2021年01月04日

ハイレゾ対応 Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン ソニー WH-1000XM4

【特長】
●さらなる進化を遂げた業界最高クラスのノイズキャンセリング (NC) 性能 (独自開発した高音質NCプロセッサー QN1の性能をさらに引き出す/デュアルノイズセンサーテクノロジー/NCオプティマイザー) ●ワイヤレスでハイレゾ級の高音質を楽しめる (圧縮音源は DSEE Extremeでハイレゾ級の高音質にアップスケーリング/ハイレゾコンテンツは LDACコーデックで転送) ●40kHzまでの高域再生が可能な専用設計40mmHDドライバー ●有線接続でハイレゾ再生に対応 ●音楽を聴きながら周囲の音も聞けるアンビエントサウンド (外音取り込み) モード ●話したい時に声を発するだけで音楽が一時停止され外音取り込みモードに切り替わる、新機能スピーク・トゥ・チャット ●タッチセンサーに触れている間だけ着けたまま周囲の音を聞けるクイックアテンションモード ●ユーザーの行動や場所に連動して予め設定したNC、外音取り込み、イコライザー設定に切り替わるアダプディブサウンドコントロール ●ヘッドホンを外すと自動で音楽が一時停止、再装着すると自動で再開する装着検出機能 ●長時間のリスニングでも快適な装着性 (柔らかい低反撥ウレタン素材の立体縫製イヤーパッド/包み込む装着感を実現するエンフォールディングストラクチャー/可動部のガタつきを低減するサイレントジョイント/インワードアクシスストラクチャー) ●最長30時間の音楽再生が可能なロングバッテリーライフ ●10分の充電で5時間再生出来るクイック充電  ●スマホや iPhone、PCでの高音質なハンズフリー通話が可能、高精度ボイスピックアップテクノロジーとNCで騒音下でも快適な通話を実現 ●ハウジング部のタッチセンサーコントロールパネルで多様な操作が可能 ●2台の機器に同時接続出来る新マルチポイント機能 ●Google Fast Pairに対応 ●NFCに対応 ●持ち運びに便利なスイーベル&折り畳み構造 ●専用アプリ Headphones Connectに対応

※ 詳しいい仕様・機能・用語説明はこちらを参照 >>> WH-1000XM4

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
 WH-1000XM4 (B) ブラック

発売日:2020年 9月 4日 価格:42,000円位 (2020/9/4)、36,800円位 (2021/1/4現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 最高B、文句なしB、Bluetoothでは断トツ@、いいH、高音質@、上の下@、普通@、万単位クラスのヘッドホン相応の音が出ている@、許容範囲@、フラット@・フラットな印象@・フラット寄り@、 解像度が高く素直な感じ@、ナチュラルの様な気がする@、派手さはなくしっとりと落ち着いた感じ@、イコライザで (好みに調整出来るB・好みに調整して聴くと更にいい@・好みに調節出来るのも魅力@・化ける@ )、クリアで伸びがある高音と広がりを感じる重低音のバランスが良く原音忠実な感じ、NCをオンするとさらにクリアさが増す@、特に低音のボリューム感がいい、他社同価格有線ヘッドホンと比べると高音の抜け感が弱い気がした@、強いて言えばもう少し低音が効いているといい@、LDACの音質はボーカルがはっきり聴こえ高域も伸びが良く聴いていて疲れない、楽器が1つ1つはっきり聴こえ音場も広い、低音は底から空気感溢れる音を聴かせてくれる、全体的に自然な音作り@、LDACの音質は1.5万円以下の有線ヘッドホンを駆逐する程、傾向はフラット、高音の伸びは MDR-1Aの様な2万円以上の有線ヘッドホンと比べるとやや伸びに欠けるが無線でここまでの音質とは脱帽@、LDACとAACの音質に顕著な差はないと思った@、DSEE Extremeにより大幅に解像度がアップ、特に高音に磨きがかかりオーケストラ等が鮮明に聴こえる@、バランスはとても良い、小音量時も良い、サ行もきつくない、全体的にこじんまりした音、音場や解像度、低音も高音もそれほど広くない印象@、音楽を聴くなら低中音のボワ付き、帯域を弄れるイコライザ等を介した方がいい@、良好だが低音が軽い、DSEEによる変化はさほど感じない@、解像度は高いが雑味があり艶や滑らかさに欠ける、イコライザで少し高域を上げただけで音割れする@、Bluetooth接続時の音質があまり良くない、高音がトーンダウンする、有線でNCで使えば全く問題ない@
NCの効き具合/性能
 頂点@、今あるBTヘッドホンではNo1@、最高A、最強レベル@、トップレベル@、素晴らしいE、文句なしC、凄いC、満足@、上の上@、十分@、強い@、高い@、感動した@、期待していたより周りの音は聞こえた@、どうなのかな?と思う所がある@、凄い、人の会話が微かに聞こえるレベルにまで消えるが NCの不快感は一切ない@、部屋で使っていると全く外音が聞こえない、宅急便を数件気付かずスルーしてしまい申し訳ない@、低音を除去する能力は尋常じゃない、エアコン・洗濯機等の低音がメインの物は完全に無音にしてくれる@、1日リビング横の部屋で使ったが食器を置く音やキーボードのタイプ音等の甲高い音以外は大体消せている様に思う@、BGM程度の音量でもマウスのクリック音やキーボードのタイピング音が気にならなくなった@、電車でも快適に高音質を楽しめる@ 踏切近くにいても電車の音があまり聞こえない@、最強、軽く音楽を流していれば外音は何も聞こえない、車道を大型トラックが通ると分かるが一般車だと気付かない、良く言われるキャンセルの異音がしない、無音レベル@、家は高速道路が近くいつも車の走行音が響いているが、窓を開けていても気付かない程、ただ、カナルイヤホンよりちょっと良くなったかなぐらいの違い、車道沿いの歩道を歩いている時に車が接近しているのが分かる位の音は入る@、車中泊では周りの車のエンジン音やドアの開閉音をスーッと消してくれる@、隣家の騒音 (家の中で子供が走り回る音・深夜に帰宅する爆音バイク) が電源オンでピタッと止まる@、木造アパート1階に住んでいて2階の子供の走り回る足音が殆ど気にならないレベルになった、音楽を流してない+激しめなドスン音だと微かに聞こえるが、少しでも音楽を流すと室内の生活騒音に対しては無敵@、素晴らしい、音楽を流さなくてもスイッチを入れるだけで雑音がすっと消えて、音楽を流すとほぼ何も聞こえなくなる@、音楽を流さなくても換気扇・空気清浄機はほぼ聞こえなくなり、音楽を流すと全く聞こえなくなる、スマホのバイブやインターホンが聞こえなくなるので注意が必要だが没入感はかなりのもの@、音楽を流すと多くの外音を遮音する (エアコン・空気清浄機は聞こえない、洗濯機・換気扇・楽器演奏等の重低音はほぼ聞こえない、家族の話し声・上の階の足音・車のドア閉めはやや聞こえる、トレイや台所で水を流す音は聞こえる)@、NCのみで使用、外のビルメンテナンスで足場を組んでる作業音が消えた、マンションの上の階の足音や物を落とす音も消えてるみたい@、強力だが軽減されるだけで消滅はしない@、高音、特に人の声等はあまり効果がない様に思えるが音楽と一緒に使えば殆ど聞こえなくなるのでまずまず@、低い音はほぼ消えるが人の声等の高い音は消され難い@、過度な期待は禁物、掃除機や食器のガチャガチャ音は音楽越しにも筒抜け、ウィンドエアコンやサーキュレーター音も結構聞こえる@、あまり恩恵を感じない、電源オフオンでNCの効き具合を感じる程度@、ホワイトノイズは静かな部屋で分かる程度、通常使用時には全く気にならない@、ホワイトノイズが思ったより大きい@、圧迫感が気にならず快適@、自然にNCが効くので閉塞感はない@
装着感
 最高A、素晴らしい@、抜群@、文句なしA、快適@、かなり楽@、いいA、軽いD、非常に軽く (快適A・着け心地もいい@)、柔らかくて軽い装着感が最高に快適@、軽くて着けてるの忘れる程違和感がない、眼鏡しても痛くならないし長時間でも大丈夫そう@、長時間でも耳が痛くならないD・疲れないA・疲れ難い@、イヤーパッドがふかふかで耳への負担が殆ど感じず長時間聴いていられる@、イヤーパッドがとても柔らかく着け心地が良く長時間でも疲れない@、側圧が少なく長時間でもストレスは皆無と言っていい@、頭頂部辺りに硬い物が当たるタイプ、耳にそれほど強く押される感覚はない@、長時間D・3時間以上@・30分@で耳が痛くなる、締め付けがきつい、眼鏡併用は位置調整に手間取る@、圧迫感があり眼鏡着用で最初は気になったが慣れた@、圧が強く耳の負担は旧世代よりかなり強い@、イヤーカップは浅く底面のスポンジも硬さがあり立ち耳だと押さえ付けられて痛くなる@、寝ながら着用には適さない@、
Bluetooth接続
 安定性は素晴らしい@、たまに悪いかなと感じる程度@、2.0.7でもPCとの接続が不安定、iPhoneとの接続は良好@、ブチブチ音が切れたり突然再生が止まったりする@、iPhoneと接続がうまく行かない事が頻発、ターミナル駅で接続が不安定@、ペアリングが速いC・簡単A、NFC簡単接続が便利@、接続に時間が掛かる事がある@、SONYのAndroid TVとペアリングもスムーズに行え音量調整もヘッドホンから行えるので便利@
DSEE Extreme
 DSEEを LDAC (スマホのBluetoothオーディオ48.0kHz以下に設定必要) で使えたり、イコライザを変えても使えて隙がない@、DSEEの高音質のままイコライザで変更出来る@、DSEEはゲーム音楽等は苦手でPop等はサウンドの質が向上する様なニュアンス@、DEEEと360 Reality Audio対応だがあまり効果を体験出来ていない@
スピーク・トゥ・チャット
 便利@、こちらが話し始めるだけで外音を取り込んでくれるので楽@、こちらが声を発するとNCが解除され普通に話が出来る@、声を出すと音楽が止まりNCから外音取り込みに切り替わる、リモートワーク時に不意に音声チャットする時とかに便利@、人と話をする時は音楽が止まって黙っているとまた始まる@、買い物する時に便利、元に戻るまでの時間も設定出来る@、意図しない発声で止まったり発声して止まるまでコンマ数秒の誤差があったりと使いづらい@、便利だが咳など僅かな音でも反応するので感度を高めに設定するといい@、スピーク・トゥ・チャットを使う場合はアンビエントサウンド・音量半分・声の検出感度自動がおすすめ@、一言喋ったり咳き込むだけで反応する、反応がかなり良く意図しない音楽中断が相次ぐ事もある@
2台同時接続/マルチポイント
 便利B、スムーズに切り替えられる@、シームレスに切り替えられる@、PCとiPhoneに繋いでPCでYouTube止めてスマホ開くとiPhoneからの音になる (PCは点けっ放し)、逆にiPhone閉じてPCで音を出すとPCからの音になる、便利@、普段は私用携帯で音楽を掛けて仕事用携帯が着信したら自動で切り替わるのはとても便利、通話が終わるとすぐ音楽再生が始まるが、それぞれの機器での接続の繋ぎ替えもとてもスムーズ、マイク機能も特に問題なさそう@、家ではPCに接続してPrimeVideoを視聴、そのまま外に出て外ではスマホで音楽を聴き、帰ってきたらPrimeVideoの続きを見る様な芸当が可能@、とても便利、TVを見ている時にスマホの着信があると自動で通話に切り替わり、通話が終わりTVのYouTubeを再生するとそちらに切り替わる@、スマホのアプリを起動すると意図せず切り替わる、大きなお世話になる事が多い@、3つ目の端末との接続は2つ目の端末の切断操作をしないといけない、1つ目の端末の切断はアプリ自体との接続も絶たれるので出来ない、面倒@、マルチ接続時はLDAC接続に対応してなく強制的にSBC接続になる様だ@、マルチポイントをOFFにして従来通りウォークマンは音楽で接続してスマホは電話で接続すればLDACでスマホと掛け持ち出来る@
バッテリーの持ち
 長持ちD、十分@、素晴らしい、毎日3〜4時間使って1週間充電せずに使えた、残量は15%程@、30時間も持たない体感的には半分持てばいい方@
操作性
 ヘッドホンを外して音楽一時停止、着け直すと自動再生が便利E、直感的に操作出来る@、タッチセンサーが反応しない事がたまにある@、タッチセンサーの反応が悪い@、タッチパネルは概ね反応するが10回に1回程、意図した通りにならない@、タッチセンサーは慣れれば便利そう@
デザイン
 いいA、かっこいいA、可愛い@、高級感があるA、マットな質感がいいA、作りがしっかりしている@、キャリングケースは高級感がある@
通話
 Discordではマイク音質はそこまで良くないとの事、外音取り込みは些細な音が誇張されるので必要最低限の性能、スピークトゥチャットは話し始めの言葉を拾えない場合がある@、WebexやZoom等での通話には全く適さない、自分のマイクを通した声だけでなく相手の声もかなり劣化する、ケーブル接続だと使えるレベルになる@、Zoomに常時接続しながら別アプリで音楽を聴きたいが同時にそれが出来ない@、オンライン会議やセミナー受講では向こうの微かな子供の声や車の音等、今まで聞こえなかった音まで聞こえてしまう、通話ではマイク音声に乗るノイズも除去してくれるので相手にもメリットが有る@
その他
 有線接続対応がいいB、有線接続ではマイクが使えない@、Bluetooth接続した際のアナウンスがうるさい、オフにも出来ない@、音声ガイダンスの音量が変えられない、大きめな声なので消せると良かった@、電源オン時のアナウンス音は外に聴こえる様になってるので迷惑@、PCとはSBC接続しか出来ないが、遅延は普通に動画見るなら全然気にならない@、iPhoneでは0.5〜0.7秒の遅延がある@

WH-1000XM3と比較
・音質
 低音が強化された、M3がコンパクトにまとめたものならばM4は開放感のあるステージの様な感覚@、低音の迫力も良くなったし高音も聞こえやすくなった印象@、フラットな感じになりより好みになった@、バランスの良い音に変わった、イコライザとLDACは併用出来るのも大きなポイントだがイコライザを使わなくても自然な音が出る@、デフォルトではM4の方がクリアで輪郭がクッキリしている、M4の方が臨場感があるが少々演出過剰であざとい感じもある@、M3では良く分からなかったマラカス等の弱めの打楽器系やドラマーがスティックを軽く叩く音や奏者の息遣いまで聴ける、M3と差は無いと言う人がいるがアプリを設定して起動しているのかな?と思う@、大きな違いは感じないが高音質で低音も良く響く事は間違いない@、殆ど変化が分からないがナチュラルで聞きやすい、BOSE QC35U程の低音ではないが音圧のある音、高音もジャギジャギせず綺麗、満足いく音質@、中音と高音が心地良い、低音は悪くはないが良くもない感じ@、味が違う程度だが YouTube音源の解像度はかなり上がり驚く程綺麗@、低音の音質はアップしたが、雑音・ノイズ除去、全体的な音質は変わらない@、ほぼ同等@、デフォルトではMOMENTUMが1番いいがイコライザで高音寄りにすればMOMENTUMに殆ど負けていない、M3はイコライザを弄っても篭もっているので音がクリアなM4をお勧め@、有線接続よりLDAC音質優先で繋いだ方が高音質な気がする、ノイズの多い渋谷等の雑踏では有線がいい@
・NCの効き具合/性能
 素晴らしいA、凄い前作から思っていた@、感動する様な進化は感じないが相変わらずの最強NC@、性能向上はあまり感じない、NCの圧力がやや弱くなったかな?程度@、圧迫感が改善され長時間でも疲れない@、ほぼ同等A、家が学習塾に大変近くM3ではあまり消せなかった子供の声がM4は少し聞こえる時もあるが殆ど気にならなくなった@、無音状態ではある程度人の声は聞こえる、山手線のモーターのインバーター音はM3より消える感じ、音楽を掛けると賑やかな総合病院でも人の声は分からない@、唸り音、風切り音の類いの定常音ノイズ低減能力は圧倒的、換気扇やエアコンの音は全く聞こえない、周囲の会話のシャットアウト能力は相変わらず凄くて余程大声かつ耳元で話し掛けられない限り周りの会話が聞こえなくなる@、無音が入ると分かるNCの打ち消しノイズがM4ではかなり軽減された、人の喋る声も遠方であれば前よりも綺麗に消える、ただ性能そのものは大差ない、耳に音圧の様なものを感じる事、高い音が苦手な面は余り変わらない@
・装着感
 M3は長時間だと耳が痛くなったがM4は着け心地ライトになった@、クッションが更にふかふかに、厚みが増してふっかふか、柔らかくヘッドも余裕があるので圧迫感をまるで感じない@、大変いい、そこそこフレームの太い眼鏡着用でも痛くない@、軽量で長時間でも締め付け等で痛くなる事はなく快適@
・デザイン
 あまり変わらないA、キャリングケースから本体までほぼ見た目の変更点はない@、全く変わってない@、細かい変更がなされより洗練された (NFCアイコンが目立ち難く、繋ぎ目の凹凸が減り、全体的にマットな質感になった)@、NFCが刻印になった、パッドが明らかにふっくらしている、着けた感じがとても柔らかい@
その他
 操作音が上品になった@、音声ガイダンスの音質が向上した@、aptX、aptX HDに非対応になった@、今回もPS4等にはマイク使用不可@、音漏れする、音量50%程だと満員電車で隣の人に聴こえてしまう@

AirPods Proと比較
・音質
 AirPodsProより圧倒的に良い@、AirPodsProより別格でいい、BluetoothでNC付きとしてはクリアで素直に良い音だと思う@、空間オーディオをオンにしたAirPodsProに劣る@
・NCの効き具合/性能
 AirPodsProより圧倒的にいい、ガヤガヤしたカフェでも音楽に集中出来る程NCが強くて別世界にいる感覚@、AirPodsProより断然上、NC特有の無音の不自然さがあまり感じられない、音楽を聴くと殆ど無音@、最高だがAirPodsProの方が自然な感じ@、AirPodsProより特に秀でた部分は感じられない、普通に外音も聞こえる@、AirPodsProより不自然、ホワイトノイズがある、高域は殆ど効いていない@、AirPodsProに明らかに劣る、気持ち効いてる位@

Bose Noise Cancelling Headphones 700と比較
・音質
 普通、NCで雑音が減る分快適@、違いは分からないがM4の方が上と感じる、ふかふかの密着感とかNC性能の良さの所為かも知れない、Boseも十分に優秀だがM4の方に手が伸びる@
・NCの効き具合/性能
 M4の方が圧倒的にいい@、700より別格にいい@、非常にいい@
装着感
 Boseの方が軽いが装着感はか明らかにM4の方が優しい@

不具合・他
 NCオン時に片側から布を擦る様な音がする、交換品も同様@、片側から音量が周期的に変化するホワイトノイズが出る、交換品も同様@、初期不良3連発、爆音ノイズが入る、最初は良くてもそのうちになる個体もあった@、片側から風の様なノイズが聞こえる、交換後は問題ない@、NCオン時に片側からノイズが聞こえる (風の様なノイズB・雨の様なノイズ@、布を擦る様なノイズ@)、片側からノイズが聞こえる (ノイズ@、耳掃除の様なノイズA)、右のNCが暴走、交換後は問題ない@、外すと音楽が一時停止する機能が (安定しない@、機能せず交換後は問題ない@)、右イヤーパッドに手をかざすと外音取り込みになる機能が使えない、交換品も同様@、充電出来なくなった@、Galaxyスマホとは相性が悪くノイズと頻繁にBluetoothが途切れ使い物にならない@

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 21:16| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン TaoTronics SoundSuger 85 (TT-BH085)

【仕様】
●Bluetooth5.0対応の低価格高機能でコンパクトなワイヤレスヘッドホン、有線にも対応し5分の充電で3時間の再生が可能
●連続再生最大約22時間 (音量70%+Bluetooth接続+NC ON)/最大約31時間 (音量70%+Bluetooth接続+NC OFF)/最大約10時間 (音量100%+Bluetooth接続+NC ON)/最大約30時間 (音量50%+Bluetooth接続+NC ON) ●密閉型オーバーイヤー (小さめ?) ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/同時接続2台 ●インピーダンス32Ω ●ノイズキャンセリング (周波数帯域30〜700Hzを20dBまで低減、ハイエンドクラスのヘッドホンと同等の静寂性を再現、どんな場⾯でもクリアで明瞭なサウンドで⾳楽や動画を楽しめる) ●⾼域〜深い低域までバランスの取れた聴き⼼地の良いサウンド ●ハンズフリー (CVC8.0ノイズキャンセリング採用、騒がしい場所でもクリアな通話が可能) ●45分で満充電出来る (5分の充電でも3時間の再生が可能/バッテリー容量500mA/コネクタUSB TypeC) ●低電力消費に優れたQCC3003チップ採用 (最大31時間の長時間再生が可能/音声遅延を220ms以内に抑制、動画や生放送を快適に楽しめる) ●超軽量220g+コンパクト、フィット感抜群で長時間着けても痛くならない ●プロテインスキンレザーと低反発スポンジによる柔らかいイヤーパッド、内向き90°・外向き15°・上下90°回転が可能なイヤーカップ、人間工学に基づいたヘッドバンドで、圧迫感の無い抜群のフィット感と保温性と通気性を両立 ●有線接続でも使用可能 (ステレオミニ) ●マットな質感と落ち着いたカラーリングでオンオフどちらでも使用可能 ●折り畳み可能 ●自動電源OFF ●40mm径ダイナミック型ドライバー ●サイズ185×148×83mm ●重さ220g ●付属品 (USB TypeC充電ケーブル /3.5mmオーディオケーブル /キャリングポーチ /日本語取説) ●カラー ブラック ●12か月+18か月 (製品登録後) 保証
TaoTronics ANC Bluetooth ヘッドホン SoundSuger 85 (TT-BH085)
発売日:2020年 5月29日 価格:5,999円 (2020/6/8)、5,999円 (2020/12/9現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 とても満足@、とてもいい@、満足@、いいD、十分A、音楽聴くのに十分A、普通C、価格相応E、気になる点は全くなし@、過不足ないA、嫌ではない@、悪くはないA、大体問題ない@、ギリギリ可@、それなり@、イマイチ@、悪い@、チープ@、悪くない、バランス良く聞こえる、音楽聴くには十分@、クリアでフラット寄りのサウンド@、フラットめのドンシャリで不快感は感じない@、低音は軽めだが軽過ぎる訳でもなく低音から高音近くまでフラットな印象、良い音質と思う@、申し分ない、過度に強調される音域もなく違和感もなく聴ける@、どの音域もまずまず出ている、EDMよりはJ-POP向き、ズシンとくる低音が好みなら選択しない方がいい@、低音中心の落ち着いたサウンド@、重低音ではないが低音寄りの味付け@、低音しっかり出ている@、やや低音が強めな様な籠ってる様な気がするが問題はない@、時間経過でパッドの密着度が上がると低音が凄い事になる@、それなりの普通の音質、少なくてもながら聞きには十分@、価格相応、オーディオ用途ではかなり物足りないが、ながら作業用途では必要十分@、6千円のヘッドホンとしては微妙、悪くはない、やや籠り気味@、千円前後の有線ヘッドホン程度、籠っている@、相当籠って使い物にならない、イコライザーをかけてもキツイ@、NCオン時の籠りが気になる、卓上扇風機の音も殆ど消えないしNCのメリットより音質劣化のデメリットの方が気になる@、音域が狭く高音低音もそれなり、バックのドラム等が凄くもやっとした感じがする@、NCオンの方が音が良くオフだとややシャカシャカする@、NCオンの方が中低音が豊かになるがホワイトノイズが増える@、有線接続よりBluetoothでNCを使った方が高音質@、そこそこ騒音がする環境で使うには十分な音質とNC性能、ただ籠りがちで聴き疲れする@、NCをオンにすると有線接続では音量が上がりBluetooth接続では音質が向上する、ホワイトノイズは殆ど気にならない@
NCの効き具合/性能
 十分G、満足@、気になる点は全くない@、問題ない@、価格の割に効くA、価格相応@、それなりB、効果が実感出来る@、無いよりはマシ@、気持ち程度A、おまけB、静寂には至らないが入門機としては十分A、低音を減らしてくれるE、低音にしか効果はない様だA、少しの雑音なら消してくれる@、低音で小さ目の音は消える@、エアコンI・換気扇E・扇風機D・空気清浄機@・PCファンA・マウスのクリック音@・キーボードのタイプ音@・冷蔵庫@、洗濯機@、新幹線の走行音@、の音はほぼ消える、話し声C・TVの音A、青軸キーボードのクリック音@、は殆ど消えない、会話中の相手の声はちゃんと聞こえる@、ドアを開けた隣の部屋のTVの音はほぼ消える@、TVの音は程よくフィルタリングされる@、エアコンと扇風機を最大風力で試したらエアコンの風力1程度の音になった@、マンション上階の足音が気にならなくなった@、タイピング音 (静音タイプ) や扇風機の音 (弱) がガッツリ聞こえる@、電車内の音は気持ち抑える程度@、電車内で若干の効果を感じるが高級品ほどではない@、機内で音楽を聴きながらであればエンジン音が不快になる事は無い@、パチンコ店では不十分だったが意味がないという事はなかった@、電車・街中等実際使用して十分合格@、電車でとても有効、アナウンスは聞けて丁度いい@、道路を走る車の音が驚くほど小さくなり効果を実感@、近くで掃除機をかけてもそれほど五月蝿くない@、効果はいいが無音時のノイズがやや気になる@、ホワイトノイズがガッツリあり気になる@、静かな曲をNCで聴くと「サー」音がやや目立つ@、外音は聞こえ難くなるが「サー」音が聞こえる、音楽を流せばそこまで気にならない@、慣れるが「サー」の小さな機械音が聞こえる@、有線接続のNCオンはノイズが発生するが音を出せば気にならない@、NCのスイッチが単独でありBluetooth接続しなくても簡易イヤーマフ的に使う事も可能@、電源オンにしなくてもNCが使えるB、NCは電源とは連動していない、使わない時はオフにする@、音を鳴らさないでこの機能だけをオンに出来る@、NC独特な閉塞感がなくWeb会議等ではこの位の方が疲れない印象@
装着感
 軽いI、満足@、とてもいい@、いいF、ソフトな感じA、耳が疲れ難い@、頭が痛くならないA、長時間でも耳が痛くならないB・疲れないA、眼鏡着用でも痛くならないA・圧迫感がない@・快適@、締め付けがなく長時間でも頭が痛くない@、締め付け強くなく楽@、側圧は程好く快適@、側圧が少なく長時間向き@、締め付ける感じも無く好印象@、側圧が多少強めだその分動いてもズレ難いので良い@、長時間は耳が痛くなるA、眼鏡着用でも長時間使える@・長時間はキツイ@、耳が痛くなる程キツイ@、耳がやや痛い@、オーバーイヤーではなくオンイヤーなので映画1本観ると耳が痛くなった@、オンイヤータイプのヘッドホン@、オーバーイヤー気味で耳は痛くなり難い@、2時間で耳が痛くなった、耳は大きい方ではないがイヤーパッドの中に入りきらず耳輪折り込んでいる、オーバーイヤーとして買うと不満に思うかも知れない@、ハウジングが縦長なので多少沈む枕を使って寝ていても押されないのはいい@、スライダーはさほど伸びないので首に掛けるとやや苦しいA、バンド部分のアジャスターが短い@
Bluetooth接続
 通勤に使用、今の所途切れはゼロ@、室内利用だが安定している@、途切れないB、途切れる事があるB、ぶつぶつ切れる@、ノイズが酷かったりぶつぶつ途切れる事が多い@、音が途切れる様になった@、PCとBluetooth接続、無音状態から1秒に満たない効果音等は音が鳴らない@、PCとは相性が悪い様で付属ケーブルで繋いだ場合「シャー音」が大きく聞くに堪えない@、iPhoneは切れないがPCは結構切れるのでエレコムのBluetoothに交換で改善出来た@、2台同時接続出来きるのでPCとスマホを同時に繋いで使用@、2台接続していると音声通話中等に接続が不安定になる@ ペアリングは速い・簡単A、PCとのペアリングは簡単、再接続も迅速かつスムーズ@、他のデバイスと接続する際は都度ペアリングが必要@、2台同時接続が便利A
遅延
 ないA、殆ど感じない@、iPhoneでは感じない@、動画程度なら気にならない@、TT-BA09Proと繋いでTV視聴はキツイ@
通話
 マイクはクリア@、Zoomの音声のやり取りも問題なく出来た@、通話品質は思ったより良好でSkypeの通話は始めの音が途切れる事もなく明瞭に聞こえていた@、通話性能もそこそこ良くボイスチャットに問題なく使えた@、2台にペアリング出来て便利、iPhoneとMacに繋いでiPhoneに電話が来るとちゃんと通話出来るしマイクのNCも満足@、マイクが聞き取りづらい (不良だった) @ 、電話はこっちはちゃんと聞こえるが相手は遠過ぎて聴こえ難い@
バッテリー
 長持ちF、丸1日使っても全然持つ@、1日中使っても切れる事はない@、1日以上使える@、NCオンで十分なスタミナ@、長時間再生+短時間充電が便利@、USB TypeC充電がいいD、急速充電がいいA
デザイン
 いいD、かっこいい@、しっかりしている@、艶消し黒の筐体で中々良い@、コンパクトD、イヤーパッドはへにゃへにゃで安っぽい@、マットな質感で安っぽさは全く感じない@
操作性
 ボタンの凹凸が少なく装着中の操作はし難い@、物理ボタンで直感的に扱える@、音量調整・電源・NCスイッチ・曲送り戻し・再生一時停止が出来るA、無線でも有線でも使えるF、音量調整が大雑把B、PS4は有線のみヘッドホンとして使える、ボイチャは単体では不可、FPS等のゲーム足音は左右なら分かる@
不具合・他
 3か月でスライダー接続部のプラ部分が割れた@、有線接続だと水中に居る様な波紋の様にブレて聞こえたので交換@、2週間で故障@、海外版・旧モデルと違いaptXには非対応A、有線接続ではマイクは使えない@、操作音が大きい@、電源オンオフとBluetooth接続時の音声アナウンスがでかいB・無効には出来ない様だ@


ラベル:NCヘッドホン
posted by たか坊 at 13:29| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン ソニー WH-CH710N

【仕様】
●連続音楽再生最大35時間 (AAC接続+NC ON)/連続通話最大35時間 (Bluetooth接続+NC ON)/連続待ち受け最大200時間 (Bluetooth接続+NC OFF) ●密閉型オーバーイヤー ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/SCMS-T方式/NFC/マルチペアリング (最大8台)/マルチポイント (音楽再生用と通話用それぞれ1台) ●再生周波数帯域7Hz〜20kHz (有線接続+POWER ON) ●感度94dB (有線接続+POWER ON)/100dB (有線接続+POWER OFF) ●インピーダンス72Ω (有線接続+POWER ON)/33Ω (有線接続+POWER OFF) ●ノイズキャンセリング (ノイキャン性能★4つ/乗り物や街中等の騒がしい場所でも音楽に集中出来るデュアルノイズキャンセリング) ●外音取り込み (アンビエントサウンド:マイクで周囲の音を取り込む事で音楽を楽しみながら周囲の音も聞く事が出来る) ●最大35時間のロングバッテリー ●持ち運びに便利な軽量モデル ●スッキリ洗練された装着スタイル ●長時間でも快適な装着感 (頭に沿うヘッドバンド、低反撥ウレタンフォームでフィット感を向上させたイヤーパッド、軽量設計により装着感が向上) ●ハンズフリー ●有線でも使用可能 (NCや外音取り込み機能も電源を入れれば使用可能/ステレオミニ) ●日本語音声ガイダンス ●ボタン操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り・戻し /早送り・戻し /音量調整 /NC・外音取り込み切替 /受話・拒否 /音声アシスタント起動 /バッテリー残量のアナウンス確認等) ●充電約7時間 (クイック充電:10分の充電で約60分再生可能/コネクタUSB TypeC/充電中は操作不能) ●30mmダイナミック型ドライバー ●ヘッドホンケーブル (長さ約1.2m/片出し・着脱式/L型ステレオミニプラグ) ●重さ約223g (コード含まず) ●付属品 (USB TypeC-TypeAケーブル×約20cm /ヘッドホンケーブル×約1.2m) ●カラー (ブラック/ホワイト/ブルー) ●1年保証
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WH-CH710N (B)
発売日:2020年 6月 6日 価格:14,400円位 (2020/6/7)、12,300円位 (2020/12/4現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 満足A、とてもいい@、いいC、納得出来る@、普通A、そこそこ@、やや悪い@、あまり良くない@、極端に良くない@、耐えられない@、SONYらしさがある@、しっとり上品な音、ダンス系を聴くと低音が腹にくる感じで素敵@、軽いドンシャリ気味で聞きやすくリスニングやラジオを聞くにはいい@、ながら聞きにはいい@、音のエッジの様なものは感じられずモコモコしている所もあるが、騒音対策でBGMとして聞くのであれば充分@、JBLの方が聞きやすかったが電車内ではそこまで気にならない@、メリハリがない@、音楽を楽しむレベルじゃない、低中高全てにモヤがかかったみたい@、ラジオ程度なら普通に使える@、2〜3千円の中国製BTイヤホン並@、真ん中がすっぽり抜けた様なバランスの悪さ、中華製BTイヤホンより悪い@、声を聞き取りたい人にはオススメしない@、かまぼこ型、ボーカルが低音高音よりも目立ちとても聞き取りやすい@、やや痩せている@、高音質ではない、NCの影響が大きくNCオンは高音が押さえ気味で音場も狭くなる@、NCオンの方が低音は増すB
NC性能
 強力@、中々いい@、褒めるべき@、確か@、価格以上@、普通A、価格相応A、それなりA、そこそこ@、こんなものかA、もう少し利けば良かったA、期待した程ではなかった@、部屋で使用、あまり変化はなかった@、効果が分からない@、ノイズ除去だけが売り@、AirPods Proより強力@、WH-CH700に比べ使える様になった@、騒音を消す感じではなく騒音を弱くしてくれる感じ@、騒音を半減させる感じで控えめ@、無いよりは効果がある程度@、オフよりは快適に音楽が聞こえる@、高域の低減効果は薄いが低域は一定の効果を感じた、30〜40dB位の生活音であれば気にならない程度に軽減される、エアコンは気にならなくなった、キータイピングも気になる低域は軽減された@、消えた音 (PCファン・空気清浄機の稼働音・雨音)、消えなかった音 (工事の音・車の走行音・足音・換気扇・街中の雑音)@、雨音・エアコン・扇風機・草刈機の音で試したら、音が半分〜1/3程になった、NCの効きはそんなに強くない@、電車内だと確かに他の音は消されてる気がする@、通勤の地下鉄では結構効く、無音までは行かないがしっかり音楽は楽しめる@、人の声はほぼ普通に聞こえるが、エアコン・工事の音・川の音は効果がある@、上の階の騒音や話し声はしっかりキャンセルしてくれる@、自宅で勉強時とかTVや家族の声程度なら十分に消える@、在宅勤務に使用、確かにノイズは減った@、市中の雑多な音は消えないが身の回りの些細な音を薄くする効果はある様だ@、ホワイトノイズは入るが気にならないA、高域のホワイトノイズの様なものが気になる@、サーといった雑音や音が変などの違和感は一切ない@
アンビエントサウンドモード
 会話が出来る@、しっかり周囲の音を拾ってくれる@、音量を上げると外音はあまり聞こえない@、WH-CH700に比べ使える様になった@、音が不自然、NCオンでも環境音はかなり聞こえるし人の話声も消されないので使わないかも@
Bluetooth接続
 良好B、外出先でも途切れる事なく使えた@、安定している、スマホが机で離席しても中々途切れない@、やや通信距離が短い@、PCとの接続がたまに切れる (Beatsは切れない)@、ペアリング簡単B・スムーズ@、デバイスの切替は面倒@
装着感
 軽いE、軽い装着感B、いいA、長時間でも疲れないE、耳が痛くならない@、程良い締め付け@、眼鏡着用でも問題ないB、ウレタンが大きめで柔らかいため着け心地が良く眼鏡着用でも耳が痛くならない@、2時間装着すると少し耳が疲れる@、眼鏡で何時間も装着している眼鏡近辺が痛くなる@、やや側圧が強く長時間は不向き@、密閉感が無い@、装着すると本体がやや前向きになるので枕に干渉し難く寝ながら使える@、イヤーパッドやヘッドバンドのクッションは薄い、動いても外れそうになる事は少ないと思う@
通話
 マイク音質は悪くないと相手に言われた@、マイク感度は自分の声が聞こえづらい分、大声になってる様で十分相手に伝わる@、音質が良く聞きやすく、相手もしっかり聞こえているとの事@、Web会議ではマイク感度が低いのか声が小さいと言われた@、WH-CH700に比べマイクは微妙になった@
バッテリーの持ち 長くていいH
デザイン いいC、ややチープ感があるB
操作性 スイッチ操作 (手探りでは分かり難いB、慣れが必要A、押しづらい@、間違える@)
その他の不満な所
 アプリ Headphones Connectに非対応C、イコライザーで音質調整出来ないB、NCの効果をカスタマイズ出来ない@、機器と接続しないと自動的に電源が切れるので耳栓としては使えない@、音楽を鳴らしてないと5分で自動電源オフになる、無効には出来ない@、Bluetoothを切ると5分後に電源が強制的に切れるA、有線プラグを刺しておけば Bluetoothを切ったり音楽を鳴らしていなくてもNCは使える@、PS4とBluetooth接続出来ない@、Bluetooth接続でマイク通話が iOS14.1 (iPhone XS-Max) で出来ない@、付属の有線ケーブルと充電ケーブルが短いB
不具合
 1か月でアジャスター部が壊れた@、いつの間にかアジャスター部が割れたA、アジャスター部が壊れていた@、割れた気が付いたら左ヘッド延長部内側のプラスチックパーツが割れていた@、1か月で壊れた@、1か月で音が途切れる様になった@、3週間で右から耳障りなノイズが出る様になった@

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 05:54| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

ハイレゾ対応 Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン ソニー WH-1000XM4

☆新製品

【仕様】
●さらなる進化を遂げた業界最高クラスのノイズキャンセリング (NC) 性能 (独自開発した高音質NCプロセッサー QN1の性能をさらに引き出す/デュアルノイズセンサーテクノロジー/NCオプティマイザー) ●ワイヤレスでハイレゾ級の高音質を楽しめる (圧縮音源は DSEE Extremeでハイレゾ級の高音質にアップスケーリング/ハイレゾコンテンツは LDACコーデックで転送) ●40kHzまでの高域再生が可能な専用設計40mmHDドライバー ●有線接続でハイレゾ再生に対応 ●音楽を聴きながら周囲の音も聞けるアンビエントサウンド (外音取り込み) モード ●話したい時に声を発するだけで音楽が一時停止され外音取り込みモードに切り替わる、新機能スピーク・トゥ・チャット ●タッチセンサーに触れている間だけ着けたまま周囲の音を聞けるクイックアテンションモード ●ユーザーの行動や場所に連動して予め設定したNC、外音取り込み、イコライザー設定に切り替わるアダプディブサウンドコントロール ●ヘッドホンを外すと自動で音楽が一時停止、再装着すると自動で再開する装着検出機能 ●長時間のリスニングでも快適な装着性 (柔らかい低反撥ウレタン素材の立体縫製イヤーパッド/包み込む装着感を実現するエンフォールディングストラクチャー/可動部のガタつきを低減するサイレントジョイント/インワードアクシスストラクチャー) ●最長30時間の音楽再生が可能なロングバッテリーライフ ●10分の充電で5時間再生出来るクイック充電  ●スマホや iPhone、PCでの高音質なハンズフリー通話が可能、高精度ボイスピックアップテクノロジーとNCで騒音下でも快適な通話を実現 ●ハウジング部のタッチセンサーコントロールパネルで多様な操作が可能 ●2台の機器に同時接続出来る新マルチポイント機能 ●Google Fast Pairに対応 ●NFCに対応 ●持ち運びに便利なスイーベル&折り畳み構造 ●専用アプリ Headphones Connectに対応

●連続音声再生最大30時間 (NC ON+DSEE Extreme AUTO+スピーク・トゥ・チャットOFF+AAC接続)/最大38時間 (NC OFF+DSEE Extreme OFF+スピーク・トゥ・チャットOFF+AAC接続)/最大18時間 (NC ON+DSEE Extreme ON+スピーク・トゥ・チャットOFF+AAC接続)/最大16時間 (NC ON+DSEE Extreme ON+スピーク・トゥ・チャットOFF+LDAC接続)/最大22時間 (NC ON+有線接続)/※スピーク・トゥ・チャットをON時はOFFに比べ約30%可動時間が短くなる ●連続待ち受け最大30時間 (NC ON)/最大200時間 (NC OFF) ●密閉型オーバーイヤー ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /LDAC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/最大通信距離約10m/SCMS-T/マルチポイント (2台のスマホの着信待ち受け可能)/マルチペアリング (最大8台)/NFC/Google Fast Pair ●再生周波数帯域4Hz〜40kHz (有線接続+POWER ON) ●感度105dB/mW (有線接続+POWER ON)、101dB/mW (有線接続+POWER OFF) ●インピーダンス40Ω (有線接続+POWER ON)、16Ω (有線接続+POWER OFF) ●ノイズキャンセリング (ノイキャン性能は★5つ/従来機と比べ中高域の騒音に対しての性能が向上、機内等の低音ノイズが多い環境は勿論、街中やカフェ等の人の声が多い環境でもより静かに音楽に浸る事が可能) ●DSEE Extreme (圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする DSEE HX に AI技術を搭載した DSEE Extremeに対応) ●ハイレゾ (有線接続時)&ハイレゾワイヤレス (LDAC接続) に対応 ●外音取り込み機能 (アンビエントサウンドモード/スピーク・トゥ・チャット/クイックアテンションモード) ●アダプティブサウンドコントロール ●装着検出機能 (ヘッドホンの脱着で音楽を自動一時停止&再開、Bluetooth接続時のみ有効) ●長時間リスニングでも快適な装着性 (前モデルより側頭部に掛かる圧力が分散されより柔らかい着け心地) ●ハンズフリー (MEMSマイク/高精度ボイスピックアップテクノロジー+NC) ●有線使用可能 (ステレオミニ) ●日本語音声ガイダンス ●専用アプリ Headphones Connect (簡単ペアリング/バッテリー残量表示/外音コントロールの調整/アダプティブサウンドコントロールの調整/NCオプティマイザー/スピーク・トゥ・チャット設定/イコライザー設定/接続モード設定/DSEE Extreme設定/カスタムボタンの機能変更/アップデート/音声ガイダンスON・OFF/タッチセンサーON・OFF/装着検出による自動電源OFFの設定/装着検出による自動音楽停止・再開機能の設定/マルチポイントON・OFF、他) ●本体操作 (電源ボタン/カスタムボタン [NC・外音取り込み切替 /NCオプティマイザー起動 /音声アシスタント起動等]/タッチセンサー [再生・一時停止 /曲送り・戻し /早送り・戻し /音量調整 /クイックアテンションモード /スピーク・トゥ・チャット切替 /受話・拒否 /音声アシスタント [Googleアシスタント、Amazon Alexaに対応] 起動等] ) ●充電約3時間 (クイック充電10分の充電で5時間再生可能/コネクタ USB TypeC/充電中は操作不能) ●バッテリー残量確認 (電源ON状態で電源ボタンを押すと大まかな%を音声ガイダンスで教えてくれる) ●スイーベル&折り畳み構造 ●40mm径ダイナミック型ネオジウムドライバー ●重さ約254g ●付属品 (USB TypeCケーブル×約20cm/ヘッドホンケーブル×約1.2m/キャリングケース/航空機用プラグアダプタ/取説) ●カラー (ブラック/プラチナシルバー) ●1年保証
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
 WH-1000XM4 (B) ブラック

発売日:2020年 9月 4日 価格:42,000円位 (2020/9/4現在)

【機能・用語説明】
さらなる進化を遂げた業界最高クラス※のノイズキャンセリング性能
独自開発の高音質NCプロセッサー QN1の性能をさらに引き出す
 高性能に進化したBluetoothオーディオ SoCが高音質NCプロセッサー QN1と新たに連係する事で、アルゴリズムの進化を実現。音楽信号と騒音信号、ドライバーと耳の間の音響特性を毎秒 700回以上センシングし、リアルタイムにノイズキャンセリング処理を適応出来る様になった。従来機に比べ、特に中高域の騒音に対してのキャンセル性能がさらに向上し、飛行機等の騒音環境下は勿論、街中やカフェ内等、人の声が多い環境でも、より静寂の中で音楽に没入出来る。
※ ヘッドバンド型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン市場において、2020年4月21日時点、ソニー調べ。
的確にノイズを捉えるデュアルノイズセンサーテクノロジー
 ヘッドホン外側と内側に配置した2つのマイクで集音した騒音と、プレイヤーの音楽信号を全てデジタル化。デジタルノイズキャンセリングソフトウェアエンジンでは、フィードフォワード・フィードバックの2つの方式を統合し、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成。ノイズを気にせず高音質に存分に浸る事が出来る。
ノイズキャンセリングをユーザーの装着状態や環境に合わせて最適化する NCオプティマイザー
 ヘッドホン装着後にカスタムボタンを長押しすると試験信号音を再生し、装着時の個人差 (髪型、メガネの有無、装着ズレ等) を数秒で検出。ユーザーに合わせてノイズキャンセリング特性を最適化。同時に、搭載する気圧センサーで、飛行機に搭乗中等、気圧の変化に対してもノイズキャンセリングを最適化。これによりユーザーのあらゆる装着状態の差分や、使用環境によるノイズキャンセリング性能を存分に発揮しきれないという事をなくし、理想的なノイズキャンセリング効果を提供。
ハイレゾコンテンツを持っていても、持っていなくても、ワイヤレスでハイレゾ級の高音質を楽しめる
新たに AI技術を組み込みあらゆる音源にハイレゾ級の臨場感をもたらす DSEE Extreme※2
 MP3や CD、ストリーミング等の圧縮音源を、膨大な楽曲データを学習している AI 技術により、リアルタイムに分析。楽曲のジャンルや楽器等の情景に合わせて最適にハイレゾ級※1 の高音質にアップスケーリング。圧縮により失われた音源本来の周波数特性をより高精度に再現する事で、臨場感溢れる高音質を楽しめる。
※1 DSEE Extreme ON 時に圧縮音源を SBC/AAC/LDAC で再生する際、最大 96kHz/24bit まで拡張 (再生機器によっては圧縮音源を LDAC で伝送する場合でも DSEE Extreme が無効になる場合がある。又、有線接続時は無効。)
※2 DSEE Extreme は Headphones Connectアプリから機能を有効にする事で楽しめる。
ワイヤレスでもハイレゾ音質で楽しめる LDAC 対応
 LDAC対応機器との接続なら、ハイレゾコンテンツを従来の Bluetooth Audio の最大約3倍の情報量で伝送出来るので、ハイレゾコンテンツも原音の細かい表現まで忠実に再現された音質で楽しめる。LDACで伝送された音源や DSEE Extremeでアップスケーリングされた音源による高音質リスニングでも、イコライザーで好みの音質にカスタマイズする事が可能。
専用設計40mmHDドライバー
 ハイコンプライアンス化により低域再現性を高めつつ、可聴帯域を超える40kHzまでの高域再生が可能な40mmHDドライバーを専用開発。軽量 CCAWボイスコイルを用いる事で高域でのリニアリティの高いレスポンスを実現。
アルミニウムコート LCP (液晶ポリマー) 振動板
 振動板材料として理想的な特性を持つ LCP にアルミニウム薄膜をコーティング。LCPとアルミニウムの相互作用により全帯域で高くフラットな内部損失特性を実現、色付けのないクリアな中高音を再生する。
ヘッドホンを着けたまま周囲の音も聞ける外音取り込み機能
音楽を聴きながら、周囲の音も聞けるアンビエントサウンド (外音取り込み) モード
 ヘッドホン外側のマイクで周囲の音を取り込む事で、音楽を楽しみながら周囲の音も聞ける。周囲の音に注意したいけど、音楽は聞いていたい場面に最適。
ヘッドホンを着けたまま、会話が出来る新機能スピーク・トゥ・チャット
 音楽を聴いている最中でも、話したい時に声を発するだけで音楽再生を一時停止※し、外音取り込みモードに切り替え。手を使う事なくヘッドホンをしたまま会話が始められる。会話終了後は、ヘッドホンのボタン操作をするか事前に設定した時間が経てば、ノイズキャンセリング機能に戻り音楽が再生される。
※ 有線時もしくは使用アプリによっては消音になる。
スピーク・トゥ・チャットを実現する高精度ボイスピックアップテクノロジー
 ヘッドホンに内蔵された5つのマイクを最適に制御し、高度な音声信号処理を行う事で、スピーク・トゥ・チャット使用時やハンズフリー通話時に、あなたの声を正確かつクリアに収音。さらに AI技術で開発された発声検出アルゴリズムにより、ヘッドホンが装着者の声を周囲の音から区別・認識する。
ヘッドホンを着けたまま瞬時に周囲の音を聞けるクイックアテンションモード
 タッチセンサーコントロールパネルに触れている間だけ、一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込んで聞きやすくする。急なアナウンスを聞く際や話し掛けられた時等、周りの状況をすぐ把握したい場合等に便利。
リスニング環境を自動で切り替えるアダプティブサウンドコントロール
 ユーザーの行動や場所に連動して事前に登録したノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定に切り替わるアダプディブサウンドコントロール。設定後はヘッドホンが自動でモードを切り替えるので、ヘッドホンもスマホも触る事なく、シーンに応じたお好みのリスニング環境を楽しめる。
よく行く場所に合わせた自動切替に新たに対応
 スマホの GPS機能と連係し、AIがユーザーのよく行く場所を認識。自宅や職場等の頻繁に訪れる場所に合わせたノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定を登録する事で、次訪れる時には自動でお好みの設定に切り替わる。
行動シーンに合わせた自動切替
 ペアリングしているスマホの加速度センサーで、止まっている時/歩いている時/走っている時/乗り物に乗っている時の4パターンの行動を検出。ユーザーの行動に合わせて、予め各パターンで設定しておいたノイズキャンセリング/外音取り込み設定やイコライザー設定に自動で切り替えてくれる。
ヘッドホンを外すだけで音楽を停止する装着検出機能
 音楽を再生し一時的に外すと自動で音楽が一時停止。タッチセンサーも一時無効になり、誤作動を防ぐ。再装着すると自動で音楽が再開※1。又、ヘッドホンを外したまま約15分経過すると自動で電源がOFFになり、バッテリーの消費を防ぐ※2。
※1 再生機器や使用アプリによっては正しく動作しない場合がある。
※2 Headphones Connectアプリで音楽の一時停止ON/OFF、自動電源ON/OFFの設定の変更が可能。
長時間の音楽リスニングでも快適な装着性
柔らかい低反撥ウレタン素材を採用した立体縫製イヤーパッド
 前モデルより側頭部への追従性が高くなり、接地面積が広がる事で側頭部に掛かる圧力が分散され、より柔らかい着け心地と高いフィット感を実現。長時間の音楽リスニングでも快適。
包み込む装着感を実現するエンフォールディングストラクチャー
 イヤーパッドが内側に倒れ込む構造を採用し、耳を包み込む様な快適な装着性と高い気密性を実現。音漏れを低減し、重低音の迫力を余すところなく再現。
可動部のガタつきを低減するサイレントジョイント
 装着時のメカノイズを低減する事で、静けさの中で音楽鑑賞に没頭出来る。
インワードアクシスストラクチャー
 独自のハンガー構造を採用。ハウジングの回転軸を内側に向ける事で装着安定性を向上。
さらに高音質なハンズフリー通話を実現
 スマホや iPhone、PCでのハンズフリー通話が可能。5つのマイクを最適に制御し、高度な音声信号処理を行う高精度ボイスピックアップテクノロジーにより、騒音下でもあなたの声をクリアに届ける。さらにNCで、相手の声も聞き取りやすくする事で、うるさい中でも快適な通話を実現。
2台の機器に同時接続出来る新マルチポイント機能
 2台の機器と同時接続し、それぞれで通話も音楽も受信出来る新しいマルチポイント接続に対応。例えばスマホで音楽を聴いた後、停止し、PCで音楽再生を始めるだけで再生機器を切り替えられる。スマホが電話を着信した際には自動でスマホの通話に切り替わり、そのままハンズフリー通話をする事も可能。2台の機器でヘッドホンを使う場面で接続の切り替えがいらず、快適に使用出来る。
Android端末との接続時に便利な Google Fast Pair対応
 ヘッドホンをペアリングモードにし、接続機器に近付けると出るポップアップをタップするだけで簡単にペアリングが可能。
※ Android 6.0以降に対応。
充実した付属品
 バッテリー切れの際やワイヤレス非対応機器使用時に便利な有線接続用のヘッドホンケーブル付属。さらに航空機アダプタ付属で機内コンテンツとNCを一緒に楽しめる。全ては付属のコンパクトなケースに収納可能。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 11:02| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

ゲーム用 Bluetooth4.2 ノイズキャンセリング ヘッドホン Razer Opus

☆新製品

【仕様】
●アクティブノイズキャンセリングを搭載した THX 認証ヘッドホン、どこでも何にも遮られる事なく、あらゆるエンターテインメントで純粋な高品質サウンドを楽しめる ●アナログ接続にも対応したゲーマー向けヘッドセット ●THX 認証ヘッドホン (THX 認定は品質・一貫性・パフォーマンスを保証する世界的な規格、全ての映画・音楽・ゲームに於いて豊かでバランスの取れたサウンドステージを提供) ●ノイズキャンセリング (ハイブリッド型 ANC採用、フィードフォワード型とフィードバック型を組み合わせて内側と外側に配置されたマイクでアクティブノイズキャンセリングを行う) ●快適設計 (バランスの取れた重さと締め付け力を備えたソフトなレザーレット製メモリーフォームクッションで長時間の通勤の間もずっと快適) ●クイックアテンションモード (ANCボタンを押している間、周囲の音の音量がアップされる、咄嗟の会話や道路を横切る時に最適) ●自動一時停止/自動再生 (ヘッドホンを外したり首に掛けるだけでオーディオが停止、用が済んでヘッドホンを頭に戻せば再開出来る) ●3.5mm入力端子搭載のポータブル設計 (殆どのデバイスに対応し折り畳み可能、フライト用アダプタとプレミアムキャリーケースが付属、旅行に最適) ●RAZER OPUSモバイルアプリ (THXやその他のイコライザープリセットを選択出来る)
●ゲーム用ヘッドセット ●連続再生最大25時間 ●オーバーイヤー (サーカムオーラル) ●Bluetooth4.2/コーデック (AAC /aptX /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP) ●周波数特性20Hz〜20kHz ●出力音圧レベル109dB ●インピーダンス32Ω ●搭載マイク (ANC用 ×4+ボイスチャット用 ×2) ●入力はBluetoothと4極ステレオミニ ●ハンズフリー ●.操作ボタン (音量調整ボタン/マルチファンクションボタン [再生・一時停止 /曲送り・戻し /受話・拒否]/電源ボタン/ANCボタン [NC・クイックアテンションモードON/OFF] ) ●充電約4時間 (コネクタUSB TypeC) ●40mm径ダイナミック型ドライバー ●重さ265g ●付属品 (プレミアムキャリーケース /フライト用アダプター /3.5mmアナログケーブル×1.5m /USB-C-USB-Cケーブル×30cm /USB-A-USB-Cアダプタ) ●カラー (Midnight Blue /Blackは7/10発売) ●2年保証
Razer Opus THX 認証ヘッドホン Midnight Blue
発売日:2020年 5月29日 価格:24,800円位 (2020/6/11現在)



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 10:57| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン SHURE AONIC 50

新製品

【仕様】
●SHURE 初のノイズキャンセリング搭載 Bluetoothヘッドホン ●連続再生最大20時間 ●密閉型オーバーイヤー ●Bluetooth5.0 /コーデック (AAC /aptX /aptX HD /aptX LL /LDAC /SBC) ●周波数特性20Hz〜22kHz ●感度97.5dB ●インピーダンス39Ω ●最大入力100mW ●スタジオクオリティのサウンド (純粋なリスニング体験を提供) ●Bluetooth 5.0 (抜群の安定性と最大10mの通信距離を実現、様々なコーデックをサポート) ●アジャスタブル・ノイズキャンセリング (雑音を除去し真に臨場感のあるリスニング体験を実現/旅行中の自動車・バス・電車の交通騒音、機内のジェット騒音の所為で音量を上げてしまう時に特に便利/アプリで2段階 [最大/ノーマル] で調整可能) ●外音取り込みモード (スイッチの切替で周囲の音を聞く事が可能/音楽を聴いたり電話をしている時に周囲の音に注意したい時に特に便利/アプリで10段階で調整可能) ●長時間着用時の快適性と耐久性を実現 ●折り畳み時はフラットになり携帯しやすい保護用携帯ケース付属 ●ワンタッチ操作 (電話応答・音量調整・音楽の一時停止はボタンを押すだけ) ●SHURE独自設計のヘッドホンアンプ搭載 ●ステレオミニとUSB TypeCでの有線使用が可能 (USB TypeCはハイレゾ入力対応) ●ShurePlus PLAYアプリ (高度なEQ機能を備えたハイレゾ音楽プレーヤー/様々な種類のハイレゾ及び標準ファイルをインポートして再生/パラメトリックEQ及びグラフィックEQ機能を使ってプリセットをカスタマイズ/フルスクリーンフェーダーで音量調整/プレイリストを作成してプレイリスト・アーティスト・アルバムタイトル・曲名・ジャンル・作曲家毎に音楽ライブラリを整理/EQプリセットモードを使ってサウンドを素早く調整/NC・外音取り込みレベルを調整/ファームウエア更新等) ●ハンズフリー ●ボタン操作 (電源ボタン [電源 /バッテリー状態確認]/中央ボタン [再生・一時停止 /曲送り・戻し /受話・拒否 /音声アシスタント起動]/横ボタン [音量調整]/環境モード・ANCスイッチ [外音取り込み・NCのON・OFF] ) ●充電2.5時間 /急速充電 (15分の充電で約4時間再生可能) /コネクタUSB TypeC ●50mm径ダイナミック型ネオジウムドライバー ●重さ334g ●付属品 (保護用携帯ケース /3.5mmオーディオケーブル /USB-TypeC充電ケーブル) ●カラー (ブラック /ブラウン) ●2年保証
SHURE AONIC 50 SBH2350
 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン ブラック

発売日:2020年 5月14日 価格:48,180円位 (2020/5/17現在)



楽天市場で探す
posted by たか坊 at 09:16| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン ゼンハイザー MOMENTUM Wireless M3AEBTXL

【仕様】
●ワイヤレスヘッドホン MOMENTUM シリーズの第3世代 ●原音を忠実に再現し全ての音域それぞれがバランスの取れた美しいハーモニーを奏でる ●原音に忠実な再生能力を高めつつ従来モデルより若干低域を強めたチューニング
●連続再生17時間 (Bluetooth+NC) ●密閉型オーバーイヤー ●Bluetooth5.0 /Class1 /コーデック (AAC /aptX /aptX LL /SBC) ●周波数特性6Hz〜22kHz ●感度99dB (Bluetooth接続)、118dB (有線接続) ●切替可能な3段階のノイズキャンセリング (内と外両方のマイクを使う通常モード /外側のマイクのみを使うウィンドカットモード /内側のマイクのみを使うプレッシャーカットモード) ●外音取り込みモード (音楽を聴いている時も周りの音が聞き取れる) ●高音質&低遅延 (aptX /aptX LL /AAC 対応) ●長時間でも心地良い装着感 ●シープスキンの本革採用 (ヘッドバンド&イヤパッド) ●イヤーカップを折り畳み開閉する事で自動電源ON/OFF ●ヘッドホン外すと自動ポーズ、再装着で再開 ●途切れに強い (Bluetooth5.0、Class1 採用) ●ヘッドホン探索機能 ●ハンズフリー ●有線でも使用可能 ●専用アプリ Smart Control App (イコライザー調整 /NCモード切替 /外音取り込み設定/アップデート等) ●ボタン1つで音声アシスタント起動 (Siri、GoogleAssistant、Alexa対応) ●充電約3時間 (USB TypeC) ●折り畳み可能 ●材質 (イヤーパッド&ヘッドバンド:シープスキンレザー /ロゴプレート:アルミ製 /スライダー部:ステンレス製) ●42mm径ダイナミック型ドライバー ●重さ約305g ●付属品 (USB Type C to Aアダプター /USB充電ケーブル (Type C to C) /キャリングケース /1.4mアナログケーブル) ●カラー ブラックのみ ●2年保証
SENNHEISER MOMENTUM Wireless M3AEBTXL Black
発売日:2019年 9月30日 価格:44,900円位 (2020/4/13現在)

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質 
 最高I、ワイヤレスでは最高A、かなりいいA、いい@、WH-1000XM3よりいい@、低〜高音のバランスいいB、癖がなく自然A、立体的で美しい@、研ぎ澄まされた音@、クリア@、綺麗@、表現力・迫力は素晴らしい@、充分、高音は綺麗に伸び低音はかなり沈んで迫力がある (iPhone&Android)@、ワイヤレスでは最高、迫力があり響く様な低音ながら、中高音も満遍なく出て非常にバランスがいい@、低音が効いていながらボーカルも負けてない、それぞれがとてもクリアに聴こえる@、低音はしっかり出す癖に他の音の邪魔をしない、クラシックからPOPまで何でも行ける@、高音は綺麗に伸び、低音は良く出るのに中高音の邪魔はしない、低〜高音まで心地良い、ジャンルは選ばない@、BOSEかと思う程低音がリッチかつ綺麗に出る、中高音も綺麗にキッチリ出る (iPhone X)@、解像度と迫力がWH-1000XM3よりある、ボーカルが引っ込む事もない、低音好きにいい@、最高、解像度は高いが刺激的な感じはない@、値段以上かも、不快感がない、低音は上品、LRの分離は丁度いい、ステレオ感がありより楽しめる (MacBook&iPhone)@、aptX必須、AACは悪い音源を化粧した様な音、aptXでは深みのある音になる@、素晴らしいが有線なら音が近く濃くてさらにいい@、気持ちいい、ハイレゾも空間十分、有線だとかなり化ける (ZX300)、iPhoneXでアダプタ等を使いaptX LL接続、高音のキラメキと解像度、左右の分離が良くなり、更に良くなった@、悪くはないが高評価され過ぎ、iPhoneのBTでは高音は聴き易くボーカルは綺麗、低音は味付けされ分厚目に聞こえる、有線では味付けが無くフラットで全帯域をそこそこ綺麗に再生する@、期待外れ、イコライザーで高音を抑えても硬さがあり低音も突出したものはない@、専用アプリのイコライザーで好みに調整可能C
ノイズキャンセリング性能
 納得出来る程度、WH-1000XM3の50〜60%程@、WH-1000XM3には劣るが十分実用範囲@、WH-1000XM3には劣るがこちらの方がより自然@、WH-1000XM3はオン時に気圧が変化した様な感覚になるがそれはない@、まずまず、もう少し効いて欲しいが、自然@、音質を損なわないマイルドな感じ、電車内では十分@、最高ではないが電車通勤等の普段使いには問題ない@、やや弱いが音楽には充分@、目立つ性能ではないが気になる事もない@、周りの話し声は耳を澄まして聞こえる位には小さくなる、高音は比較的貫通する、自動車や電車内の騒音はかなり小さくなる@、車のエンジン音等は殆ど聞こえなくなるが人の声は少し高音にスライドした感じで4割程度聞こえる@、最大でNCH700の11段階中5〜6程、特有の違和感もNCH700は感じないがこれは結構感じる、AirPods Proにも及ばない@、最大でもやや弱いA、とてもいい@、弱くはない、外では試してないがNC特有の頭を締め付ける感もない@、音質の前ではどうでもよくなる、おまけ@、無いよりかはいい@
外音取込モード
 イマイチ@
音漏れ
 音量最大でなければ無い@
装着感
 素晴らしいC、いい@、痛くならないA、疲れない@、やや重いB、厚いイヤーパッドで軽減されるがやや重い@、やや重いが2時間程度では問題ない@、言われるほど重くない@、WH-1000XM3には劣る@、BOSEの方が軽くて好みだが音質が好みなので満足@、QC35Uには劣る、3時間で耳の後ろが痛くなるし重さもあり疲れる、でも寝っ転がったまま使っても快適で悪くはない@、NCH700同等以下、シープスキンの本革と厚めのパッドが良い、耳は痛くならない@、BOSEやSONYより重いしイヤーパッドも快適ではない、30分が限度@、側圧、強めB・女性だが丁度いい@・頭が小さい所為か気にならない@、イヤーパッドが柔らかく締め付けは気にならない、大きめの頭だが2時間は問題ない@、装着感はいいが、顔の所為か1時間で耳の周りが痛くなる@、パッドの位置調整がし難い、位置を固定出来ると良かった@、眼鏡のつるが当たって痛くなる@
デザイン
 好みB、一番美しい@、素晴らしい@、かっこいい@、武骨で非常にいい@、落ち着いている@、質感がいいB、豪華さがある@、高級感がある@、いい革を使っている@、造りはまあまあで質感は良くレザー部分の感触も良い@、室内ではNCが不要なくらいパッドがしっかりしている@、ケースがペラペラで頼りない@
携帯性
 ケースが大きく不向きB、WH-1000XM3の方がいいA
接続性
 人混みでも途切れない@、混雑した駅構内等はたまに途切れる@、大交差点は時々途切れるが雑踏でも殆ど途切れない@、人混み以外は問題ない@、人混みでは頻繁に途切れる@、普通、時々ノイズが入ったり調子悪かったりする@、たまに音楽が止まり電源を入れ直す必要がある@、aptX LL接続は部屋のみ使用だが安定している@、良好なWH-1000XM3よりは悪く大阪駅で途切れるが一般的なワイヤレスイヤホン程度には安定している@、ペアリングが速い@・簡単@、ペアリングに5秒掛かる@、ホワイトノイズは感じない@
遅延
 ゲームでここまで遅延が少ないワイヤレスは無いかも@、ややあるが不満はない@、aptX LL接続は有線と変わりない@
バッテリー
 最近の物としては短いが17時間あれば十分@、WH-1000XM3の方がいい@
操作性
 いい@、物理スイッチのが凹凸が少なく分かりづらい@、物理ボタンで直感的操作が出来る@
折り畳むと自動電源ON/OFF機能
 便利B、使いやすい@、余計なお世話@、電源ボタンが無いB、畳まないとOFFに出来ない@、マニュアルでOFFに出来る@、ケースに入れていてもたまに電源がONになる@
自動再生停止機能
 便利A、音楽アプリを閉じた状態で着けるとランダムに曲が流れる@、アプリを立ち上げてないのに装着すると勝手に何かが再生される@、音楽が勝手にON/OFFになる@、再装着による再生時に雑音が混ったり再生されない事がある@、接続中の機器のBTをOFFにすると別の機器に自動接続され大音量で音が鳴る@、一度ペアリングすると自動接続されるので突然無音になったり、音楽アプリで勝手に再生されたりする@
その他
 ヘッドホンを畳む時、指を挟んだA・かなり痛いA・出血@、PS4との接続では有線もBTもマイクを認識しない@、同時接続出来る様だが、別の機器で再生しようとすると反応しなくなる、BOSEのマルチポイントの様には使えそうにない@
☆不具合
 ファームは最新だが1日に1回はブチブチ切れる、交換後解決@、aptX LL接続時のプチノイズはアップデートで改善@、激しく振り向いたりすると音楽が止まる事があったがアップデートで改善@、NCが勝手に切れたりONになったりする@

posted by たか坊 at 14:05| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン AKG Y600NC WIRELESS

☆新製品
●連続音楽再生最大約25時間 (Bluetoothオン+NCオン)、最大約35時間 (Bluetoothオフ+NCオン) ●密閉型オーバーイヤー ●Bluetooth5.0 /コーデック (AAC /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP) /マルチポイント (最大2台) ●周波数特性10Hz〜24kHz ●出力音圧レベル110dB ●最大音圧レベル93dB ●インピーダンス32Ω ●AKGリファレンスサウンド ●ノイズキャンセリング ●アンビエントアウェア (音楽を楽しみながら周囲の音を把握出来る) ●トークスルー (ヘッドホンを着けたまま会話が出来る) ●自動再生/一時停止 (Bluetooth接続時) ●耐久性と長時間でも快適な装着感 ●ハンズフリー (デュアルマイクでナチュラルでクリアな通話が可能) ●有線使用可能 (ステレオミニ) ●オートオフ (初期値無効) ●AKG Headphone アプリ (アンビエントアウェア、トークスルーのデフォルト設定やイコライザー設定等の変更が可能) ●操作ボタン類 (電源ボタン /スマートアンビエントボタン (初期値トークスルーボタン) /マルチファンクションボタン (再生・一時停止 /曲送り・戻し /受話・拒否 /音声アシスタント起動) /音量調整ダイヤル) ●充電2時間 (バッテリー容量610mAh) /急速充電 (10分の充電で約4時間音楽再生可能) /コネクタUSB TypeC /充電中は使用不可 ●折り畳み可能 ●40mm径ダイナミック型ドライバー ●重さ約322g ●付属品 (3.5mmオーディオケーブル (1.5m) /充電用TypeC→TypeAケーブル (0.5m) /キャリングポーチ /クイックスタートガイド) ●カラー (ガンメタル /ベージュ /ブラック)
AKG Y600NC WIRELESS
 ワイヤレスオーバーイヤーノイズキャンセリングヘッドホン ガンメタル

発売日:2020年 3月13日 価格:25,600円位 (2020/3/17現在)

- 特長 -
AKG リファレンスサウンドとノイズキャンセリング機能搭載
 周囲の雑音を低減させるハイブリッド方式ノイズキャンセリング機能搭載、音楽だけに集中出来る環境を提供。一方でヘッドホンを取り外さずに周囲の音が聞けるアンビエントアウェア機能と、トークスルー機能も搭載、ライフスタイルに合わせた音楽の楽しみ方を提供。
アクティブノイズキャンセリング
 アクティブノイズキャンセリング機能と、メモリーフォームとプロテインレザー素材のイヤーパッドにより周囲のノイズを低減し、静寂な空間を実現。旅行や移動時の使用に最適。
アンビエントアウェアとトークスルー
 周囲の環境音を取り込む2つの機能。トークスルーでは、再生中の音楽の音量を落として外の音や人の声を集音して、ヘッドホンを着けたまま会話が可能になる (再生中の音楽は殆ど聞こえなくなる) 。アンビエントアウェアは、環境音の取り込みをより大きくする事で、音楽を楽しみながら周囲の環境音が聞きやすくなる。初期状態のスマートアンビエントボタンはトークスルーボタンに設定。
自動再生/一時停止
 Bluetooth 接続で音楽再生中にヘッドホンを頭から外すと自動で一時停止し、再び装着すると自動で再生を開始する。ボタン操作の必要がなく、快適に音楽を楽しめる。
長時間の使用でも快適な装着感
 人間工学 (エルゴノミック) に基づいて開発されたヘッドセットとイヤーパッドにより、長時間でもストレスを感じずに音楽に集中出来る快適な装着感を実現。
耐久性と快適性
 スタイリッシュなデザインながら低反発クッションや亜鉛合金製のヒンジパーツ等、耐久性と快適性を実現するプレミアムな素材を使って設計。
最大25時間の長時間再生と急速充電
 Bluetooth とノイズキャンセリングをオンにした状態で、最大約25時間再生可能。ノイズキャンセリングのみオンだと、最大35時間再生可能。又、10分の充電で4時間の音楽再生が可能な急速充電に対応。
同時に最大2台の機器と Bluetooth接続が可能なマルチポイント
 片方のスマホで音楽再生中に、もう一方のスマホの電話着信を受ける事が可能。※ 2台同時に音楽を聴く事は出来ない。
有線でも便利に使える
 付属1ボタンユニバーサルリモコン/マイク付オーディをケーブルで、ワイヤレス非対応機器でも使用可能。
ハンズフリー通話
 エコーノイズキャンセリングのデュアルマイクで、ナチュラルでクリアなハンズフリー通話が可能。
簡単なサウンドコントロール
 イヤーカップの使いやすい各ボタン、コントローラーで、ワイヤレス使用時にも簡単に音量調整等を行なう事が可能。
専用アプリで各種設定が可能
 スマホから操作出来るアプリ AKG Headphones アプリに対応。アンビエントアウェア/トークスルーのデフォルト設定やイコライザー設定等の変更が可能。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 12:43| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン ゼンハイザー HD 450BT

☆新製品
●連続再生30時間 (Bluetooth接続+NCオン) ●密閉型オーバーイヤー ●Bluetooth5.0 /コーデック (AAC /aptX /aptX LL /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) /Class1出力 ●周波数帯域18Hz〜22kHz (-10dB) ●感度108dB ●全高調波歪0.3%未満 ●質感の良い高級素材で頑丈だがスタイリッシュな HDシリーズは機能性と高音質を兼ね備えたモデル ●VGP 受賞モデル HD 4.50BTNC のブラッシュアップモデル ●豊かでダイナミックな低音と再現性が高くバランスの取れた伝統のゼンハイザーサウンド、音楽ジャンルを選ばない ●ノイズキャンセリング (素直な効果の NC、声や楽器の質感を損なわない自然な音楽を再現) ●高音質 aptX/AAC、低遅延 aptX LL 対応 ●Bluetooth5.0 & Class1 による安定接続 ●30時間のバッテリーライフ ●USB TypeC 充電ポート ●長時間聴いていても疲れ難い、程良い軽さと上質なヘッドバンドとイヤーパッド素材 ●アプリで好みの音に調整出来る ●ハンズフリー ●有線使用可能 (2.5mm) ●専用アプリ Smart Control (サウンドイフェクト・イコライザー設定 /音声ガイド言語変更 /バッテリー残量表示 /ファームウェア更新等) /対応機器 (Android7.0以降、iOS11.0以降) ●操作ボタン (電源兼NCボタン/音量調整ボタン /多機能ボタン (再生・一時停止 /曲送り・戻し /受話・拒否) /音声アシスタントボタン) ●充電約2時間 (バッテリー容量600mAh /コネクタUSB TypeC) ●折り畳み可能 ●32mmダイナミック型ドライバー ●重さ約238g ●付属品 (オーディオケーブル /USB-C充電ケーブル /キャリングケース /クイックガイド) ●カラー (ブラック /ホワイト)
Sennheiser HD 450BT アラウンドイヤーヘッドホン ブラック
発売日:2020年 3月 3日 価格:21,780円位 (2020/3/15現在)


- 特長 -
好きな音だけに包まれる癒しの時間
 HD 450BT は、国内で権威ある VGPアワードを受賞した HD4.50BTNC のブラッシュアップモデル。豊かでダイナミックな低音と、質感高い再現力のゼンハイザーサウンドが、Bluetooth 5.0 や多様なコーデック対応、30時間使えるバッテリーライフ等、ワイヤレス技術と共鳴し、よりハイスペックで、ますます便利になった。どんなジャンルの音楽にも合う上質サウンドがあなたの心に響き、又、スタイリッシュで耐久性に優れたデザインは、ファッションアイテムとしても見栄え良くコーディネート出来、この1台で、いつでもどこでも、心地良く、ちょっと元気になれる時間を提供する。
ゼンハイザーのノイキャンは一味違う
 定評ある素直な効果のアクティブノイズキャンセリングは、声や楽器の質感を損なわない自然な音楽再現で、外出中の騒がしい環境でも、好きな音楽だけに気持ち良く浸る事が出来る。
ワイヤレスは便利、便利が溢れる今の時代だからこそ、音質にもしっかりこだわりたい
 ダイナミックな低音と再現性が高くバランスの取れた伝統のゼンハイザーサウンドは、音楽ジャンルを選ばない。又、HD 450BT は、新しいワイヤレス技術を持つ、便利で快適なモデル。Bluetooth 5.0 を採用し、 コーデックも aptX, aptX-LL, AAC 対応で、高音質で低遅延なワイヤレス技術で、映画やゲームも音声が遅れ難くストレスフリー。
旅行がもっと贅沢になるヘッドホン
 移動中はノイズキャンセリングをオンにして、好きな音だけに包まれて欲しい。程良い軽さと上質なヘッドバンドとイヤーパッド素材で長時間聴いていても疲れ難く、又、コンパクトに折り畳める為、鞄の中でも邪魔にならない。USB Type C で急速充電にも便利。約2時間の充電で30時間の連続使用が可能。
好みの音にパーソナライズ
 専用アプリ Smart Control で、好みの音にイコライズしたり、バッテリー残量の確認や最新ファームウェアに更新が可能。


ラベル:NCヘッドホン
posted by たか坊 at 12:43| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング ヘッドホン パイオニア SE-S6BN 

☆新製品
●連続音楽再生最大20時間 (NC ON) /連続音楽再生最大30時間 (NC OFF) ●オンイヤー型 ●Bluetooth5.0 /コーデック (AAC /SBC) /プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP) /SCMS-T /マルチペアリング (最大8台) /マルチポイント (再生機器と通話機器各々1台) ●再生周波数帯域10Hz〜28kHz (有線接続時) /10Hz〜22kHz (Bluetooth接続時) ●出力音圧レベル106dB (有線接続時) ●インピーダンス16Ω (有線接続時) ●ノイズキャンセリング (有線でも無線でも使用可能) ●バランスの良い、重厚でパワフルな低音を再生 ●ハンズフリー ●有線使用可能 (ステレオミニ) ●折り畳み&スイーベル機構 ●Notification App (Androidスマホの通知を音声で読み上げ) ●ボタン操作 (電源 /再生・一時停止 /曲送り・戻し /音量調整 /受話・拒否 /音声アシスタント起動 /NC ON/OFF等) ●充電約3時間 /ファストチャージ (10分の充電で3時間再生可能) /コネクタUSB TypeC /充電中は使用不可 ●40mm密閉ダイナミック型ドライバー ●イヤーパッド (ポリウレタン) ●重さ205g (コード除く) ●付属品 (USB typeCケーブル /ヘッドホンコード /クイックスタートガイド) ●カラー (Black /Gray /Blue /Red) ●1年保証
Pioneer S6wireless noise cancelling SE-S6BN (B)
発売日:2019年12月下旬 価格:9,800円位 (2019/12/24現在)

- 特長 -
いつでも静かな空間で音楽を
騒音が気になる環境でも快適に音楽が楽しめるノイズキャンセリングヘッドホン
・コンパクトなオンイヤータイプのヘッドホンに、ノイズキャンセリング機能を搭載。
・機内、電車内、コワーキングスペースやカフェ等、騒音が気になる環境でも、快適に音楽が楽しめる。付属コードを使って、有線接続でもノイズキャンセリング再生が可能。
ファストチャージ機能も搭載した最大30時間のスタミナバッテリー
・最大30時間※のワイヤレス連続音楽再生が出来るので、毎日の充電作業は必要ない。
 ※ ノイズキャンセリング・オフで使用時、ノイズキャンセリング・オン時は、最大20時間。
・約2.5時間でフル充電が可能。
・10分の充電で3時間使用可能な短時間充電にも対応。
Pioneer Signature sound
・大口径40mmドライバーを採用、バランスの良い、重厚でパワフルな低音再生を実現。
・AAC コーデックに対応、ワイヤレスでも高音質再生を楽しめる。
折り畳み&スイーベル、両機構をサポート
 フラットに折り畳み、バッグ等にスマートに収納して手軽に移動出来、どこでも音楽を楽しめる。
最大2台まで同時接続が可能なマルチポイント機能搭載
 スマホやタブレットを同時に接続し、タブレットで音楽を聴きながらスマホからの着信の待ち受けが可能。(一度に通話又はソース再生出来る機器は、それぞれどちらか1台だけ)
物理ボタンで直感操作
 ハウジングに操作ボタンとマイクを装備、音量調整や曲送り、着信等の操作も簡単に出来る。
その他の特長
・Bluetooth version 5.0 に準拠。
・スマホに届く様々な通知を音声で読み上げてくれる Android 向け音声読み上げ Notification App 対応。
・USB TypeC コネクタを採用した充電ケーブル。

楽天市場で探す


ラベル:NCヘッドホン
posted by たか坊 at 10:27| Bluetoothヘッドホン | 更新情報をチェックする