2020年10月30日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 イヤホン オーディオテクニカ ATH-SQ1TW

☆新製品

【仕様】
●完全ワイヤレスとしての充分な性能をアイコニックなスクエアデザインに凝縮、他にない自由な形で、音楽もファッションも思いっきり楽しめる ●音楽や動画、ゲームやアニメがしっかり楽しめる ●ファッションコーディネートしやすい、映える色と形 ●長時間でも疲れ難いコンパクト&軽量ボディ、耳の小さな人も快適に着けられる ●ライブ感のある迫力サウンドが楽しめる専用設計の5.8mm径ドライバー ●音と映像のズレを抑える低遅延モード搭載、動画やゲームも遅延の少ない再生を楽しめる ●操作も簡単、イヤホンをケースから取り出すだけで電源がONになり、すぐに使える、ケースに戻すと自動的に電源が切れ、充電を開始 ●Fast Pair 対応 Andoroid端末なら、ワンタッチでペアリングが可能 ●片側のイヤホンだけでも音楽や通話が楽しめる ●再生/一時停止や曲送り/戻し、通話や音量調整等の操作はイヤホンにタッチするだけ ●通学・通勤の往復で充分使える、イヤホン単体で約6.5時間の連続再生出来、充電ケースを併用すれば最長約19.5時間使用可能 ●約15分の充電で約60分の連続再生が可能 ●雨や水しぶきからイヤホンを守るIPX4 防滴仕様 ●音楽を聴きながら周りの音を確認出来るヒアスルー、移動中や建物内等で、ながら聴きが楽しめる ●自然な通話をサポートするサイドトーン機能、通話中はマイクを通して自分の話し声や周囲の音を取り込み、普段に近い感覚で会話が出来る
●連続音楽再生及び連続通信最大約6.5時間、最長約19.5時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●再生周波数帯域20Hz〜20kHz ●出力音圧レベル100dB ●インピーダンス16Ω ●Bluetooth5.0/コーデック (SBC)/ブロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/最大通信距離10m/SCMS-T/マルチペアリング ●防滴仕様 (IPX4) ●ヒアスルー (外音取り込み機能) ●低遅延モード ●ハンズフリー (MEMSマイク/感度−38dB/サイドトーン機能) ●片側だけで使用可能 ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング、ケースに収納すれば自動電源OFF ●Fast Pair ●英語音声ガイダンス ●オートパワーオフ ●タッチ操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/ヒアスルーON・OFF/低遅延モードON・OFF/受話・拒否等) ●イヤホン (充電約1.5時間/約15分の充電で約60分使用可能) ●充電ケース (充電約2時間/充電ポートUSB TypeC) ●使用温度範囲5〜40℃ ●5.8mm径ダイナミック型ドライバー ●重さ (イヤホン約5.2g×2/充電ケース約34.2g) ●付属品 (充電用USB TypeA - TypeCケーブル×30cm/イヤピース (XS/S/M/L) ) ●カラー (ブラック/ブルー/マスタード/ネイビーレッド/ホワイト/ピンクブラウン)
audio-technica ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW ブラック
発売日:2020年10月16日 価格:8,800円位 (2020/10/30現在)

【機能・用語説明】
音と映像のズレを抑える低遅延モード (Low Latency Mode)
 スマホやタブレットで動画視聴やゲームプレイをする際、音の遅延の少ない再生を楽しむ事が出来る。※ 障害物や電波状況により、Bluetooth 通信が途切れやすくなる場合がある。
周りの音が聞こえるから安心、音楽を聴きながら周りの音を確認出来るヒアスルー
 外音をマイクで取り込み、リスニングしながら周囲の音を確認出来る。移動中や建物内等で “ながら” 聴きが楽しめる。
高音質を凝縮した専用設計 φ5.8mmドライバー
 音楽は勿論、ゲームプレイやアニメの台詞等、動画視聴する際もライブ感のある迫力サウンドで聴ける。
長時間でも疲れ難いコンパクト&軽量ボディ
 着けているのを忘れる程の、軽くて優しいフィット感を実現。耳の負担が少ない為、女性や耳の小さな人も快適に着けられる。シルエットも綺麗に着こなせるコンパクトボディは、装着のズレや落下も抑える。
自然な通話をサポートするサイドトーン機能
 通話中はマイクを通して、自分の話し声や周囲の音を耳へ取り込み、イヤホン装着中の密閉状態でも、普段に近い感覚で会話する事が可能。
ロック解除
 誤操作防止の為、イヤホンを充電ケースから取り出した際、タッチセンサー部にロックが掛かっている。タッチセンサー部を1回タッチすると確認音が鳴り、解除出来る。

楽天市場で探す


ラベル:外音取り込み
posted by たか坊 at 05:55| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 イヤホン GLIDiC Sound Air TW-5100

新製品

【仕様】
●2018年11月発売 Sound Air TW-5000s の後継モデル ●カナルワークス監修による 独自のイヤホン形状で快適なフィット感と遮音性を実現 ●低音から高音まで楽器の音やボーカルがクリアに聴こえるサウンド設計、聞きやすく長時間でも心地良く聴ける ●より自然に周囲の音を取り込む外音取り込み機能、イヤホンを着けたまま自然に会話を楽しめる ●最大8時間の長時間連続再生とコンパクトさを両立 ●10分の充電で約2時間再生可能な Fast Charge ●IPX4 生活防水 (防滴)、突然の雨等でも安心して使用出来る ●イヤホンを探す Tile 機能、アプリでイヤホンの音を鳴らしたり最後に Bluetooth接続した場所をアプリ上の地図で教えてくれる ●日常に溶け込むデザイン、マットとグロスのコントラストが美しい
●連続音楽再生及び通話約8時間、最長約28時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●再生周波数帯域20Hz〜20kHz ●インピーダンス16Ω ●音圧感度113.1dB ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /aptX /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/通信距離約10m (Class2)/SCMS-T/マルチペアリング (最大7台) ●防滴仕様 (IPX4) ●外音取り込み機能 (音楽等を聴きながら周囲の音も認識出来る) ●TWS Plus ●ハンズフリー ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング 、ケースに収納すれば自動電源OFF ●Tile機能 ●ボタン操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/外音取り込みON・OFF/音声アシスタント起動等) ●イヤホンの充電約45分 (Fast Charge:10分の充電で約2時間再生可能/バッテリー容量45mAh) ●充電ケース (充電約1.5時間/バッテリー容量350mAh/充電ポートUSB TypeC) ●6mm径ダイナミック型ドライバー ●使用温度5〜35℃ ●サイズ (イヤホン約W16×D24×H22mm/充電ケース約W48×D48×H33mm) ●イヤホンの重さ約5g×2 ●付属品 (イヤーピース (XS/S/M/L)/充電ケース/充電用ケーブル/取扱説明書) ●カラー (ブラック/ホワイト/ライトブルー) ●1年保証
GLIDiC 完全ワイヤレスイヤホン Sound Air TW-5100 ブラック
発売日:2020年10月23日 価格:8,900円位 (2020/10/24現在)

【機能・用語説明】
快適なフィット感
 カスタムイヤホンメーカー 「カナルワークス」 監修による独自のイヤホン形状で、フィットしやすい快適な装着感と遮音性を実現。
進化した外音取り込み機能
 イヤホンを着けたまま周囲の音を取り込む、外音取り込み機能が前モデルよりも更に自然な音に進化。テレワーク中の家族との会話や、交通量の多い場所で車の音を確認する等、様々なシーンで活躍出来る。
進化したバッテリー性能
 僅か10分間ケースに入れておくだけで約2時間連続使用出来る急速充電。フル充電も約45分で完了。更にイヤホン単体で約8時間、充電ケース併用で最大28時間の再生時間を実現。
日常に溶け込むデザイン
 毎日持ち運ぶ事を意識し、カジュアルに取り入れてもらう事を考え抜いたデザイン。握りやすい丸みを帯びたケース。長時間使用しても痛くなり難いイヤホン形状。マットとグロスのコントラストが美しい、飽きのこないデザイン

楽天市場で探す


ラベル:外音取り込み
posted by たか坊 at 05:49| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 イヤホン GLIDiC Sound Air TW-7100

新製品

【仕様】
●2018年12月発売 Sound Air TW-7000 の後継モデル ●極上のフィット感、カナルワークス監修の快適なフィット感を追求したプロフェッショナルを思わせる独自のイヤホン形状を採用 ●好みのフィット感で使い分けが出来る2種類のイヤーピース ●前モデルで好評だった厚みのある豊かな中低域に高域の伸びをプラス、より洗練されたサウンドに進化 ●イヤホンを着けたまま会話が可能な外音取り込み機能が、前モデルより更に自然な音に進化 ●最大12時間の連続再生、充電ケース併用で最長30時間の長時間再生が可能 ●10分の充電で約3時間再生可能な Fast Charge ●雨や水に強い IPX4 の生活防水、天候変化や水しぶきも気にせず楽しめる ●イヤホンを探す Tile 機能、アプリでイヤホンの音を鳴らしたり最後に Bluetooth接続した場所をアプリ上の地図で教えてくれる ●滑らかで重厚かつ高級感溢れるアルミ製充電ケース
●連続音楽再生及び通話約12時間、最長約30時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●再生周波数帯域20Hz〜20kHz ●インピーダンス16Ω ●音圧感度98dB ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /aptX /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/通信距離約15m (Class1)/SCMS-T/マルチペアリング (最大7台) ●防滴仕様 (IPX4) ●外音取り込み機能 (音楽等を聴きながら周囲の音も認識出来る) ●TWS Plus ●ハンズフリー ●片側のみで使用可能 ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング 、ケースに収納すれば自動電源OFF ●Tile機能 ●ボタン操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/外音取り込みON・OFF/音声アシスタント起動等) ●イヤホンの充電約1時間 (Fast Charge:10分の充電で約3時間再生可能/バッテリー容量85mAh) ●充電ケース (充電約1.5時間/バッテリー容量460mAh/充電ポートUSB TypeC/アルミ製) ●5.6mm径ダイナミック型ドライバー ●使用温度5〜35℃ ●サイズ (イヤホン約W19×D24×H23mm/充電ケース約W82×D30×H38mm) ●イヤホンの重さ約7g×2 ●付属品 (オリジナルイヤーピース ベーシックタイプ (XS/S/M/L)/コンフォートタイプ (XS/S/M/L)/充電ケース/充電用ケーブル/取扱説明書) ●カラー (アーバンブラック/シャンパンゴールド) ●1年保証
GLIDiC 完全ワイヤレスイヤホン Sound Air TW-7100 アーバンブラック
発売日:2020年10月23日 価格:13,600円位 (2020/10/23現在)

【機能・用語説明】
極上のフィット感
 カスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」監修。プロフェッショナルを思わせる独自のイヤホン形状。さらに好みのフィット感で使い分けが出来るオリジナルのイヤーピースを2種類同梱。
進化した外音取り込み機能
 イヤホンを着けたまま周囲の音を取り込む、外音取り込み機能が前モデルよりも更に自然な音に進化。テレワーク中の家族との会話や、交通量の多い場所で車の音を確認する等、様々なシーンで活躍出来る。
金属を使用した高級感溢れるケース
 ケース全面に完全ワイヤレスでは珍しい金属のアルミを採用、手触りの良さや見た目の高級感にまで拘った。

楽天市場で探す


ラベル:外音取り込み
posted by たか坊 at 05:55| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

完全ワイヤレス Bluetooth5.2 イヤホン SoundPEATS TrueAir2

☆新製品

【仕様】
●開放性と装着感を両立したインナーイヤータイプ、耳への負担が少なく、通勤通学、スポーツ等あらゆるシーンで長時間音楽を楽しめる、又、音楽を聞きながら車の音や周りの音が聞きやすく、安全に音楽を楽しむ事が出来る ●最新 SOC QCC3040 & Bluetooth5.2 対応で基本性能が大幅に向上、前モデル TrueAir と比べ接続安定性は75%向上、約15%の小型化にもかかわらずイヤホン単体での連続再生時間は5時間を維持 ●音飛び・途切れを防ぐ最新技術 TrueWireless Mirroring 対応、スマホやPCの機種を選ばず左右のイヤホンを同時接続出来る、片側のイヤホンを外すと瞬時に切り替わるのでビデオ会議や通話時の片耳利用にも威力を発揮 ●前モデルのサウンドを継承、14.2mmの大口径ドライバー採用、バイオセルロース振動板によりパワフルな重低音と緻密な中音から高音のサウンドも実現 ●イヤホン本体は1.5時間の充電で最大5時間再生可能、充電ケースを併用すれば最大25時間の再生が可能 ●タッチセンサー搭載、タッチ動作で再生・一時停止・曲送り・曲戻し・音量調節等の操作が可能 ●ノイズのないクリアな通話、左右のイヤホンそれぞれに2基づつの高性能マイクを内蔵、cVcノイズキャンセリング技術で周囲が騒がしい場所でもクリアな声を相手に届ける事が出来る ●超軽量仕様、前モデルに比べ約15%の小型化を実現、重量は片側僅か3.5g、快適性重視のデザインで装着している事を忘れる程、充電ケースも小型軽量化を追求、ポケットにも無理なく入る
●連続再生最大5時間/最長25時間 (付属充電ケース使用) ●インナーイヤー型 (開放型) ●Bluetooth5.2/コーデック (aptX /SBC)/最大通信距離10m ●防水仕様 (IPX4) ●SoC QCC3040 ●左右同時接続方式 TWS Mirroring 対応 ●ハンズフリー (デュアルマイク/cVcノイズキャンセリング) ●左右どちらでも単独で使用可能 ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング、ケース収納すれば自動電源OFF ●タッチ操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●イヤホンの充電1.5時間 ●充電ケース (イヤホンを約4回フル充電可能/充電1.5時間/充電ポートUSB TypeC [1A以下で充電] ) ●14.2mm径ダイナミック型ドライバー ●サイズ (イヤホン39.2×17.7×16.2mm/充電ケース52.5×52.5×21.5mm) ●重さ (イヤホン3.5g×2/充電ケース33g) ●付属品 (USB TypeC充電ケーブル/取説) ●カラー ブラック ●1年保証
SoundPEATS TrueAir2
発売日:2020年10月 6日 価格:4,990円 (2020/10/21現在)

【機能・用語説明】
開放性と装着感を両立したインナーイヤータイプ
 人間工学に基づいたインナーイヤー型を採用。耳への負担が少なく、着け方も簡単で、安定感が抜群で、通勤通学、スポーツ、ジム等、あらゆるシーンで長時間音楽を楽しめる。又、音楽を聞きながら、車の音や周りの音を聞きやすく、周囲環境の変化を感知出来、安全に音楽を楽しむ事が出来る。

【購入者からの情報】 〇数字は人数
音質
 いいD、悪くない@、インナーイヤー型としては上出来A、必要充分@、普通@、価格なりA、及第点@、良くない@、フラットで聴きやすいA、開放感があってとてもいい@、ややドンシャリ系@、低音強めのドンシャリ系@、やや籠り気味A、あまりクリアではないA、中高音は明瞭さに欠ける@、ボーカルがやや埋もれ気味、高音と低音のバランスはまあまあ@、音楽によってシャリシャリ感が強く出る@
・低音
 思ったより出ているA、しっかり出ている@、音量を上げなくても聴きやすい@、弱め@、やや薄い@、抜ける@、軽い@
装着感
 軽いE、とても軽いB、いいC、とてもいい@、フィットする@、いまいち@、フィット感はそこそこ@、インナーイヤー型に慣れていれば問題ないだろう@、AirPodsにはやや劣る@、疲れない@、走っても外れない@、頭を振っても落ちないA、余程激しく動かなければ外れなそう@、運動に使えそう@、簡単には外れない、散歩や軽いジョギングに十分使える@、AirPodsより浅めだが外れる事はない@、ランでは落ちやすい印象@、耳に合わず走るだけで外れる@、枕に普通に寝れば問題なく使える@
インナーイヤー型
 耳道を塞がれてない解放感はいい@、閉塞感がない@、圧迫感がない@、耳の負担が少ないA、散歩には適度に周りの音も聞こえて丁度良い@、周囲の音が適度に入ってくるA、周りの音が聞こえやすい (遮音性がなく音漏れしやすい)@、耳穴に汗が溜まらない@
接続安定性
 安定しているC、人混みで検証してないが安定している@、音飛びしない@、たまに音が飛ぶ@、時々頻繁に途切れる@、5m程離れた違う部屋同士で再生出来る@、壁2枚直線で7m離れても途切れない@
ペアリング
 速い@、ケースから取り出してすぐ耳に着けた時にペアリングが完了している感じ@
遅延
 PrimeVideoは全く感じない@、リズムゲーム等シビアなタイミングを求められない限りは感じない@、リズムゲームをやってみたが音ズレや音飛びは特に感じなかった@
タッチ操作
 誤タップしやすいC、反応が悪くほぼ使えない@、意図しない操作をしてしまう事が多発@、再生停止状態だと曲送り/戻しが出来ない、再生しながらじゃないと選曲操作が出来ない@
TWS Mirroring
 片耳使用後のステレオへの復帰が良好@、左右の装着順を気にしなくていい、無作為に片方を仕舞っても片方がちゃんと通信を続けてくれる@、片耳で聴く事が多いが右左の切替がとてもスムーズ
ケース
 コンパクトE、軽いA、持ち運びしやすいA、ポケットに入れても違和感なし@、イヤホンにシリコンカバーを着けた状態でも仕舞える@、強めのマグネットがいい@
その他 (不具合・不満)
 左が充電されない@、ペアリング後2回目以降の接続が出来ない@、高い頻度でブツッと途切れる@、ホワイトノイズがとても気になるA、ホワイトノイズが気になる@、アナウンス音声が大きい@、接続時に右からピーの音が出てうるさい@、最低音量が大きい@、マルチペアリングに非対応@、ケースの充電が1A以下@


posted by たか坊 at 13:23| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

完全ワイヤレス Bluetooth5.1 ノイズキャンセリングイヤホン ボーズ QuietComfort Earbuds

☆新製品

【仕様】
●Bose初のアクティブノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレス ●Bose最高峰のオーバーイヤーヘッドホンのNC性能をコンパクトな完全ワイヤレスで実現 ●11段階でNCレベルの設定が可能、レベルを低くすると周囲の音が聞こえる様になる ●どんな音量でも深みのある低音と生き生きとした臨場感溢れるサウンドを再生出来る ●新しい StayHear Maxイヤーチップで外れ難く1日中着けていても快適 ●クリアな通話が可能、周囲のノイズを抑え相手にクリアな声を届ける ●シンプルなタッチコントロール ●汗や雨に強い防滴仕様 ●1回の充電で最大6時間再生可能、充電ケースを使えばさらに最長12時間の再生が可能、充電ケースは Qi規格のワイヤレス充電に対応 ●Bluetooth5.1に対応、素早いペアリングと安定した接続を実現 
●連続再生最大6時間、最長18時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●Bluetooth5.1/コーデック (AAC /SBC)/通信距離最大9m/マルチペアリング (最大7台) ●防滴仕様 (IPX4) ●搭載マイク数4 ●ノイズキャンセリング (同社のNCヘッドホンと同等の性能/11段階あるNCレベルを選択出来る/NC機能のみ使用する事も可能) ●トランスペアレンシーモード (外音取り込みモード、NCレベル最小時) ●アクティブEQテクノロジー (音量に合わせて低音高音を自動調整) ●ハンズフリー (マイクは右イヤホンのみ、音声は両方から聞こえる/NC機能有り/セルフボイス (自分の声が聞こえる) ) ●装着検知機能 (片方のイヤホンの脱着で音楽の再生・一時停止切替、着信自動応答、NC自動OFFが可能) ●イヤホンは充電ケースを開けると自動電源ON&自動ペアリング、ケースに収納し閉じれば自動電源OFF ●音声ガイド ●Bose Musicアプリ (Bluetooth接続の管理/NCレベルの設定/お気に入りNCレベルの設定/ショートカットの設定/イヤホンのバッテリー残量確認/音声ガイドの言語選択/通話時のセルフボイスの調整/ソフトウェアアップデート等) ●タッチ操作 (再生・一時停止/NCレベル調整/受話・拒否/音声アシスタント起動等)/ショートカットを設定すればイヤホンのバッテリー残量確認かトラック送りが可能 ●イヤホンの充電約2時間 (クイック充電:15分の充電で約2時間使用可能) ●充電ケース (イヤホンを2回フル充電可能/充電約3時間 (USB TypeC と Qi 規格のワイヤレス充電に対応)/磁石内蔵) ●素材 (イヤホン:プラスチック、ゴールドメッキ、ポリマーコーティング/イヤーチップ:シリコン/ケース:硬質プラスチック) ●サイズ (イヤホンW26×H39×D27mm/充電ケースL89×W51×D32mm) ●イヤホンの重さ8.5g×2 ●付属品 (充電ケース/イヤーチップ [S/M/L]/USB TypeA - C充電ケーブル×30.5cm/クイックスタートガイド) ●カラー (トリプルブラック/ソープストーン) ●1年保証
Bose QuietComfort Earbuds トリプルブラック
発売日:2020年10月15日 価格:33,000円位 (2020/10/17現在)

【機能・用語説明】
業界最高クラスのノイズキャンセリング (NC) を搭載した完全ワイヤレスイヤホン
 特許を取得したアクティブ/パッシブ両方のNC技術を組み合わせる事で、ボーズ最高峰のオーバーイヤーヘッドホンのNC性能をコンパクトな完全ワイヤレスイヤホンで実現した。
11段階のノイズキャンセリング (NC)
 音の好みと環境に合わせてNCレベルを選択出来る。最小レベルからフルNCまで調節する事が可能。NCレベルを最小に設定すると、周囲の音が聞こえる様になる。フルNCに設定すると、外部の不要なノイズは低減される。
お気に入り
 イヤホンにはデフォルトで3種類のお気に入りのNCレベルが設定されている。1 (NCレベル最大、業界最高クラスのNCで周囲のノイズを殆ど抑制)、2 (NCレベル中、電車の走行音や掃除機の音等、殆どの低域ノイズがブロックされるが周囲の音を少し聞き取る事が出来る)、3 (NCレベル最小、NCが最も弱い状態でイヤホンを装着していない時と同様に周囲の音を聞く事が出来る) 。お気に入りに設定したNCレベルは左イヤホンで切り替えられる。全てのNCレベルを操作するには Bose Musicアプリを使用する。
どんな音量でも深みのある低音と生き生きとした臨場感溢れるサウンドを再生
 殆どのイヤホンは音量を下げるにつれて低音が小さくなる傾向があり、音楽がチープで弱々しく聞こえてしまう。ボーズは、音量に合わせて最適化されるアクティブ EQテクノロジーでこの問題を解決。このイノベーションは、自動的に低音と高音を調整する。音量を変えた時も、音楽、ビデオ、人の声等が常にバランスが取れた状態で聞こえる。
外れにくく、快適にフィットする
 ボーズのエンジニアは、イヤーチップに隠された特許取得のテクノロジーを10年も前から開発、それ以来、このイノベーションに磨きをかけている。新しい StayHear Maxイヤーチップは、耳に触れる面に硬いプラスチックが一切なく全て柔らかいシリコンの為、1日中快適にイヤホンを着けていられる。
クリアな通話
 右イヤホンに内蔵された特別設計のマイクアレイが、声を集音すると同時に周囲のノイズの大部分をシャットアウト。その結果、通話中でも、音声アシスタントに話し掛けている場合でも、あなたの声がクリアに届く。
シンプルなタッチコントロール
 ボタンの代わりに直感的なタッチセンサーを装備。シンプルなジェスチャーでコンテンツを操作出来る。
どんな環境でも安心、IPX4の防滴仕様
 雨や汗にも強い設計でエクササイズ中も音楽を楽しめる。イヤホンが水に濡れても、聞こえてくるサウンドには影響がない。
毎日のあらゆるシーンで快適に利用出来る
 通勤・通学、オフィス、地下鉄、ジム、カフェ等で、このイヤホンを装着すれば、真に迫るサウンドで音楽、動画、ポッドキャストを楽しめ、通話にも集中出来る。
優れたサウンドは優れた静寂から始まる
 画期的な音響イノベーションと、ボーズのアコースティックノイズキャンセリングテクノロジーを搭載。この2つを合わせる事で、静寂の中で、シャープでクリアなサウンドと豊かで深みのある低音を楽しめる。これまでは聞こえていなかった、あらゆる細部の音までが聞こえる様になる。

楽天市場で探す


ラベル:外音取り込み NC
posted by たか坊 at 06:25| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 イヤホン Astrotec S80PLUS

☆新製品

【仕様】
●S80PLUSは前作 Motivation を一からブラッシュアップしたモデル ●6mm径ダイナミックドライバ―に新素材バイオセルロースを振動膜として採用、低域を鳴らす為に必要なしなやかさと、高域を鳴らす為に必要な張りのある耐久性が格段に向上、コンパクトながら低域から高域まで上質なサウンドを提供する事が可能 ●Bluetoothチップに Airoha社 AB1536を採用、安定した通信の実現と遅延や音の途切れ等が改善 ●LDS技術アンテナ採用、安定した接続性を実現 ●静電容量式タッチセンサーで快適操作、ボタンを押し込む事による操作時の不快感を解消 ●前機種 Motivatinから筐体をコンパクト化、女性や耳の小さい人も快適に装着出来る様に人間工学に基づいた設計 ●充電ケースから取り出してすぐ使える・ケースに置くだけで簡単充電 ●イヤホン本体は約5時間の利用が可能、さらに充電ケースにイヤホンを収納すれば約5回分の充電が可能 ●ブラックベースにワンポイントのゴールド、ケースにはジーンズ生地を採用、ビジネスでもプライベートでも活用出来る落ち着いた仕上げ
●連続音楽再生約5時間、連続通話約4時間/最長約30時間 (付属充電ケース使用) ●待機約150日 (イヤホンが充電ケースに入っている状態) ●カナル型 ●再生周波数帯域5Hz〜25kHz ●感度103db/mW ●インピーダンス16Ω ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /CVSD /mSBC /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/通信距離10m ●防水仕様 (IPX5) ●バイオセルロースダイヤフラム (低域から高域まで上質なサウンド) ●BluetoothチップAiroha社AB1536 (左右同時転送 MCSyncテクノロジー搭載) ●LDSアンテナ ●耳の小さい人も快適な装着性 ●ハンズフリー ●イヤホンをケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング、ケースに収納すれば自動電源OFF ●タップ&長押し操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●イヤホンの充電約1.5時間 ●充電ケース (イヤホンを約4〜5回フル充電可能/充電約1.5〜2時間/バッテリー容量500mAhリチウムポリマー電池/充電ポートUSB TypeC) ●6mm径ダイナミック型ドライバー ●カラー ブラックのみ
Astrotec 完全ワイヤレスイヤホン S80PLUS
発売日:2020年 9月16日 価格:7,500円位 (2020/10/5現在)

【機能・用語説明】
コンパクトながら高音質化を実現、バイオセルロースダイヤフラム
 6mmのダイナミックドライバ―には、新技術を使ったバイオセルロースを振動膜として採用。従来の物より薄く柔軟性があり、テンションを掛けた際の耐久度が高い新しい素材。従来の物と比べ、低域を鳴らす為に必要なしなやかさと、高域を鳴らす為に必要な、張りのある耐久性が格段に向上、低域から高域まで上質なサウンドを提供する事が可能となった。
安定性向上
 Bluetoothチップセットには Airoha社の AB1536を採用、左右同時転送を可能とする MCSync テクノロジーを搭載。従来は片側を親機にし子機に転送するリレー転送が主流だが、MCSync テクノロジーは左右のイヤホンはどちらも親機にも子機にもなれる為、安定した通信を実現。さらに、同社の従来のチップセットと比べ、遅延や音の途切れ等が改善された。又、再生、停止等の操作等の反応も高速になり、低遅延でストレスなく快適になった。
LDS技術アンテナ採用
 レーザーを用いて高精度に回路パターンを形成する LDS技術を用いて、本体形状に合わせ最適な形状のアンテナを搭載する事で、より安定した接続性を実現。又、従来の組込アンテナより場所を取らない為、筐体のコンパクト化にも貢献。
シンプルなブラックベースにワンポイントのゴールド、ケースにはジーンズ生地を採用
 全体的にブラックをベースとし、イヤホン本体にはブラックにタッチパネル周辺にゴールドのワンポイントを入れ、地味過ぎない様なイメージとし、ケースにはカジュアルなジーンズ生地を採用する事で、スーツ等のビジネスでも、カジュアルなプライベートでも活用出来る様、落ち着いた仕上げにした。

楽天市場で探す


posted by たか坊 at 06:17| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 ノイズキャンセリングイヤホン ヤマハ TW-E7A

☆新製品

【仕様】
●音楽に深く没入出来る、音のリアリティを追求 ●音量に応じて音のバランスを最適化するリスニングケア ●SoC QCC5124 を採用した高精度アクティブノイズキャンセリング機能搭載、通勤・通学時の電車やバスの走行音等の外部騒音を低減、音楽により深く没入出来、同時に音量の上げ過ぎを防止 ●内蔵マイクで外音を取り込みながら音楽と一緒に聴く事が出来るアンビエントサウンド機能搭載、外出・家事・仕事等、音楽を聴きながら周囲の音も気にしておきたい時に便利 ●イヤホン本体は楽器をモチーフにした美しく洗練されたデザイン、かつ耳に優しくしっかりとフィットする ●音・音楽の躍動感・ダイナミクスを表現する低域再生、ニュアンスと質感を正確に伝える音 ●左右独立通信技術 TWS Plus に対応、従来の完全ワイヤレスに比べ音切れし難く快適かつ長時間のリスニングが可能 (※スマホ等の送信側がTWS Plusに対応している事が必要) ●スマホ専用アプリ Headphones Controller でリスニングケアのON/OFF、オートパワーオフの設定、バッテリー残量の確認、ファームウェアの更新等が出来る ●IPX5 相当の生活防水に対応、突然の雨や汗・水しぶきからイヤホンを守り快適に使える ●充電ケースは Qi規格のワイヤレス充電に対応 (Qi 規格の充電器が別途必要) ●イヤホン単体で7時間使用出来、充電ケース併用で最長28時間使えるロングバッテリーライフ
●連続再生7時間 (NC OFF)、5時間 (NC ON)/最長28時間 (付属充電ケース使用+NC OFF)、最長20時間 (付属充電ケース使用+NC ON) ●カナル型 ●再生周波数帯域20Hz〜20kHz ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /aptX /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/最大通信距離10m/SCMS-T/マルチペアリング (最大3台) ●生活防水 (IPX5) ●SoC QCC5124 ●リスニングケア (小音量でも豊かな音質を楽しめる) ●ノイズキャンセリング (電車やバスの走行音等の外部騒音を低減する) ●アンビエントサウンド (周囲の音を再生音にミックスして再生、ウォーキング中に周囲の状況を注意しながら音楽を楽しむ時や一時的に会話をする時等に便利) ●TWS Plus ●ハンズフリー ●イヤホンを充電ケースから取り出すだけで自動電源ON&自動ペアリング、ケースに収納すれば自動電源OFF ●英語音声ガイダンス ●オートパワーオフ ●スマホ専用アプリ Headphones Controller ●ボタン操作 (電源/再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/NC・アンビエントサウンド切替/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●電源ON時に音声とインジケーターでバッテリー残量を通知 ●イヤホンの充電約2時間 ●充電ケース (イヤホンを約3回フル充電可能/充電約2時間/USB充電とQiワイヤレス充電に対応) ●6.2mm径密閉ダイナミック型ドライバー ●イヤホンの重さ7g×2 ●付属品 (USB給電ケーブル/充電ケース/キャリングポーチ/イヤピース [SS/S/M/L/LL]/スリーブ [S/M/L]/取説) ●カラー (ブラック/ホワイト)
YAMAHA TW-E7A (B) TRULY WIRELESS ブラック
発売日:2020年 9月30日 価格:26,400円位 (2020/10/1現在)

【機能・用語説明】
音量に応じて音のバランスを最適化
 ヤマハ独自のリスニングケアは、小音量の時ほど低域と高域が聴こえ難くなる人間の聴感特性や、リスニング環境に於ける聴こえ方の違いに着目し、音量に合わせて、音のバランスが最適になる様に補正。自然で聴きやすい音を再現し、過度な音量アップによる耳への負担を抑える。
本体のデザインはヤマハの楽器をモチーフにした曲線的な美しいデザインを採用
 長い間使い続けても飽きのこない、シンプルかつ質感高く仕上げている。イヤホン部の流線形のフォルムは、耳に優しくしっかりとフィットし、高音質かつ快適なリスニングを提供。又、耳の形に合わせてサイズが選べるイヤーフィン付きシリコンスリーブを用意。装着性をアップする事で音・音楽がより聴きやすくなる他、耳からイヤホンを落ち難くする。
音、音楽の躍動感、ダイナミクスの表現、ニュアンスと質感を正確に伝える音
 ヤマハ拘りのチューニングにより、どの音量で聴いても音の情報量をしっかり保ちながら、ボーカルや楽器等の1音1音がクリアに聴こえる様にした上、開放的に鳴らす事で、音・音楽の躍動感を表現。さらに、躍動感の表現に加え、締まりのある低域再生や、1音1音の密度感を高める事でアーティストや制作者の意図や想いをありのままに表現する。

楽天市場で探す


ラベル:NC 外音取り込み
posted by たか坊 at 11:48| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 ノイズキャンセリング イヤホン NUARL N10 Pro

☆新製品

【仕様】
●多彩な機能を持ったノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレス ●独自の10mm径ダイナミック型 NUARL DRIVER [N10] v3 搭載、高域から低域までキレのあるパワフルなサウンドを再生 ●アナログとデジタルのハイブリッドチューニング、これまでにない繊細な音質チューニングを施した ●歪みを抑え臨場感を再現する米国 T.B.I.社の特許技術 HDSSR採用、カナル型にありがちな頭内定位を防ぎ、厚みと立体感のある自然な音の広がりを再現 ●音途切れに強い、Qualcomm社の SoC QCC5124に独自の指向性制御技術を採用したアンテナを組み合わせる事で音途切れの少ない接続安定性を実現 ●アクティブノイズキャンセリング機能、Qualcomm Active Noise Cancellation technologyによるフィードフォワード NC+フィードバック NCのデュアル・デジタル ANCを搭載、効果レベルは専用アプリで変更する事が出来る ●イヤホンを装着したまま周囲の音が聞ける外音取込み機能、専用アプリで音楽再生モードの選択が可能 ●通話やテレワークに最適な専用の高感度ツイン CVCマイク搭載、電話での通話時はANCや外音取り込みが使用出来る ●イヤホン単体で最大7時間再生 (ANC OFF、AAC接続)、ケースと併用すれば最大30時間の音楽再生が可能、ANC ONの連続再生でも最大5時間の長時間再生を実現 ●専用アプリによる機能カスタマイズに対応 ●2種類の抗菌イヤーピース付属 (装着感と遮音性を両立したシリコンイヤーピース+遮音性と利便性を兼ね備えたフォームタイプイヤーピース)
●連続再生約5時間 (AAC又はSBC接続+NC ON)、約3.5時間 (aptX接続+NC ON)、約7時間 (AAC又はSBC接続+NC OFF)、約5時間 (aptX接続+NC OFF)/最長30時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●再生周波数帯域20Hz〜20kHz ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC /aptX /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HFP /HSP)/Class2/マルチペアリング (最大4台) ●防水仕様 (IPX4) ●SoC QCC5124 ●搭載マイク数 (通話用×2 [cVc NC搭載]+ANC用 [外音取り込み兼用] ×2) ●ノイズキャンセリング (音質優先・バランス・ANC優先の3種類のモードがある) ●外音取り込み (標準・音楽の音量小・音楽一時停止の3種類のモードがある) ●ハンズフリー (ツインcVcマイク) ●イヤホンは充電ケースのカバーを開くと自動電源ON&自動ペアリング、ケースに収納しカバーを閉じると自動電源OFF ●イヤホンをケースから取り出した時にバッテリー残量の多い方を親機に切り替えてバッテリーの片減りを防止 ●専用アプリN10 Connect (NC効果レベル調整/外音取り込み時の動作設定/オートボリュームダウン設定/音量レベル設定/コーデック切替/イコライザー設定切替 [標準 /ソフト /フラット]/ボタン設定/Find Earbuds/ファームウェアアップデート等) ●充電1.5時間 ●バッテリー容量 (イヤホン60mAh/充電ケース760mAh) ●ボタン操作 (メインボタン [電源 /再生・一時停止 /曲送り・戻し /音量調整 /受話・拒否 /音声アシスタント起動等]/サブボタン [NC・外音取り込み切替等] ) ●10mm径ダイナミック型ドライバー ●サイズ (イヤホンW27.6×H18.5×D27.5mm/充電ケースW95.5×H339.3×D36.8mm) ●重さ (イヤホン約7.4g×2/充電ケース約66.0g) ●付属品 (充電ケース/充電用USB TypeCケーブル/Block Ear+抗菌シリコンイヤーピース [S/MS/L]/Magic Ear Foe TWE抗菌フォームイヤーピース [S/M/L]/シリコンイヤーフック/日本語ユーザーズガイド) ●カラー メタリックブラック ●1年保証
NUARL N10 Pro ANC TRULY WIRELESS STEREO EARBUDS
発売日:2020年 9月18日 価格:25,200円位 (2020/9/23現在)

【機能・用語説明】
独自の NUARL DRIVER [N10] 搭載
 剛性と弾性に優れた PEEK振動膜の表面に TPEとチタンを皮膜蒸着した PTT多層皮膜振動板+ダブルマグネット磁気回路を採用した独自の φ10.0mmダイナミック型フルレンジドライバー NUARL DRIVER [N10] v3 を搭載。高域から低域までキレのあるパワフルなサウンドを再生。
アナログとデジタルのハイブリッドチューニング
 ドライバーを金属筐体に収納しモジュール化する事で、単体の有線イヤホンと同じアナログ音調を可能にした。さらにこのイヤホンモジュールと SoC内蔵の DSPを駆使したデジタルイコライザーを組み合わせる事で、これまでにない繊細な音質チューニングを施した。

楽天市場で探す


ラベル:NC 外音取り込み
posted by たか坊 at 05:50| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

完全ワイヤレス Bluetooth5.1 イヤホン ゼンハイザー CX 400BT True Wireless

☆新製品

【仕様】
●完全ワイヤレス最上位モデル MOMENTUM True Wireless 2 と同等の7mmドライバーを採用した高コストパフォーマンスモデル ●妥協なき音質、原音を忠実に再現し、重厚な低音、自然な中音域、ディテールで伸びやかな高音、全音域でバランスの取れた美しいハーモニーであなたを魅了する ●いつでもどこでも最大限のサウンドクオリティを提供、エルゴノミックデザインがもたらす高い遮音性で、電車通勤や室内のちょっとした生活音を遮断、最大20時間利用可能なバッテリーライフ等、何処にいても楽しめる理想的なイヤホン ●長時間でも疲れ難い、エルゴノミックデザインを採用し、より多くのユーザーにフィット、安定感のある着け心地、お気に入りの曲に没頭しても、同僚との長い会話でも、ずっと快適 ●MOMENTUM True Wireless 2 でも採用されている LDS アンテナと高品位クアルコム社製チップを搭載、さらに Bluetooth5.1 に加え、業界最高クラスの 10mW を誇る Class1 の採用で、より途切れが少なく安定した接続性を実現 ●直感的な操作が出来るタッチパネル搭載、MOMENTUM True Wireless 2 と同じタッチパネルセンサーを採用、反応の良い快適な使い心地、タッチの度に「ピッ、ポッ、パッ」と変化する音で操作が分かりやすい ●カスタマイズ可能なタッチコントロール、オーディオの調整、通話、Googleアシスタントや Siri の起動等の操作を直感的に行う事が可能、左右のイヤホンの動作をそれぞれ好きな設定に出来る ●Sennheiser Smart Control アプリで直感操作でイコライザー調整が可能、EQパラメーターはイヤホン内に記憶される ●2マイクのビームフォーミングによりクリアな通話が可能
●連続音楽再生最大7時間 (AAC接続+音量50%+EQ設定なし)/最長20時間 (充電ケース使用) ●カナル型 ●周波数帯域5Hz〜21kHz ●音圧レベル107dB ●全高調波歪<0.08% ●Bluetooth5.1/コーデック (AAC /aptX /SBC)/プロファイル (A2DP /AVRCP /HSP /HFP)/Class1/マルチペアリング (最大)8台 ●ハンズフリー (MEMSマイク/2マイクビームフォーミング) ●右側だけで単独で使用可能 (左は不可) ●音声ガイダンス ●パワーセーブ機能 (15分以上再生がないと電源OFF) ●Auto Call 機能 ●専用アプリSennheiser Smart Control (サウンドイフェクト・イコライザーの設定/タッチ操作のカスタマイズ/音声ガイダンスの言語変更、音声ガイダンス・通知音の選択/ファームウェアアップデート等) ●タップ操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●充電ケース+イヤホンの充電約1.5時間 (急速充電15分の充電で約1時間再生可能) ●充電ケース (イヤホンを約2回フル充電可能/充電ポートUSB TypeC/イヤホンは磁石で充電ポートに引き付けられる) ●7mm径ダイナミック型ドライバー ●重さ (イヤホン6g×2/充電ケース37g) ●付属品 (イヤーピース [XS/S/M/L]/充電ケース/USB TypeCケーブル×約25cm/クイックガイド) ●カラー (ブラック/ホワイト) ●2年保証
SENNHEISER CX 400BT True Wireless BLACK
発売日:2020年 9月18日 価格:23,300円位 (2020/9/18現在)

妥協なき音質
 VGPアワード 2020 SUMMER にて金賞を獲得した最上位完全ワイヤレスと同じ7mmドライバー搭載で、妥協なきサウンドクオリティを実現。落ち着いた音楽に癒されたい時も、心躍るスリリングなビートを渇望する気分の時も、CX 400BT は、原音を忠実に再現し、重厚な低音、自然な中音域、ディテールで伸びやかな高音、全音域でバランスの取れた美しいハーモニーであなたを魅了する。イコライザーで簡単に音質も調整可能。
Auto Call 機能
 着信中にペアリングされたイヤホンを充電ケースから取り外すと、通話が自動的に受け入れられてイヤホンですぐに通話する事が可能。Sennheiser Smart Control アプリで、機能の有効/無効が可能。
MOMENTUM True Wireless 2 との違い
 CX 400BT は MOMENTUM Trure Wireles 2 と同じ7mmドライバーとビルトイン・イコライザーを搭載し、直感的操作のタッチコントロール、ボイスアシスタント、SBC、AAC、aptX 対応等、同様の機能を持つ。 MOMENTUM True Wireles 2 はこれらに加えてアクティブノイズキャンセリングやトランスパレントヒアリング、スマートポーズ機能、IPX4 防水機能が搭載されている。バッテリー駆動時間は、MOMENTUM True Wireless 2 は最大28時間、CX 400BT は最大20時間。
 音質傾向は全く同じ。共通の理念は、それぞれの価格帯で「圧倒的な音質」を提供する事。最上位モデル MOMENTUM True Wireless 2 と同じ7mmドライバーを採用した、「音質に徹底的にこだわった」完全ワイヤレスイヤホン。再現力の高さで一目を置かれる最上位モデルと同様、最上のサウンドクオリティの実現がその開発目標に掲げられた。革新的な7mmドライバーは、ドイツハノーファーの本社で開発。


posted by たか坊 at 05:40| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

完全ワイヤレス Bluetooth5.0 ノイズキャンセリングイヤホン Nakamichi LIVE TW150NC

☆新製品

【仕様】
●国内初上陸 Nakamichiアクティブノイズキャンセリングイヤホン
●特長 (@ アクティブノイズキャンセリング搭載/A AAC対応、HiFi高音質で定評のある Nakamichiの低・中・高バランス良い音質/B IPX5防水、雨や運動時も安心して使える/C 連続再生最大30時間 (充電ケース併用時)/Dスピード充電、15分の充電で2時間再生可能/E 人口工学に基づくデザイン、長時間装着も快適/F 超軽量、長時間装着も快適、携帯にも便利/G デュアルマイク内蔵、ハンズフリー通話に対応)
●連続再生最大5.5時間 (NC ON)、最大6時間 (NC OFF)/最長30時間 (付属充電ケース使用) ●カナル型 ●Bluetooth5.0/コーデック (AAC/MSBC/SBC)/プロファイル (A2DP/AVRCP/HFP/SPP) ●防水仕様 (IPX5、汗・雨・水しぶきに強い) ●再生周波数帯域20Hz〜20KHz ●出力音圧レベル101.8dB±3dB ●インピーダンス32Ω±15% ●ノイズキャンセリング (ノイズ減少値 -28dB/地下鉄・電車・飛行機等の公共場所等のノイズをカット) ●ハンズフリー (デュアルマイク) ●ボタン操作 (再生・一時停止/曲送り・戻し/音量調整/NC ON/受話・拒否/音声アシスタント起動等) ●スピード充電 ●充電ケース (イヤホンを約4回フル充電可能/バッテリー容量550mAh/充電ポートUSB TypeC) ●10mm径ドライバー ●重さ (イヤホン5.4g×2/充電ケース38g) ●付属品 (充電ケース/イヤーキャップ [大/中/小]/USB TypeC充電ケーブル/取説) ●カラー ブラックのみ
Nakamichi LIVE TW150NC Noise Cancelling True Wireless Earphones
発売日:2020年 9月中旬 価格:15,200円位 (2020/9/13現在)


ラベル:NC
posted by たか坊 at 09:54| 完全ワイヤレスイヤホン | 更新情報をチェックする