らせする機能。又、時計には Moveバーが時間の経過毎に表示される。Moveバーの表示をリセットするには、数分程度のウォーキングを行う必要がある。
Move IQ
 時計を装着している間の活動を分析し、動作がランやサイクリング等の一般的な動作パターンと一致した時に、活動の期間 (最低10分) とアクティビティタイプを自動検出する機能。自動検出されたアクティビティは、Garmin Connect アカウントのタイムラインにイベントとして表示される。その日に何をやったかを確認するのに役立つが、アクティビティリストやスナップショット、ニュースフィードには表示されない。
Physio TrueUp
 他のデバイスで記録されたアクティビティやパフォーマンス測定結果が Garmin Connect アカウント経由で時計に同期される。複数のデバイスを使っていて、全ての結果を時計でまとめて表示したい時に便利。
ブレスワーク
 ストレス解消に役立つ呼吸法のエクササイズ。画面の指示に従い、4秒間息を吸う・止める・吐く・止めるを繰り返す。
呼吸数
 ヨガの最中や、就寝中を含む1日を通した1分あたりの呼吸数を追跡する。
ストレスレベル計測
 心拍変動に基づいて現在のストレスレベルを判断出来る。心拍間隔の可変時間の長さは、身体の自律神経系によって調節されている。心拍間隔が小さい程 (心拍が高い)、ストレスレベルは高くなる。
通知機能
 通知を受信すると、時計にポップアップで表示され、通知ウィジェットで受信した通知一覧と通知の詳細を確認出来る。時計に表示される通知は、Appleデバイスは端末側の通知設定に、Androidデバイスは Garmin Connect Mobileの通知機能設定に準じるが、必ずしも全ての通知と詳細を表示出来るわけではない。
ミュージックコントロール
 スマホで再生中の音楽を簡単に操作出来る為、ランニング中でも気分に合わせた音楽を楽しめる。
スマホ探索機能
 手元から見失ったスマホ等のモバイル端末を探す際に役立つ機能。
援助要請
 緊急連絡先に名前と LiveTrackリンク、現在地の位置情報を含む自動テキストメッセージを送信する。
事故検出
 屋外アクティビティ実行中に時計が事故を検出した時、緊急連絡先に自動メッセージと LiveTrackリンク、現在地の位置情報を送信する。
心拍転送モード
 時計で計測した心拍データを他の Garminデバイスへ送信したい時に使用する。
CONNECT IQ
 Connect IQストアで好きなデザインのウォッチフェイスや豊富なデータ項目とアプリをダウンロードして、ウォッチをカスタマイズ出来る。
オーディオアラート
 アクティビティ中のラップや心拍数のアラート音声をスマホ等で再生する。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 16:11| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2021年05月18日

心拍計内蔵 GPS搭載 スポーツウォッチ Polar Ignite 2

☆新製品

【仕様】
●24時間365日アクティブなライフスタイルをサポートする 2019年7月発売の Polar Ignite の次世代モデル、操作はタッチスクリーン+1ボタンを踏襲、フィットネスからフォーマルまで、あらゆるライフスタイルで使用出来るスタイリッシュさと重さ35gの軽量なデザインが特徴の GPS 内蔵フィットネスウォッチ
●稼動時間最大20時間 (GPS記録1秒間隔+心拍計オン)、最大100時間 (GPS記録2分間隔+心拍計オフ)、最長5日 (心拍計オン) ●GNSS (GPS/GLONASS/Galileo/みちびき)/A-GPS ●Precision Prime 心拍計 ●環境光センサー (ALS) ●高度 (GPS又は大気圧センサーで計測) ●30m防水 (水泳に適応) ●心拍計測 (24時間計測/夜間のみ計測/手動計測/リアルタイム表示/心拍ゾーン/VO2Max等) ●Nightly Recharge ●FitSpark デイリートレーニングガイド ●Sleep Plus Stages ●Sereneガイド付き呼吸エクササイズ ●対応スポーツ (ランニング、ウォーキング、サイクリング、スイミング等、130種類以上、時計には最大20種類のスポーツプロファイルを保存可能) ●スマートカロリー ●使用エネルギー ●フィットネステスト (VO2Max) ●ランニングインデックス (ランニング時の VO2Max) ●ランニングプログラム ●トレーニング効果 ●Training Load Pro ●スイミングメトリクス (水中でも心拍計測可能) ●心拍ゾーン/スピード・ペースゾーントレーニング ●オートラップ (距離/タイム) ●オートポーズ ●Polar Club (心拍数を転送出来る) ●活動量計測 (歩数/距離/消費カロリー/アクティブ時間/運動量/心拍数/睡眠等) ●アクティビティ目標設定&効果 ●低活動アラート (55分座り続けるとアラートを表示) ●通知機能 (電話着信、メッセージ、Eメール、カレンダー等からの通知を振動で教えてくれて時計上で見る事が出来る)/※トレーニング中は通知を受け取る事は出来ない ●タイマー (ストップウォッチ/カウントダウン) ●スヌーズ機能付きアラーム ●音楽コントロール ●天気予報 ●時計表示 (日付・曜日/アナログorデジタル表示/文字盤のテーマカラー変更可能) ●IPS TFTカラータッチディスプレイ (解像度240×204) ●タッチディスプレイ (タップ&スワイプ)+1ボタン操作 ●腕時計を見る動作でバックライトオン (トレーニング中バックライトを常時オンにする設定も可能) ●パワーセーブ設定 ●Polar Flow アプリ/対応機器 (iOS13以降、Bluetooth4.0機能+Android6以降) ●Polar Flow ウェブサービス ●心拍センサーモード ●Bluetooth LE ●サードパーティサービスとの連携 (Strava/TrainingPeaks/Apple Health Kit/Google Fit/MyFitnessPal 等) ●互換性のあるセンサー (Polar OH1 光学式心拍計/Polar Verity Sense/Polar H10心拍センサー/Polar H9心拍センサー) ●リチウムポリマー充電式電池 (容量165mAh) ●USB充電 (磁石式専用ケーブル使用) ●動作温度-10〜50℃ ●本体素材 (強化グラスファイバーポリマー製ケース/ステンレススチール製ベゼルとボタン) ●リストスバンド素材 (シリコンとステンレススチール製バックル) ●リストバンド交換可能 ●サイズ直径43×厚み8.5mm ●重さ (35g [リストバンド有]/21g [リストバンド無] ) ●付属品 (リストバンド [ローズゴールド&ピンクのみSサイズ1つ、他は2サイズ同梱]/充電ケーブル/ユーザーマニュアル) ●カラー (ブラックパール/ゴールド&シャンパン/ストームブルー/ローズゴールド&ピンク) ●2年保証
Polar Ignite 2 GPSフィットネスウォッチ ブラックパール
発売日:2021年 5月20日 価格:29,600円位 (2021/5/18現在)

【機能・用語説明】
Nightly Recharge 回復計測
 夜間に回復状態を測定するシステム。日中に受けた負荷から、どれだけ回復出来たかを確認出来る。Nightly Rechargeにより、総括的な健康状態の向上と、トレーニング目標達成に近付く為に、日々どの様な生活を送る事が適当であるかを、把握する事が可能になる。
FitSpark デイリートレーニングガイド
 時計で容易に利用出来る、 オンデマンドトレーニングのテンプレートをデイリーベースで提供。前の晩の Nightly Recharge ステータスを基準に、トレーニング履歴、回復状況、フィットネスレベルに見合ったトレーニングプランを提供。毎日 2〜4 種類のトレーニングオプションを用意。合計 19 種類のトレーニングが利用可能。
Sleep Plus Stages 睡眠状態のトラッキング
 自動的に睡眠の量と質を記録し、各睡眠ステージ [レム /浅い睡眠 /深い睡眠] でどれだけの時間を費やしたかを表示。これは、睡眠時間の睡眠の質に関わる項目を分かりやすく1つに取りまとめた値、睡眠スコアを提供。睡眠スコアをあなたの通常レベルと比較する事で、毎日の活動が睡眠にどの様な影響を与え、調整する必要があるかも知れない事を認識する事が出来る。Polar Flowウェブサービスの長期間にわたる睡眠データにより、睡眠パターンを詳細に分析出来る。
Serene ガイド付き呼吸エクササイズ
 ​​ガイダンスを伴う深呼吸エクササイズ。Sereneは、ゆっくりと安定したリズムで呼吸する様、ガイダンスを行う。毎分当たりの呼吸数は6回、これがストレスを解消する効果的な呼吸のリズム。ゆっくりと呼吸すると、心拍もそのリズムに段々と同調し始める。そして心拍間隔時間もより大きく変化し始める。Serene 呼吸エクササイズを定期的に使用する事で、ストレスに上手く向き合い、睡眠の質を改善する事が出来、又健康的な生活の総括的な向上に繋がる。
スマートカロリー
 個々のデータ (体重、身長、年齢、性別、最大心拍数、安静時心拍数、VO2Max、トレーニング又は運動強度) に基づき燃焼カロリー値を算出する、現在業界で最も精度の高いカロリーカウンター。心拍数ベースのカロリー計算は、心拍数の測定時に使用され、サイクリングやウェイトリフティング等でも、極めて正確に消費カロリーを測定する。活動量ベースのカロリー計算は心拍数を使っていない場合に、トレーニングコンピュータと活動量計で使用。トレーニングセッション中のエネルギー消費量の累積値 (kcal) と、トレーニング後の総 kcal 数を後で確認出来る。又、1日の総カロリー数もチェック出来る。
使用エネルギー
 トレーニング中に身体がどの様に異なるエネルギー源 (脂肪、炭水化物、タンパク質) を消費したかを確認出来る。トレーニングセッションを終了した直後に時計のトレーニング概要で見る事が出来る。詳細はデータを同期した後に Polar Flowモバイルアプリで表示出来る。
フィットネステスト
 手首での心拍計測によるフィットネステストは、安静時の有酸素運動 (心血管) 能力を短時間で測定する、容易で安全な方法。結果である OwnIndexは、エアロビクスフィットネスを評価する為に一般的に使われている最大酸素摂取量 (VO2Max) に相当。自分の値を同じ年齢・性別の人の平均値と比較する事が出来る。
ランニングインデックス
 最大有酸素ランニングパフォーマンス (VO2Max) の推定値で、有酸素運動能力及びランニング効率により変動する。インデックスの向上は、同じペースを楽に維持出来る様になったり、同じ労力でより早く走れる様になる事を意味する。インデックスの算出は、心拍数機能と GPS がオンで、次の条件を満たした場合にランニングを終える度に自動算出される (@ ランニングタイプのスポーツを選択 [ランニング、ロードランニング、トレイルランニング等]、A 6km/h 以上の速さで12分以上走り続ける、B 赤信号等で2回まで中断してもOK、Cより正確なデータを得るには HRmax値が設定済みである事)。
ランニングプログラム
 ユーザーのフィットネスレベルに基づき、オーバートレーニングを避け、適切にトレーニング出来る様に設計されたカスタマイズ可能なプログラムで、5k、10k、ハーフマラソン、マラソンイベントで利用出来る。プログラムには3つのフェーズ (基礎作り、ビルドアップ、テーパリング) があり、パフォーマンスを段階的に向上させ、レースに向けて準備出来る様に設計されている。
トレーニング効果
 トレーニング毎に効果に関するフィードバックを提供し、効果をより実感するのに役立つ。フィードバックを得るには、心拍ゾーンで少なくとも合計10分以上トレーニングする必要がある。フィードバックは心拍ゾーンでのトレーニング時間と消費カロリーから分析される。
Training Load Pro
 トレーニング時に、身体のあらゆる部分に掛かっている負荷と、それがパフォーマンスにどの様に影響しているかを、包括的に確認する事が出来る。Training Load Pro では、心肺系と筋骨格系の両方へのトレーニング負荷を知る事が出来、自覚的な運動負荷では、どのくらい疲労しているかを評価出来る。
スイミングメトリクス
 スイミングの分析や長期にわたるパフォーマンスと進捗の確認に役立つ。スイミング又はプールスイミングプロファイルでは、スイム距離、時間とペース、ストロークレート、休息時間を記録し、また泳法を判別する。さらに、SWOLFスコアで、水泳技術の向上について確認出来る。
水中で心拍数を測定
 Precision Prime 心拍計の精度は、スイミング中に平均心拍数と心拍ゾーンを監視し、正確な消費カロリー値、トレーニングセッションからのトレーニング負荷、心拍ゾーンに基づくトレーニング効果フィードバックを可能にするのに十分。※ 心拍数データの精度を可能な限り高めるには、手首に他のスポーツよりもぴったり着用する事が重要。
心拍ゾーン
 最大心拍数の 50〜100% の範囲は、5つの心拍ゾーンに区切られる。心拍数を特定の心拍ゾーン内に維持する事で、トレーニングの強度レベルを簡単にコントロール出来る。各心拍ゾーンはそれぞれに効果的な要素があり、それを理解する事でトレーニングの効果を最大限に引き出すのに役立つ。例えば、軽強度のトレーニングは、基本的な有酸素持久力を向上させる事が出来、高強度のトレーニングは高強度運動を維持する能力と最大酸素摂取量を向上させる事が出来る。
スピード/ペースゾーン
 スピード/ペースゾーンを使えば、トレーニング中に簡単にスピードやペースをモニタリング出来る。目標とするトレーニング効果を達成する為に、スピード/ペースを調整しやすくなる。ランニングを伴うスポーツ、サイクリング、ローイング、カヌーで使用出来る。
24時間/365日 アクティビティトラッキング
 5段階強度で日常のアクティビティを1日24時間、週7日にわたって計測し、日常の全てのアクティビティに関する概要を示してくれる。アクティブに過ごした時間、毎日の消費カロリー、歩数、歩数から計測した距離、及び睡眠を計測。
アクティビティ目標
 アクティビティ目標を設定する事で、1日中活動的に過ごす為に意欲を高めてくれる。3つの選択肢から活動レベルを選択出来、時計が、「50分のWALK 」や「20分のJOG」といった具体的なガイダンスを表示して、毎日のアクティビティ目標を達成出来る様にガイドしてくれる。
 レベル 1: 運動をあまりせず座って過ごす事が多く、自動車や交通機関で通勤する生活をしている人におすすめ。
 レベル 2: 職種により、又は日常の仕事等で動き回る事が多い人に適切。
 レベル 3: 肉体的にきつい仕事、スポーツをしている、活動的に過ごす事が多い人に最適。
パワーセーブ設定
 パワーセーブ設定では、GPS 記録間隔を変更するか (1分又は2分)、手首での心拍計測をオフに設定する事でトレーニング時間を延ばす事が出来る。
心拍センサーモード
 心拍センサーモードを使えば、リアルタイムの心拍数データを Bluetoothを介してサイコン等の他の Polar製品や、対応するジム機器、アプリ、その他のデバイスに転送出来る。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 13:16| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

心拍計内蔵 GPS搭載 アウトドアウォッチ ガーミン INSTINCT DUAL POWER

☆新製品
【概要】
アウトドアGPSウォッチシリーズ INSTINCT から、INSTINCTの基本性能はそのままに、ソーラー充電機能を新たに搭載した INSTINCT DUAL POWERシリーズ
- ラインナップ -
@ INSTINCT DUAL POWER 及び INSTINCT DUAL POWER CAMO EDITION (迷彩デザイン)
 ランニング、スキー・スノーボード、登山やスイミングをはじめ日常をアクティブに楽しむ為のベーシックモデル (7色展開)
A INSTINCT DUAL POWER TACTICAL EDITION
 暗視ゴーグルとの互換性やステルスモード等、ミリタリー機能を備えたワンランク上のタフネスモデル (2色展開)
B INSTINCT DUAL POWER SURF EDITION (8月下旬発売)
 タイドグラフとサーフィンアクティビティ計測機能を搭載したマリンスポーツにより相応しいモデル (2色展開)

- INSTINCT DUAL POWER シリーズの特長 -
- 新機能 -
ソーラー充電機能: 太陽の下でより安定したパフォーマンスを発揮。連続稼働時間は、屋内でスマートウォッチモードの場合、最大24日、十分な太陽光を得られる環境※1 でバッテリー節約ウォッチモードなら56日以上稼働、最も消費電力を必要とする GPS+光学心拍計モードでも最大30時間に加え、ソーラー充電により最大8時間の追加稼働が可能※2
パワーマネージャー: 各種設定を変える事でバッテリーをより長持ちさせる事が可能
BODY BATTERY: 心拍数を基に計測されたストレスや睡眠等から体のエネルギー量を確認して、アクティビティを行うか、休息を取るか、その時に適した行動の参考に出来る
水中心拍対応: 光学心拍計でスイムでの心拍状態も計測出来る水中心拍に対応
釣りアクティビティ: 時計上で釣果の記録や釣り上げたポイントの登録が可能
狩猟アクティビティ: 時計上で獲物の痕跡や水源等のポイント登録が可能
- 主な継続機能 -
MIL-STD-810G準拠: 耐熱・耐衝撃・耐水をクリアした頑丈な造り
マルチGNSS (GPS/GLONASS/GALILEO/みちびき (補完信号) ) に対応: GPS単独に比べ劣悪な環境でも測位が可能
光学式心拍計: 高効率の光学モジュールと専門的なアルゴリズムを組み合わせたダブル周波数を採用。血中のヘモグロビンを測定し、心拍数を計測
ストレスレベル計測: 心拍変動からストレスレベルをモニタリング、日々のストレスレベルを確認出来る
スリープモニタリング: 浅い・深い・レム・非睡眠の各睡眠段階の内訳を確認出来る
マルチスポーツ: ランニング・サイクリング・釣り・水泳・トレッキング・スキー・スノーボードや筋力トレーニング等、内蔵されているアクティビティプロフィールを使用可能
ABCセンサー: 高度データ用の高度計、気圧を観測する気圧計、電子3軸コンパスの3つのセンサーを搭載
通知機能: 互換性のあるデバイスとのペアリングで、電子メールや SNSのメッセージ、アラート等を時計で受信可能
デュアルポジションフォーマット: 緯度/経度だけでなく、米軍をルーツに NATOで使用されてきた高精度なグリッドコード MGRSのデータを同時に表示、現在地をより正確に把握出来る

【ベーシックモデル INSTINCT DUAL POWER の仕様】
●対応アクティビティ (登山 /ランニング /バイク /プールスイム /オープンウォータースイム /スキー /マウンテンバイク /トレイルランニング /屋内バイク /トレッドミルラン /筋トレ /有酸素トレーニング /SUP /ヨガ /釣り /狩猟、他) ●稼働時間30時間+8時間※2 (GPS+光学心拍計モード)/70時間+75時間 (バッテリー最長GPSモード)/最大24日+30日 (スマートウォッチモード)/28日+40日 (Expeditionモード)/最長56日+無制限※1 (バッテリー節約ウォッチモード) ●ソーラー充電 ●パワーマネージャー ●搭載センサー (GNSS/Garmin Elevate光学式心拍計/気圧高度計/電子コンパス/加速度計/温度計) ●GNSS (GPS/GLONAS/Galileo/みちびき) ●高耐久性 (耐熱性・耐衝撃性・耐水性)/MIL規格MIL-STD-810G準拠+100m防水 ●ABCセンサー機能 (電子コンパス方位/現在地の高度/校正気圧) ●ナビゲーション機能 (トラックバック他/日本百名山のポイント情報がプレロード) ●心拍計測 (24時間自動計測/リアルタイム表示/心拍ゾーン/安静時心拍数/異常心拍アラート) ●ランニング機能 ●アウトドアレクリエーション機能 ●サイクリング機能 ●フィットネス機器/ジム機能 ●スイム機能 (光学心拍計で水中心拍にも対応) ●釣りアクティビティ ●狩猟アクティビティ ●BODY BATTERY ●高度なワークアウト ●ターゲットトレーニング ●自動ラップ ●自動ポーズ ●自動クライム ●パーチャルパートナー ●レース ●オーディオアラート ●メトロノーム機能 ●自己ベスト ●アラーム (音・振動・バックライトの選択可能/最大10件) ●カウントダウンタイマー (音・振動の選択可能) ●ストップウォッチ (ラップの取得・保存も可能) ●アラート (日の入まで/日の出まで/気圧変化/1時間毎) ●日の出・日没時刻 ●現在地の気温 ●アラート (数値が設定値や設定範囲外になった時に音や振動で通知/タイプ (心拍 /ラン・ウォーク /ペース /スピード /タイム /距離 /ピッチ /ケイデンス /カロリー /ストロークレート /高度 /近接 /カスタム他) ●LiveTrack ●Move IQ ●TrueUp ●ライフログ機能 (心拍数/歩数/移動距離/上昇階数/消費カロリー/週間運動量/睡眠/ストレスレベル等) ●睡眠モニター (浅い眠り/深い眠り/レム睡眠/昼寝は記録しない)  ●Moveアラート ●自動ゴール ●リラックスタイマー ●通知機能 (電話 /メール /SNS他)/本文も読める/テキストメッセージで返信可能 (Androidのみ)/音・振動の選択可能/通知のポップアップが消える時間 (30秒 /1分 /3分) ●カレンダー ●天気情報 ●ミュージックコントロール ●スマホ探索 ●デバイス検索 ●心拍転送モード ●Bluetooth接続アラート ●時計機能 (曜日・日付 /GPS時間と同期) ●ウォッチフェイスの変更や表示項目のカスタマイズが可能 ●半透過MIPモノクロディスプレイ (23×23mm/128×128ピクセル/太陽光の下でも見やすい)/フラッシュライトモード (白背景の画面に切り替わりバックライト点灯) ●バックライト (腕を上げる動作で点灯/点灯時間や輝度の調整可能) ●5ボタン操作 ●USB充電 (専用ケーブル使用) ●内蔵メモリ32MB ●100m防水 ●Bluetooth ●ANT+ ●Garmin Connect/Garmin Connect Mobile ●スマホでもPCでもアップロードと確認が可能 ●対応ワイヤレスセンサー (ハートレートセンサー/バイクスピード・ケイデンスセンサー/フットポッド/tempe/VIRB/inReach) ●22mm QuickFitバンド対応 ●素材 (レンズ:コーニング社製Gorilla Glass DX/ベゼル:繊維強化ポリマー/ケース:繊維強化ポリマー/ストラップ:シリコン) ●本体サイズ直径45×厚さ15.3mm/外周132〜224mm ●重さ53g ●付属品 (USB TypeB充電ケーブル/クイックスタートマニュアル) ●カラー (Graphite/Tidal Blue/Orchid/Sunburst/Flame Red/Graphite Camo/Lichen Camo)
Garmin Instinct Dual Power Graphite
発売日:2020年 7月16日 価格:46,800円位 (2020/7/18現在)

機能・用語説明
INSTINCT シリーズ
 INSTINCT は、アメリカ国防総省が定める標準規格 MIL-STD-810G (耐熱・耐衝撃・耐水) をクリアした頑丈さを誇りながら、本格スマートウォッチとしての機能も充実させる事で、デイリーユースからどんな過酷な自然環境まで、あらゆるアクティブシーンをタフに自由にスマートに楽しめるアウトドア GPSウォッチシリーズ。
ソーラー充電
 日光に当たる環境下で、圧倒的なロングバッテリーを実現。太陽の下でより安定したパフォーマンスを発揮。連続稼働時間は、屋内でスマートウォッチモードの場合、最大24日。十分な太陽光を得られる環境※1 で、バッテリー節約ウォッチモードなら56日以上稼働。最も消費電力を必要とする GPS+光学心拍計モードでも最大30時間に加えて、ソーラー充電により最大8時間の追加稼働が可能※2 。
 ※1 一日中着用、野外5万ルクスの条件下で1日3時間置いた場合、又は同ルクスの条件下で使用した場合で算出。
 ※2 5万ルクスの条件下で使用した場合。
パワーマネージャー
 設定やセンサーがどうバッテリーに影響しているかを確認出来るので、その場でバッテリーがより長持ちする様に設定を変更出来る。
釣りアクティビティ
 時計上で釣果 (釣り上げた魚の数) の記録や、GPS機能により釣り上げたポイントの登録が可能。日の出と日没の時間や方角も表示出来る。
狩猟アクティビティ
 時計上で獲物の痕跡や水源等のポイント登録が可能。日の出と日没の時間や方角も表示出来る。

INSTINCT DUAL POWER TACTICAL EDITION モデルの特長
- 継続機能 -
ナイトビジョンモード: ONにするとバックライトの輝度が低下。ゴーグルを着けている時でも画面の表示が見やすくなる。
ジャンプマスターモード: ミリタリーのガイドラインに沿って高度を計算。さらに上空でジャンプした事を自動検出し、目的地点までの下降ルートをナビゲート。
ステルスモード: GPSの軌跡や位置情報の共有を停止して、周囲への漏洩を避ける事が出来る。

IINSTINCT DUAL POWER SURF EDITION モデルの特長
- 新機能 -
サーフィンアクティビティ: サーフィンをした波の数、到達最大速度や移動距離を記録。アクティビティ中の心拍推移等も振り返る事が可能。又、アクティビティ中の消費カロリーも振り返る事が可能。
- 継続機能 -
満潮・干潮の時間を確認出来るタイドグラフを表示: GPSによる現在地は勿論、緯度経度を入力すれば任意の場所の潮汐情報もチェック可能。

※ 上記以外の機能等についてはこちらを参照して下さい >>> Garmin Instinct (1)



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 05:51| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

心拍計内蔵 フィットネスウォッチ  ポラール Unite

☆新製品

【仕様】
●睡眠の質を高め、トレーニングを効率化し、ライフバランスの取れた毎日をサポート、手首での高精度心拍計測と睡眠計測機能を備えたフィットネスウォッチ
●主な特長・機能
@ 軽量 (32g) でスタイリッシュ、24時間毎日使う事を考慮した使いやすいデザイン、1日中快適に着用で出来、豊富な種類のリストバンドから自分に合った物を選べる、文字盤のカラーテーマをカスタマイズする事も可能 A トレーニングモードで最大50時間使用可能 (スマホのGPSと連係+心拍計測時) B 3色10LED 搭載 Precision Prime 光学式心拍センサー C Nightly Recharge、夜にどれだけストレスやトレーニングによる疲労から回復出来たかを確認出来る、このデータを活用して日中の活動をより効率的にプランニング出来る D Sleep Plus Stages、睡眠ステージ (レム、浅い睡眠、深い睡眠) を計測し、睡眠の質を細かく分析、睡眠状況を見える化する事で、より良い眠りを得る為のヒントを得る事が出来る E FitSpark トレーニングガイド、前夜の回復度合いやその日の体調に応じたトレーニングプランを幾つか提案、その中から自分に合ったトレーニングが選べる F Serene 呼吸エクササイズ、身体をリラックスさせストレスを和らげてくれる G スマホに接続すれば GPS機能を使う事も可能 H Polar Clubクラスの実行中に、Polar Clubシステムに心拍数を反映させる事も可能
●稼働時間最大50時間 (トレーニングモード、スマホのGPSと連係+心拍計測時)/最長4日 (腕時計モード、継続的な心拍計測時) ●GPSはスマホを利用 ●Precision Prime心拍計 (接触型センサーは非搭載) ●3D加速度計 ●環境光センサー ●30m防水 (水泳にも適応) ●心拍計測 (24時間計測/夜間のみ計測/手動計測/リアルタイム表示/心拍ゾーン/VO2Max/最高・最低心拍数/安静時心拍数等) ●Sleep Plus Stages (睡眠状態の把握・分析 [睡眠時間/就寝・起床時間/レム睡眠/浅い睡眠/深い睡眠/睡眠サイクルの回数] ) ●活動量計測 (歩数/距離/消費カロリー/アクティブ時間/アクティビティ強度/心拍数/睡眠等) ●対応スポーツ (ランニング・室内スポーツ・グループフィットネス・ヨガ・筋トレ、サイクリング、水泳等、100種類以上、時計には最大20種類のスポーツプロファイルを保存可能) ●Nightly Recharge ●FitSparkトレーニングガイド ●Serene呼吸エクササイズ ●ランニングプログラム ●カーディオ負荷 ●トレーニング効果 ●アクティビティ効果 ●ラップ (自動) ●オートスタート/ストップ ●スマートカロリー ●フィットネステスト ●Polar Club を使ったトレーニング ●低活動アラート (55分座り続けるとアラーム) ●通知機能 (電話着信・メッセージ・Eメール・カレンダー・アプリからの通知を振動で教えてくれ時計上で確認出来る) ●タイマー (ストップウォッチ /カウントダウン) ●スヌーズ機能付きアラーム ●時計表示 (アナログorデジタル表示/日付・曜日) ●環境光センサー搭載カラータッチディスプレイ (IPS TFT/解像度240×204) ●文字盤のテーマカラーを複数のオプションから選択可能 ●カラータッチディスプレイ (タップ&スワイプ)+1ボタン操作 ●腕時計を見る動作でバックライトON ●Polar Flow アプリ (対応スマホ:iOS12以降、Bluetooth4搭載のAndroid6以降) ●Polar Flow ウェブサービス ●Bluetooth LE ●互換性のあるアプリ (Strava/TrainingPeaks/Apple Health Kit/Google Fit/MyFitnessPal/MapMyFitness 他) ●互換性のあるセンサー (Polar H10 心拍センサー/Polar H9 心拍センサー) ●USB充電 (専用USB充電アダプタ使用) ●バッテリー容量174mAh ●動作温度−10〜50℃ ●素材 (グラスファイバー強化ポリマー製ケース/ステンレススチール製ボタン/旭硝子レンズ/シリコン製リストバンド) ●リストバンド交換可能 (20mm幅のスプリングバー付きリストバンドに対応) ●本体サイズ直径43.4×厚さ10.4mm ●リストバンドサイズS〜L手首周り130〜210mm (SとMLの2サイズ同梱) ●重さ32g (リストバンド含む) ●付属品 (リストバンド×2 [S/ML]/USB充電アダプタ/ユーザーマニュアル) ●カラー (ブラック/ホワイト/ブルー/ピンク) ●2年保証 (シリコン又はプラスチック製リストバンは1年)
POLAR UNITE フィットネスウォッチ ブラック
発売日:2020年 7月16日 価格:19,800円位 (2020/7/16現在)

機能説明
継続的な心拍数計測
 1日を通した心拍数の変化についての包括的な見解が得られる。継続的に心拍計測する事で、消費カロリーやアクティビティデータを正確に把握する事が出来る。1日の最低・最高心拍数も分かる。
Sleep Plus Stages
 睡眠時の体の動きに加え心拍数も計測、詳細な睡眠データを計測。睡眠時間、就寝・起床時間に加え、レム睡眠や浅い睡眠、深い睡眠の時間、睡眠サイクルの回数等が分かる。これらの睡眠データを分析し、睡眠スコアとして数値化。睡眠スコアの項目をユーザーの通常レベルと比較する事により、毎日の活動が睡眠にどの様な影響を与え、調整する必要があるかも知れない事を認識する事が出来る。
Nightly Recharge
 夜間に回復状態を測定するシステム。日中に受けた負荷から、どれだけ回復出来たかを確認出来る。Nightly Rechargeステータスは、睡眠の質はどうだったか (睡眠ステータス)、睡眠 (自律神経ステータス) の最初の何時間かの間に自律神経ステータスがどの程度沈静化したか、の2つの要素をベースにしている。両要素は、昨夜の睡眠を過去28日間の通常レベルと比較する事により算出。Nightly Rechargeステータスは、腕時計の画面上、又は Polar Flowアプリから確認出来る。測定データをベースにして、動きの内容や、睡眠に関するアドバイス、特に調子の良くない日等には、Polar Flowアプリで、エネルギーレベルの上げ方等を提案。Nightly Rechargeにより、総括的な健康状態の向上と、トレーニング目標達成に近付く為に、日々どの様な生活を送る事が適当かを把握する事が可能になる。
FitSparkトレーニングガイド
 腕時計で容易に利用出来る、オンデマンドトレーニングのテンプレートをデイリーベースで提供。前の晩の Nightly Rechargeステータスを基準にした、トレーニング履歴、回復状況、フィットネスレベルに見合ったトレーニングプランを、毎日2〜4種類を用意。合計19種類のトレーニングが利用可能。FitSparkトレーニングには、エクササイズの実施方法に関する手順、エクササイズを安全に適切な手法を使って行える様にする、リアルタイムのステップバイステップのガイダンスが含まれる。
Serene 呼吸エクササイズ
 ガイダンスを伴う深呼吸エクササイズ。心身をリラックスさせストレスへの対処に役立つ。腕時計の画面の表示を見ながら息を深く吸って、深く吐くを繰り返す。ゆっくりと安定したリズムで呼吸する様にガイダンスしてくれる。毎分当たりの呼吸数は6回、これがストレスを解消する最適な呼吸のリズム。ゆっくりと呼吸すると、心拍もそのリズムに段々と同調し始める。そして心拍間隔時間もより大きく変化し始める。睡眠前に行う事で睡眠の質を高める効果も期待出来る。
ランニングプログラム
 ユーザーのフィットネスレベルに基づき、オーバートレーニングを避け、適切にトレーニング出来る様に設計され、個人情報、トレーニング情報、準備時間を考慮しつつ、イベントに向けてカスタマイズ出来る。プログラムは、5k、10k、ハーフマラソン、マラソンイベントで利用可能。プログラムには3つのフェーズ (基礎づくり/ビルドアップ/テーパリング) があり、パフォーマンスを段階的に向上させ、レースに向けて準備出来る様に設計されている。ランニングトレーニングセッションは、5つの種類 (イージージョグ/ミディアムラン/ロングラン/テンポラン/インターバル) に分けられ、全てのセッションには、ウォームアップ・トレーニング・クールダウンのフェーズが含まれる。さらに、筋力トレーニング・体幹トレーニング・モビリティトレーニングが選択出来、向上をサポート。各トレーニング週は、2〜5のランニングセッションで構成、1週当たりの合計ランニングセッションは、フィットネスレベルに応じて1〜7時間になる。プログラムの最小期間は9週間、最大期間は20か月。
カーディオ負荷
 カーディオ負荷は、トレーニング負荷を定量化する為に一般に認められ、科学的に実績のある方法であるトレーニングインパルス計算に基づいている。カーディオ負荷は、トレーニングセッションが心血管系にどの程度の負担を掛けるかを示す。1回のトレーニングセッションで検出された負荷データは、腕時計、Polar Flowアプリ、Flowウェブサービス上の、トレーニングセッション概要に表示される。カーディオ負荷が高い程、身体への負担は多くなる。
トレーニング効果
 トレーニング毎に効果に関するフィードバックを提供、効果をより実感するのに役立つ。フィードバックは Flowアプリ及び Flowウェブサービスでも確認可能。フィードバックを得るには、心拍ゾーンで合計10分以上のトレーニングをする必要がある。フィードバックは、心拍ゾーンに基づき、各心拍ゾーンに於けるトレーニング時間と消費カロリーから判断される。
スマートカロリー
 市販製品の中でも最も正確なカロリーカウンターの1つ、個人データ (体重・身長・年齢・性別/最大心拍数 [HRmax] /トレーニング又はアクティビティの強度/最大酸素摂取量 [VO2max] ) に基づいて正確な消費カロリーを計算。カロリー計算は、加速度と心拍数データの組み合わせに基づく。トレーニング中に累積エネルギー消費量 (キロカロリー)、トレーニング後にトレーニングセッションの消費カロリーを表示。1日の合計消費カロリーを記録する事も出来る。
フィットネステスト
 手首での心拍計測によるフィットネステストは、安静時の有酸素運動能力を短時間で測定する、容易で安全な方法。結果である Polar OwnIndexは、一般的に使用されている最大酸素摂取量 (VO2max) に相当。長期的なトレーニング状況、心拍数、安静時の心拍変動、性別、年齢、身長、体重の全てが OwnIndexに影響する。
24時間/365日アクティビティトラッキング
 腕の動きを内蔵3D加速度センサーで計測し、アクティビティを記録。運動の頻度、強度、動きの規則性を身体情報と合わせて分析し、トレーニングに加え日常生活に於いても、どれくらいアクティブに過ごしたかを知らせてくれる。より正確なアクティビティ記録の結果が得られる様、利き腕でない腕に腕時計を装着する事。
アクティビティ効果
 アクティブに過ごしていた事による健康への効果と座り続けていた事による健康への好ましくない影響についてフィードバックを提供。フィードバックは、国際的なガイドライン、又、身体的活動と座り続けている事による健康への影響に対する研究に基づく。Flowアプリ及び Flowウェブサービスでは、毎日、週毎、月毎にアクティビティ効果を確認出来る。又、Flowウェブサービスで健康への効果についての詳細を確認する事も可能。
Polar Club を使ったトレーニング
 ジムでグループ心拍数測定システム Polar Club を導入している場合、腕時計を使ってスクリーンに心拍数を表示出来る。
Polar Flowアプリ/Polar Flowウェブサービス
 トレーニング・アクティビティ・睡眠データ、トレーニング計画や進捗レポート等のデータをクラウド管理。いつでも必要な時にアプリやウェブで確認出来る。



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 05:38| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

心拍計内蔵 GPS搭載 アウトドアウォッチ  ポラール Grit X

☆新製品

【仕様】
●トレイルランニング・マウンテンバイク・ハイキング等、アウトドアで長時間スポーツを楽しむユーザーに向けて開発され、スタイルと耐久性、そしてPolar独自のトレーニング機能を兼ね備えた、GPS搭載アウトドアマルチスポーツウォッチ
●Polar Grit X に新たに搭載された主な特徴 @ 省電力設定によるウルトラロングバッテリー 最大100時間 [心拍計測OFF+GPS 2分毎記録]/A 栄養と水分補給の量とタイミングを通知 (アラーム音+振動) する FuelWise 栄養補給リマインダー/B アップヒル、ダウンヒル毎のトレーニングデータを自動計測する Hill Splitter/C 設定したルートのナビゲーション機能 [要komoot利用]/D ミルスペック MIL-STD-810G に準拠した堅牢性/E 進化した心拍計測センサー/F トレーニング後に消費したエネルギーのうち炭水化物・たんぱく質・脂肪の消費割合を表示/G スマホと連動した2日後までの天気予報表示/H 100m防水
●稼働時間最大40時間 (トレーニングモード [GPS+心拍計測] )/最大100時間 (心拍計測OFF+GPS2分毎記録)/最長7日 (ウォッチモード [継続的な心拍計測] ) ●GNSS (GPS/GLONASS/Galileo/みちびき)/A-GPS ●Precision Prime 心拍計 ●3D加速度計 ●コンパス ●高度計 ●MIL-STD-810G準拠 ●100m防水 ●心拍計測 (24時間計測 /夜間のみ計測 /手動計測 /リアルタイム表示 /心拍ゾーン /VO2Max /最高・最低心拍数 /安静時心拍数等) ●Sleep Plus Stages (睡眠状態の把握・分析 [睡眠時間 /就寝・起床時間 /レム睡眠 /深い睡眠 /睡眠サイクルの回数] ) ●活動量計測 (歩数 /距離 /消費カロリー /アクティブ時間 /アクティビティ強度 /心拍数 /睡眠等) ●対応スポーツ (ランニング・トレイルランニング・マウンテンバイク・ハイキング・サイクリング・スイミング等、130種類以上、時計には最大20種類のスポーツプロファイルを保存可能) ●マルチスポーツ対応 ● ランニングパワーの計測が時計単体で出来る ●Nightly Recharge ●FitSparkトレーニングガイド ●Serene呼吸エクササイズ ●トレーニング負荷Pro ●ランニングプログラム ●ランニングインデックス ●トレーニング効果 ●ラップ (自動 /手動) ●オートスタート/ストップ ●スイミングメトリクス ●FuelWise栄養補給リマインダー ●Hill Splitter ●スマートカロリー ●使用エネルギー ●フィットネステスト ●ルートガイダンス (ルート作成アプリ komoot と連携) ●低活動アラート (55分座り続けるとアラーム) ●Strava Liveセグメント ●通知機能 (電話着信・メッセージ・Eメール・カレンダー・アプリからの通知を振動で教えてくれ時計上で確認出来る) ●タイマー (ストップウォッチ /カウントダウン) ●スヌーズ機能付きアラーム ●時計表示 (アナログorデジタル表示 /日付・曜日) ●1.2インチカラータッチディスプレイ (解像度240×240)/常時表示 ●カラータッチディスプレイ (タップ&スワイプ)+5ボタン操作 ●腕時計を見る動作でバックライトON ●Polar Flow アプリ (対応スマホ:iOS12以降、Bluetooth4搭載のAndroid6以降) ●Polar Flow ウェブサービス ●Bluetooth LE ●互換性のあるアプリ (Komoot/Strava/TrainingPeaks/MyFitnessPal/Endomondo/Nike+ Run Club 他) ●互換性のあるセンサー (Polar H10心拍センサー/PolarストライドセンサーBluetooth Smart/PolarスピードセンサーBluetooth Smart/PolarケイデンスセンサーBluetooth Smart/サードパーティ製パワーセンサー) ●USB充電 (磁石式専用ケーブル使用) ●バッテリー容量346mAh ●精度 (時計 ±0.5秒/日以内/GNSS 距離±2%、速度±2km/h/高度1m/上昇・下降5m) ●動作温度−20〜50℃ ●素材 (ステンレススチール製ケース/ステンレススチール製ベゼル/グラスファイバー強化ポリマー製バックカバー/指紋防止ラミネートゴリラガラスレンズ/シリコン製リストバンド) ●リストバンド交換可能 (標準22mmクイックリリースウォッチバンド対応) ●本体サイズ直径47×厚さ13mm ●リストバンドサイズ (S:手首周り130〜190mm/M・L:手首周り145〜215mm) ●重さ64g (リストバンド含む)/44g (リストバンドを除く) ●付属品 (充電ケーブル /ユーザー マニュアル) ●カラー (ブラック [M/Lサイズ] /ホワイト [Sサイズ] /グリーン [M/Lサイズ] )
POLAR Grit X
 GPS搭載アウトドアマルチスポーツウォッチ M/Lサイズ ブラック

発売日:2020年 6月 4日 価格:59,200円位 (2020/6/22現在)

機能説明
省電力設定
 GPS記録間隔を変更し心拍計測をOFFに設定、スクリーンセーバーを使う事でトレーニング時間を延ばす事が出来る。
FuelWise 栄養補給リマインダー
 1回に補給する炭水化物量とトレーニング時間、平均心拍ゾーンを設定する事で、エネルギー補給回数が事前に分かり、適切な量の補給食を用意出来る。トレーニング中の心拍数の状況に応じて適切なタイミングでエネルギー補給のアラート (アラーム音+振動) で通知。水分補給についてもトレーニング中に摂取が必要な総水分量が事前に分かり、設定した時間毎にアラートで通知。これにより、エネルギー不足による低血糖状態になるハンガーノックや脱水症状を起こす可能性を抑える事が出来る。
Hill Splitter
 スピード、距離、高度のデータから、自動的にアップヒル、ダウンヒルを検知。ルート上の全てのヒルセクションに於ける心拍数、距離、スピード、上昇・下降率等のパフォーマンスデータを細かく記録し、表示する事が出来る。
ルートガイダンス
 Komoot でルートを設定し時計にインポートするだけで、時計でリアルタイムのガイダンスで正しい道を進む事が出来る。Komootはドイツのkomoot社が提供する無料 (一部有料) のルートプランニング・ナビゲーションアプリで、これを使えば、全てのルートを作成、検索、カスタマイズ出来、オフラインでもスムーズにナビゲート出来る。
進化した Precision Prime センサー (心拍計測センサー)
 グリーンとレッドにオレンジを加えた3色のLEDを計10個使用、血管の状態をより正確に把握出来る。皮膚の接触状況を把握する電極センサー、手の動きで発生する誤差の補正を行う3D加速度センサーも搭載。新開発のアルゴリズムで心拍数計測の精度を高めた。
継続的な心拍数計測
 1日を通した心拍数の変化についての包括的な見解が得られる。継続的に心拍計測する事で、消費カロリーやアクティビティデータを正確に把握する事が出来る。1日の最低・最高心拍数も分かる。
使用エネルギー
 トレーニング中に身体がどの様に異なるエネルギーを消費しているのかを確認出来る。エネルギー使用量を炭水化物、たんぱく質、脂質別に分析する。
Sleep Plus Stages
 睡眠時の体の動きに加え心拍数も計測、詳細な睡眠データを計測。睡眠時間、就寝・起床時間に加え、レム睡眠や深い睡眠の時間、睡眠サイクルの回数等が分かる。これらの睡眠データを分析し、睡眠スコアとして数値化。睡眠スコアは、過去4週間のユーザーの平均値と比較する事が出来、睡眠の改善、悪化等の状況を確認する事が可能。
時計単体でランニングパワーが計測出来る
 ランニングパワーがリアルタイムに分かる為、走っている状況を確認出来、より力の入るフォームの確認が可能。又、トレーニングを続けて行けば、同じパワーでも心拍数が低くなっている事が分かる等、トレーニング効果の確認も可能。
Nightly Recharge
 睡眠時の平均心拍数や、心拍間隔時間、平均心拍数変動、1分間の平均呼吸数等を計測・分析、自律神経ステータスとして数値化。睡眠中の自律神経が、交感神経と副交感神経のどちらが優位に働いたかを見る事で、睡眠の質が分かる。この自律神経に関わる内容と Sleep Plus Stages の睡眠スコアを基に、前日の身体・メンタルの疲れの回復具合が分かり、6段階で回復状況を評価する。
FitSparkトレーニングガイド
 ユーザーの回復状況、フィットネスレベル、トレーニング履歴に応じて、3つの異なるタイプ (有酸素フィットネスのレベルの向上/筋力の更なる強化/体幹を鍛え可動性をアップ) から選べるトレーニングメニューを毎日2〜4種類提供。トレーニングを楽しむ事に集中出来る様、時計がトレーニングセッションを通してガイドしてくれる。
Serene 呼吸エクササイズ
 ガイダンスを伴う深呼吸エクササイズ。心身をリラックスさせストレスへの対処に役立つ。時計の画面の表示を見ながら息を深く吸って、深く吐くを繰り返す。ゆっくりと安定したリズムで呼吸する様にガイダンスしてくれる。毎分当たりの呼吸数は6回、これがストレスを解消する最適な呼吸のリズム。睡眠前に行う事で睡眠の質を高める効果も期待出来る。
トレーニング負荷Pro
 トレーニング時に身体に掛かっている負荷と、それがパフォーマンスにどの様に影響しているかを、包括的に確認出来る。筋肉の疲労度、心肺機能の疲労度、自身が感じる疲労度の3種類の負荷を計測。筋肉の疲労度は、ランニングパワーや自転車のパワーメーター等でパワー計測をした際に数値化。心肺機能の疲労度は、トレーニングで心拍数を計測しその結果から数値化。自身が感じる疲労度はトレーニング後に自分で10段階評価する事で得られる。
ランニングプログラム
 レース当日の日程と距離を登録するだけで、今までのトレーニング実績や、最近の運動量に基づき、すぐにユーザに合わせたランニングプログラムを作成。時計にプログラム内容が表示され、ユーザは設定された距離や心拍ゾーンに合わせたトレーニングを行う。Polar Flow上では、ランニングメニュー以外にストレッチや体幹トレーニングの動画を見ながら行う事が可能。
ランニングインデックス
 ランニングインデックスは、ランニング時の最大酸素摂取量 (VO2max) の推定値。ランニングトレーニングの効率性をスコアで表し、又最大有酸素ランニングパフォーマンス能力を向上させる方法を提示する。
スイミングメトリクス
 心拍数、泳法、距離、ペース、ストローク数、休憩時間を自動的に検出。距離とストローク数はオープンウォータースイミングでも記録される。
スマートカロリー
 身長・体重・年齢・性別・最大心拍数・実施しているトレーニングの強度に基づいてトレーニング中に消費されたカロリーを正確に算出する。
フィットネステスト
 フィットネステストは全て自動操作、安静状態で僅か5分以内に終了。トレッドミル等の器具も不要。簡単で安全、素早く最大酸素摂取量 (VO2max) の予測が出来る。
Strava Liveセグメント
 Strava Liveセグメントで、ランニングやサイクリングがさらに楽しく。セグメントが近づくと時計上で通知。セグメント中にリアルタイムでデータを確認したり、終了後すぐに結果を確認出来る。
Polar Flowアプリ/Polar Flow ウェブサービス
 トレーニング・アクティビティ・睡眠データ、トレーニング計画や進捗レポート等のデータをクラウド管理。いつでも必要な時にアプリやウェブで確認出来る。



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 05:18| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

心拍計内蔵 GPS搭載 スポーツウォッチ カシオ G-SHOCK G-SQUAD GBD-H1000

☆新製品

【仕様】
●G-SHOCKのスポーツライン G-SQUAD の心拍計及びGPS搭載モデル、時計としての日常使いなら充電は不要でソーラー発電だけで対応可能 ●バッテリー持続時間 最大約14時間 (ソーラー発電なし+トレーニングモード [GPS連続計測]+心拍測定)/最大約18時間 (ソーラー発電なし+トレーニングモード [GPS間欠計測]+心拍測定)/約12か月 (ソーラー発電なし+時刻モード [歩数計測・通知機能含む] ) ●搭載センサー (GPS/光学式心拍センサー/3軸加速度センサー/磁気センサー [方位]/圧力センサー [気圧・高度]/温度センサー) ●GNSS (GPS/GLONASS/みちびき) ●衝撃や振動に強い耐衝撃構造 ●20気圧防水 ●心拍計測 (手動or常時/リアルタイム表示/目標心拍設定機能/心拍ゾーン表示/心拍数遷移グラフ/最大・最小心拍数/VO2Max) ●歩数計測 (歩数精度±3%/毎日0時に歩数自動リセット) ●消費カロリー表示 (歩数から算出しアプリに表示、トレーニング中は心拍数より算出) ●方位計測 (16方位表示/60秒連続計測機能/自動水平補正機能/方位補正機能/磁気偏角補正機能) ●高度計測 (相対高度/計測単位1m/計測間隔2分/5秒/高度補正機能/高度傾向グラフ) ●気圧計測 (計測単位1hPa/常時気圧計測 [2時間毎]/気圧補正機能/気圧傾向グラフ/気圧傾向インフォメーション機能) ●温度計測 (計測範囲-10.〜60℃/計測単位0.1℃/温度補正機能) ●バイブレーション機能 (トレーニング中のアラートやメール着信等を通知) ●GPS又は加速度計によるトレーニング計測 (距離・速度・ペース等を表示/GPS受信間隔 [NORMAL1秒毎/LONG1分毎] ) ●移動ルート表示 (スマホと連携しアプリに移動軌跡を地図表示) ●自動/手動ラップ ●オートポーズ ●自動走行計測開始 ●到達お知らせアラート (時間/高度/消費カロリー) ●トレーニング時の表示項目のカスタマイズ可能 ●トレーニング分析 (トレーニングステータス/フィットネスレベル傾向/トレーニング負荷傾向/VO2Max/リカバリータイム) ●トレーニングログ (最大100走分、ラップはそれぞれ最大140本/計測タイム/距離/ペース/消費カロリー/心拍数/最大心拍数/有酸素トレーニング効果/無酸素トレーニング効果) ●専用アプリ (時計の各種設定/トレーニング管理 [トレーニングの分析・履歴・プラン] 等 ) ●モバイルリンク機能/スマホとのBluetoothによる機能連動/簡単時計設定/ワールドタイム都市設定/タイマー設定/時刻アラーム設定/操作音ON/OFF設定/バイブレーション設定/通知機能/データアップデート/タイムゾーン/サマータイムルールデータ更新) ●バイブによる通知機能 (電話着信/メール受信/SNS新着/カレンダー通知/リマインダー通知) ●外装デザイン (ボタンを見ずに操作しやすいベゼル形状/滑り止めを施した大型ボタン/手の甲への干渉を軽減する曲面形状のバックカバー/フィット感の高いソフトウレタンバンド) ●USB充電/ソーラーアシスト充電 (GPS・心拍計を含むトレーニングにはUSB充電、時計としての日常使いにはソーラー充電※、使い方に合わせて選べる2種類の充電方法/専用ケーブルによるUSB充電は最大約2.5時間 (USB TypeA)/※毎日約8時間蛍光灯下の室内500ルクスで充電し1週間に2時間晴れた日の窓際10000ルクスで充電した場合 ●視認性の高い高精細なMIP液晶 ●LEDバックライト (フルオートライト/スーパーイルミネーター/残照機能/残照時間切替 [1.5/3秒] 付き/腕を傾けるだけで自動点灯) ●カレンダー機能 (フルオートカレンダー/日付/曜日) ●GPS/Bluetoothによる 自動時刻修正/GPS受信やスマホと連携しない場合はクオーツ精度 (平均月差±15秒) で動作 ●ワー ルドタイム (世界38都市 [サマータイム自動設定] )+UTC時刻) ●ストップウォッチ (1秒/100時間計/スプリット付き) ●タイマー (最大5つの時間設定が可能なインターバル計測用タイマー/セット単位1秒/最大セット60分/1秒単位で計測/オートリピート/オートスタート) ●時刻アラーム (4本/スヌーズ機能付き) ●パワーセービング (暗所で一定時間が経過すると表示を消して節電) ●機内モード ●通信 Bluetooth LE (通信距離最大2m) ●素材 (ケース:合成樹脂/ベゼル:ステンレススチール/風防:ミネラルガラス/バンド:ウレタン・ラバー系) ●サイズ63.0×55.0×20.4mm ●バンド長約145〜215mm ●重さ101g ●付属品 (専用ケーブル/取説) ●カラー (ブラック×ホワイト/オールブラック/レッド/ブラック×レッド) ●1年保証 ●対応スマホ (iOS10以降/Android6.0以降)
カシオ G-SHOCK G-SQUAD GBD-H1000-1JR メンズ
発売日:2020年 5月22日 価格:49,500円位 (2020/5/21現在)



楽天市場で探す

posted by たか坊 at 14:07| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

心拍計内蔵 GPS搭載 マルチスポーツウォッチ ガーミン fenix 6 シリーズ

☆新製品
マルチスポーツGPSウォッチ fenix 6 シリーズ (2019年9月12日発売) 
 デザイン (ケースカラー、バンドの素材やカラー等) と機能の違いで、3モデル16種類のバリエーションがある
fenix6.JPG
- ラインナップ -
1. 太陽からのエネルギーで長寿命バッテリーを実現したハイエンドモデル (冬に発売予定)
fenix 6X Pro Dual Power (3モデル)
 ○1.4インチディスプレイ ○サイズ直径51×厚さ14.9mm ○バンド幅26mm ○重さ82g (ケース54g)
 ○稼働時間 最大24日間 (スマートウォッチモード)、最大60+6時間 (GPS+心拍計)、
  最大70+10時間 (UltraTracモード)、最大16+1時間 (GPS+音楽再生)
 ○ソーラー充電機能 ○音楽機能 ○プリロード済みマップ機能 ○PacePro機能 ○Wi-Fi
  @ fenix 6X Pro Dual Power Ti Black DLC Titanium band 17万円 (税抜き標準価格)
  A fenix 6X Pro Dual Power Ti Gray Titanium band 15万円
  B fenix 6X Pro Dual Power Ti Black DLC 13万円
2. 大きなディスプレイで優れた視認性とサファイアレンズで堅牢性を備えたプレミアムモデル
fenix 6X Sapphire (2モデル)
 ○1.4インチディスプレイ ○サイズ直径51×厚さ14.9mm ○バンド幅26mm ○重さ93g (ケース66g)
 ○稼働時間 最大21日間 (スマートウォッチモード)、最大60時間 (GPS+心拍計)、最大70時間 (UltraTracモード)、
  最大16時間 (GPS+音楽再生)
 ○音楽機能 ○プリロード済みマップ機能 ○PacePro機能 ○Wi-Fi
  @ fenix 6X Sapphire Black DLC Leather band 12万円 
  A fenix 6X Sapphire Black DLC 11万円
3. サファイアレンズで優れた堅牢性と豊富なデザインバリエーションのスタンダードモデル
fenix 6 Sapphire (4モデル)
 ○1.3インチディスプレイ ○直径47×厚さ14.7mm ○バンド幅22mm ○重さ ↓
 ○稼働時間 最大13日間 (スマートウォッチモード)、最大36時間 (GPS+心拍計)、最大42時間 (UltraTracモード)、
  最大11時間 (GPS+音楽再生)
 ○音楽機能 ○プリロード済みマップ機能 ○PacePro機能 ○Wi-Fi
  @ fenix 6 Sapphire Ti Gray Titanium band 重さ72g (ケース39g) 12.5万円
  A fenix 6 Sapphire Black DLC Nylon band 重さ82g (ケース59g) 11.5万円
  B fenix 6 Sapphire Ti Gray 重さ72g (ケース39g) 10.5万円 
  C fenix 6 Sapphire Black 重さ82g (ケース59g) 10万円
4. スモールディスプレイでデザイン性の優れた軽量コンパクトモデル
fenix 6 S Sapphire (4モデル)
 ○1.2インチディスプレイ ○直径42×厚さ13.8mm ○バンド幅20mm ○重さ61g (ケース44g)
 ○稼働時間 最大9日間 (スマートウォッチモード)、最大25時間 (GPS+心拍計)、最大30時間 (UltraTracモード)、
  最大7時間 (GPS+音楽再生)
 ○音楽機能 ○プリロード済みマップ機能 ○PacePro機能 ○Wi-Fi
  @ fenix 6S Sapphire Tundra Light Gold Leather band 11.3万円 
  A fenix 6S Sapphire Black RoseGold Nylon band 10.5万円
  B fenix 6S Sapphire Gray RoseGold 9万円
  C fenix 6S Sapphire Black DLC 9万円
5. 機能、使いやすさをコンパクトにしたエントリーモデル
fenix 6 (1モデル)
 ○1.3インチディスプレイ ○直径47×厚さ14.7mm ○バンド幅22mm ○重さ80g (ケース57g)
 ○稼働時間 最大13日間 (スマートウォッチモード)、最大36時間 (GPS+心拍計)、最大42時間 (UltraTracモード) 
  @ fenix 6 Black 7万円 >>> もっと詳しく
6. 機能・使いやすさをコンパクトにした気軽に楽しめるエントリーモデル
fenix 6S (2モデル)
 ○1.2インチディスプレイ ○直径42×厚さ13.8mm ○バンド幅20mm ○重さ58g (ケース41g)
 ○稼働時間 最大9日間 (スマートウォッチモード)、最大25時間 (GPS+心拍計)、最大30時間 (UltraTracモード) 
  @ fenix 6S Black 6.5万円
  A fenix 6S White 6.5万円

- fenix 6 シリーズの特長 -
バッテリーの長寿命化とソーラー充電機能
 fenix 6X の GPSモードで、最大60時間稼働と、従来の fenix 5X plus の30時間に比べ、2倍と大幅に長寿命化。
 又、新機能パワーマネージャーを使えば、GPS や地図、心拍機能等の機能の ON/OFF を自由にカスタマイズ出来、アクティビティの目的に合わせ最大限のバッテリー稼働時間を得る事が可能。又、残りの稼働時間を % ではなく、「残り時間」で表示可能。さらに、ハイエンドモデル fenix 6X Pro Dual Power には、Garmin 初ソーラー充電機能を搭載。太陽エネルギーを利用し、稼働時間をスマートウォッチモードで合計約24時間分の充電が可能。(※ 屋外で1週間毎日、3時間 50000ルクスの光に当てた場合)
新機能 PacePro を搭載したパフォーマンス機能 (fenix 6S、fenix 6 Black モデルを除く)
 ランニング等のレースのペース戦略をより緻密にする事が可能。予めレースのコースや目標タイムを設定すると、アップダ
 ウンを考慮した区間毎のペース配分を作成し、最適なペースをキープするのに役立つ (2019年10月以降にアップデートで対応予定) 。
視認性を向上させた大型ディスプレイ採用
 従来の fenix 5X に比べ36%サイズアップした1.4インチディスプレイを搭載、fenix 6 も1.2インチから1.3インチと拡大。
 アクティビティで1画面に表示可能なデータ項目が最大8分割まで表示が可能、従来の最大4データから大幅に増大。トレ
 ーニングデータ等、様々な情報を、視認性を損なわず表示する事が可能。
マップとスキーマップ (fenix 6S、fenix 6 Blackr モデルを除く)
 地図機能には、道路地図、登山地図、国内外41000のゴルフコース情報に加え、世界中の約2000のスキーリゾートのデー
 タを予め収録。スキーのコース名と難易度を確認出来る。
NFC による非接触決済機能 Garmin Pay
 ウォッチだけで決済可能。利用可能なカードは三菱 UFJ VISA デビット (2019年8月30日現在)。
音楽機能 ( fenix 6S、fenix 6 Black モデルを除く)
 2019年8月22日から連携開始の Amazon Music に対応。その他、Spotify、LINE MUSIC、AWA 等の音楽アプリ、又、PC
 等から最大 2000曲の音楽データの保存が可能。Bluetoothイヤホン・スピーカーとペアリングして音楽を聴く事が出来る 。
セーフティ機能 (アクティビティ計測中のみ)
 身に何か起こった時に、時計がその衝撃を感知し、予め登録した連絡先へ位置情報とともにメッセージを送信 (所定の時
 間内にキャンセル可能) 。又、意思で援助を要請する事も可能。
ボディバッテリー
 心拍の変動等を基に、身体のエネルギーの残量を表す指標。今の自分が休息をすべきか、運動すべきか、そのタイミング
 等を視覚的に表示可能。
Climb Pro 機能
 登山やサイクリング等のアクティビティに関して、傾斜や距離、標高の上昇を含め、リアルタイム情報が表示される。
マルチスポーツアプリ
 ランニング、トレイルランニング、プールスイム、サイクリング、ゴルフ、クライミング、スキー、SUPボート等の様々なアクティ
 ビティが、プリロードされている。
主な共通仕様
 ○搭載センサー (Elevateリスト型心拍計 /気圧高度計 /コンパス /ジャイロセンサー /加速度計 /温度計)
 ○GNSS (GPS /GLONASS /Galileo /みちびき) ○ABCセンサー ○Connect IQ
 ○10気圧防水 ○動作温度-20〜45℃ ○Bluetooth/ANT+
 ○ライフログ機能 (歩数 /上昇階数 /睡眠状況 /消費カロリー等) ○通知機能 







posted by たか坊 at 14:13| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

心拍計内蔵 GPS搭載 マルチスポーツウォッチ ガーミン fenix 6 ブラック

☆新製品
●fenix6 シリーズ (fenix6S [6種]、fenix6 [5種]、fenix6X [2種]、fenix6X Pro Dual Power [3種] ) の中のエントリーモデル
●バッテリーの持ち最大36時間 (GPS+心拍計) /最大42時間 (UltraTracモード) /最大13日間 (スマートウォッチモード) /最大22日間 (Expeditionモード) /最大38日間 (バッテリー節約ウォッチモード) ●搭載センサー (GPS /Elevateリスト型心拍計 /気圧高度計 /コンパス /ジャイロセンサー /加速度計 /温度計) ●GPS /GLONASS /みちびき /Galileo ●Garmin Pay ●心拍計測 (24時間計測 /リアルタイム表示 /心拍ゾーン /VO2Max /安静時心拍数 /異常心拍アラート) ●パワーマネージャー (バッテリーの節約と設定) ●ABCセンサー機能 (電子コンパス方位 /校正気圧 /現在地の高度) ●対応アクティビティ (ラン /バイク /プールスイム /ゴルフ /ハイキング /トライアスロン /マウンテンバイク /トレッドミル /フィットネスバイク /筋トレ /ヨガ他) ●ジム & フィットネス機器機能 ●ランニング機能 ●ゴルフ機能 ●アウトドアレクリエーション機能 (ナビゲーション機能他) ●サイクリング機能 ●スイム機能 ●マルチスポーツ対応 ●Jumpマスター ●パフォーマンス測定機能 (高度・暑熱適応のVO2Max /予想タイム /トレーニング効果 /ストレススコア※ /パフォーマンスコンディション /乳酸閾値※ /FTP※ /トレーニングステータス /リカバリータイム /Body Battery 他) ●ランニングダイナミクス※ ●フィットネス年齢 ●インターバルトレーニング ●ワークアウト ●パーチャルパートナー ●レース ●メトロノーム機能 ●自動ラップ ●自動ポーズ ●自動クライム ●ClimbPro  ●自動スクロール ●自己ベスト ●Move IQ ●セグメント (ライプ /Garmin) ●Strava (Beacon /ライブセグメント) ●LiveTrack/GroupTrack ●アラート (数値が設定値や設定範囲外になった時に音や振動で通知) ●アラーム (最大10件 /音or振動) ●カウントダウンタイマー (音or振動) ●ストップウォッチ (ラップ取得可能) ●日の出/日没時刻 ●ライフログ機能 (歩数 /移動距離 /上昇階数 /消費カロリー /週間運動量 /心拍数 /睡眠等) ●睡眠モニター (合計睡眠時間 /レム睡眠 /ノンレム睡眠) ●自動ゴール設定 ●Moveアラート ●ストレスレベル ●リラックスタイマー ●通知機能 (電話・メッセージ・アプリ等の通知を音や振動で知らせてくれる) /通知の詳細を確認出来る /音・振動の選択が可能 /通知のポップアップが消える時間 (30秒 /1分 /3分) /定型文でテキストメッセージの返信が可能 (Androidのみ) ●カレンダー ●天気情報 ●ミュージックコントロール ●スマホ探索 ●デバイス探索 ●セーフティトラッキング (事故検出&援助要請) ●オーディオアラート ●Connect IQ ●時計機能 (日付・曜日 /GPS時間同期) ●1.3インチMIPカラーディスプレイ (解像度260×260ピクセル /太陽光下でも見やすい) ●バックライト (腕を上げると自動点灯) ●5ボタン操作 ●TrueUp (Physio TrueUp) ●心拍転送モード ●自動アップロード ●Bluetooth接続アラート ●10気圧防水 ●動作温度-20〜45℃ ●内蔵メモリ32GB ●USB充電 ●Bluetooth ●ANT+ ●Garmin Connect /Garmin Connect Mobile ●スマホでもPCでもアップロードと確認が可能 ●対応ワイヤレスセンサー (心拍計 /バイクスピードケイデンスセンサー /パワー計 [Vector] /電動シフター[Shimano Di2等] /Variaセンサー /フットポッド /temp /筋酸素センサー /Approach CT10 /VIRB) ●素材 (レンズ:Corning Gorillaガラス3 /ベゼル:ステンレススチール /ケース:FRP /ストラップ:シリコン) ●バンド125〜208mm /22mmQuickFitウォッチバンド対応 ●サイズ直径47×厚さ14.7mm ●重さ80g (ケースのみ57g) ●付属品 (充電用ケーブル /クイックスタートマニュアル) 
※別途対応センサーが必要
GARMIN fenix 6 Black
発売日:2019年 9月12日 価格:68,800円位 (2019/9/12現在)

- fenix6 シリーズの特長 -
fenix6 シリーズは、ケースカラー、バンドの素材 (シリコン・チタン・レザー・ナイロン等)、バンドのカラー等、機能やデザインの好みに合わせ、3モデル合計16種と豊富なバリエーションを用意。機能性とデザイン性ともに、さらなる進化を遂げたマルチスポーツGPSウォッチ fenix6 シリーズは、スポーツシーンは勿論、アクティビティからファッションの一部、ビジネスシーンまで活用出来る。
バッテリーの長寿命化とソーラー充電機能
 fenix6X の GPSモードで、最大60時間稼働と、従来の fenix5X plus の30時間に比べ、2倍と大幅に長寿命化を実現。
 又、パワーマネージャーと呼ばれる新機能を搭載。パワーモードを使えば、GPSや地図、心拍機能等の機能の ON/OFF
 を自由にカスタマイズ出来、アクティビティの目的に合わせ最大限のバッテリー稼働時間を得る事が可能。又、残りの稼働
 時間を % ではなく、「残り時間」で表示可能。さらに、ハイエンドモデル fenix6X Pro Dual Power には、Garmin 初ソーラ
 ー充電機能を搭載。太陽エネルギーを利用し、稼働時間をスマートウォッチモードで合計約24時間分の充電が可能。
 (※ 屋外で1週間毎日、3時間 50000ルクスの光に当てた場合)
新機能 PacePro を搭載したパフォーマンス機能 (fenix6S、fenix6 Black モデルを除く)
 ランニング等のレースのペース戦略をより緻密にする事が可能。予めレースのコースや目標タイムを設定すると、アップダ
 ウンを考慮した区間毎のペース配分を作成し、最適なペースをキープするのに役立つ (※ PacePro の利用にはソフトウェ
 アのアップデートが必要、2019年10月以降に対応予定) 。
視認性を向上させた大型ディスプレイ採用
 従来の fenix5X に比べ36%サイズアップした1.4インチディスプレイを搭載、fenix6 も1.2インチから1.3インチと拡大。
 アクティビティで1画面に表示可能なデータ項目が最大8分割まで表示が可能、従来の最大4データから大幅に増大。トレ
 ーニングデータ等、様々な情報を、視認性を損なわず表示する事が可能。
マップとスキーマップ (fenix6S、fenix6 Blackr モデルを除く)
 地図機能には、道路地図、登山地図、国内外41000のゴルフコース情報に加え、世界中の約2000のスキーリゾートのデー
 タを予め収録。スキーのコース名と難易度を確認出来る。

- fenix6 シリーズのその他の特長 -
NFC による非接触決済機能 Garmin Pay
 ウォッチだけで決済可能。利用可能なカードは三菱 UFJ VISA デビット (2019年8月30日現在)。
音楽機能 ( fenix6S、fenix6 Black モデルを除く)
 2019年8月22日から連携開始の Amazon Music に対応。その他、Spotify、LINE MUSIC、AWA 等の音楽アプリ、又、PC
 等から最大 2000曲の音楽データの保存が可能。Bluetoothイヤホン・スピーカーとペアリングして音楽を聴く事が出来る 。
セーフティ機能 (アクティビティ計測中のみ)
 身に何か起こった時に、時計がその衝撃を感知し、予め登録した連絡先へ位置情報とともにメッセージを送信 (所定の時
 間内にキャンセル可能) 。又、意思で援助を要請する事も可能。
ボディバッテリー
 心拍の変動等を基に、身体のエネルギーの残量を表す指標。今の自分が休息をすべきか、運動すべきか、そのタイミング
 等を視覚的に表示可能。
Climb Pro 機能
 登山やサイクリング等のアクティビティに関して、傾斜や距離、標高の上昇を含め、リアルタイム情報が表示される。
マルチスポーツアプリ
 ランニング、トレイルランニング、プールスイム、サイクリング、ゴルフ、クライミング、スキー、SUPボート等の様々なアクティ
 ビティが、プリロードされている。

- fenix6 の特長 -
機能、使いやすさをコンパクトにしたエントリーモデル
フィットネスウォッチとアウトドアウォッチ両方の優れた機能を組み合わせた fenix 6 は、ファストペースのライフスタイルに最先端のデザインとパフォーマンスを提供するマルチスポーツGPSウォッチ。ランニングダイナミクス、暑さと高度変化に対応した VO2Max、回復アドバイサー等が含まれた高度なトレーニング測定値で、パフォーマンスを微調整出来る。fenix 6 には常にオン状態の1.3インチディスプレイとステンレススチール製ベゼルが備わっていて、その設計はアメリカ国防総省 MIL 規格 810G の耐熱性、耐衝撃性及び耐水性の試験済み。シリコン、レザー、ナイロン又はチタン製の QuickFit バンドから自分のスタイルに合わせて選ぶ事が出来、工具も必要なく簡単に交換出来る。
・頑丈で洗練されたデザインには、常にオン状態の日差しの中でも読む事が出来る1.3インチディスプレイと、ステンレススチ
 ール製ベゼルとボタンが備わっている。
・手首で測定する高機能心拍計搭載
・トレーニング負荷バランス、トレーニングステータス、ランニング及びサイクリングダイナミクス等のパフォーマンスデータに手
 元からアクセス。
・3軸電子コンパス、ジャイロスコープ、気圧高度計を内蔵したセンサーでアウトドアをナビゲート。複数のグローバルナビゲー
 ション衛星システム (GPS、みちびき(補完信号)、GLONASS、Galileo) に対応、GPSのみの場合と比べ、より過酷な環境
 でも正確に測位する。
パワーマネージャー
 様々な設定やセンサーがバッテリー寿命に与える影響を確認して、その場でバッテリーが長持ちする様に変更出来る。
パフォーマンスメトリクス
 ランニングダイナミクス※、暑さと高度変化に対応したVO2Max、回復アドバイサー等を含む高度なトレーニング測定値を表
 示出来る。※ 別途対応センサーが必要
スポーツアプリ
 トレイルランニング、水泳、ランニング、バイク、ハイキング、ローイング、スキー、ゴルフ等、プリロード済みのアクティビティ
 プロフィールを使用出来る。
ClimbPro 機能
 ClimbPro 登頂プランナーを使えば、傾斜や距離、標高の上昇を含めた現在とこれからの登山に関するリアルタイム情報が
 表示される。
ゴルフコース
 フルカラーの CourseView マップにアクセスすると世界中にある 41000 のゴルフコースを見る事が出来る。
ABCセンサー
 高度データ用の高度計、天候を観測する気圧計、そして電子3軸コンパスが含まれるABCセンサーで次のアウトドアでの
 歩行をナビゲートする。
安全及び追跡機能
 危険を感じたり、ウォッチが事故の発生を検知した場合には、アシスタンスと事故検知機能から緊急連絡先に位置が送信
 される。
Garmin Pay サービス
 提携プロバイダを通したGarmin Pay 非接触型決済ソリューションなら、チェックアウトもスムーズ。
通知機能
 互換性のあるデバイスとペアリングすれば、ウォッチで電子メールやテキスト、アラートを受信出来る。
手首ベースの心拍数測定
 高機能な光学式心拍計が、フィットネスアクティビティの強度と心拍数の変動を測定し、ストレスレベルスコアを計算する。
Body Battery エネルギーモニター
 次のアクティビティの準備が整っているか、あるいは休息を取る必要があるかを測定する際、心拍数の変動、ストレス、睡
 眠、その他のデータで、身体に蓄えているエネルギーを最適化出来る。
Connect IQ ストア
 Connect IQ ストアからカスタムウォッチフェイスのダウンロード、データ表示の追加、アプリやウィジェットの取得が出来る。
Expedition アプリ
 次の充電までにもっと遠く広い範囲をトレッキング出来る。Expedition モードは超低電力でGPSを使いながら、数週間にわ
 たり長持ちする。
Expedition モード
 低電力モードになり、GPS 位置情報は1時間に1回記録になる (変更可能) 。バッテリー消費を抑える為、スマホを含む全
 てのセンサーやアクセサリーとの接続が無効になる。
稼働時間
 充電式リチウム電池がスマートウォッチモードで最大13日間、GPSモードで最大36時間、UltraTrac モードで最大42時
 間の寿命を確保。
UltraTrac モード
 GPSの受信と各種センサーデータの取得頻度を低くして、バッテリー消費を抑える。

- 機能説明 -
VO2Max
 人が体内 (体重1kg当たり) に取り込む事が可能な酸素の1分間当たりの最大量 (単位はml/kg/分) の事で、運動能力
 (全身持久力) の指標であり、フィットネスレベルを向上させる為に増やす必要がある。
予想タイム
 VO2Max とトレーニングの履歴を基に算出した、レース (5km /10km /ハーフマラソン /マラソン) の予想タイムが分かる。
トレーニング効果
 有酸素運動能力と無酸素運動能力にトレーニングがもたらす効果を数値で示す。数値はアクティビティ中に表示可能な
 為、現在のトレーニングがどの程度自身のフィットネスに効果をもたらしているかをすぐ確認出来る。
乳酸閾値 (胸部ベルト式心拍計が必要)
 疲労の原因となる乳酸が血液中に蓄積し始める運動強度の事。ランナーが乳酸閾値を上回る強度でトレーニングした場
 合、急激に疲労し始め運動を維持出来なくなる。
FTP (機能的作業閾値パワー) (胸部ベルト式心拍計とパワー計が必要)
 1時間出し続けられるパワーの最高値の事。パワートレーニングの指標に出来る。。
トレーニングステータス
 VO2Max とトレーニング負荷のデータを基に、トレーニングがユーザーのパフォーマンスにもたらす効果を示す。生産的に
 トレーニングしているか、ピークに達しているか、あるいは過剰にトレーニングしていないかを教えてくれる。
リカバリータイム
 トレーニング後の身体が十分回復して、次のトレーニングを行うのに最適な状態になるまでの時間をカウントダウンして表
 示する。
マルチスポーツ対応
 トライアスロンやデュアスロン等のマルチスポーツ競技を行う場合は、マルチスポーツアクティビティを選択。マルチスポーツ
 ではアクティビティではアクティビティ全体のタイムと距離の確認やトランジションへの切替を簡単なキー操作で行える。
Jumpマスター
 主にミリタリー向けのスカイダイビング機能で、ミリタリーガイドラインに従いリリース高度地点を計算。気圧計と電子コンパ
 スにより、ジャンプを自動検知し、着地点に向かうナビゲーションを開始する。
スイム中の心拍計測
 内蔵光学式心拍計での心拍計測は不可、別売スイム対応心拍計を使えば可能。
ワークアウト
 様々な達成値や維持目標を設定したトレーニングステップを組み合わせて行うトレーニングメニュー。オリジナルのワークア
 ウトを作成するか、トレーニングプランから選択する。
インターバルワークアウト
 トレーニングステップと休息ステップを1セットとして、設定した回数を繰り返すトレーニングメニュー。各ステップは時間又は
 距離で達成値を設定出来る。設定内容は時計に保存される。
バーチャルパートナー
 設定したペースで走る仮想のパートナーとともにトレーニングを行う機能。
ターゲットトレーニング
 距離、タイム、スピード、ペース等で達成目標を設定して行うトレーニングメニュー。
メトロノーム機能
 一定のリズムを音や振動で知らせてくれる。ランニングペースのコントロールやピッチを速くするトレーニングに役立つ。
レース
 過去のアクティビティの記録と比較しながら走行するトレーニングメニュー。走行ルートにかかわらず、距離・ペース (スピー
 ド)・タイムのみで比較出来る。
セグメント (仮想のレースコース)
 セグメントとして設定したコースを自身や GarminConnect 上のユーザー等と走行しタイムを競い合える。Strava ライブセグ
 メントにも対応。
自己ベスト
 自己ベストを更新するとデータ保存時に自己ベストページが表示される。上位2件の記録が時計に保存される。
自動ラップ
 設定した距離に到達する毎に自動でラップを取得する。
自動ポーズ
 走行を停止又は設定したスピード以下になった場合、タイマーを一時停止、走行を再開すると自動で計測を再開する。信号
 待ち等の一時停止時間をタイムから除きたい時に便利。
自動クライム
 登坂移動時と平坦移動時に表示するページを自動で切り替える。
自動スクロール
 アクティビティ実行中に、自動でトレーニングページをスクロールする。スクロールの速さ設定可能 (遅い/標準/速い) 。
Move IQ
 活動中の動作がランやサイクリング等の一般的な動作パターンと一致した場合に、活動期間とアクティビティタイプを自動
 検出する機能。
アラート
 数値が設定値や設定範囲外になった時に音や振動で通知する機能。アクティビティにより設定可能なアラートタイプが異な
 る。アラートタイプの種類 (カスタム /心拍 /ラン・ウォーク /ペース又はスピード /タイム /距離 /パワー /ケイデンス /スト
 ロークレート /ピッチ /カロリー /高度 /近接) 。
自動ゴール
 1日の歩数目標を前日の歩数等のアクティビティレベルにより自動で設定する。手動設定も可能。
Move アラート
 一定時間体を動かしていないと、Move! のバナーとともに音と振動で知らせてくれる。
週間運動量
 1週間単位で中強度以上の運動の合計運動量と目標を確認出来る。目標の初期値は世界保健機関推奨の150分。
リラックスタイマー
 ストレス解消に役立つ呼吸法のエクササイズを行える。
TrueUP
 他のデバイスで記録したアクティビティやパフォーマンス測定結果が GarminConnect 経由で時計に表示される。複数の
 デバイスを利用していて、全ての結果をまとめて確認したい時に便利。
Bluetooth 接続アラート
 Bluetooth 接続・切断時にアラートで知らせてくれる。
Garmin Connect
 デバイスで記録したアクティビティを保存、閲覧、分析、共有等が出来る無料のオンラインコミュニティ。
アクティビティデータの保存
 無制限のストレージにデータをアップロード出来る。複数の Garmin デバイス使用でも1つのアカウントで管理出来る。
アクティビティデータの分析
 タイム、距離、心拍数、ピッチ、ケイデンス等、様々なデータを地図やグラフでより詳細に分析出来る。
アクティビティトラッキング
 毎日の歩数、睡眠時間、運動量等のライフログデータを記録する。
データの共有
 友人等とデータを共有したり、SNS にアクティビティへのリンクを投稿出来る。
設定のカスタマイズ
 デバイスの設定やユーザー設定をカスタマイズ出来る。
Connect IQ ストア
 ウォッチフェイス、データ項目、ウィジェット、アプリをダウンロード出来る。
Garmin Connect Mobile
 スマホ等のモバイル端末専用アプリ。Garmin Connect の殆どの機能を操作出来る他、アプリ連携のみで利用可能な以
 下の機能がある。
通知機能
 スマホ等で受信した電話着信やメッセージ、アプリ等の通知を音や振動で知らせてくれる。受信した通知一覧と通知の詳
 細を確認出来る。表示される通知は、Apple 端末は端末側の通知設定に、Android 端末は GarminConnectMobile の通
 知機能設定に準じる。Android 端末でメッセージを受信した際は、時計から定型文のメッセージを選択して返信可能。   
LiveTrack
 スマホ等のネットワークを利用して、実行中のアクティビティデータをリアルタイムで他のユーザーに共有する。
GroupTrack
 LiveTrack の位置情報を複数のユーザー間で共有、GroupTrack 対応デバイスの地図上に各ユーザーの位置を表示。
自動アップロード
 時計でアクティビティを保存後、データを自動で Garmin Connect にアップロード (同期) する。
スマホ探索
 見失ったスマホ等を時計で検索出来る。
デバイス検索
 見失った時計をスマホで検索出来る。
インスタントキーボード
 時計での文字入力時にスマホのキーボードを使って文字入力が出来る。
ミュージックコントロール 
 スマホ等の音楽再生アプリをウィジェットでリモート操作出来る。
天気情報
 現在地周辺の予想天気・予想気温等の情報を表示出来る。
SNS 共有
 SNS のポストを投稿してアクティビティを公開する。
オーディオアラート
 アクティビティ中のラップや心拍数のアラート音声をスマホ等で再生出来る。
ワークアウトとコースのダウンロード
 ワークアウトデータとコースデータを時計にダウンロードする。
ソフトウェアアップデート
 利用可能な更新ソフトウェアを自動でダウンロードする。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 12:17| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

心拍計内蔵 GPS搭載 マルチスポーツウォッチ SUUNTO 5

●対応アクティビティ (ランニング /サイクリング /プールスイミング /マウンテンバイクエンデューロ /トライアスロン /ハイキング /散歩 /クロスカントリースキー等80種類以上) ●稼働時間20時間 (パフォーマンス) /最長40時間 (エンデュランス) /7日 (24時間追跡+モバイル通知) /14日 (タイムモード) ●GPS /GLONASS /GALILEO /QZSS ●インテリジェントバッテリーモード (パフォーマンス /エンデュランス /カスタム) ●GPS補正間隔 (Best:1秒未満 /Good:60秒未満) ●心拍計測 (リアルタイム表示 /心拍ゾーン /VO2Max /24時間計測 /安静時心拍数) ●FusedSpeed ●高度計 (GPS高度) ●コンパクトでも長時間バッテリー ●スリム&軽量で快適な装着感 ●厳しい自然環境に耐え得る高耐久性 ●ランニング機能 ●水泳機能 ●サイクリング機能 ●マルチスポーツ機能 ●ナビゲーション機能 (ルートナビゲーション /POIナビゲーション /ナビゲートガイダンス) ●ストレスレベルと回復状況 ●アダプティブトレーニングガイド (リアルタイムのトレーニングガイド /7日間のトレーニングプランを自動作成) ●インターバルトレーニング ●回復時間 ●オートラップ ●オートポーズ ●ヒートマップによるルートプランニング ●運動強度ゾーン (心拍数 /ペース /パワー) ●ライフログ機能 (歩数 /消費カロリー /心拍数 /睡眠等) ●睡眠モニター (睡眠時間 /睡眠の質 /就寝時間 /起きている時間 /平均心拍数) ●アクティビティの目標 (歩数 /消費カロリー) ●通知機能 (電話・メール・LINE等) /未読の通知や不在着信を確認出来る ●日の出/日の入りアラーム ●月相 ●アラームクロック (目覚まし時計 /スヌーズ有) ●タイマー (ストップウォッチ /カウントダウン) ●アラート (音+振動) ●Suunto App ●Strava/TrainingPeaks/Endomondo 他と連携可能 ●時計機能 (日付・時刻 /デュアルタイム /デジタルとアナログの複数の文字盤) ●カラーディスプレイ (解像度218×218) ●バックライト (自動 /手動) ●5ボタン操作 ●50m防水 ●Bluetooth Smart ●対応センサー (心拍ベルト /Bike POD /Power POD /Foot POD /Strydパワーセンサー) ●USB充電 ●スマートバッテリー充電リマインダー ●SuuntoLink ●動作温度-10〜50℃ ●素材 (ベゼル:ステンレススチール /レンズ:ミネラルクリスタル /ケース:ガラス繊維強化ポリカーボネート製 /ストラップ:シリコン) ●手首周り130〜210mm /ストラップ幅22mm ●サイズ直径46×厚さ14.6mm ●重さ66g ●付属品 (USBケーブル /クイックガイド) ●カラー (オールブラック /ホワイト /グラファイトコッパー /バーガンディーコッパー) 
●2年保証
SUUNTO 5 オールブラック
発売日:2019年 6月 4日 価格:42,700円位 (2019/6/21〜9/9現在)



- 特長 -
コンパクトで長時間のバッテリー駆動が可能なGPSウォッチ
 複数のスポーツに対応し、全てのワークアウトを簡単に追跡し、成果を確認出来る。ストレスや睡眠等、24時間のアクティ
 ビティを追跡出来る。回復レベルを確認して、次のスポーツの準備が出来る。北欧の厳しい自然環境に耐え得る優れた
 設計で、その高い耐久性が実証されている。
長時間のトレーニングセッションを楽しめるコンパクトなトレーニングパートナー
 快適な装着感を提供するSuunto 5 のスリムで軽量なデザインは、日常使いにも適している。インテリジェントバッテリー
 モードと最長40時間のバッテリー持続時間により、長時間のトレーニングやハイキングでもバッテリー切れの心配はない。
 ユーザーのトレーニングパターンを把握し、次のトレーニングセッションに備えて充電が必要になると、知らせしてくれる
 充電リマインダー機能により、いつでもトレーニングを開始出来る。抜群の耐久性を発揮する Suunto 5 は、最も過酷な
 使用条件にも対応出来る。
スポーツ別にトレーニング成果を追跡
 Suunto 5 がフィットネスレベル (VO2Max) を追跡し、トレーニングの進み具合と目標に応じてパーソナライズされたトレー
 ニングガイダンスを調整する。無理なトレーニングを行ったと判断すると疲労を回復する様に促し、やる気をなくしたあなた
 にモチベーションを与えてくれる。80種類以上のカスタマイズ可能なスポーツモードを搭載しているので、あらゆるスポーツ
 で関連するデータを取得出来る。Suunto App のヒートマップは新しいルートの宝庫で、Suunto App と同期させて、ウォッ
 チから直接ヒートマップをチェック出来る。Suunto App からお気に入りのスポーツアプリやサービスに接続すれば、スポー
 ツの体験をもっと充実させる事が出来る。記録したアクティビティをスポーツコミュニティにシェアすれば、詳細なトレーニン
 グ分析やガイダンスも利用する事が出来る。
毎日24時間の活動量と回復レベルを追跡してスポーツパフォーマンスを最適化
 一歩一歩を記録して分析。Suunto 5 はスポーツアクティビティだけでなく、毎日のアクティビティ、ストレスレベル、睡眠の
 質も追跡出来る。オーバートレーニングを防ぐ為に、日々のストレスレベルを追跡してくれるので、身体のエネルギーレベル
 を常にチェックする事が出来る。睡眠の質と睡眠時間に関する分析機能も搭載なので、十分な休息により心も体もリフレッ
 シュした状態でアクティブなライフスタイルを楽しむ事が出来る。Suunto App でサマリーとトレンドをチェックし、日常生活の
 アクティビティとトレーニング、回復のバランスを維持しよう。
Suunto パートナーネットワークを活用するメリット
 Suunto 5 とお気に入りのアプリを接続すれば、アクティビティを分析したり、トレーニングガイダンスを利用したり、アドベン
 チャーの 3Dビデオを作成してコミュニティで共有したり、様々なメリットを活用出来る。Suunto 5 には、Suunto のパートナ
 ーが提供する様々な特典 (€300/£300/$300相当以上) を満載したバリューパックが付いてくる。トレーニングやアウトド
 ア体験をさらに充実させ、目標達成の為に役立てる事が出来る。

FusedSpeed
 走行速度をより正確に計測する。加速度センサーにより、GPS 信号がフィルターされ、安定走行時の速度を正確に表示
 し、速度変化にも素早く対応。不安定な地形でのランニングやインターバルトレーニング等、極めて早い応答速度が求めら
 れるシーンに役立つ。GPS 信号が一時的に失われた場合にも、GPS 較正された加速度計の利用で、正確な速度を表示
 し続ける事が出来る。
オートポーズ
 移動速度が2km/h 未満になると、自動的にアクティビティの記録を一時停止する。移動速度が 3km/h 以上になると、
 自動的に記録を再開。
アクティビティの目標
 日常の活動レベルの目標として、歩数と消費カロリーの目標をそれぞれ調整出来る。
日の出/日没アラーム
 一定の時間を設定するのではなく、実際の日の出や日没の前にどれくらい事前に警告したいかをアラームに設定する。
 日の出と日没時間は GPS によって決定される為、GPS を最後に使った時の GPS データに依存する。
時計の文字盤
 デジタルスタイルとアナログスタイルの複数の文字盤表示がある。
デュアルタイム
 メインの時刻に加え、旅行時等の異なる位置での時刻をフォローするデュアルタイムに対応。
SuuntoLink
 ウォッチのソフトウェアをアップデートするには、PC 又は Mac に SuuntoLink をダウンロードしてインストールする。アップ
 デートが公開されると、SuuntoLink 及び Suunto App から通知が来る。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 11:39| スポーツウォッチ | 更新情報をチェックする